ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

ガンダム Gのレコンギスタ TV初回1時間SP 感想

ガンダム Gのレコンギスタ

私だ
TBS1話「謎のモビルスーツ」~2話「G-セルフ起動!」の1時間SPです
アジア大会バレーの延長で予定より遅い時間帯の放送になりましたね

OPは「BLAZING」
曲は別にいいんだけど映像が本編からの流用っぽいのが残念だなあ

1話
字幕表示しながら見てたんですが、
軌道エレベータが上昇するシーンでの雷の音が、
「バリバリ バリバリ」と字幕が入ってワロタ
教官の鞭を避けるベルリ、上官の修正を避ける主人公ですか
どこかで見たことがありますね
キャピタル・ガード養成学校の飛び級だったり運行長官の息子だったりと、
ガンダムシリーズの主役らしくやっぱチートなところがあるんだな
チアの格好で宇宙実習を応援に来た女子生徒を見た人が、
「彼女がいないやつのことも考えてやれ」と言ってて泣いた
ミノフスキー粒子ってこの時代にもまだあるんだなあ
キャピタル・ガードの宇宙服やキャピタル・アーミィの軍服が、
ディアナ・カウンターのそれと似ている気がするんですが、
富野御大は∀と繋げる気なんですかね
Aパートラストで楽しい実習の雰囲気から一転、
海賊のMSが接近して緊張感が高まりそうところなのに、
ベルリが結構呑気しててワロタ
Bパートの点検用モビルスーツ・レクテンとG-セルフの戦いは動きが流石だわ
しかしガンダム主人公が主役ガンダムと戦うのはシリーズでも珍しいパターンですな
ルイン先輩やデレンセン教官のレクテンと共闘して勝ったとはいえ、
機体を選ばぬパイロットセンスはやっぱガンダム主人公してるわー
G-セルフに乗ってたアイーダの上からな物言いとか立ち振る舞い、
ガンダムシリーズの姫様ポジションな気がしますが果たして…?
拘束されたアイーダとすれ違ったベルリ、これアイーダに惚れたろ
髪サラサラ~みたいなたった数秒の演出で髪の臭いとか含めて、
そういうのが視聴者に想像させられる辺り流石だなあ
ラストはベルリがG-セルフ動かしておしまい
両手広げて上を見上げる仕草が∀みたい
戦闘シーンでもベルリに反応したG-セルフの動きが鈍くなってましたが、
やはりベルリとG-セルフにはなにかありそうです
情緒不安定なラライヤは強化人間かなんかデスカ?

2話
ラライヤ学校の女子部に編入して割と楽しそうにチアしててワロタ
1話もそうだったがなんか差別的なニュアンスで、
「クンタラ」って単語を発してるキャラが出てくると思ったら、
このリギルド・センチュリーにはそう呼ばれる下級階層の人々がいるようですね
法皇様が乗ってる二足歩行の乗り物はスターウォーズに出てきそう
クラシカルな車が走ってるシーンがありましたが、エンジン音してませんね
見た目はクラシカルでも旧時代の化石燃料ではなくフォトン・バッテリーで動いてんだろうな
運行長官はベルリのお父さんかと思ったらお母さんだったでござる
海賊部隊の量産型モビルスーツ・グリモアが攻撃を仕掛けてきたが、
この時代でもサブフライトシステム使ってんですね
キャピタル・アーミィは出たばかりの組織だそうで、
飛行モビルスーツのカットシーはグリモアにあっさりやられました
二足歩行の乗り物、急停止で乗ってる人が投げ出されたり転倒したりと不安定すぎるだろ
走ってる時も縦揺れ激しいし、乗り心地悪そうだわ
ただジャンプできるからそういうとこはタイヤで走る乗り物より利便性あるんだなあ
海賊は囚人の塔のアイーダが狙いと見て塔に向かうベルリ達はアイーダを救出
G-セルフが隠されている25番ハンガーへ
グリモアに乗ってるカーヒルがアイーダを様付けで呼んでたけどやっぱ姫様なんだな
アイーダから発せられる「アイリス・サイン」がベルリからも発せられてて驚いてたが、
ベルリも普通じゃないようで
ケルベス教官にG-セルフを動かせと命令されたベルリが驚きつつもやる気満々で吹いた
G-セルフの音声ナビが喋ってたが初代ガンダムもアッザムリーダーで焼かれそうになった時喋ってたな
一方、カーヒルのグリモアが迷い込んだ施設には…
ザク!リック・ディアス!ガルバルディβ!ジェムズガン!ドム!
ゴッグ!ガンキャノン!ジェガン!カプール!
のレプリカらしきコレクションが並んでいました
まさかこういうファンサービスがあるとは見抜けなかった
しかもちゃんと富野作品縛りになってますね
G-セルフの頭部バルカン音の字幕が「ピュンピュンピュンピュン」でワロタ
グリモアの連続パンチといいハッチ開けっ放しのG-セルフといいZZみたいだな
G-セルフの謎の発光により動きが鈍くなったグリモアは、
ビームライフルで原を撃ち抜かれ、カーヒルが死亡
アメリア軍を背負う人だったのに、とベルリを責めるアイーダ
ガンダム主人公宿命の人生初の人殺しシーンだったわけですが、
当のベルリはあまり実感沸いてないようで、
アイーダとの温度差が悲しいですね

EDは「Gの閃光」
「元気のGは始まりのG」とか、「Gのレコンギスタ」とかタイトル連呼
富野御大作詞なんだがド直球なアニソンですなーイイヨイイヨー
っつーかこっちの方がOPっぽくね?
曲は今の所ダウンロード配信のみのようですが、CD化はないんでしょうか
映像は各キャラが楽しそうで笑ったが殆ど止め絵なのがちょっとなあ
歴代ガンダムのEDって止め絵スクロールとか同じ動きエンドレスとか、
似たパターンが多いんでそこは百歩譲るにしても、
OPもEDも映像に手間かかってなさそうなのは正直不満ですわ
ラストの手を挙げるG-セルフは動いてたがやっぱり∀っぽい

次回予告でベルリがいろいろあらすじ言っちゃう辺りは富野作品らしい
サブタイトルの表示が処理落ちしたみたいにカクカクしてるんだがそういう演出?
富野御大は新しい世代に見せたい作品にしたと仰ってたそうだが、
全編富野節炸裂しまくりだし前世紀のクラシック・コレクションとか、
宇宙世紀とおそらく∀との繋がりをかなり意識してるみたいだしで、
どう見ても我々オールドファンが喜ぶ作品です、ありがとうございました
1~2話連続なのに世界観にグイグイ引き込まれてストレスなく見られました
各キャラ、特に女子がウザいくらい勝手に行動しちゃうのが面白いなあ
いるだけのお飾りだったりとか、その場の雰囲気に流されるだけじゃないのが凄いわ
世界情勢なんかはアニメ本編見ただけではまだよく分からない部分がかなり多いですが、
追々開かされるんだろうなと思うと続きが楽しみになるやり方でズルいわあ~

BLAZING(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)
[PR]
by dogyagyan | 2014-10-04 19:24 | ガンダム