ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

今日出荷のガンプラ

HGUC 1/144 ゼータガンダム

私だ
今日出荷だ

※21日(金)更新
2020年のガンプラ40周年に向けた新プロジェクト“GUNPLA EVOLUTION PROJECT”第一弾、
Zが新たにHGUC化
前のHGUCが2003年か
パッケージにGUNPLA EVOLUTION PROJECTロゴが入っており、
REVIVEロゴは入っておりません
REVIVE計画ってもう終わったの?
成型色は、
イロプラ(クリアグリーン、レッド、イエロー、オレンジイエロー)
ホワイト、ブルー、ミッドナイトブルー、濃いグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-002
頭部ツインアイはクリアグリーン
いつものホイルシールと、クリア素材を効果的に使用するために内側に貼るシルバーのシールの二択
頭部を別売のHGUC量産型ザクの頭部と差し替えてZザクが再現可能
これ組み立て説明書で推奨しててワロタ
首は引き出し式
胴体は内部にジョイントがあり、前屈が可能になっています
肩関節引き出し式、上腕ロール可動、肘2重関節
肩は胸部側でも腕側でも可動し、肩と腕の接続部はボールジョイント
よく動くのですが肩と腕の間にある白い板ごと動くイメージがないので、
そこはちょっとイメージ違う気がしますね
肩アーマー外側は独立して可動
オレンジイエローのダクト?部分は青いブロックごと引っ込ませられます
ウェイブライダー時に必要なギミックなんだが、
ちょっと触れただけですぐ引っ込む上に戻しづらいのでストレス溜まるなあ
前腕のグレネード・ランチャー発射口のフタは開閉可能
テールスタビライザーやフライングアーマーは背部との接続部分等で可動
ウイングも開閉可能ですが、赤い部分は全てホイルシールでの色分けです
股関節は上下にスイング、太ももロール可動、膝2重関節
ふくらはぎは開閉可能で、内部にバーニアがあります
アンクルガードは独立可動、つま先可動
足首の接続はボールジョイントですが脛側に独自のロール可動部が設けられています
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
ウェイブライダーは差し替え変形
付属のジョイントを介して別売のアクションベース2に接続可能です
武装は、
ビーム・ライフル、ハイパー・メガ・ランチャー、ビーム・サーベル2本、
シールド、グレネード・ランチャー2個
ビーム・ライフルは銃身が伸縮可能、グリップ可動
後部のジョイントが開閉可能で、MS時の前腕やWR時のスタビライザー上部へマウント可能
ハイパー・メガ・ランチャーは銃身が伸縮可能、グリップ及びサブグリップ可動
各グリップのフタも開閉可能
WR時は機体底面にマウント、ランディングギアは差し替えです
ビーム・サーベルはビーム刃着脱可能、グリップはサイドスカートからの取り出しや収納ができません
尚、ビーム刃SB-13はビーム・ライフルやハイパー・メガ・ランチャーの銃口にも対応しています
シールドの伸縮ギミックは差し替え、裏面のグレネード部は別パーツで再現されています
グレネード・ランチャーは前腕に取付可能
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
HGUC Z系のごっそり差し替え変形を引き継ぎつつ、
ORIGINやREVIVEの関節可動も取り入れた新生Zといった感じでいいですね
欲を言えば前腕のグレネード・ランチャー発射口から出てくるワイヤーアンカーも再現して欲しかったな

ガンプラ情報
7月発送
HGUC ジム・スナイパー 1620円

今回はアプサラスのミニモデル付かないのね

HGUC -GUNPLA EVOLUTION PROJECT- 機動戦士Zガンダム ゼータガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
by dogyagyan | 2017-04-20 23:28 | ガンプラ