ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

映画 仮面ライダー1号 情報

「仮面ライダー1号」藤岡弘、45年ぶりのマスクオフ姿にファン歓喜!

私だ
[映画.com ニュース] 初代・仮面ライダーである俳優・藤岡弘、
が本郷猛役で主演する映画「仮面ライダー1号」の完成披露試写会が3月15日、
東京・新宿バルト9で行われ、藤岡をはじめ岡本夏美、阿部力、長澤奈央、武田幸三、大杉漣、
現在放送中の「仮面ライダーゴースト」に出演する西銘駿、大沢ひかる、山本涼介、
柳喬之がそろってスペシャルイベントと舞台挨拶に出席した。
映画は45年間悪と戦い続けてきた本郷(藤岡)が、
肉体の限界を超えてなお正義のために戦う姿を描いた。
藤岡はこの日、マスクを外したライダースーツ姿で登場。
この“マスクオフ”姿を披露するのは1971年に放送された「仮面ライダー」第1話以来45年ぶりとなり、
会場に集まったファンは歓喜の声を上げた。
藤岡は身にまとったライダースーツをしみじみと見つめ、
「これは愛と正義と勇気の象徴」と感慨深げ。
「初めてライダースーツを着た時の思い出がよみがえってきました。
45年の時を超え、体中のライダー魂の血が騒いでおります。
また本郷猛をやらせていただけて感無量です」と満面の笑みを浮かべた。
仮面ライダーゴーストで主人公を演じている西銘は、
藤岡との共演を振り返り「夢のような現場で勉強させていただいた」「感謝しています」と真摯な面持ち。
ライダーの宿敵である地獄大使役を演じた大杉も
「名前は地獄大使ですが、天国のような現場でした」と撮影期間の充実ぶりをうかがわせていた。
さらに大杉は、「僕は敵役なのにコーヒーを入れてくださいました」
とコーヒー好きで知られる藤岡ならではのエピソードを明かし、
「藤岡さんの現場での過ごし方ひとつひとつが、
現場の雰囲気を温かくしてくれた」とその存在感の大きさを語った。
これにほかのキャスト陣も「(藤岡が)空き時間にすごく優しく話しかけてくださったり、
コーヒーをいただいたりしました」(山本)、「
コーヒーが苦手だったんですが、少し克服できました。すごくおいしかったです」(西銘)
と大先輩との交流に目を輝かせていた。
「仮面ライダー1号」は、3月26日から公開。

こんなんズルいわー
何この有無を言わせぬ圧倒的存在感

仮面ライダー45周年記念超大作 仮面ライダー1号 サウンドトラック
[PR]
by dogyagyan | 2016-03-15 22:36 | 仮面ライダー