ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今年も新ライダーの発表の季節がやってきた件

仮面ライダーガイム|テレビ朝日

私だ
平成仮面ライダー15作品目のヒーローは
“フルーツ”と“鎧”がモチーフ!!
≪異世界の果実≫の力を宿した鎧を身にまとい、
天下の頂を目指す幾人もの仮面ライダーが登場!!
まさに≪仮面ライダー戦国時代≫が今、幕を開ける…!!

節目となる15作品目を迎えた「平成仮面ライダーシリーズ」は、
またも新たな仮面ライダーを誕生させます。その名は『仮面ライダーガイム』。
そのスタイルは名前からもわかる通り、戦国武将の鎧武者。
そして、フルーツをモチーフとした錠前=ロックシードを使って変身、
さらにはアームズチェンジしていきます。
今回の『仮面ライダーガイム』の特徴の一つは、
主人公の仮面ライダー鎧武/(かずらばこうた)にライバルとなる多数のライダーたちが存在すること。
それぞれロックシードで変身、鎧武同様、フルーツをモチーフとした武器で敵と戦います。
そんな『仮面ライダーガイム』の活躍が描かれる世界は、とある新興都市。
巨大企業の“城下町”として経済的に発展してはいるものの、
“城下町”ゆえの一種の閉塞感に若者たちはストリートダンスでうっ屈したものを発散しています。
そんな若者たちの間では、ロックシードで小動物インベスを召喚、戦わせるというゲームが秘密裏に流行。
そのインベスはゲーム時に開く「異世界」の扉から現れるのですが、
その「異世界」への扉が各地で開き始め、人類を脅かす危機を招くことになります。
「異世界」から現れる怪物とは?そして、その目的とは?
人類の危機に仮面ライダー鎧武/はどう立ち向かうのか?そのライバルとなるライダーたちの運命は?
混とんとした現代、自らが信じる正義を貫くために戦う、まさに仮面ライダー戦国時代。
鮮やかなフルーツをモチーフとしたロックシードで変身する重厚感あふれるライダーたちの戦いが始まります!
<仮面ライダー鎧武/ガイムとは?>
ベルト=戦極(せんごく)ドライバーを装着、錠前=ロックシードを戦極ドライバーにセットすることで、
その周囲が異世界へと変化し、仮面ライダーへと変身する。
「オレンジロックシード」を使用して変身する「オレンジアームズ」、
「パインロックシード」を使用して変身する「パインアームズ」などにアームズチェンジ。
使用する武器もそれぞれのフルーツの特徴を活かしたものとなります。
<登場するライバルライダーとは?>
■仮面ライダーバロン
 モチーフは西洋鎧。アームズチェンジは「バナナアームズ」など。
■仮面ライダー龍玄(りゅうげん)
 モチーフは中華鎧。アームズチェンジは「ブドウアームズ」など。

意外ッ!それはフルーツ!!
男児向け番組でかわいらしいフルーツをモチーフに取り入れる発想はなかった
ウィザードの指輪以上になかったわー
ライダーのデザインはパッと見ローカルヒーローかと思いましたが、
流石にスーツ自体はローカルヒーローよりしっかりとした作りしてそうですね
最初から多数のライダーが登場決定してるのも久々だなー
ライダー同士で大バトルしちゃうのかな?まあ平成1期のようにガチの殺し合いはないかも知れませんが
ダンス要素は中学で必修科目なるからその辺狙ってるんでしょうね
メインアイテムが錠前ってのも面白いな
リュウケンドーやゴーカイジャーみたいに鍵がメインアイテムって前例はあるけど
脚本の虚淵玄氏に不安がる声があるようですが、
俺は今までこの人の作品見たことないんでそこんとこはよー分からん
主題歌が湘南乃風ってことに不安がるのは何となく分かる、日曜朝8時から胸焼けしそうだし
特オタ的には龍騎の吾郎ちゃんやカブトの三島を演じた弓削智久氏や、
ジャスティライザーのデモンナイトやライオン丸Gの主演だった波岡一喜氏の出演が嬉しいですな
製作発表の動画見た感じ、主演の子らはかなり動けそうで変身前のアクションにも期待が高まりました
放送は2013年10月6日スタート!!
…え、10月?ウィザード延長ですか!?
もうガイムの期待値高まってるんで、むしろウィザード早く完結してほしいくらいなんですけど…

この機会にウィザードについてちょっと愚痴りますね
ファントムとウィザード達とのゲート攻防戦っつー通常回を終盤になっても未だやってるのは、
昭和シリーズではよくあるところなんでまあいいとして、
ゲートを絶望させないと新たなファントムを産み出せないシステムが足枷になってる気がします
回りくどいんですよねぇ
555のオルフェノクに殺された者の中で素質のある者が新たなオルフェノクになれるくらいシンプルでよくね?
ウィザード達に絶望阻止された人々が郊外や海外に移住したらファントムは後を追わないのもアホかと思う
これは東京?近郊じゃないといけない理由が今後明らかになるかもしれませんが、
昔の特撮ヒーローでは悪の組織に目をつけられた人がヒーローに救われて郊外に逃げて、
後の回で再び悪の組織が追ってきてヒーローも救援に向かうなんてエピソードがあるのに、
ウィザードは全然ない
まーこれは昔みたいにホイホイと地方ロケできないのかも知れませんけどね
あとこれもCGの手間暇の関係かと思われますが、アンダーワールドでの戦いをもっと見たかった
最近ウィザードラゴンとかビーストキマイラの存在薄いぞ
コヨミを元の?普通の人間に戻そうと肉親である笛木が他人を巻き込んで暗躍してるっぽいのも、
平成シリーズ1期の龍騎の優衣やカブトのひよりの状況とちょっと被るんだよなあ
これは俺みたいなシリーズずっと見続けてる奴が感じてるものであって、
最近ファンになった人はそうでもないかもしれないけどねー
で、終盤になって漸く登場した白い魔法使いの正体=笛木
いやいやいやいや、こんなポッと出のキャラが「実はキーキャラクターでしたー」って拍子抜けだろが
笛木は面影堂にたまに来る客として序盤からチョコチョコ出しておけば「ああー、こいつがー!」って驚きもあるだろうに
ガンダムAGEのゼラ・ギンスとか星矢Ωのアプスとか終盤いきなり出てきて「はいラスボスでーす」って、
最近の作品はこんなんばっかか!
シリーズ構成しっかりしろ!!
以上愚痴終わり、できることなら残りの話数で挽回してくれ

仮面ライダーウィザード DXウィザードリング 超魔法決戦セット
[PR]
by dogyagyan | 2013-07-26 20:56 | 仮面ライダー