ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

MG 1/100 高機動型ザク“サイコ・ザク”Ver.Ka(GUNDAM THUNDERBOLT版)
HG 1/144 モビルアーマーハシュマル

私だ
今週はいつもより1日早い出荷日ですね

■カトキハジメ氏徹底監修の「Ver.Ka」シリーズに『サンダーボルト』より「高機動型ザク“サイコ・ザク”」が登場。
■圧倒的なボリュームの巨大スラスターに加え、多彩なウェポンが付属し、一部武装は複数付属するなど規格外の重装備を余すことなく再現!
■サブアーム、コックピットハッチ、足裏クローなど、各部にギミックを多数搭載!
■動力パイプのシーリングをはじめ、全身高密度なディテールで質感が表現されている。

※15日(木)更新
厄祭戦で人類が戦ったモビルアーマーがHG化
ハシュマルとは天使の位階の第四位にあたる階級の一つ「主天使」に所属する天使長の1つで、
ザドキエルと同じく指揮官にあたり、ヨハネ黙示録において、
最後の審判により裁きが下された人類を滅ぼす天使でもあるそうです
うーん元ネタの時点でもうヤバい
パッケージは最近のMGにありがちな平べったくて大きいタイプのもの
キットは台座のOランナー以外は完全新規
HG GNアームズやHGクタン参型からの流用ですね
成型色は、イロプラ(ホワイト、クリアピンク)、
ホワイト、濃いマホガニー、濃いめのベージュ、ピンク、ダークパープル、ブラック
ポリキャップなし
MGサイコ・ザク共々ザ・年末商戦向け大型ガンプラですな
ハシュマルの頭部は一部差し替えで開閉可能
首は頭部側がボールジョイントで胴体側が軸、後頭部バインダー?はヒンジ
肩アーマーは基部で前後にロール可動、装甲部はメカ部と独立して可動
胴体側へは太いシンプルな軸で接続&可動
腕部は上腕ロール可動、肘可動、前腕伸縮可能
クローはボールジョイントやヒンジの組合せでそれぞれ独立可動
腕部を肩アーマーに折りたたんで飛行形態を再現可能
胴体下部に複数ある小型のバインダー?は軸接続である程度角度が付けられます
あと下部は付属の角度調節が可能な大型台座と接続可能です
尻尾(後頭部から伸びてるんで厳密には尻尾じゃないかも)は、
リード線でフレキシブルに可動
ブレードは付属の高さ調節が可能な小型台座で好きな位置に飾れます
プルーマは上部ハッチが可動
このハッチが何なのかは謎
腕部は胴体接続部がボールジョイント、鎌も可動
尻尾は胴体接続部で可動
機体下部には付属の小型台座及び、
別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
武装は、
ビーム兵器、エネルギー供給システム、
運動エネルギー弾発射装置2対、超硬ワイヤーブレード
ビーム兵器はナノラミネートアーマーには効かないので、
対人殺戮兵器という設定
クリアピンクのビームエフェクトは顎内部から着脱可能
エネルギー供給システムはプルーマへのエネルギー供給を行う設定
装甲の一部を差し替えで両肩アーマーから露出させることができます
運動エネルギー弾発射装置は推力を持った弾を射出する設定
クローを一部差し替えてアンカーのような弾を着脱可能
超硬ワイヤーブレードは特殊合金製で劇中の時代の技術では再現不可能な設定
前述の通りリード線でフレキシブルに可動
オプションパーツは別売のHGバルバトス用の新型太刀付属
台座入れてもランナー8枚でさほどパーツも多くなく、
組み立てるだけなら割とサクッといけますね
プルーマをハシュマル自ら増産できる設定だが流石に機体内部じゃ無理なサイズだよなあ
劇中での生産シーンが待たれるところです
プルーマは肉抜き穴が目立ち色分けも乏しく、
劇中では無数に出てきたのに1体しかないのは不満ですが、
パーツは全てGランナー1枚に収まっているので、後々単独発売のチャンスがあるかも知れませんな

MG 機動戦士ガンダム サンダーボルト 高機動型ザク "サイコ・ザク"Ver.Ka (GUNDAM THUNDERBOLT版) 1/100スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ モビルアーマー ハシュマル 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2016-12-14 23:05 | ガンプラ