ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

“ファースト”ガンダム復活へ 安彦良和氏、節目の40周年に大プロジェクト

私だ
1979年の放送開始からファンに長く愛されている「機動戦士ガンダム」の第1作(通称ファーストガンダム)が
リメークされる可能性が高まっていることが13日、明らかになった。
同作のアニメーションディレクターとキャラクターデザインを担当し、現在、
前日譚(たん)「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」で総監督を務める
安彦良和(やすひこ・よしかず)氏(69)がデイリースポーツに、「やらないとうそだと思います」と意欲を明かした。
40周年という節目に向け、大プロジェクトが動き始めた。
アムロが、シャアが、そして白いモビルスーツが帰ってくる!
アニメ界に大きな影響を与えた「ファーストガンダム」の復活が現実的になった。
安彦氏は、ファーストガンダムで描かれた一年戦争とその前日譚を、
コミック「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」として発表。
15年から始まった同作のアニメ版では総監督を務めている。
9月2~29日には第5話の「激突 ルウム会戦」がイベント上映され、
18年には最終話の第6話「誕生 赤い彗星」が上映されるなど、ガンダムの人気はいまだ衰えていない。
前日譚が終われば“続き”が注目される。
安彦氏はデイリースポーツの取材に
「本編(一年戦争)はやらないとうそだと思います。ただ、長さがはんぱないんですけどね」と語った。
同席していた関係者も「現場も同じ気持ちです」とコメント。
2019年に40周年を迎える「ガンダム」が最新技術で復活することになりそうだ。
安彦氏はスケジュールや予算の問題で完成度が低くならざるを得なかったファーストガンダムに心残りがあったという。
「最初の作品が1番だと自分では思ってる。でも、若い人に見せようと思ってもとても見せられない」
と歯がゆい思いをしていた。
しかし、アニメ版「THE ORIGIN」に携わり、製作技術の進化を実感。
CGで表現されたメカにも違和感は無かったという。
79年当時とは比べものにならない最先端技術の表現力に、人物、メカの表現ともに十分な手応えを感じたことで、
リメークに意欲がわいたという安彦氏。
「あの出来のものが40年愛されたんだから、今、このクオリティーなら今後50年持たすことができますよ」
と自信たっぷりだった。

声とBGMとSEは昔のままで作画だけやり直し、あと富野監督の参加が望ましいが、
多分無理でしょうね
正直、ファーストのリメイクじゃなくて安彦氏のアニメORIGIN世界のまま一年戦争終結まで描けばいいんじゃないかと
ファーストはファンそれぞれの思い入れが強すぎてリメイクは成功しないでしょ

原点 THE ORIGIN
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-14 23:19 | ガンダム
北斗の拳イチゴ味 第97話 北斗神拳伝承スペシャルの巻

私だ
虫さされ三男ジャギワロタ
ケンさんが敵ディスるのは、ハゲの歪んだ教育のせいだったのか!

次回更新は8月27日

北斗の拳 イチゴ味 7 (ゼノンコミックス)
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-13 19:29 | 北斗の拳
別冊マーガレット 公式サイト

私だ
岸辺露伴は動かないシリーズ最新読切掲載号、今日発売だ
付録は、
その1:[岸辺露伴は動かない]特製ステッカー
その2:4号連続別冊ふろく [別マsister]
表紙はテリトリーMの住人がメインで露伴先生が若干小さく載ってますが、
裏表紙は完全に露伴先生になっています
少女漫画らしい画風の作品が載ってる中にドーンと荒木先生の濃い画風がのってる、
革命だなこれ
さて本編
今回は冒頭で指の体操などの小ネタはなくいきなり交通事故
で、その15年後
由花子キター!
今の画風だと四部と顔全然ちげえー!
由花子の母親の知り合いである片平真依(冒頭で事故に遭った人)からの依頼で、
精子バンクから授かった奇妙な娘・真央を治して欲しいという話
ヘブンズ・ドアーで真央の体験を見たところ、奇妙な言動や身体的特徴は、
心の形が見えるスタンド能力となっているようで治す必要なし
というか治す能力なんかないので「だが断る」
なんと露伴先生途中で退場
まー治すなら仗助に頼むよなあ
由花子は本になった真央から、精子を提供した父親は山形に住んでいることをチラ見
額に傷がある30代という情報を元に真依はその男性を探すことにするのだが…
い いたー、身体的特徴が真央そっくりじゃあないか
男性の元妻との間にできた息子が真央と同じ保育園に通っていたのでした
すげー近いところにいたな
登山事故で一度死んだが戻ってきたという男性、癖が事故死した真依の夫そっくり、あっ
真依と男性は出会って3ヶ月でスピード婚したと由花子が露伴先生に報告してチャンチャン
真央が無意識に2人を引き寄せたと由花子は語ってたが、
事故で死んだり記憶失ったりとか最後結ばれて終わるとか、
こういうの少女漫画によくある展開なんですよね
荒木先生も珍しくハッピーエンドにしたとカラーページでコメントしてたし、
読者層にあわせた?物語となりました
それにしても露伴先生、いつから野球ファンになったりセクハラジョーク言うようになったんだよ
でも自分からは動かないスタイルは一貫してるな

別冊マーガレット 2017年 09 月号 [雑誌]
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-12 21:34 | ジョジョ
ウルトラマンジード 公式サイト | テレビ東京系2017年7月8日(土)あさ9時から放送スタート

私だ
第6話「僕が僕であること」

あらすじ
ウルトラマンとして戦う決意をみせるレイトに対し
「お気楽なサラリーマンにウルトラマンは無理」と言うリク。
言い争いになった2人は奇妙な入れ替わり生活を送ることにする

