ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

ガンダムUC5話 感想

機動戦士ガンダムUC[ユニコーン]

私だ
第5話を見ますた
トリントン基地の管制指示を無視しベースジャバーから地上へ降下する黒いMS
デストロイモードへ変身したその黒いユニコーンはユニコーンとデルタプラスへ発砲
デルタプラスはシャンブロの陰に隠れたが、
黒いユニコーンの攻撃により崩壊したシャンブロの残骸に挟まれてしまう
そして黒いユニコーンはユニコーンに近付き…
バナージが気が付くとそこはラー・カイラムのMSドックだった
コクピットから辺りを見回すと大勢のスタッフ、リディ、アルベルト、デルタプラス、
そして…黒いユニコーン
黒いユニコーンの胸部ハッチが開き、そこから降りてきたのはマリーダだった
驚愕するバナージ
リディはアルベルトへ何故あんたがここにいるのか、黒いユニコーン=バンシィはなんなのか、
と詰め寄るがマリーダに投げ飛ばされてしまう
アルベルトは家庭の事情なので首を突っ込まないで欲しいと言った
バナージはアルベルトの父カーディアスとその愛人との間に生まれた子だったのだ
アルベルトはユニコーンの解析が進まないとガルダに乗るマーサに報告
ユニコーンはバナージの認証がなければラプラスの開示ができないのだがバナージは口を割らない
そこでマーサはオードリーにバナージを説得するよう話を持ちかける
オードリーはマリーダの開放を求めたが、マーサはネオジオンに作られた哀れな強化人間に、
復讐の機会を与えると言う、自分のようなものを作った男達の社会への復讐、と
ラー・カイラムではロンド・ベルの隊員達が、
ビスト財団の人間が艦内で好き勝手にしていることに不満を漏らしていた
ブライトは我々の任務は地球に侵入したネオジオンの艦の捜索に変わりはなく、
捕獲したガンダムタイプを宇宙へ上げれば財団も引き上げると説明
そしてバナージが監禁されている部屋を訪れる
バナージはラプラスが開示した場所を誰かに教えればまたそこが戦場になってしまう、とつぶやく
ブライトはそのことは黙っていればいい、と言い、
ガランシェールに乗ってきた時の事等の話をバナージから少し聞き出した
バナージの自分は軍人じゃないから敵味方と言う区別はなく、
またそう思わなくてもいい雰囲気があそこにはあったと言う言葉に安心したブライトは去り際に、
バナージは困難をチャンスに変える強い目をしていると言う
バナージは今までのは偶然で自分にはそんな力はないと言い返すが、
ブライトは今までのガンダムパイロットも偶然目の前にガンダムがあったが、
ガンダムに乗るか乗らないかは偶然ではないはずだ、君にガンダムに乗る決意をさせたのは何だ、
と問いかける
バナージはオードリーを助けたいと答えた
部屋を出たブライトは通信を始める、相手はかつてカラバの一員だったベルトーチカ・イルマだ
ベルトーチカはドゴス・ギア級二番艦=ゼネラル・レビルが隠密に動いていると報告
狙いはネェル・アーガマ、箱の秘密を知ったであろう者達を処分するというのだ
ベルトーチカはルオ商会を通してネェル・アーガマに危機を伝えようとするが、
ブライトは偽装輸送船ガランシェールへ連絡したいと願い出る
飛びきりジオン嫌いだが交渉するのに適役がいると言う
それはかつてブライトと共に一年戦争を戦い抜いたカイ・シデン
カイはジンネマンに通信で交渉を始める
ミネバを奪還できても無事逃げ切れなければ心もとないジンネマンに対し、
カイは因縁浅からぬ応援をよこすと言った
その後、宇宙で待機を命じられていたネェル・アーガマに至急伝が入る
至急伝に目を通した艦長のオットーは口に含んだ紅茶を思わず噴出してしまった
