ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

昨日の新ウルトラマン列伝 感想

テレビ東京・あにてれ 新ウルトラマン列伝

私だ
第13話「復活!タイラント超分析! 後編」

イカルス「地球人のお前達!イカルス星人じゃなイカ
     我輩はウルトラ戦士へ我が同胞の復讐を果たすため
     異次元空間で礼堂ヒカルとかいう小僧とウルトラマンタロウが話してるところに潜入した
     そこでは暴君怪獣タイラントという合体怪獣の勉強中
     角のシーゴラス、背中のハンザギラン、足のレッドキングと、
     タイラントを構成する怪獣の分析結果を聞きだした
     そしていよいよあの素敵な耳を構成する我が同胞の番になった時…
     我が同胞を馬鹿にし始めた
     おのれ!我輩は怒りに任せて奴等の前に飛び出してしまったのだ、以上!あらすじ終わり」
ヒカル「こいつ、誰に向かって話てんだ?」
イカルス「えっ? イカ~ん! イカンイカン イ、イ、イイカ もうイイカ…」
OP後早々に関智劇場でしたが、CM明けもまだまだ続くよ!
イカルス「イカ、イカ!」
タロウ「イカルス星人」
イカルス「はい」
タロウ「貴様どうやってこの空間に!?」
イカルス「我輩は異次元空間のエキスパート!更にこのダミースパークが持つ闇の力を合わせれば、
     こんな空間に忍び込むなどお茶の子さいさいじゃなイカ!」
タロウ「ダミースパークだと!?」
イカルス「イカカカカ! さぁ命が惜しければ残り3体の怪獣についても我輩に教えるのだ!」
ヒカル「させるかよ!」
イカルス「イカ!(ヒカルのギンガスパークに弾かれて)イターッ! イテテ骨折れた
     骨折れた~!クソ!」
ヒカル「まだ来るかイカ野郎!」
イカルス「ヘヘ~、今日はこのくらいでイイカ 覚えてろイカ!礼堂ヒカルバーカ!」
ヒカル「待て!」
タロウ「イカルス星人、奴も闇の手先なのか?急がなければ」
ヒカル「急ぐ?それってどういうことだよタロウ!」
タロウ「感じるのだヒカル 我々を人形にした巨大な闇の力が少しずつ強くなっている
    私は満足に君達を満足に助けることもできないが、
    せめて私の知識や経験だけでも君達に託したいのだ」
ヒカル「だから最近勉強勉強って」
タロウ「すまない、私は少し焦りすぎてしまったようだ」
ヒカル「教えてくれよタロウ!タロウが今までしてきた冒険のこと!」
タロウ「ヒカル…よし!まずはタイラントの続きからだ」
イカルスはここで退場です、結局残りの3体のことは聞けなかったな
しかしセブン回でやった異次元が得意な設定をちゃんと意識しての演出だったのは流石だわ

というわけでやっと続き
尻尾を構成する超獣、
A 15話「夏の怪奇シリーズ 黒い蟹の呪い」の映像を使用してキングクラブを解説
こいつはタラバガニの英名と同じですが、カブトガニと宇宙怪獣の合成超獣の設定です
眉間から火噴いてるのがすげー、しかも眉間燃えてるし
この火炎能力がタイラントに受け継がれていることもタロウから解説されました
Aと相撲を取るシーンはやはりヒカルから突込みが入ったなぁ
TACのワンダバがかかってかっこいいんだか悪いんだか
でもヒカル、今一緒にいるタロウも昔は結構変な戦いしてたんだぞ
Aを締め付ける尻尾をAのドリル光線で粉砕され、最後はアタックビームで爆死
この時の尻尾を粉砕された恨みがタイラントの尻尾となったんでしょうね
今回初めて気付いたけどキングクラブの顎って左右非対称なんですね

