「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

HG 1/144 ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型)

私だ
今日出荷だ

G-セルフの長距離専用パックが本体と共にHG化
箱も結構大きくなるだろうなとは思ってたが、
MG Z2.0とかあの辺りの大きめMGくらいあってワロタ
キットはG-セルフ本体にアサルトパック用の新規パーツが追加されたもの
成型色はホワイト、レッド、暗めのレッド、イエロー、
グレー、クリアブルー、ブラック
ポリキャップはPC-002、PC-200
ランナーはA1、B、C、D、E、FがHG G-セルフ(大気圏用パック装備型)から流用されており、
B、C、Eランナーはスイッチ切り替えによりパーツが一部無くなっています
A2、SB-15ランナーは入っていません
それでも使わないパーツが余りますが
K、L、M2枚、N2枚、O、P、Q2枚、R、S1、S2、は新規ランナー
台座のBA2ランナーは MG ウイングガンダムゼロ(EW版)の流用
HG エルフ・ブルック(マスク専用機)に付いていた物と同じですが、
今回長い支柱は使いません
新規ランナーに専用支柱があります
G-セルフ本体は大気圏用パック装備型のほぼ色替えですが、
膝、脛、ふくらはぎに新規の追加装甲を被せたり、
足首が完全新規になっています
このハイヒール状になった足首のおかげでノーマルG-セルフより背が高くなってます
尚、ノーマルG-セルフの脚パーツは一通り残っているので、
2PカラーみたいなG-セルフも組み立て可能
ビーム・ライフルはそのまま
ビーム・サーベルのグリップはランナーに残っていますが、
SB-15ランナーは入っていませんので意味なし
さてメインのアサルトパック
他のパックと同じくG-セルフの背中にドッキング
別売の宇宙用パック付属のコア・ファイターともドッキング可能ですが、
最早どっちが本体か分からない状態に
操縦桿を兼ねた左右内側のビーム・ライフルは、
多関節の接続アームによってフレキシブルに可動
グリップはG-セルフの手首に握らせることができます
左右2門の大型ビーム・キャノンは、
下部のグリップをG-セルフの手首に握らせることができます
グリップは可動
後部左右のバインダーのような物は劇中未使用の大型ビーム・サーベル
基部が可動しますがビームエフェクト等は付属せず
劇中未使用じゃ付けようがなかったか
ミサイル・ハッチはボールジョイントである程度可動
前面や側面のミサイルハッチは開閉可能
内部のミサイルは殆ど色分けできてないので要塗装ですね
各スラスター、バーニア、センサー、フォトン・フレーム等は、
成型色やシールでだいたい色分けできています
展示用ベースはG-セルフと合体した状態と外した状態どちらも展示可能
付属のジョイントパーツを使えば別売のアクションベース1にも展示可能
G-セルフ単体なら別売のアクションベース2に展示可能
ひっさびさの1/144スケールの大型キットって感じですね
パックのパーツは大きな物が多いので、
組み立て時間はそれほどかからないと思います
ミサイルの塗り分けがちょっとストレスかも知れないです
それにしても大型ビーム・サーベル、使うところを見てみたかったわー
このキットの解説書読むまで普通にバインダーだと思ってたし

HG 1/144 ガンダム G-セルフ(アサルトパック装備型) (ガンダム Gのレコンギスタ)
[PR]
by dogyagyan | 2015-04-16 22:48 | ガンプラ