ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

牙狼<GARO>-VANISHING LINE- 第11話「KIDNAP」 感想


私だ
テレ東11話です
あらすじ
エルドラドを探す旅を続けるソードとソフィ。
途中に立ち寄った町、サン・デル・ディオスでソードは少女誘拐犯と間違われてしまう。
一致団結し、ソードからソフィを救おうとする町の人々。
しかしそれは巧妙に練られた策略だった。

アバンは8~10話をダイジェストで
子供ばかり狙った連続誘拐殺人が横行してるらしい
犯人は浚った女の子を連れたままバイクで西へ向かってるという
おいおいそれソードじゃねーか
警官に死傷者出てるとか嘘だろソードさん
サン・デル・ディオスについたソードとソフィ
西部劇みたいな街だな
護衛の人間と会うまで街を散策しようとするソード達
「旅のお人」に話しかけてくる婆さん、デカくないから拳王の手下ではなさそう
バーの店主巨乳だな、これはご参拝ですわ
ソフィに病気、人間やめたらとまで言われるソードワロタ
保安官と話してるのビショップじゃね?
この街はエルドラドキングの息がかかってんのか
保安官と女店主ナタリアも繋がってるわけで、
地元の人とも打ち解けソフィとの関係も良好そうなソードが悪い人間に見えない様子だが…
この街から西は政府も警察も見捨てた世紀末状態で、
そこの人間が度々この街を襲っていたが、街の人達は生まれ育ったここを離れられないらしい
今は自警団を組織して自分達の手で街を守っているし若い保安官アルフィルもいるという
ソードが巨乳店員に対するご参拝をソフィにキャンセルされててワロタ
地元産のでっかいお肉キター
ソフィがトイレに立ったところでナタリアが外へ案内し、
アルフィルの車に無理矢理乗せます
ソードは銃で武装した地元の人に囲まれた
ザルバイクで車を追おうとするもバイクは鎖でがんじがらめ
ソフィは誘拐でないことを説明するもアルフィルにストックホルム症候群と思われてしまう
鎮静剤まで用意してる、この保安官やっぱり怪しい
ソフィがナタリアの銃を奪おうとして暴発し、車が停止
ソードは相手が人間では手が出せず逃げる一方
ここの自警団、銃だけじゃなく手榴弾とかバズーカまで使ってるんですが、
どこで手に入れたんですかね
砲弾を看板で弾くソードすげえ
さっきの婆さんが手押し車で出てきたーと思ったら手押し車の中にガトリングガン!
笑いながら撃ってくるババアこわすぎワロタ
いよいよ完全包囲され撃たれるソード、しかし結界が銃弾を弾いた
ザルバイクに乗ったジーナキター
護衛はジーナのことだったのか
そして当たり前のようにバイクにはねられるソード
ソードを信じて待つソフィの姿に心が揺らぐナタリア
そしてアルフィルやっぱりホラーだった
何かしたら死んでやると銃を自分に向けるソフィ
気がつくとソードに救われてました
アルフィルの顔面にソードの怒りの鉄拳炸裂、顔面めっちゃへこんでる
ホラー態現したがバイオハザードに出てきそうな左右非対称な姿ですね
ソードとアルフィルが戦ってる間、ソフィの前に現れるビショップ
間一髪でジーナが駆けつけるがビショップはただのビジョンだった
アルフォルは牙狼が一刀両断
ビショップがスイッチをカチッとやると街がなくなっちゃった
街はえさ場として利用されてたそうだが、
人々はジーナの手でバーの中に閉じ込められてて助かったぜ
街はまた作れる、街の人のあの結束力があれば
ザルバが珍しくソフィを褒めたところで旅路へ
てな感じの11話でしたが、
ギャグ色もありつつエルドラドの連中のエグさも垣間見えた回でした
ビショップは手駒の影の中に潜んで指令出すという
安全圏から策を弄するタイプですね
直接戦いに来るナイトとは正反対
今回はソードを誘拐犯に仕立て上げて人間に始末させる作戦だったが、
今後もえげつない作戦立ててきそう
地面から顔出すビショップのビジョンがシュールでワロタ


[PR]
by dogyagyan | 2017-12-16 21:41 | 牙狼