一方地球ではユニコーンをガルダへ輸送する準備が始まった
リディの姿を発見したバナージはオードリーはどうしたと問い詰めるがブライトに止められる
ブライトは袖付きがガルダへのユニコーン輸送の隙を突いてミネバ奪還作戦を開始する事を伝え、
彼らと共闘し、宇宙へあがって救援に来るネェル・アーガマと合流しろとバナージに言った
バナージはやります、と強く答える
ブライトはバナージがかつてガンダムに乗ったパイロットと同じく、
ガンダムに選ばれた者、ニュータイプであれと願った
ユニコーンの輸送が始まった
アルベルトがディッシュ連絡機に乗り、1機のベースジャバーにユニコーンとバンシィ、
護衛にトライスターのベースジャバーに1台ずつ乗ったジェスタ3機とリディのデルタプラス
バナージは無駄な抵抗はするなと通信してきたマリーダに呼びかけるが、
再調整されたマリーダはプルトゥエルブを名乗り、今はアルベルトをマスターと認識している
しばらくしてガルダとそれに近付くガランシェールの姿が見えた
ガルダはディッシュを収容しつつアンクシャを出撃させる
ガランシェールは機体に固定したギラ・ズールで応戦
武装はビーム・バズーカ、ガトリング、バズーカ等、一年戦争時に旧ジオンMSが使っていた旧式だが、
アンクシャを次々と落としていく
マリーダはバンシィのアームド・アーマーBSはガランシェールへ向けるが、
ジンネマンとバナージの影に一瞬さいなまれる
バンシィを止めようとユニコーンが動き出すが、ユニコーンはベースジャバーから落ちてしまうが、
バンシィの攻撃を避けつつ、ワッツのジェスタを蹴り落としてベースジャバーを奪う
マリーダの説得を試みるバナージがふとガルダへ目をやると、
ベースジャバーからガルダへ乗り移ろうとするジンネマンの姿があった
アルベルトの命令でガルダに張り付くベースジャバを落とそうとするマリーダ
しかしユニコーンが眼前に立ちはだかる
その様子を見て今回の任務はみんなグルと気付き憤慨するリディは、
マリーダがバナージの呼びかけとアルベルトの命令に挟まれ苦しみだしたのを尻目に、
デルタプラスでガルダの中へ乗り込む
ジンネマンもガルダの中へ潜入したが、異変に気付いた
マリーダの感情の高ぶりによりバンシィがデストロイモードへ変身したのだ
それに引っ張られるかのようにデストロイモードへ変身を始めるユニコーン
変身を押さえ込むバナージ
一方、ガルダ内ではマーサとリディがオードリーを巡り対峙
ラプラスの秘密を逆手に取りのし上がってきたサイアムの血縁者と、
ラプラス事件と呼ばれたテロにより死亡した地球連邦政府初代首相リカルドの血縁者
宇宙世紀の歴史を変えた一年戦争を引き起こしたザビ家の血縁者
オードリーはリディがラプラスの秘密を知っているならばここにいる者にもそれを知る権利がある、
それを話して欲しいと願う
リディは自分と来てくれとオードリーに迫るが、オードリーはそれを拒む
そこへジンネマンが銃を発砲、オードリに目を伏せろと合図を送ると、
閃光弾と煙幕を発射、リディ達がひるんでる隙にオードリーが駆け出す
ガルダの上部ではユニコーンとバンシィが組み合って、サイコフレームが共鳴しだす
このままではサイコフィールドによりかつてのアクシズショックが引き起こされかねない
1機のアンクシャがサイコフィールドに近付くとコントロールを失い弾き飛ばされた
バンシィがアームド・アーマーVNのクローを展開しユニコーンを襲おうとするも、
フィールドの制御はバナージ側にあり襲う事が出来ない
アンクシャが弾かれた衝撃でジンネマンは倒れ、オードリーはガルダのハッチ付近に飛ばされていた
手を伸ばしオードリーを救おうとするリディ
