ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

昨日の新ウルトラマン列伝 感想

テレビ東京・あにてれ 新ウルトラマン列伝

私だ
第14話「燃えろレオ!輝く獅子の瞳!!」
今回からOPの歌詞が1番に戻りましたね
過去映像は大怪獣バトル、ゼロ関連、レオ、ティガ、コスモス、ネクサス、マックス、
マン、セブン、メビウス、ギンガ、ギンガ劇場スペシャルから使用されています
レオの過去映像に重なって構えを取る新撮のレオが拝めましたがこれは今回だけの演出でしょうか
ファイティングポーズを取るセブン・ゼロ親子、そっぽ向いたギンガとヒカル、
OPラストの青空をバックに構えを取るギンガも新撮カット
六兄弟の連続カットは相変わらず使われています

ゼロ「よう皆!俺はウルトラマンゼロ 皆も知っているように俺はウルトラセブンの息子であり、
   そしてウルトラマンレオの弟子なんだ
   かつて光の国を追放されてしまった俺にこれでもかって程の厳しい特訓をつけてくれた
   師匠ウルトラマンレオ
   そのおかげで俺は本当の強さを知ることができたんだ
   そんなレオも昔は俺の親父ウルトラセブンに厳しく鍛えられていたらしい
   今日は地球で戦っていた頃の若きレオを一緒に見ていこうぜ!」

というわけでレオ総集編を弟子のゼロがナビゲート、今回はグレンいないよ!
若きレオっつってもウルトラマンからすれば約40年前などたいした年数ではないと思います
提供にレオ前期OPが使われたのは嬉しいのですが、マクドナルドのロゴ表示でちょっと吹いた
MACですよMAC

CM明けは、
レオ2話「大沈没!日本列島最後の日」を見ながらセブンやレオの奮闘を解説するゼロ
セブンが足を折られるシーンもしっかり放送
セブンのピンチシーンで心配するゼロかわいい
セブンの耳がないことには突っ込みませんでした
このときのセブンってなんで耳ないんだろうね
ギラス兄弟とマグマを相手に1対3の戦いを強いられるのは流石のセブンもあかんかったですね
ウルトラ念力のシーンでは、体力や寿命を縮める危険な技と解説されました
そうそう、ウルトラ念力って元来そういうものなんだよな
最近タロウが連発してるからあんまリスク感じない技になっちゃってるけど
ギラススピンを破るための特訓シーンもありました
スピンにはスピンってことでゲンはきりもみキックを練習
とりあえずウルトラ戦士はスピンしとけばなんとかなる法則です(オイ
そういや後にメビウスもリフレクト星人を破った際にスピンキックを使ってましたな
ちゃんと受け継がれてるんですねー
この時のレオは通常のレオキック使ってましたが、
きりもみキックに頼らずともいけるくらいレオのレベルがアップしてるんでしょうね
ラストは故郷を奪われた憎しみのまま戦った所為で街の被害が拡大した初陣を反省し、
ギラス兄弟を海へひきつけてきりもみキック炸裂、ギラス兄弟は頭を吹っ飛ばされて死亡
ちゃんと頭が吹っ飛ぶシーンやるのね、ここのレオの蹴り方がすげーかっこいいんだよな
と言うか全体的に殺陣がかっけー

再びCM明けにゼロの新撮パート
ゼロ「地球を守るためにギリギリの戦いを続けていたレオ師匠
   だが師匠は決して1人で戦っているわけじゃなかったんだ
   親父以外にも師匠には頼もしい仲間がいたんだぜ」
レオ師匠って呼び方がなんだかお笑い芸人っぽく思ええたのは俺だけデスカ?
レオ33話「レオ兄弟対宇宙悪霊星人」を見ながらレオとあの戦士の活躍を解説するゼロ
アクマニヤ星人のことをかわいいと言いかけて気味悪いと言い直したゼロワロタ
アクマニヤの奇怪な超能力を打開する為、レオはまずレオキックでアクマニヤの角を折り、
アクマニヤの力の源である巨大な目玉にぶっ刺し、緑の流血もちゃんと放送
両腕ももぎ取ってレオ1人で楽勝と思いきや、もぎ取った両腕がレオの首を絞めにきました
このピンチに颯爽と登場したのは勿論アストラ!
足のチェーンはマグマ星人に捕まってた時の名残についてもしっかり解説
アストラは太陽の光を増幅させる超能力でアクマニヤを追い詰めてましたが、
ここのシーンは何度見てもアストラが太陽光で嫌がらせしてるようで笑ってしまうわ
ラストはウルトラダブルフラッシャーでアクマニヤを隕石に戻し、
アストラが隕石を持って飛び去って終了
隕石はこのあとどうやって処理されたのか謎ですが多分怪獣墓場辺りに運んだんでしょうね

