ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

MG 1/100 ジム・スナイパーⅡ
HGUC 1/144 陸戦型ジム
BB戦士 No.402 ガンダムバルバトスルプスDX

私だ
今日出荷だ

■『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』より、スカーレット隊の誇る精鋭MS「ジム・スナイパーII」がついにMG化!
■腰部の新規可動ギミック、肩の可動範囲の拡大、専用右手首により狙撃ポーズがスムーズに決まる!
■頭部バイザーに開閉ギミックを搭載し、センサー類はクリアパーツで再現!
■75mmスナイパー・ライフル、ブルパップ・マシンガン、シールドは新規デザイン!

ポケ戦じゃ、あっという間にケンプファーに落とされていいとこなかったスカーレット隊の誇る精鋭MS()ですが、
見た目のかっこよさから後の外伝系のゲームで活躍してる印象ですな

※20日(金)更新
待望の陸ジムがHGUC化
旧HGが1999年7月、HGUC陸戦型ガンダムが2007年6月、HGUC Ez8が2013年4月ですよ
待ったなあ~
あ、そういやこれってREVIVE第11弾になるのかなと思ったけど、
パッケージにREVIVEマーク入ってないので違うのかな
成型色は、
イロプラ(クリアグリーン、薄いベージュ、濃いグレー、クリームオレンジ)
薄いベージュ、濃いグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-002
箱っぽかったHGUC陸ガンに比べるとやや小顔でスタイリッシュな感じになりました
頭部バイザーはクリアーグリーン成形で内部メカが透けて見えます
本キットと旧HGの頭部はボールジョイントのサイズが合わないため、すげ替え不可
HGUC 陸戦型ガンダム 地上戦セット付属のジムヘッドは本キットに取付可能ですが、
ボールがきついので破損に注意
あと成型色が微妙に違うのでそのままだと違和感あります
本キットの頭部はHGUC陸ガンに問題なく取付可能なのでジム頭が再現できます
首は引き出し式
胸部ダクトは濃いグレーで成形されており、
ベージュ部分の色分けをホイルシールで補う形になってます
バックパックはウェポン・コンテナ装着機構が排除された設定の通り、
HGUC陸ガンとの互換性はありません
腹部はHG ORIGINシリーズのような接続方式で、可動範囲広め
腋引き出し式、上腕ロール可動、肘2重関節
手首は前腕側に独自の可動域が設けられていますが、
隙間がちょっと気になるかも
フロントスカートは元のデザインになかった分割線がありますが、
個人的にはいらないアレンジだなあ
サイドスカートの100mmマシンガン用マガジンは着脱可能
太ももロール可動
膝のスパイクがしっかり別パーツで色分けされているのは見事
脛下側の台形部分は流石にホイルシールですが
膝2重関節
ふくらはぎは差し替えで開閉可能で、ビーム・サーベルのグリップが着脱可能です
アンクルガードと足首ブロックは独立可動
足首は後ろから見ると軸が見えてかっこ悪いんだが、
おかげで可動範囲は広いですね
つま先可動
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
武装は、
100mmマシンガン、ロケット・ランチャー、ネット・ガン、
ビーム・サーベル2本、シールド、
マシンガンはフォアグリップとストックが可動
マガジン着脱可能
ロケット・ランチャーはグリップが可動し、リアスカートにマウント可能
マウント時はリアスカートに専用ジョイントを差し替えで取り付ける必要があります
マガジン着脱可能
旧HGにあった肩当て部のスライド機構は無くなっています
ネット・ガンはグリップ、フォアグリップ共に可動
サーベルのビーム刃はクリアピンクのSB-13を使用
シールドは前腕外側への接続部が可動
裏面のバイポッドも可動し、地面に立たせることができます
手首は武器持ち手が左右1個ずつ、左平手が1個
マーキングシール付属
現代風アレンジに好みが分かれると思いますが、
最初に発表された見本に比べたら元デザインに近づいてますし、
スマート体型だった旧キットに見慣れた者としては大分よくなったんじゃあないかと
元デザインより上下幅が狭くなった頭部バイザーは、
HGUCブルーディスティニー1号機と接合性測ったのかなと思いましたが、
HGUC陸ガンに比べて全体的にハイディテールになっており、
お前陸ガンと生産ラインやパーツ共有してるんじゃねーのかよって感じはします
旧HGにあったミサイル・ランチャーがないのは残念ですが、
代わりにネット・ガンが付いていて充分プレイバリューは高いと思います
欲を言えば07小隊機が装備していたビーム・ライフルも欲しかったところですが
ロケランとネットガンがDランナーに収まってるので、
あとで大型ロングレンジ・ビーム・ライフルと差し替えてジム・スナイパーが出しやすそうですね
※追記
他キットの武装が装備できるか試してみました
旧HGのミサイル・ランチャーはグリップが少しきついですが本キットの手に持たせられます
旧HGの手首はボール接続ではなく丸軸のため、手首ごと持ってくることは不可
HGUC 陸戦型ガンダム 地上戦セットのレール・キャノンや180mmキャノンは、
やはりグリップが少しきついですが本キットの手に持たせられます
ただしトリガーに指を引っかけられないのでちょっと間抜け
あとボール接続の規格が合わず(本キットの方が大きいボール)、
手首ごと持ってくることは不可
180mmキャノンのフォアグリップや上部グリップは、
握らせられますがユルユルです
HGUC ブルーディスティニー3号機のビーム・ライフルは、
やっぱりトリガーに指を引っかけられませんが本キットの手に持たせられます
フォアグリップは幅広のため握らせられませんでした
やはりボール接続の規格が合わず、手首ごと持ってくることは不可
HGUC Ez8のビーム・ライフルは、
グリップに固定用ダボがあるので持たせられませんでした
フォアグリップも幅広
そしてボール接続の規格が合わず、手首ごと持ってくることは不可
結論
ミサイル・ランチャーは旧HGから持ってくればOK
レール・キャノンや180mmキャノンはHGUC地上戦セットから、
ビーム・ライフルはHGUC BD3号機から持ってくればいいが、
ちゃんと持たせたい場合は加工が必要
尚、本キットのロケット・ランチャーとネット・ガンは、
旧HGは武器持ち手、
HGUC陸ガン、BD、Ez8は銃持ち手にそれぞれ持たせられます
本キットの陸戦シールド接続部は独自規格なので、
他キットの3mm丸軸で接続するタイプの十字マーク無し連邦シールドは装備不可です

