ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

昨日の新ウルトラマン列伝 感想

テレビ東京・あにてれ 新ウルトラマン列伝

私だ
第24話 ウルトラマンギンガ「漆黒のウルトラ兄弟」
ウルトラマンギンガ第10話です

あらすじ
美鈴がいなくなり、校歌のパネルが破壊されるなど事件が相次ぐ学校
そこへスーパーグランドキングが現れた
ヒカルはギンガへウルトライブ、友也もジャンナインに乗り応戦するが、
スーパーグランドキングにはグレイと共に美鈴がライブしており手出しができない
ギンガにより美鈴の意識の中へ送り込まれたヒカルは、美鈴の連れ戻しを試みる
意識の中の美鈴はヒカルに対して怒っていた、だがその理由は、
いつも勝手ばかりだったり、町に帰ってきた時恥ずかしい場面を見られた等という些細なことだった
一方美鈴を連れ戻そうと決意した誠一郎、健太、千草のもとにギンガライトスパークが出現
セブン、ティガ、マンにそれぞれウルトライブし、スーパーグランドキングに挑む
白井校長を校長室へ連れたホツマは、ここが闇の支配者の居室であり、
今まで悪の心に支配された人々は降星小学校の卒業した後に道を踏み外した者ばかりと説明
闇の支配者はその共通点を知る者が無意識に犠牲者を選んでいるという
異形の手の者はダークスパークを介して白井校長に乗り移っていたのだ
銀河神社が火事になったあの日、ダークスパークを拾った校長は闇の支配者に乗っ取られており、
ホツマはその一部始終を見ていたのだった
カーテンの奥の部屋には大量のスパークドールが置かれていた
手の甲に選ばれし者のしるしが輝くホツマは祈祷で校長と支配者の分離を試みる
セブン、ティガ、マンは活動時間をオーバーし、それぞれ元の姿へ
連れ戻すどころか口論となってしまったヒカルと美鈴は離れてしまう
しかしギンガとジャンナインがスーパーグランドキングの破壊光線を受けると同時によろめいた2人は、
本当は互いのことを想っていることに気付き、抱き締め合う
ヒカルと美鈴はギンガへライブ、スーパーグランドキングの破壊光線を押し返す
美鈴を失いグレイだけとなったスーパーグランドキングはギンガに空高く投げ飛ばされ、
ギンガサンシャインを受けて倒された
闇の支配者も校長から分離し、時空の歪みも消えた

ほぼ出ずっぱりのスーパーグランドキングでしたが…ほぼ押し相撲してただけという
あれか?スーツがデカい&重い&セット狭いでまともにアクションできないとか?
それで美鈴が中にいるから下手に手出しできないって展開にしたのか?
タロウの映画でウルトラ兄弟相手に暴れまくったグランドキング知ってるだけにガッカリでしたわ…
ウルトラマンパワードばりの押し相撲なんか望んでなかったよ!
マン、セブン、ティガの競演が超8以来だったのになぁ
あと千草がライブしたマンはもっと女子っぽい動きして欲しかったな、美鈴レッドキングみたいに
んで、グレイに漬け込まれた美鈴の闇が、
「んもーヒカルはいつも自分のことばっかりプンスコ!」って低次元痴話喧嘩だったわ
「許せない、お父さんもヒカル君も」ってヒカルのこと凄い睨んでCM入ったから、
うわっこりゃすげー闇抱えてたんだなぁと思ったのにガクッっときたわ
外にいたタロウ達は、ヒカルが命がけで美鈴のところへ行ったと思ったようだが、
中で痴話喧嘩してたって聞いたらどう思うだろうね
ヒカルが分離したギンガが棒立ちだったが、1人では戦えないんだろうか
ヒカル不在の無防備ギンガの盾になってやられるジャンナインが不憫すぎる
後半戦になってからおいしくない役回りばかりだなあ
仲直り後は2人でギンガへウルトライブして必殺技ぶっ放す展開でGガンダム思い出したが、
男女変身ってことでAオマージュなんかね
初登場技、ギンガサンシャインはクリスタルがピンク色に発光する金色の光線技でした
グレイ有能と思ってたけど、戦闘面はあんましでした
異形の手の者の正体は自覚がないまま闇堕ちした校長でした
そして今まで闇堕ちした人物の共通点が、小学校の卒業生という共通点が明かされました
ま、降星町って狭そうだから大体そうなるんだろうね
最初の不法投棄業者までこの町の連中だとは思わなかったけど
卒業生が不法投棄業者とか追跡魔とか放火魔とか賭博疑惑ボクサーとかになっちまって、
校長は闇抱えちまって、そこを利用されたと
ホツマによる正体暴きや除霊シーンの熱演ぶりはすごかったですね、お二人とも流石大ベテラン
鏡に映る異形化した校長の姿がマジで怖かった、バールで校歌が書かれたパネル破壊するとこもこえー
にしてもホツマ何者なんだろうな、次回こそその辺明かされるんだろうか
スーパーグランドキングの扱いもガッカリだったが、
戦闘パートとドラマパートがチョコチョコ入れ替わってテンポ悪いのも駄目だったなあ
戦闘パート・イチャコラパート・除霊パートがテンポよく同時進行すれば、
もっとカオスで面白い回になれたんじゃないかと思うとつくづく残念だ
津川雅彦氏と木野花さんの迫真の演技だけはよかった、迫真過ぎてギャグかな?とも思ったけど

本編後はスパークドールズ劇場
あのキモい手の奴が校長だったなんてと驚くいつもの面々、
支配者の真の姿がきになるけどどうせ知らんだろと言われたタロウは、
怒りつつもみんなで例のレッツウルトライブの台詞で〆
キモい手ワロタ

次回は第25話 ウルトラマンギンガ「きみの未来」だ、
最終回2部作後編、大丈夫かな…
提供バックは今回のギンガサンシャインの静止画

TV東京系 新ウルトラマン列伝 ウルトラマンギンガ ソング&ミュージック
[PR]
by dogyagyan | 2013-12-12 21:07 | ウルトラマン