ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

RG 1/144 ユニコーンガンダム
RG 1/144 ユニコーンガンダム[プレミアム”ユニコーンモード”ボックス]
HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機”EXAM”

私だ
今日出荷だ

※4日(金)更新
GUNPLA EVOLUTION PROJECT第2弾、無理だろと思われていたユニコーンガンダムがRG化
例によって発売日厳守と思われます
本キットはデストロイモードのCGが描かれた通常パッケージ版と、
ユニコーンモードのCGが描かれたプレミアムパッケージ版があります
中身は一緒です
フレームは既存の「アドヴァンスドMSジョイント」を流用せず、
クリアレッドと濃いマホガニーに色分けされた専用フレームです
アストレイゴールドフレーム天ミナから更に凄いことになってるな
キットは完全新規
成形色は、
クリアレッド、
イロプラ(クリアレッド/濃いマホガニー)、
ホワイト、濃いマホガニー、
イロプラ(暗めのブルー、濃いマホガニー、クリアグリーン)、
クリアピンク
一部アンダーゲートになっているので、後でバリエ機やなんちゃらコーティング版とか出す気満々ですな
RGなので相変わらずの可動範囲と色分けです
顔は天ミナ同様への字スリットが開口されていません
無理に開口してイメージと違われるくらいならもうずっとこの仕様でいいわ
コクピットハッチは開閉可能
バックパック、リアスカート、脚部のバーニアは若干可動
一部差し替えによりユニコーンモードからデストロイモードへ変身可能
ロック機構やリンク機構が各部に備えられています
頭部の角は固定式と開閉式を選択可能
成形色はホワイトで内側のゴールドはリアスティックデカールで再現
股下に別売のアクションベース2を接続するためのジョイントパーツが付属
同スケールの私服バナージ・リンクスのフィギュアも付属
手首は握り拳、平手、武器持ち手が左右1個ずつ
いつもの可動指はなし
武装は、
ビーム・マグナム、ハイパー・バズーカ、シールド、ビーム・サーベル4本
マグナムはフォアグリップ可動、カートリッジ着脱可能&リアスカートにマウント可能
腕部やバックパックにマウント可能
バズーカはフォアグリップ可動、砲身やマガジンを取り付ける後部が伸縮可能
バズーカ本体はバックパックに、マガジンはリアスカートにそれぞれマウント可能
シールドはユニコーンモードからデストロイモードへ変形可能
サーベルのグリップはバックパックと前腕の計4本ありますが、
ビーム刃エフェクトはクリアピンクのSB-12が2本しかありません
いやー1/144スケールでよくぞ変身を再現できましたね
パーツポロリがないよう機構が考えられてるし、
お値段ちょっとお高くても納得なものに仕上がってると思います

セガサターン用3Dシューティングゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場する主役MS、
ブルーディスティニー1号機が新たにHG化
旧HGUCが2007年7月発売なので10年経ってのリニューアルです
REVIVEのロゴがないのでREVIVEではない模様
キットはHGUC陸戦型ジムからC1、C2ランナーを流用している以外は新規
成型色は、
イロプラ(ライトブルー、ブルー、クリアレッド、クリアグリーン)、
ブルー、
イロプラ(ブルー、ライトブルー、ダークグレー、モンザレッド)、
ダークグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-002
ランナータグが「HGUC 207 1/144 ブルーディスティニー」表記だったり、
イロプラランナーが細かく別れてたりと、後でバリエ機を出しやすくしてますね
本体はゴツめだった旧HGUCに比べスマートな印象
でも足回りだけはゲーム内のCGモデリングほどではないものの、旧HGUCより大型化されてますね
ただ陸ジム同様最初に公開された見本からいい案配にバランス調整されたと思います
まあ関節まわりのパーツが入ってるCランナーを流用する関係上そうせざるを得なかったのかも知れませんが
2種類の青成型色は旧HGUCに比べ明るくなりました
頭部はゲーム版、「月刊ガンダムエース」で連載中の漫画版、
更に通常時とEXAMシステム発動時の4種から選択して組立
おいおい全部再現するためにキット4つ買わせるつもりかおのれバンダイ!
※追記
頭部自体はゲーム版と漫画版両方組めるけどゴーグルが通常とEXAM1つずつしかないので、
全部再現するために必要なキットは2つでした、スマソ
首は引き出し式
胴体内部は引き出し式の肩関節や、
ボールジョイント&軸可動の腹関節など、
最近のHGキットで培われた技術が導入されています
上腕ロール可動、肘2重関節
腹部と腰部の間にボールジョイント、股関節スイング可動
サイドスカートのマシンガン用予備マガジンは着脱可能
脚部は、太ももロール可動、膝2重関節、
足首の接続はボールジョイント
脛側との接続部のポリキャップ部分でも可動します
つま先可動
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
ランドセル上部のスラスターを差し替え、肩アーマー内側をスライド、
脚部スラスターの位置を差し替えることでEXAMシステム発動時を再現可能
武装は、
100mmマシンガン、シールド、ビーム・サーベル2本、
頭部バルカン砲2門、胸部バルカン砲2門、腹部有線ミサイルランチャー2門
100mmマシンガンやシールドは陸ジムと同じ仕様です
ゲーム2弾目のジャケットイラストやスタート画面で100mmマシンガン装備してるからその印象強いけど、
実はゲーム内のCGじゃジム・コマンドや改と同じブルパップ・マシンガン装備してんだよね
サーベルは脚部からグリップを着脱可能
ビーム刃エフェクトはクリアピンクのSB-13
バルカンやミサイルランチャーは特にギミックなし
手首は、武器持ち手が左右1個ずつ
左平手が1個
新規造型のものを使用するのでCランナーの手首は使いません
マーキングシール付属
ゲーム版は旧HGUC、漫画版は本キットで組むのが正解かな
色分け頑張ってるけどランドセル、つま先、踵がダークグレーでなくブルーで成型されてるのは残念
胸部バルカンとか腹部有線ミサイルランチャーとか脚部スラスターとか色分けできてるのに
ランドセル、つま先、踵のランナーをダークグレー成型色で1枚作ろうとすると、
コスト掛かって値段上がっちゃうのかな

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム (初回限定パッケージ) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HGUC 機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルー ブルーディスティニー1号機"EXAM" 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2017-08-03 22:10 | ガンプラ