次は腹を構成する怪獣、
帰マン18話「ウルトラセブン参上!」の映像を使用してベムスターを解説
皆大好きベムたん
腹部の五角形の口でエネルギーを吸収する能力がタイラントにも受け継がれていることと、
タイラントは更に冷凍ガスまで出せるようになったことについても言及
BGMにはなんとあの「ビルを壊すぞ~地響き立てて~」のNG版OPを使用
すげえチョイスだな列伝スタッフ
最後はウルトラブレスレッドで切断されるシーンも放送されました
ここ旧列伝の時はカットされてたよな…
しかし「ブレスレットがなければ危なかったかもしれん」ってはっきり言うなよタロウ!
新マン兄さんの本体がブレスレットと言ってるようなもんじゃないか!(←言ってない)
補足として「ウルトラゼロファイト第二部」の映像を使用してゼロと極暴タッグの戦いも解説
ゼロスラッガーに光線を反射させてタイラントの背後にいるヴィラニアスを攻撃するシーンですね
戦いには柔軟な発想が必要であるとタロウがヒカルに説きました
ヒカルがギンガじゃこんな技できないと言ってましたが、
ギンガファイヤーボールは自由に操れないのかなあ

CM明けは腕を構成する超獣、
A 14話「銀河に散った5つの星」の映像を使用してバラバを解説
アゲハ蝶の幼虫と宇宙怪獣の合成超獣の設定ですがよー分からん
でも兎に角ワルっぽい見た目で分かりやすかったので、子供の頃から好きな超獣ですわ
頭部に剣、右手が鉄球で左手が鎌なんて、非常に分かりやすい悪役武器で
タイラントは鉄球と鎌がバラバと左右逆になってるんですがこれは意味があるんでしょうか?
単なる当時のスタッフのミス?
最後は自身の強力な武器である剣と鎌を利用されて絶命
剣が胸に刺さったり後頭部蹴られて眼球が飛び出したり鎌で首を刈られるシーンはちゃんと放送
今回はグロ解禁したのかな…

最後はタロウ40話「ウルトラ兄弟を超えてゆけ!」を使用してタロウとタイラントの戦いを解説
タロウの戦法は敵の武器を逆手に取ったA兄さんの柔軟な発想を利用したと補完されました
列伝では何度かこのタイラント戦を放送しましたが、
今回はタロウの掛け声が篠田氏ではなく石丸氏のものに差し替えられていました
まあこういうパターンもたまにはいいかな

ヒカル「まったくこんなチート野郎がいたなんてな すげえ奴等だぜ怪獣ってのは」
タロウ「怖くなったかヒカル 闇の支配者はこれからも恐ろしい怪獣を送り込んでくるかも知れんぞ」
ヒカル「冗談 それでこそ最高の冒険ってもんだろ」
タロウ「うむ、さすが選ばれし者だな」
ヒカル「ああ!さあこれからもガンガン行こうぜギンガ!」
ギンガ「シュウウゥアアッ!」
ヒカル「皆、この後は怪獣ハンティング『大怪獣ラッシュ』だ!」

今回もBGM差し替え等編集がいい仕事してましたね
あと補足とか補完があったのもよかった
ヒカルの言うとおり大怪獣ラッシュのアニメへ

REDKING hunting 02 あらすじ
レッドキングの裏拳で壁面に叩きつけられるマグナ
怒ったレッドキングはガルムとバレルを追いかけるが、
バレルは分身でレッドキングを翻弄し、手裏剣状の武器・サイクロンソーサーでプラズマソウルを破壊
更に怒ったレッドキングを引き付ける…
続く
あれ、前回尻尾が迫ってきたように見えたけど裏拳だったのか
これを「イッテー!」で済ますマグナタフだなぁ
このアニメのバルタン族はバルタン星の爆発で全滅したはずがバレルだけ生き残ってる設定のようです
宇宙を旅する何十億の同胞はおらんのかい
分身能力をもつガッツ星人のガルムがバレルの分身技を見て驚いてましたが、
あれはバルタン族が全滅したと思っていたからなんでしょうか
ジェントと一緒にケムールやザラブがいたのは、初代メフィラスの配下って設定のオマージュですね
そういやバルタンも配下だったな

次回は第14話「燃えろレオ!輝く獅子の瞳!!」だ、
提供バックは次回の見所シーン色々

雷神 (初回限定盤B)(2CD)
[PR]
by dogyagyan | 2013-09-26 20:48 | ウルトラマン