ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

ガンダムビルドファイターズ 第8話 逢戦士たち 感想

ガンダムビルドファイターズ

私だ
あらすじ
ガンプラバトル選手権、世界大会出場を決めたセイとレイジ。
時を同じくして、日本以外の国でも、続々と予選大会が行われ、世界大会への出場者が決まっていく。
また、アメリカでは、フェリーニの良きライバルであり、
世界大会常連のグレコ・ローガンが代表本命と見られていたが、
予選大会の決勝で思わぬ伏兵が現れる。
アーリージーニアスの異名を持つ天才少年、ニルス・ニールセン――
彼の操るガンプラ、戦国アストレイがその隠された能力をさらけ出したとき、
会場が……いや、世界が震撼する……!

アバンでPPSEの開発したプラフスキー粒子の解説を新キャラ=ニルス・ニールセンが行いました
赤と金の百式かっけー、と思ったら対戦相手がまさかのGセイバー!!
まさかGセイバーがアニメでかっこよく動く日がこようとは…
実写ではCGがモッサリしてたのにビュンビュン動きやがって、負けたけど
しっかしニルスの話聞いてた博士が「おもちゃ動かすだけの粒子」とか低評価だけど、
どう考えてもすげーと思うんですけど
他分野にも応用できると聞いて食いついてましけどね
ニルスはプラフスキー粒子の謎を解くためにバトルに参加してるそうです
PPSEではケンプファーアメイジングのテストが行われていました
こいつ水中も航行できるのかよ
一方フラナ機関に投資するネメシスの会長の元へ例の女の子=アイラが通されましたが、
会長は懐疑的、そこで実力を試すためにガウェインというネメシスのメインファイターとバトル
フラナ機関…フラナガンか
って、普通のジェガンでデビルガンダムをボッコボコにするアイラつええええええええええええ!!
アイラは晴れてネメシスのメインファイターとなりました
その頃セイはこれまでの戦いを振り返りビルドストライクの修理中
プラフスキー粒子の特性の理解と応用が鍵らしい
これはパワーアップの予感
Aパートここまで
Bパートはアメリカ予選大会決勝
ラビアン・ローズガーデンっつーのか会場
実況や解説者がいて日本より派手だなアメリカ大会
フェリーニが見守る中、実力者グレコとニルスの戦い
実況や解説者がいて日本より派手だな
ニルスは母親が武術の達人の日本人だそうで日本かぶれですな、髪型はドレッドヘアーなのに
あと父親の探偵設定はなんなのか
グレコはトールギス・ワルキューレ、ニルスは戦国アストレイ
トールギス・ワルキューレはトールギスIを緑に塗装しIIIのメガキャノンを装備させたもの
プロト・リーオーと呼ばれたトールギスがリーオー色になっちゃった
戦国アストレイは世界大会まで温存するはずだった機体だそうで、今までは先の百式で戦ってたのか?
メガキャノンの大出力ビームを2振りの刀で両断するアストレイすげー
メガキャノンを封じられたグレコですが、フェリーニと世界大会で戦うため意地を見せます
しかしトールギスのビームサーベルは切っ先からアストレイの日本刀で切り裂かれ、
両腕を落とされました…なんという精密動作
それでも諦めないグレコはトールギス自慢の大出力ブースターでタックルし、
アストレイを岩壁に叩きつける捨て身の攻撃を見せますが、
アストレイの周囲が丸く吹き飛ぶ謎の衝撃波技に敗れてしまいました
技は今後分かるんだろうけど、これがプラフスキー粒子を使いこなすということらしいです
なんか背中の鬼が解放されてましたな、勇次郎かよ
タイでは赤とベージュのアルヴァロンを倒した紫のカブトムシ風になったアビゴルや、
アルゼンチンではなんか双子がジム・キャノンらしきガンプラでニヤニヤしてる描写が
この世界ではアルヴァロンもガンプラになってんのか
公式サイトによるとタイの選手はルワン・ダラーラ、ガンプラはアビゴルバインというそうです
…どっかのオーラバトラーですか?
双子はレナート兄弟
ジム・キャノンでよく勝ちあがれたなぁ
Cパートではフィンランド予選決勝を見ようと会場へ急ぐラルさんが
本当にどこにでも出てくるなぁ、ラルさん普段なにやってんだろ?
しかし会場へ着くと世界大会前優勝者=カルロス・カイザーの紫のα・アジールがボコボコにされた後
相手は…キュベレイパピヨンを使うアイラ!
ラルさんの「お、乙女だ…」にワロタが、謎のパイロットスーツ着てるアイラ、それ意味あんの?
上の台詞って、00のソーマ(マリー)と会った時のスミルノフ親子の台詞でしたっけ?
アイラも銀髪だし超兵みたいな感じだからこそのパロディ台詞なんだろうな
今回は世界各地で熱いバトルが繰り広げられていたーという、これからの展開を煽る回でしたな
毎回毎回MSがよく動くなー、週一30分放送のペースで殆ど作画崩壊もせずよくやる
でも戦国アストレイ対トールギス・ワルキューレ以外の戦いもちゃんと見たかったぜ
グレコ役の黒田崇矢氏の声は相変わらずかっこええのぅ
熟練ファイターの意地を見たぜ、でもフェリーニのいうとおり世代交代の時期なんだろうな
これからはプラフスキー粒子の使いこなし方がものをいうようで
なんか一見ガンプラ改造技術関係なくなってきそうな感じだけど、
改造次第でその制御に関わってくるんですかね?
主役のセイとレイジの出番すくなっ
レイジなんかBパートラストでセイにガンプラ完成をせかすシーンしか出てないぞ
それから、
ユウキ=家が金持ちでPPSEにスカウトされた
マオ=ガンプラ心形流造形術を学んだ
アイラ=フラナ機関で育てられたネメシスのトップファイター
ニルス=飛び級で大学入れるほどの天才理学少年
セイ=世界大会準優勝者の父を持つ模型屋の息子
レイジ=自称別世界の王子様
主人公以外の連中がバックボーンでかすぎる
組織とかズルくね?

次回予告「恐ろしい拷問を受けてしまうのです」の元ネタは、V26話でやった27話の予告より
「見て下さい」はVの予告でシャクティが毎回言う台詞ですな

ガンダムビルドファイターズ Blu-ray Box 1 [マスターグレード版] <初回限定生産>
[PR]
by dogyagyan | 2013-11-25 22:09 | ガンダム