ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

昨日のウルトラゾーン 感想

ウルトラゾーン - tvk

私だ
テレビ神奈川22回目です
ゾーンチャンネル1本目は「名探偵M1号・前編」
金箔の死体に菊が加えられ、トランプで作られた家が残されている
被害者は村中から恨まれており村人全員が容疑者
もうあの人を呼ぶしかない、と言うわけで名探偵M1号登場
おもむろにトランプで作られた家を破壊するM1号
すると死体が動き出しM1号を攻撃、「チノナミダ、チノナミダ」と言い残し逃走
そこへラゴン婆さん登場、「10年前のあの悲劇が蘇ったのじゃ」と語りだす
10年前にケムール人が現れ、人間を次々と液で消し去ったと言うのだ
犯人のケムールは行方不明
M1号はひらめいた、犯人はこの中にいる、すると逃げたはずの死体がいきなり発砲してきた
続く
おいおいここへきて新シリーズかよ、しかもM1号「私はカモメ」以外喋れんのかよ!
ゾーンチャンネル2本目は「70年代ドラマが好き!」
「これからの5分間、あなたの目はあなたの体を離れて、この不思議な時間の中に入って行くのです」
と板尾さんのどこかで聞いたことのあるナレーションとともに暗がりからラゴン登場
70年代ドラマ主題歌大全なるレコードをかけるとどこかで見たことあるファッションに身を包んだケムール登場
冷蔵庫からコンビーフ、魚肉ソーセージ、瓶牛乳、トマト等を取り出し食べようとするも、
フタが開けられないわ、新聞をエプロン代わりに出来ないわ、そもそも口がないわで様にならずでラゴン口ポカーン
そこへM1号がやってきてリトライ、今度はちゃんと食べられたのでラゴンモノリノリ、ケムール液出し
終わり
なんだこれ、なんだこれ…
傷だらけの天使OPのパロディなんでしょうが世代じゃないんでよく分からなかったです
市川森一氏が傷だらけの天使の脚本を手がけているそうなので、
一応ウルトラシリーズと薄ーい繋がりがあるってことかな?
KAIJU ENGLISHはウー、ノミがいるらしく背中が痒いらしい
ドラマは「悪魔が降りた日・後編」
現場は初めてのタカダ隊員、度重なる怪獣の出現により予算が足りず、
防衛軍や特捜隊の再編成がままならないと話す
とりあえず今持っている武器は通常光線銃と高性能次元手榴弾3つ
小早川の提案により、タカダ隊員と松原で怪獣を老朽化したビルまでおびき寄せ、
高木と小早川でビルの片方の柱を手榴弾で破壊し、ベムラーを倒壊するビルの下敷きにする作戦に出る
松原のレクチャーによりタカダ隊員は初めての実戦射撃に成功、ベムラーをおびき寄せる
しかし松原は腹部に怪我を負っていた
手榴弾をセットしビルから逃げる高木と小早川
途中コンクリートの落下から小早川を庇った高木の頭部にコンクリートが激突
小早川のここから生きて帰れたら上野の博物館にでも行きましょうという言葉に勇気付けられた高木は立ち上がり、
何とか身を守れそうなもの陰にたどり着く
光線銃のエネルギーが切れかけたタカダ隊員、松原は最後の武器だと爪楊枝を取り出した
行けー!と叫ぶ高木と小早川、最後の一発をお見舞いしようとするタカダ隊員、
爪楊枝を投げようとする松原、二人を踏み潰そうとするベムラー、勝敗の行方は…!

ええー、また投げっぱなしエンドかよ
流石に2回連続で同じエンドは駄目だろ
ベムラー倒してハッピーエンドでも瓦礫からベムラー起き上がってバッドエンドでもよかったのに
何でもいいからオチつけて欲しかったなぁ
アイキャッチは遠足のバスの中で児童にお菓子をあげるパンドラとチンペ親子、
鳥人間コンテストで飛ぶドラコとギガス、料理番組でコロッケを作るタイラント
次回いよいよ最終回です

ウルトラ怪獣シリーズ22 ベムラー
[PR]
by dogyagyan | 2012-03-19 18:55 | ウルトラマン