続いてまたゼロの新撮パート
ゼロ「レオのピンチには必ず駆けつけてくれるアストラ
   普段は離れ離れでも2人の兄弟は強く固い絆で結ばれている
   そしてレオと戦う仲間がもう1人 あの爺さん…じゃなかった、
   あの伝説の超人もレオに力を貸していたんだ」
はいはいあの超人ですね、どっちかっつーと仲間と言うより後見人な気もしますが
レオ26話「日本名作民話シリーズ!ウルトラマンキング対魔法使い」を見ながら解説するゼロ
出たー!岡村さん…じゃない方のプレッシャー星人
岡村さんと違って不気味な声と笑い声だぜ初代プレッシャーさん
プレッシャーの魔法にMAC大苦戦、レオもちっちゃくされました
一寸法師みたいなレオ師匠をかわいく思うゼロクソワロタ
かわいいもの好きだもんなー、ピグモンとかピグモンとかピグモンとか
ちっちゃくなってもプレッシャーに果敢に挑むレオを援護するダン隊長
杖に仕込んだ機関銃すげー威力あんな、MACの戦闘機より強いんじゃないの
それでも不利すぎるのでキング爺さん登場
打ち出の小槌でレオを元の大きさに戻し、自身のウルトラマントもあげました
そもそもウルトラ戦士って大きくなったり小さくなったりできんじゃないの?と思いましたが、
自分の意思ではなくプレッシャーの魔法で小さくなったから無理だったんですかね
ラストはウルトラマントをレオブレラに変形させてプレッシャーの火炎を封じ、
キングフラッシャーとレオビームの挟み撃ちで爆殺
地球を去るキングの飛び人形がちゃんとマントなしになってました

三度CM明けにゼロの新撮パート
ゼロ「様々な困難を乗り越えてきたレオ師匠
   師匠の拳が半端なく重いわけが改めて分かった気がするぜ
   その拳で沢山の命を守ってきた熱い心の闘士ウルトラマンレオ
   そしてそんなレオの戦いを助ける弟アストラと、伝説の超人ウルトラマンキング
   彼らがいる限り宇宙の平和は壊されたりはしないんだ」
レオ・アストラ兄弟とキングのスリーショットで〆!
前期・後期OPやそのインストをふんだんに使ってたり映像もクリアでいい総集編でした
ただ、映像がクリアになった分、ピアノ線が昔より見えちゃってましたね
ゼロ「そしてこの後はプラズマ怪獣ハンターの星人達が活躍する大怪獣ラッシュだ
   レッドキング編いよいよ決着!」
ゼロのフリどおり大怪獣ラッシュのアニメへ

REDKING hunting 03 あらすじ
バレルの行動は狭い地形にレッドキングを誘い込んでプラズマソウルを自滅させる作戦だった
作戦により全てのプラズマソウルをGETしたかに見えたが、最後の1つはレッドキングの口の中
マグナはフォースサーベルをレッドキングの口へ叩き込もうとするが、
ホークアイショットでガルムに横取りされてしまう
レッドキングは倒した、しかし暗雲が立ち込め…
続く
折角バレルに見せ場譲ってもらったのにガルムに横取りされたマグナカワイソス
休憩時間もなく次の戦いに続くっぽいです

次回は第15話「スパークドールズ劇団の怪獣大研究!」だ、
提供バックは次回の見所シーン色々

雷神 (通常盤)
[PR]
by dogyagyan | 2013-10-03 22:38 | ウルトラマン