ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第36話 感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

私だ
第36話「穢れた翼」

アバンはナレーションによるこれまでのあらすじから
MA、いきなりイオク達を狙ってきたー!

Aパート
愚かにも程があるイオク、MAに攻撃を仕掛けるもプルーマが大量に出てきました
MA本体も大きさの割りに素早いしこれはヤバい
イオクの部下達、自分達を囮にしてイオクを逃がしました
人望だけは厚いなイオク
シノやダンテがMSで駆けつけるもMAは既にどこかに行った後でした
戦闘による生存者0
マクギリスにどう見えたと聞かれて地球で見た鳥のように綺麗と答える三日月
しかしMAは人を狩る天使でありその天使を模して作られたMSは悪魔
かつてギャラルホルン創設者、アグニカ・カイエルが闘った敵、MA!
マッキー、七星勲章獲得への欲がすごい湧いてきてるんですが
MAは推進剤やオイルが必要で、プルーマが火星の施設やら基地などを襲った模様
燃料切れになる弱点が一応あるのか
プルーマはMA本体を修復する機能があり、MAはプルーマを生産する能力がある
なんですかそのデビルガンダムレベルのヤバさは
マッキーとオルガはMAを止めるべく共闘することになったのだが…

Bパート
宇宙からジュリエッタとヴィダールも降りてきた
MAは火星の街・クリュセに向かってる模様
開拓時代からあるシェルターに逃げるようクーデリアらに促す三日月だが、
全員は収容できずこういうときはどうしても弱者があぶれることになるだろうと、
クーデリアやアトラはそういう人々のためにも逃げないことに
全員は入れそうでは入れないシェルター…北斗の拳かな?
石動は新型MSヘルムヴィーゲ・リンカーに搭乗
とてもグリムゲルデの改修機には見えないゴツさ
渓谷からMAの進行の様子をうかがう鉄華団だが、
逃げたはずのイオクが勝手に砲撃しかけやがった!
そのせいでMAは進路を変更し農業プラントへ
イオク様ジュリエッタに面と向かってバカよばわりされてワロタ
ライドはプラントの人々を避難させるため先行
昭弘達がMAを引きつけようとするもMAはまっすぐプラントへ
MAのビーム兵器がプラントを焼き払った!
獅電はナノラミネートアーマーのおかげでビームには耐えたものの、
大量のプルーマに組み付かれライド大ピンチ
そこへバルバトスキター!
いいタイミング過ぎるすごい主人公感
その頃マッキーと石動はヴィダールと遭遇したところで次回へ

てことで11話でした
大戦犯イオク、こいつが余計なことしなければ…
一応名家の当主なのにいくら何でもバカすぎやしませんかね
やっぱビーム兵器やべえなと思ったがナノラミネートアーマーの頑丈さも凄かった
そりゃMS同士の戦いが物理的に鈍器でぶん殴った方が決定打になるわけだわな
脱退したタカキの後を継いだライドは今回助かってよかったが、
次回予告で焦って戦ってるように見えたのでまだ油断できないなあ

【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 4 (特装限定版) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2016-12-11 20:31 | ガンダム