ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第12話 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

私だ
第12話「暗礁」
アバンは前回のラストシーンから
ゼリー漬けのタカキがなんかシュール
しかしガリかと思ったら意外と腹筋バキバキに割れとるな
ブルワーズは百里でも補足できないらしい
歳星で向こう側に情報が漏れてこちらが一方的に補足されているのか
ブルワーズの昌弘は兄・昭弘が突然戦場に現れたことに「なんで今更」と憤るのでした
奇襲ポイントをデブリ帯と予測するビスケット
先の大戦で壊れずに残った稼働中のエイハブリアクターが残骸を引き寄せているらしい
イサリビの重力もエイハブリアクターのおかげ
クーデリア知らなかったのかよ、俺も知らなかったけど
バルバトス積んだクタンが斥候となりデブリ帯へ先行、
ブルワーズを引き付けたところで後続のイサリビとハンマーヘッドで挟み撃ちにする作戦開始
アトラがクーデリアと作った弁当を渡される三日月、ラフタと共に出撃
三日月とラフタすっかり仲いいですね、ちょっと前にガチ戦闘繰り広げてたのに
ブルワーズの子達はタカキと違ってガリガリだなあ
死んだ仲間を悼んで生まれ帰りを信じる子をいびるオカマ
デブリ帯にたどり着くまで弁当食べながら文字書きの勉強してる三日月真面目
オルガにおだてられて阿頼耶識でイサリビと繋がるユージンチョロすぎワロタ
狙いどおりデブリ帯で食いついてきたブルワーズ
デブリが邪魔で小回り効かなくて戦いづらそう
デブリ帯を突っ切ってイサリビとハンマーヘッドキター
ユージンやっぱできる子だわ
ハンマーヘッドもユージンが操縦するイサリビとリンクして動いてるのね
敵艦に取り憑きモビルワーカー隊が内部へ進入し白兵戦へ
昭弘のグレイズ改はみんなのお膳立てのおかげで昌弘のマンロディへ再び組み付きます
三日月は容赦ねえな、他のマンロディ次々と撃墜させてく
鉄華団は艦内の白兵戦組から犠牲者が
昭弘は今の俺には新しい家族ができたと昌弘を説き伏せようとしますが、
昌弘は兄貴だけいい思いをしてきたのかと逆恨みを始め逆効果
そこへマンロディの援護も得られずバルバトスに追われるグシオンがやってきて、
グレイズ改を人質に利用しようとハンマーをフルスイング
その瞬間昌弘のマンロディは昭弘のグレイズ改を突き放し、
ハンマーでボディーを潰されるのでした
ま、昌弘ーっ!!
救えなかったエンドか…
次回のサブタイが「葬送」ってことは望み薄ですね
オカマはヒューマンデブリの変わりなんざいくらでもいると思って、
ハンマーフルスイングしたんだろうなあ、ホントクズ
昌弘の突き放しは最後の最後に昭弘を庇ったのか、
人生に絶望していったのか、どっちにも解釈できるのが辛い
でも昌弘は救ったところで敵味方に犠牲者が出た中、どのツラ下げて鉄華団へ入ればいいか分からんよなあ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 5 (特装限定版) [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2015-12-20 20:30 | ガンダム