ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

HGCE 1/144 エールストライクガンダム

私だ
今日出荷だ
オールガンダムプロジェクト第6弾
オールガンダムプロジェクトの新ポリキャップや関節機構を採用してストライクがリニューアル
ナンバーもHG SEEDシリーズではなく、HGUCや平成3部作と同じ通しナンバーとなりました
完全新規ではなく一部HGBFビルドストライクのランナーを流用しています
ストライク本体はアンテナ、肩アーマーや肘等のフレームがしっかり色分けされています
例の発売中のガンダムエース3月号付録マーキュリーレヴが装備可能です
そしてこの本体、コレクションシリーズのランチャー及びソードストライカーパックや、
HG-Rパーフェクトストライクの武装が装備可能です
流石バンダイ分かってらっしゃる
しかし残念ながらRGの各ストライカーパックは対応しておりません
HGストライクルージュのIWSPも装備可能ですが対艦刀を持たせるには少しゆるいですな
ホビージャパンに付属していたHGガンダムSEEDカスタムキットのグランドスラムもゆるいかも
HG105ダガーのガンバレルストライカー、HGストライクノワールのノワールストライカーも装備可能
ガンバレルストライカーはちょっとゆるいか
ビルドブースター、ユニバースブースターは当然装備可能
エールストライカーは新設計でブースター部分がフレキシブルに可動、勿論ストライクからの着脱も可能
接続が本体背中のプラ穴にパックのプラ軸を差し込む方式なので
摩耗とか折れとかがちと心配ですね
スラスター内部はディテールばっちり
前面の赤いスリット部分やブースター横の黄色いスリットがちゃんと色分けできてますな
主翼は折りたたみ可能、黒っぽい色で成型されており、赤部分はシールで色分けします
これは別パーツでの色分けを犠牲にした分、翼を薄く造型できたのかなと解釈
ビームサーベルのラックが可動
尚、本キットのエールストライカーも旧HGと同様にEX MODELのスカイグラスパーと合体可能です
武装はビームライフル、シールド、ビームサーベル2本、更にアーマーシュナイダーが2本付属
アーマーシュナイダーは以前B-CLUBから旧HG用に出ていましたが、今回は最初から付くんですな
刃を展開した状態のもののみ付属、折りたたんだ状態のものはありません
アーマーシュナイダーを収納している設定のサイドスカートも開閉ギミックはありません
RGストライクやHGBFビルドストライクを経てというのもあるんでしょうが、
12年前のHGとほぼ同価格帯でここまで進化したことに驚きましたわ
しっかしこんなリニューアルがあるならパーフェクトストライクをこちらの枠で出して欲しかったなー

HG 1/144 GAT-X105A エールストライクガンダム (機動戦士ガンダムSEED)
[PR]
by dogyagyan | 2014-02-06 22:01 | ガンプラ