ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

ガンダム Gのレコンギスタ 第8話 父と母とマスクと 感想

ガンダム Gのレコンギスタ

私だ
TBS8話です

アーマーザガンの登場により引き下がったかに思われた、マスク部隊
Bパート前半まで戦い続けるというしつこさを見せました
前回の引きでまさかここまでの長時間戦闘が待ってるとは思わなかったわ
アイーダの父=グシオンが自ら前線に赴きG-セルフの新装備=トリッキーパックや、
モンテーロの武器の補充に登場
島で父娘が再会して飲み物飲みながら呑気に会話してたり、
ベルリが慣れないパック換装してる間も上空ではバリバリ戦闘中という、
ギャップにワロタ
メカニックの人がトリッキーパックのバインダーに弾かれて落ちそうになってたが、
毎度のようにメカニックキャラが災難に遭う描写を入れるノルマでもあるんデスカ?
トリッキーパックはバリア張ったり、
G-セルフの形したエフェクト飛ばして当たった敵MSに機能障害を起こさせたり、
超高高度までひとっ飛びしたりとなかなかのチートぶりでしたね
ビームライフル構えようとしたらバインダーが邪魔になるだの、ピンク太りだの、
めっちゃディスられてましたが、
敵にも味方にも何やってるのか分からない正にトリッキーな装備でした
アーマーザガンとモンテーロの連係プレイもよかったな
アーマーザガンの後部ってMS乗れるんだな、便利だ
アーマーザガンのパイロットはミックでしたがヘカテーの出番は今後あるのか
マスクを退けた後は、
フィンの出力がオーバーロードして超高高度まで飛んでしまったG-アルケインと、
偶然遭遇したママンのグライダーをG-セルフが救出
前回はまだ慣れてなかったから飛べなかったそうだが、姫様極端過ぎるぜ
グライダー以外の敵の存在をチェックしてたと嘘つくアイーダにワロタ
戦闘後は予想通りグシオンからいろいろ語られましたね
ママンとグシオンは顔見知りなんすね
MS技術はゴンドワンから拝借したけどヘルメスの薔薇の設計図とは関係ないってのは、
ウソくせー
スコード教のタブーに触れたニックスペースという艦は解体されたそうだが、
どうやら今はメガファウナになってるみたいですね
ベルリは艦の中にあるもののメーカーや製造年月日で気付いた様子
この辺は流石キャピタル・ガード候補生&運行長官の息子ですな
海賊という形で実用テストを重ね、そのデータを元に宇宙艦隊を建造し続けている、
それはやはり「宇宙から来るもの」への対抗
天体観測も今時代ではタブーだそうだが、
月周辺では地球にフォトン・バッテリーを運んでくれるカシーバ・ミコシに似た物体が、
ここ数年で増え活発に動いているという証拠写真が出てきました
スコード教を信仰するママンには受け入れがたい事実だが…
月!やっぱり月が関係してるのか、∀への関連を考えずにはいられないですな
帰還したマスクは超悔しがってましたな
モブ兵士に「クンタラ」云々と陰口を叩かれてましたが、
この世界では差別が何年続いてるんでしょうね
前線に来ればルインやベルリ達のことが分かると思い補充兵に加わったマニィ、久々に登場
あーEDでノレドと同じポーズしてるパッツン髪の子は髪切ったマニィだったのか
マニィはマスクの正体がルインと何となく気付いたようで、
マスクも「貴様は!」と言いかけてましたね
今はマスクとして行動してるプライドがあるんで正体明かせない感じですね
それを汲んでかルインと気付いてもそう呼ばずにマスクである彼に合わせるマニィええ女や(サカイ・ミナト風)
でも当のルインの方は強化人間的な処置を施されて本当に忘れている可能性もまだ捨てきれないなー
富野作品だもん
アイーダはクンパ大佐がなんか怪しいと気付いたみたいですが、
クンパ大佐から本音が語られるのはいつになるか楽しみです

見なけりゃ人生暗いぞ!

ガンダム Gのレコンギスタ 3(特装限定版) [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2014-11-15 22:36 | ガンダム