ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

HG 1/144 ガンダムバルバトス &長距離輸送ブースター クタン参型
HG 1/144 ガンダムグシオン
HG 1/144 マンロディ
HG 1/144 百錬(アミダ機)

私だ
今日出荷だ
今週はえらい集中してるなあ
先週何もないと油断してたらこれだよ!

バルバトスとドッキングする大型強化兵装「クタン参型」が劇中に先駆けてHG化
全長370mmの大型キットです
パッケージは最近のMGなんかでよくある平たいタイプ
キットはHGバルバトスとクタン参型のセットで、
A1、A2、B、C、D、EランナーはHGバルバトスの流用
F、G、H、I、J、K、L、M、Nランナーは新規
台座のOランナー「ベース5」はHG GNアームズの流用ですね
成型色は、
濃いめのマホガニー、ホワイト、イエロー、レッド、濃いめのブルー、
白に近いグレー、ライトグレー、クリアオレンジ、ブラック
ポリキャップはPC-002
バルバトス本体は単品売りと変わりませんが、
リアスカートに取り付け可能なアームが新規に付属しており、
別売のオプションセット等の武装をマウントさせられるようになりました
クタン参型はコンテナなどを可動式の巨大なアームで抱え込む構造を持った輸送機
キャノピーはクリアオレンジで再現
機体上部の武装用アタッチメントは着脱式
戦闘形態?のガバッと開いた感じが00のGNアームズを彷彿とさせますね
側面アームのバーニアは可動式
後部ブースタータンクは着脱式
各部大小様々なアームが可動し、バルバトスを抱えた巡航形態に変形可能
戦闘形態?は別売のHGグレイズ改ともドッキング可能です
側面アームがグレイズ改の脚に接続されたりと、
バルバトスドッキング時とはかなりフォルムが変わりますね
武装は、
メイス、太刀、ガントレット、滑空砲2門、太刀(新規)
メイス、太刀、ガントレットはバルバトス単品売りの物と同じ
滑空砲はクタン参型機体上部の武装用アタッチメントを介して装備可能
若干上下に可動します
バルバトスのバックパックとアームへの接続も勿論可能
尚、オプションセットのものと違い折り畳み機能はありません
太刀(新規)は柄が装着された完全新規造型
バルバトスのマニピュレーターに合わせたものという設定だそうです
こいつがどんな活躍をするのか、登場が待ち遠しいですね
グレイズ改にもドッキング可能ってことは1回こっきりの使い捨てではないでしょうし

ガンダムに見えないデブ機体、海賊ブルワーズ所属のガンダムグシオンがHG化
Gレコの総監じゃないぞ
ガンダム・フレームのMSは72機のうち現存するのは26機だけなんだとか
パッケージに描かれたパイロットのクダル・カデルはかなりヤバげな奴ですね
キットは勿論完全新規
成型色は、
よもぎ色、パープルグレー、ダークグリーン、微妙に色味の違うパープルグレー
ポリキャップはPC-002A
グシオンはエイハブ・リアクターの高出力に任せた超重装甲装備が施されており、
装甲内部に大型の推進剤タンク搭載しているからデブなんだそうです
因みに重力圏での運用は視野にないそう
頭部や胸部の丸いのはバルカンかビーム砲なんでしょうか
パッケージや説明書にも特に解説はないんだが
フロントスカートのブルワーズマークはホイルシール
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
武装は、
グシオンハンマー、サブマシンガン
グシオンハンマーは付属のアタッチメントを介して本体背中にマウント可能
その際は背中のフタパーツを取り外します
サブマシンガンは左右どちらの手にも持たせられます
リアスカートにマウントさせることも可能
手首は武器持ち手が左右1個ずつ、左平手が1個
やっと武器持ち手以外の手が付属する奴が出た
もっと手首付けてもいいのよ
肩部がスイング可動するのでハンマー両手持ちやサブマシンガンに左平手を添える等、
見た目に反して意外とポーズがとらせられますね
しっかしデブな上に等身も低いもんだから、
ガンダムのMSってよりダンボール戦機に出てきそうな機体ですね
あ、因みにダンボール戦機全然見たことないんで勝手なイメージで書いてますサーセン

ロディ・フレームを採用したブルワーズの量産機マン・ロディHG化
厄祭戦中期に大量生産されてものをレストアしてブルワーズで使われている模様
パッケージや説明書に描かれているパイロットは…昌弘・アルトランド
う、噂の昭弘の弟じゃないかー
キットは勿論完全新規
成型色は、
パープルグレー、グリーン、ライトグリーン、ファントムグレー
ポリキャップはPC-002
こいつもグシオンに負けず劣らず特異なフォルムしてますね
Gレコのトワサンガかビーナス・グロゥブ所属と言っても違和感ないぞ
あと思ったより小さいな機体なんだな
モノアイ?は点灯・無灯のホイルシールを選択して貼ります
背部や脚部のスラスターは可動
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
武装は、
サブマシンガン、ハンマーチョッパー
左右どちらの手にも持たせられ、リスカートへのマウントも可能
マウントはどちらか一方のみ可能で両方同時マウントはできません
ハンマーチョッパーはハンマー部を前面にする持たせ方と、
鉈部を前面にする持たせ方を選択できます
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
グシオン同様肩部がスイング可動するので結構ポーズが取れますね
劇中では10話ラストに登場済みですが、
昭弘と昌弘は互いを知らずに殺し合ってしまうのかなあ

タービンズのアミダ姐さん専用の百錬がHG化
パッケージや説明書に描かれているパイロットは勿論アミダ姐さん
アミダ機は百錬の中でも初期に製造されたシングルナンバーと呼ばれるもので、
通常の百錬を上回る性能を持っているそうです
キットは基本的に発売中の百錬の色替えですが、
アサルトライフルのFランナーが新たに追加されています
成型色は、
ダークレッド、ピンク、グレー、ホワイト
ポリキャップはPC-002
本体は色替えなんで感想割愛
武装は、
片刃式ブレード、ライフルカノン、ナックルガード2個、アサルトライフル
どの武装も左右どちらの手にも持たせられます
このキット発売で7話の1対2が再現できますね
それにしてもこれが一般発売でチョコレートの隣の人がプレバン限定になろうとは
あともうオルフェンズのHGキット、アミダ機で10個超えたんですね
キット化のペースはええなあ
Gレコもこれくらい頑張って欲しかったがGBFTとか他シリーズも同時展開してたし、
グリモアが想定外に売れたおかげでむしろ予定当初よりもキット化が増えたくらいだそうだが

他、
キャラスタンドプレート 三日月・オーガスとか、
キャラスタンドプレート オルガ・イツカという、
鉄血キャラをあしらったアクションベースも今日出荷です
三日月の方はバルバトス飾るとしてもオルガの方は何飾ったらいいんだ
モビルワーカーか?

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトス&長距離輸送ブースター クタン参型 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムグシオン 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ マンロディ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 百錬 (アミダ機) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2015-12-10 23:04 | ガンプラ