ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

ガンダム Gのレコンギスタ 第26話 大地に立つ 感想

ガンダム Gのレコンギスタ

私だ
TBS26話最終回です

大気圏突入に成功したベルリ達はギアナ高地へ
そうかクンパはみんなの降下する方向から予想を付けてギアナ高地へ向かった訳か
傍観するために
ダーマは長距離航行用ユニットだったのか
それで戦闘描写が殆ど無かったのね
アイーダ、ベルリが心配で出撃
こないだメガファウナの指揮任されたばっかりじゃないですかーやだー
アルケインで上手く飛べないみたいでG-ルシファーの背中に乗ってるし
フルドレス仕様じゃ変形機構は使えないみたいだしな
ギアナ高地にはズッキーニ大統領の差し金で、
ラトルパイソンとクロコダイル級戦艦4隻が集結
この戦いのどさくさに紛れてキャピタルテリトリィを狙うつもりか
ガランデンの部隊と戦闘となりました
ローゼンタールこっちにいたのか
「地球人は戦争オタクですか!?」の台詞が印象的
金星から来た者からすれば宇宙でも地上でも戦争してるように見えるわなぁ
G-セルフ対カバカーリー&ジーラッハ、
ダハック&トリニティ対マズラスター&ジャスティマ
更にジュガン率いるウーシァ&ランゲバイン大部隊
大混戦ぶりすげー
ダハックは掌からビーム・シールドを張れるのか
トリニティの有線式サイコミュみたいな3本脚、
マズラスターとジャスティマにあっさり破壊されてるじゃねーか
貴重な地上用ジャハナムと量産型モンテーロがー
ほぼ胴体着陸のようにしてグライダーをギアナ高地へ降ろす、
ウィルミットのパイロットセンスは相変わらず凄い
アメリア軍の砲撃をかいくぐってたし
力の意味も分からず、
大きな玩具を貰ってはしゃいでいる大人達に怒るラライヤ、
スカート・ファンネルのビームでラトルパイソンを撃沈
なんかG-ルシファーの背中から月光蝶みたいのが出てましたけど…?
G-セルフは地上を這いずり回ってました
まさかのバッテリー切れ、各モードの出力もいつもより弱々しい
無敵のG-セルフもバッテリー切れはどうしようも無かったか
カバカーリーから逃げ回っていると陥没した地帯へ
トリニティを絡め取ったマズラスターのビーム・ウィップをぶった切り、
コマのように回転してジャスティマの四肢を切り落とすダハック
ビーム・サーベルでジャスティマの胴体を貫き、チッカラ戦死
ミックは残ったクンを追おうとするもクリムに止められました
ミックをいじめたカバカーリーを落とすには、今のミックは足手まとい
とミックを下がらせるクリムの優しさよ
クリムとミックも玩具を手に入れてはしゃいでたタイプだったのに、
こういう場面でパートナーのことを思いやれるとは成長したな
戦場で一番パワーの大きいところを止めればこの戦争は止められると考えたベルリ、
フォトン・サーチャー発動
なんですかこの黒い煙幕
しかしジーラッハに追われ洞窟へ逃げ込みます
ジーラッハ、デカいから洞窟に入れなくてワロタ
カバカーリーが洞窟へライトを照射すると…ズゴックの残骸
マスクは宇宙世紀の遺跡といってたがここジャブローか!
THE ORIGINではファーストのアマゾン川流域からギアナ高地へ設定が変更されたらしいし
勝負をかけるマスク、G-セルフは滝を突破して洞窟外へ脱出
ダベーが爆発してジュガン戦死、あっさり過ぎてワロタ
調子に乗って戦場に出てくるから
やったのはリンゴとケルベスかな?
グライダー、G-セルフに襲いかかるマズラスターの脚が引っかかり、
そのグライダーに引っかかったクンパ、崖へ投げ出されて死亡
あっけねー…しかも凄いつまらない死に方
戦争を引き起こしておいて知らん顔で傍観してた報いや
マズラスターはG-セルフのトラクター・ビームで拘束
クン、降参
後ろの方でブルジンが不時着してるな
G-セルフとカバカーリーは…引き分けかな、これ
ちょっとモヤモヤする決着だが細かい攻防はすごくよかったなあ
ベルリはコア・ファイターで脱出
あーガンダムらしく最後はコア・ファイターですね
生き残った人の救出をスルガンの名をもって呼びかけるアイーダ
最後の最後でやっと指揮官らしいことした
ウィルミットと再会するベルリを見たクン、
地球には敵の命も救う者もいると地球人への偏見を改めるのでした
もっと早くこれが分かってりゃ戦わずに済んだのにな
戦争終結
地球の大地を満喫するフラミニア、ちっさ!