オードリーもリディに手を伸ばしかけるが、私とあなたは行く道が違うと拒否
ザビ家の女である以上ラプラスの正体を見極めたい、それが父や祖父のように大罪を犯す事になろうとも
今いる誰もが知らない100年後の人間の為に一人で戦うつもりかとリディ
オードリーは自分は一人ではない、とガルダを飛び降りた
オードリーを感じたバナージはガルダを離れ急下降する
それに呼応するかのようにデストロイモードへ変身するユニコーン
オードリーを無事拾い上げたバナージはユニコーンをガランシェールの元へ急がせる
君の声が聞こえたのなら僕の声もきっとマリーダに届く、
バナージはガランシェールにオードリーを降ろし、再びガルダへ向かう
空中でバンシィともみ合いになりながらガルダのハッチへ飛び組んでくるユニコーン
デルタプラスの姿に気付いたマリーダはお前もガンダムか、ガンダムは敵、
とバンシィでデルタプラスをいたぶり始めた
デルタプラスを半壊させたマリーダはユニコーンを狙うが、その前にジンネマンが立ちはだかる
お前が戻れば元通りだ、そこを開けて出て来いと叫ぶジンネマン
マリーダは生きていれば自分と同い年くらいのジンネマンの娘・マリーの写真を見せられた日を思い出す
マリーダが全てを思い出しかけたその時、リディがバンシィに対し拳銃を発砲
リディはガンダムめとつぶやきながら気を失ってしまう
リディのその言葉に私がガンダム、私が敵?と混乱を起こし気を失うマリーダ
ユニコーンモードに戻り倒れかかるバンシィを支えるユニコーン
バンシィのコクピットから排出されたマリーダをジンネマンがキャッチした
そこへネェル・アーガマが大気圏へ突入してきた
我々を付け回していた偽装船など引き上げていいのかと言うレイアムに対し、
オットーは何かをやらなければならないというのはいい事だとどこか満足げだった
しかしエンジンにトラブルが発生したガランシェールがだんだんと離れて行く
そんなガランシェールはドン、という衝撃音と共に船体を揺らす
船体後部からユニコーンと2機のギラ・ズールがガランシェールを押し上げていた
しかし軌道まで戻るにはパワー不足
ネェル・アーガマも高度を下げるには限界と見てケーブルを射出
デストロイモードに変身したユニコーンはガランシェール上部に上がり船体を引き上げ、
ケーブルをキャッチ、しかし接続までには至らずユニコーンがケーブルと船に引っ張られる形に
このままでは引き裂かれてしまう
その時バナージの目には死んでいった者達の姿が見え、それに反応するかのように、
ユニコーンのサイコフレームの発光色が赤から緑へと変化する
その光はやがてネェル・アーガマとガランシェールを包み込んだ
マーサもブライトもそれを目の当たりにする
しかしリディだけはガルダに残されたバンシィに近付き…
無事宇宙へあがることのできたガランシェール、バナージがホッとした次の瞬間、警告音が鳴り出した
ゼネラル・レビルが攻撃を仕掛けてきたのだ
リゼルC型も多数で襲い来る
ユニコーンのエネルギーも切れ、ここまでかと思われたが、どこからかリゼルC型を攻撃する者が
アンジェロのローゼン・ズールとフル・フロンタルのシナンジュだ
アンジェロはリゼルC型の攻撃をかわしながらシールドのメガ粒子砲や、
インコムとして射出される腕部のメガ粒子砲を用いてのオールレンジ攻撃で、
リゼルC型やジェガンを次々と落としていく
そして露払いは終えましたと言わんばかりにローゼン・ズールがその場からはけると、
いよいよシナンジュが猛然とゼネラル・レビルへ向かって行く
ゼネラル・レビルの砲撃とリゼルC型の射撃を悉くかわしたシナンジュは、
ビームライフル下部に取り付けたバズーカをゼネラル・レビルへ向ける…!