アバンは2~5話のダイジェスト
めっちゃ細かく詰め込んだな

前回の続き、サンダーキラー戦からスタート
プリミティブでは苦戦するのでソリッドバーニングへチェンジ
サイキックスラッガーが弾かれ、ストライクブーストは吸収された挙げ句お返し
レイトはその様子をテレビ中継でボーッと見てると、
ゼロがウルトラゼロアイで強制変身
しかしサンダーキラーは消えてしまいました
レイト、秘密基地へ
レイトとゼロが切り替わる二重人格みたいなのが面倒と言うことで、
頭に変な装置付けられたら脳内のゼロがモニターに描写されててワロタ
しかし便利だ
出てきてシュッとしてるだけだったゼロの方が世間の受けいいとは、やっぱ見た目なのか
目つきで言ったらゼロも結構目つき悪い方だろ街頭インタビューの爺さん
リク大嫉妬
ウルトラマンとサラリーマン、隣の芝は青い状態で揉め合うリクとレイト
2人は生活を入れ替わることとなりました
リクはシャプレー星人のメカを参考にしたというレム製ブローチで世間からはレイトに見えるようになり、
お勤め
ゼロに変身した日は無断欠勤ってことになってるのか、やべえ
レイトは銀河マーケットのバイトから息つく暇もなくライハのシゴキ
お互いの大変さが漸く理解できましたとさ
大切な物があるからこの世界を守りたいと願うレイトら普通の人とは反対で、
リクは世界を守る中で大切な物を探していくかー、なるほどね
僕は僕でいたいということでブローチはもう捨てることにするのでした
サンダーキラーはリトルスターでなくリクを狙っている様子
そういやライハはサンダーキラーが避難が完了した街で暴れ続けてるのを疑問視してたな
ジーっとしててもドーにもならねえ、ジードは再びサンダーキラーに挑みます
大切な物を見つけ出すまでこの世界を壊すわけにはいかない
そう意気込んだらなんか急に新たな武器=ジードクロー出たー!
レム曰く気は熟したそうで
クローカッティングからのアクロスマッシャーへチェンジ
スライド高速移動しながらの攻撃はコスモスらしい動き
クローから発射したディフュージョンシャワーでサンダーキラーを撃破
この上から降り注いでくる光線は避けづらいだろうなあ
戦闘後、ライハから剣を渡され竹を斬るように言われるも斬れぬリク
武器を使うには使う人間にそれ相応の器がいる、
というライハは竹をスパッとたやすく斬って見せました
クローの出現はリクの成長の証だから訓練も次のステップに上がるわけですね
ジードの支持率も52%にちょっとだけ上がった
ケイはベリアルと怪しい交信して次回へ

リクのウルトラカプセルナビ
今回はコスモスとエースキラーを紹介
というわけで6話でした
ウルトラマンもプライベート捨てて戦っても世間の評価は厳しいし、
サラリーマンも気楽な稼業じゃないですね
年下の女性社員からのあたりが強かったなあ
普段レイトが社内でどんな扱いされてるかなんとなく分かって辛い
辛いと言えば唐突に出てきたジードクローも玩具の販促しなきゃいけないのが見えてちょっと辛かった
ケイはベリアルから与えられた力でフュージョンライズしてるそうなので、
ケイ=ベリアルはなくなったな
いよいよジード抹殺に本腰を入れるみたいだが今までは舐めプだったの?
と思ったら抹殺するのはゼロの方か

次回はウルトラマンジード第7話「サクリファイス」
提供バックはジードクローを構えるアクロスマッシャー

ウルトラマンジード DXジードライザー
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-12 21:33 | ウルトラマン
平成ファイナル?『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』最終章うたう衝撃ビジュアル!

私だ
新作映画『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』がヒット中の特撮ドラマ
「仮面ライダー」シリーズの冬映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL』から、
ファンにとっては見逃せないコピーが躍るビジュアルが公開された。
同作は、仮面ライダーエグゼイド、仮面ライダーゴースト、仮面ライダードライブ、仮面ライダー鎧武、
仮面ライダーウィザードの豪華共演が話題となった
『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』(2016)
に続く冬のライダー映画最新作。
仮面ライダーとしてゲーム世界のコンピューターウイルスと戦う若き医者たちの活躍を描く
「仮面ライダーエグゼイド」と、9月3日からスタートする平成ライダーシリーズ19作品目となる新作
「仮面ライダービルド」のクロスオーバーが描かれる。
公開されたビジュアルは、並び立つビルドとエグゼイドを中心に「衝撃の平成最終章」というキャッチコピーが。
タイトルからも「平成ジェネレーションズ」が結末を迎えることを示唆しているようにも見える。
2人の背後には謎の戦士たちのシルエットが描かれており、
「仮面ライダーウィザード」主演の白石隼也や
「仮面ライダードライブ」主演の竹内涼真が出演した前作に匹敵するような豪華共演にも期待したいところだ。
(編集部・入倉功一)
映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL』は12月9日より全国公開

シルエット右がRXに見えて仕方ない
昭和と平成をまたぐライダーなので是非とも倉田てつを氏に出て欲しいが、
他の奴も左1号、中555に見えてきた
もうあるある晩餐会の面子じゃねーか
でも本郷は映画「1号」、たっくんはdビデオスペシャル「4号」でもう描ききった感あるから、
これ以上描ける話が残ってるか疑問

仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー コレクターズパック [Blu-ray]
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-10 22:25 | 仮面ライダー