ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

HG 1/144 ガンダムキマリス
HG 1/144 MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー

私だ
今日出荷だ

騎士っぽい機体、ガンダムキマリスが本編に先駆けてHG化
元ネタの悪魔も馬に乗った姿だそうで、それに倣って騎士っぽいんですね
デザインの発表は早い段階であったのに、
2クール目のOPに漸く登場しても本編はまだってどんだけもったいぶってんだぜ
パイロットはチョコレートの人の隣の人ことガエリオとパッケージやインストでネタバレ
キマリスは厄祭戦で初代ボードウィン卿が搭乗して終戦の立役者となった機体だそうです
つまり祖先から受け継いだ機体ってことですか
アインがガエリオのグレイズに乗るとかバレ情報があったんで、
戦死しちゃうのかと思ってましたが乗り換えるようですね
キットはAランナーのガンダムフレーム2以外は新規
成型色は、
濃いめのパープルグレー、薄いグレー、パープル、ダークブルー
ポリキャップはPC-002
シルエットだけ見るとずんぐりした体型ですね
腰はバルバトス同様剥き出しで細いですが
肩アーマーは肩の接続部とバインダーで可動するので、
ボールジョイントと相まって腋は水平よりちょい上まで上がります
脚部は高出力ブースターへと展開可能で、脛とふくらはぎの装甲が開閉
内部バーニアは別パーツでしっかり可動
展開の際はつま先を折りたたみます
このつま先の可動は設置性には余り関係なく、
装甲との干渉も多少あって可動範囲はイマイチな感じです
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
武装は、
グングニール、コンバットナイフ、スラッシュディスク2基
グングニールは所謂中世騎士のランスで、機体の機動性を活かした突きが強烈らしいです
中々長大でかっこいいですね
柄の丁度真ん中あたりに突起があり、握らせた手からのズリ落ち防止になっています
牽制射撃用の120mm砲も造型されています
コンバットナイフは折りたたみ式で、リアスカートのラックにマウント可能
スラッシュディスクはせり出し可能な肩アーマー上部から射出される円盤だそうで、
せり出す部分に手裏剣状の円盤パーツが左右1個ずつ収納されています
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
グシオン同様ガンダムのMSってよりダンボール戦機に出てきそうな機体ですね
勿論ダンボール戦機全然見たことないんで勝手なイメージで書いてますサーセン
バルバトスとフレームが共通なんで組み替えごっこが捗りそうです

HG IBOシリーズ対応の武器セット第3弾登場
成型色がメタリックなマホガニーのランナーが2枚
ハルバードの刃の色分けシールが申し訳程度に付いてる位なので、
ほぼ全塗装必須です
内容はグシオンアックス、グシオンチョッパー、ハルバード、
ギャラルホルンモビルワーカー
グシオンアックスは先端のモーニングスター部のチェーンの有無を選択可能
このチェーン、ランナーから切り出すだけでジャラジャラとしたチェーンになる…!
多重成型すげーな
これ自体は他社のプラアクト・オプション・シリーズとかいうキットで既にやってるそうですが、
安価な武器セットでやれちゃうバンダイパネェわ
別売のグシオンに装備可能で、
柄を握らせることができます
背部へのマウントも可能
グシオンチョッパーは別売のグシオンのリアスカートにマウント可能で、
グリップを握らせることができます
なんか鉈というか中華包丁みたいな見た目です
ハルバードは別売の謎の機体…というかどう見てもグシオンリベイクに装備可能で、
柄を握らせることができます
柄は短い物と交換してショートアックスにもなります
ショートアックスは付属のジョイントを介してリベイクのシールド裏にマウント可能
ギャラルホルンモビルワーカーは特にギミック無し
砲塔と左右のバインダー?や前脚?の接続軸がちょっと動かせるくらいですかね
グシオンがやられた今、この武器出番あるのかいってとこですが、
リベイク用の武器としてしれっと登場するんですかね
ギャラルホルンモビルワーカーは鉄華団が地球へ降りてから再登場するのかな

今週は、「キャラスタンドプレート 03 ガエリオ・ボードウィン」も出荷日です
これはもうキマリス飾るしかないですね

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット3&ギャラルホルンモビルワーカー 1/144スケール プラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2016-01-14 23:16 | ガンプラ