多分ムタチオンしてんだろーなーとは予想が付いてたが、
やせ細ってハゲてたラ・グーと違って身体が子供みたいなサイズとは読めなかった
ただロルッカやミラジの目を盗んで体力作りをしていたそうで、
1km走るくらいはできるんだとか
ベルリ達はクレッセントで世界巡航の旅へ出発、操縦はステア
見送るチアガールワロタ、そういやいたなお前ら
電話してて見送れなかったウィルミット、
出航を肩を叩いて教えようとしたのが法皇と知らずにイラッとしててワロタ
なんかキャンプしながらクレッセントを見送るルインとマニィ
ルインの顔はつきものが取れたかのように晴れ晴れしかったな
あんな中途半端な決着だったのに、もうベルリとG-セルフのことは吹っ切れたのか?
クレッセントがアメリア本国へ赴くとズッキーニ大統領が追悼演説
息子が戦死したことにしてまで戦争を政治に利用する父親に怒った天才クリム、
クレッセントに大統領を潰させました
いやいや父親殺しは父親殺しでアカンやろと思ったが、
よく見たらスレスレで後方へ投げ出されてたので生きてるのかな?
これに懲りて二度と戦争起こさなければいいですね
クリムとミックはグライダーでクレッセントを離れました
見送るクンのお腹には…キアム・ベッキJr.!?マジか!?
ノレドはメガファウナ中を慌ただしく駆け回ってベルリを探しますが、
ベルリは日本で降りたとのこと
ノレドはチュチュミィの世話を任されました
ベルリは1人で行きたかったのかな、ノレドに行ったら絶対付いてくるだろうし
ケルベスとリンゴはラライヤの傍にいたなあ、この恋の戦争はまだ続きそうですな
例の二足歩行のメカで富士登山するベルリ
リギルド・センチュリーでも日本の原風景は健在でワロタ
山頂が3つに割れてミツフジと呼ばれてんだが、
どこかの時代で大噴火でもあったのかな
下山するベルリは世界一周の旅をすると決めておしまい
ベルリを案内してた農家のグラサンお父さんの声は井荻麟
富野監督声優デビュークソワロタ
まさか「風立ちぬ」の庵野監督に触発されたんじゃねーだろーな
さて、エネルギー利権を巡る地球人の同士の戦いや、
トワサンガやビーナス・グロゥブの武力によるレコンギスタは、
大きな力を手に入れてはしゃぐ者、状況を政治利用する者、
裏で糸を引き戦争を起こした者らが倒れたことで一応の終息となりました
宇宙世紀の悲劇を繰り返さないために、
地球人・トワサンガ人・ビーナス・グロゥブ人は意図的に隔絶されていたけど、
ラストの世界巡航を見るにわかり合える希望はできたように思えましたね
戦争を体験したベルリ達若い世代がこれからの世界を導いていくのかなぁ
ただヘルメスの薔薇の設計図は地球上にまだ残ってるかも知れないし、
それで兵器を作ってはしゃぐ者達が再び現れるかも知れない
ミラジとロルッカはレイハントン家を再興し、
地球圏の統治なんて考えてるかも知れない
トワサンガはターボがまだ生きてるだろうし、
政治家連中は倒れたりズッキーニ大統領のようにお灸を据えられたわけでもない
ビーナス・グロゥブはムタチオンを怖れるあまり、
第二・第三のジット団が現れるかも知れない
争いの火種は完全になくなった保証はない
リギルド・センチュリーはまだまだ危うい時代なんだろうなあ
とりあえずGのレコンギスタはこれでおしまいなわけだが、
正直、分からないことが多かったな
この時代というか劇中人物だけで成立してるっぽい会話や習慣のシーンなんか、
視聴者のこっちとしてはちんぷんかんぷんだったり
上にも書いたように完全に平和な時代が来るとも思えん
もしかしてまだ描ける余地をあえて残してるのかなあ…
リギルド・センチュリーシリーズ化くるか?
あとは若いクリエイターがいじくっていいよという富野監督の思惑があるのか?
エピローグの世界巡航の旅も、その前に戦後処理とかやることあんだろと思うが、
そんなことより世界に出て見聞を広めろ
という富野監督から視聴者へのメッセージかねぇ
まーなんにしても戦闘描写や非戦闘時の呑気なやり取りのギャップは毎回面白かったし、
富野節も久々に炸裂しててこの2クール楽しかったですわ
欲を言えば4クールくらいじっくりやってもらいたかった
EDどおり元気に終わったGレコ、ありがとうございました!
作ってくれたスタッフ・キャストに感謝!

ガンダム Gのレコンギスタ 9(特装限定版) [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2015-03-28 20:52 | ガンダム