ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

HG 1/144 ガンダムキマリストルーパー
HG 1/144 グレイズリッター(カルタ機)

私だ
今日出荷だ
はい後日更新します

※12日(土)更新
キマリスの新形態が劇中に先駆けてHG化
地球での決戦に備えてトルーパー装備を施した設定
ホバー移動が可能になり、宇宙空間と遜色ないランス突撃が可能な上、
浮遊状態で敵機からの攻撃による衝撃を受け流せるんだとか
キットは発売中のHGキマリスに新規ランナーを追加したもの
というかAランナーのガンダムフレーム2以外は新規ランナーで、
殆ど新規キットみたいなもんです
成型色は、
ミディアムブルー、ライトグレー、パープル、ホワイト、ダークブルー、クリア
ポリキャップはPC-002
ユニコーンのような頭部に手持ちシールドと巨大化したリアスカート
より騎士っぽい見た目になりました
一部差し替えながらトルーパー形態に変形可能で、
四つ足のケンタウルスの様な姿でランスとシールド装備ってどう見ても騎士ガンダムですね
サイドスカートはサブアームに展開可能でランスやシールドを持たせることができます
股下には付属BA-O台座や別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
BA-Oはクリア成型です
武装は、デストロイヤー・ランス、キマリスサーベル、キマリスシールド
ランスは巨大な鉈のような形状になり、140mm機銃や姿勢制御スラスターが造型されてます
サーベルはシールド裏に収納可能
シールドはグリップが可動
グリップを手に持たせながら、前腕側面の穴にダボを固定してしっかり保持が可能
前述のサイドスカートサブアームを併用すれば、
ランス、サーベル、シールドの同時使用が可能です
リアアーマーには機雷を内蔵している設定ですが機雷パーツは特になし
手首は武器持ち手が左右1個ずつにランス用右持ち手が1個
ケレン味たっぷりでかっこいいですね
はたしてガエリオは鉄華団への雪辱を晴らすことができるのか、劇中での活躍が楽しみです
ガエリオとアインコンビの実直さ見てると鉄華団よりこっち応援してしまうわ

地球外縁軌道統制統合艦隊“カルタ隊”の使用するグレイズの姉妹機がHG化
軌道上戦闘を考慮してグレイズよりも機動力に優れた調整が成されている設定
式典への参列も隊の任務の一部なので、見た目も重視されとるようです
このグレイズリッターで訓練を積んでいたカルタ隊だったわけだが、
今まで軌道上で問題が起こった時は月軌道のアリアンロッド艦隊が対処していて実戦経験は皆無
初の実戦相手が今までいくつもの死線をくぐり抜けてきた鉄華団だったんですね
そら勝てんわ
キットはグレイズ(一般機/指揮官機)とグレイズ改の流用で、
A、C、D1、D2ランナーがグレイズの流用
E、Fランナーが新規
Bランナーはありません
グレイズ(一般機/指揮官機)の頭部や肩アーマー、地上用ブースターのパーツ等が余りますが、
頭部パーツ以外は一通り揃ってるので組もうと思えば組むことができます
成型色は、
エメラルドグリーン、ダークグレー、グレー、ブラック
ポリキャップはPC-002
トールギスの様な鶏冠が素敵
可動に関しては今までのグレイズタイプと大体一緒
頭部のフェイスオープンは差し替えで再現可能
鶏冠、頭部、肩アーマーの赤いラインはシールで再現
肩アーマーは単純な一軸やヒンジの組み合わせで可動するようになっており、
装甲も開閉可能
バックパックと太ももパーツを交換することで宇宙用と地上用の組み替えが可能
更に別売のHGバルバトス第6形態のパーツを使えば一般機を作ることができます
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
武装は、
ナイトブレード、ライフル、バトルアックス
ブレードは優美なデザインですが成型色が黒一色で色分けシールもないので塗装必須
サイドスカートにマウント可能
ライフル、バトルアックスはいつものグレイズ系のものなので説明割愛
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
ノーマルグレイズの肩アーマーが余剰になるのは嬉しいなあ
これバルバトスに組み込めば第2とか第3形態が再現できるじゃん

HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムキマリストルーパー 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ グレイズリッター (カルタ機) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2016-03-10 23:32 | ガンプラ