■『鉄血のオルフェンズ』より、鉄華団の新たなる力「ガンダム・バルバトスルプス」がBB戦士となって登場!
■腕部200mm砲、ソードメイスなどの豊富な武装に加え、戦艦「イサリビ」やモビルワーカーも付属!
■本体、武装、付属メカを自在に組み合わせることが可能となっている。

モビルワーカーが1/144より大きくてワロタ

ガンプラ情報
今週ちょこちょこプレバン限定新商品や再販の予約開始があったのでまとめ

2月発送
MG エールストライクガンダム Ver.RM用 ランチャーストライカー/ソードストライカーパック【再販】 2376円
RG ストライクルージュ+HG I.W.S.P.【再販】 3240円

3月発送
MG ジム・スナイパーII(ホワイト・ディンゴ隊仕様) 4104円
MG RMS-179 ジムII【3次】 3780円
MG ターンエーガンダム用拡張エフェクトユニット“月光蝶”【再販】 1944円
MG メガ・バズーカ・ランチャー【再販】 3024円
MG バリュートパック【再販】 1512円
MG フリーダムガンダム Ver.2.0 フルバーストモード スペシャルコーティングVer. 【再販】【2017年3月発送】
HGUC バイアラン・カスタム2号機【2次】 3456円

MG 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争 ジム・スナイパーII 1/100スケール 色分け済みプラモデル
HGUC 機動戦士ガンダム 第08MS小隊 陸戦型ジム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
SDガンダム BB戦士 No.402 ガンダムバルバトスルプスDX 色分け済みプラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2017-01-19 23:30 | ガンプラ