あらすじを長々と書いてしまった…
まず人物感想
今回でようやくバナージが主人公らしくなっていきそうな感じがしました
歴代ガンダムパイロットを見守ってきたブライトさんによる励ましで覚醒ってのがよかった
昔だったら殴ったり厳しい言葉で発破かけてたブライトさんが、
バナージには優しく接していたのも時代の流れを感じました
カイさんはジンネマンキャプテンとの交渉シーンのみの登場でしたが、
飄々とした感じは相変わらずなのが嬉しかった
あと前情報なかったんでベルトーチカの登場は驚いた、声がZの時と同じ川村万梨阿さんだったし
ルオ商会の名を口にしていたがステファニーとかこの時代でも元気でやってるんだろうか
アムロについては特に言及はなかったけど、ブライトさんが艦長室を出る時、
「笑うなよ、俺はあの子(バナージ)に賭けたんだ」とアムロの写真に語りかけたのは泣いた
バナージとアルベルトが異母兄弟であることがバレましたね
アルベルトはマリーダのことをずいぶん心配してたけど惚れてたんですかね
少なくともマーサのように道具として見てたわけではなさそう
マーサは男性社会へ対する憎しみがちらっと見えました
ミネバに対しては殿下の存在が男達を戦いに駆り立ててるとかチクリチクリ言ってきてこわい
後この人谷間アップとかお尻アップとか以前からやたらあるのはなんなんだ、熟女専へのサービスなのか?
リディはどこ行っても家の事が付いて回るのが嫌で、同じ境遇のミネバを引き込んで傷の舐めあいをしたかったんだろうけど、
今回で完全に拒絶されましたなぁ、ミネバは自分の境遇に向き合おうとしてるもんな
リディはこれからドンドン歪んで駄目な子街道まっしぐらっぽいですね
ジンネマンはマリーダの事娘だと思ってたんですね、今回の説得シーンでよく分かった
アンクシャがガルダにぶつかった時倒れこんでたり、ユニコーンとバンシィが飛び込んできた時押しつぶされそうになってて
今回死ぬんじゃないかと思ったわ
オットー艦長がどんどん艦長らしくなって行くのがいいなあ
長期間待機命じられてイライラと落ち着かない部下にお茶入れて和ませようとしてたし
至急伝見てリアル紅茶吹いたはワロタ
あと今更だけど服が黒っぽくてティターンズっぽいねこの人
バナージがオードリー救うシーンの「君の声が聞こえた」ってのはちょっとF91っぽいよね
ラストのフロンタルがゼネラル・レビルにバズーカ向けてニヤァという獲物捕らえたぜ感には身震いした
メカ感想
バンシィのクローがグワッと開くシーンは禍々しくてかっこよかった
それだけにHGUCで無可動だったのが実に惜しい、MG買わぬと駄目か
サイコフィールドに触れたアンクシャが力なく弾き飛ばされたことをアクシズショックって言うんですかね
逆シャアでもアクシズ押してたジェガンとかギラ・ドーガが急に離れていくあのシーン
ユニコーンとギラ・ズールのガランシェール押し出しも逆シャアオマージュですね
ユニコーンが緑に光った後ギラ・ズールどうなったんだろう、大気圏離脱能力ないはずだから燃えちゃうよな
ガランシェールの中に戻った描写がなかったので心配です
心配といえばユニコーンに蹴落とされたワッツのジェスタはあの後どうなったんだ、バナージひでえ
アンクシャとデルタプラスは前評判どおり見せ場なかった、デルタプラスなんかバンシィに一方的にボコられただけだし
ベースジャバーの方が活躍してたぜ、そりゃHGUC化するわ
ガランシェールに固定されたギラ・ズールの武器がグフカスタムのガトリングだったり、ザクのバズーカだったり、
スキウレのビーム・バズーカだったりでニヤニヤした
ディッシュ連絡機とかガルダとかのマイナーメカでもニヤニヤ
ローゼン・ズールのハンマ・ハンマっぷりとデカい獲物をシナンジュに譲るようなしぐさにクソワロタ
ゼネラル・レビルはあのレビル将軍から名前を取った戦艦でしたが、
やることはラプラスの事情を知るガランシェールを友軍のネェル・アーガマごと落とそうとする糞みたいな役回りでした
いつの時代になっても連邦の上層部は腐ってますな

機動戦士ガンダムUC (Mobile Suit Gundam UC) 5 [Blu-ray]
機動戦士ガンダムUC 5 [DVD]
[PR]
by dogyagyan | 2012-06-08 17:59 | ガンダム