ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ 第20話 感想

『牙狼<GARO>~MAKAISENKI~』公式サイト

私だ
元老院には各地から魔戒騎士達が続々と集まっていた
冴島邸では鋼牙達が作戦を立てている
シグマの法力の源は月である、とレオ
シグマの目的は破滅の刻印だけではなくイデアの建造もある
イデアに必要なのはホラーにとって聖なる岩、深魔界の巨岩石
深魔界に行くには魔導列車しかない
だが、魔導列車の鍵はシグマがラテスから奪っていた
鍵を使い列車を起動させるシグマ
鋼牙は月の力が最大になる0時を狙い、列車に飛び移ることを発案
レオに列車が転移する場所を計算させる
その頃、騎士達は戦う意思がある者と鎧を返還する者に分かれて衝突が起きてしまった
鋼牙と零はレオを残し元老院へ向かう
一触即発な騎士達に鎧のことは各自自分の思いに従え、
いずれを選択しても騎士の誇りが揺らぐことはない、大事なのは騎士の心だと言ってその場を治める鋼牙
そこへ号竜人が攻め込んできた、応戦する騎士達
だが号竜人の様子がおかしい、騎士に斬られた号竜人は顔から紫の光を放った
号竜人の目的は騎士達を結界で封じ込めることだったのだ
結界を破ろうとすると刻印にダメージが跳ね返り破る事ができない
シグマは元老院に集まった法師達に賛同を求め、魔導列車を発進させる
列車にはギャノンの骸も積まれていた
零は鎧を召還しようとしたが、やはり刻印にダメージを受けて召還できない
列車が通過するビルを突き止めたレオは単身列車へ飛び移り、
シグマに破滅の刻印を解くことを願い、狼怒の鎧を差し出した
しかしシグマは、鎧など俺の力でいつでも召還できる、
布道家の狼怒が満月の夜に滅ぶ、こんなに美しいことはないとレオに斬りかかった
鋼牙はザルバを使い、ガジャリに自分の身体を転移させてくれと語りかける
ガジャリと契約を交わした鋼牙は列車内へと転移
鋼牙と号竜人、レオとシグマの戦いが始まった
やがて列車の最前車両にたどり着いた鋼牙はシグマと剣を激しく交わらせる
いよいよ月は満ち始め、元老院では騎士達が苦しみだしていた、時間がない
シグマはギャノンから授かった左腕で列車の最前部を変形させ、空に魔法陣を描いた
鋼牙は牙狼の鎧と轟天を召還し、剣の衝撃波で列車の内側から最前部を破壊
更にシグマの左腕を切り落とす
胸の刻印が消えた騎士達は苦しみから解放された
列車は徐々に地面へと落下して行く
シグマ「不覚だ、貴様だけはさっさと始末するべきだった」

CM明けの後半はガッツリアクションしっぱなしな回でした
このシリーズはやたら落ちながら戦うなぁ
ジャアクの狼怒バージョンもちょっとだけ登場しましたね
元老院に集まった騎士の中に田中要次氏演じる多賀城信義と言う新キャラ登場
伊藤慎氏の姿もありましたが修練所の教官と同一人物でしょうかあと茶髪の人も
四十万ワタルや翼の姿はありませんでしたね
魔法陣はなんだったんですかあれ
列車があのまま突っ込んでたら深魔界にワープできたんでしょうか
騎士達が刻印から解放されたのは鋼牙がシグマの左腕を切り落としたからなんでしょうけど
鋼牙のガジャリとの契約は何かリスクがありそうでしたねぇ
何なんでしょうねぇ
最期鋼牙死ぬとかじゃないでしょうねぇ

牙狼<GARO>~MAKAISENKI~ vol.7 [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2012-02-24 18:51 | 牙狼