ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

カテゴリ:映画( 25 )

劇場版 仮面ライダーエグゼイド/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE

私だ
前売券今日発売だ
特典は手のひらヒーローシリーズ
爆進!ハイパーキックヒーロー!
エグゼイドかシシレッドどちらか1つで、
全国合計各5万個限定
エグゼイドは何か新フォームみたいですね
現時点でゲスト出演者の発表がないんだが、
今年はレギュラー陣だけなの?
[PR]
by dogyagyan | 2017-06-10 19:55 | 映画
『ターミネーター』シリーズ新作、製作中止?

私だ
『ターミネーター』シリーズ新作の製作が中止となったようだ。

32年前にこのシリーズで一躍有名になったアーノルド・シュワルツェネッガーが、
2015年作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』でサラ・コナー役を演じたエミリア・クラークとともに
年内にも新作に取り掛かる予定であると見られていたが、
製作を務める「パラマウント」の上層部が中止を決断したと報じられている。
ある関係者は「NewYork Daily News」紙に「『ターミネーター』とアーノルドの話はなくなりました」
「スタジオ側は続編を製作予定から完全に削除しました。
これは新たな続編に向けたプリプロダクションやいかなる予定がないことを意味します。
キャストたちは長期間の契約をオファーされていましたが、実現しなくなったようです」
「『新起動/ジェニシス』はシリーズの新たな始まりという見方をされていましたが、
評判もイマイチでしたし、
スタジオの重役たちも利益は挙げたもののまた新たに作る意欲を失ってしまったようです」と話している。
ほかのスタジオが権利を買い取る可能性こそあるものの、
シュワルツェネッガーが今年70歳を迎えることを考えると困難と見られているようだ。
「独立系の製作会社が必要になりますし、
70歳のアーノルドにまたあの役を演じてもらうのは難しいかもしれません」と前述の関係者は続けた。
先日には、同シリーズをゲイル・アン・ハードと生み出したジェームズ・キャメロンが
『ターミネーター』新作の監督を打診されたと報じられていたところだった。
キャメロンは1984年のオリジナル作品と『ターミネーター2』ではメガホンを取っていたものの、
2003年作『ターミネーター3』2009年作『ターミネーター4』、
2015年作『ターミネーター:新起動/ジェニシス』には参加していなかった。

残念
シュワちゃんの代わりいないだろうし、
シュワちゃんじゃなきゃ見たくないし
しゃーない

※23日(木)更新
『ターミネーター』シリーズ年内にも新作アナウンスか
SFアクションの金字塔『ターミネーター』シリーズについて、
年内にも新作にかかわるアナウンスがされる可能性を、同シリーズの映画化権を所有する、
スカイダンス・プロダクションズ設立者で映画プロデューサーのデヴィッド・エリソンがColliderに明かした。
2015年に公開された『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は
アメリカ国内において批評・興行共に不振に終わり、
製作予定だった続編が米パラマウントの公開スケジュールから外れてしまった同シリーズ。
その一方で、先日、シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが、
『デッドプール』のティム・ミラー監督を起用して、
シリーズに終止符を打つ新作を企画しているとDeadlineが報じたことで、その行く末が注目されている。
そんな中、プロデューサーのデヴィッドはColliderに対して
「僕らは『ターミネーター』フランチャイズに明るい未来をもたらす解決方を見出したよ」と発言。
「ファンのみんなが『ターミネーター2』以来、
観たいと望んでいた方向へと向かうはずさ」と新作の可能性に言及した。
そのうえでデヴィッドは、
「今年中にも、フランチャイズについて何らかのアナウンスができると思っている。
そのことに、とんでもなく興奮しているし、それこそが、
僕らの向かうべき方向だと考えているんだ」と今年中に、
シリーズについて何らかのアナウンスをする予定であることを示唆した。
Deadlineでは、デヴィッドが出資面でキャメロンの企画を支援し、
一流のSF作家たちを雇ったクリエイティブチームを募る資金を出すと報じている。
果たして予定している発表がキャメロンのかかわるシリーズ通算6作目のアナウンスとなるのか。
(編集部・入倉功一)

あ る の か な い の か ど っ ち な ん だ

ターミネーター:新起動/ジェニシス [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2017-03-21 22:43 | 映画
西内まりや 実写版キューティーハニーで映画初主演

私だ
歌手で女優の西内まりや(22)が、
永井豪氏(70)の人気漫画「キューティーハニー」を原作にした
「CUTIE HONEY-TEARS-」(仮題、秋公開)で映画初主演することが3日、分かった。
同作の漫画やアニメなどで定番だった“お色気”はほとんどなし。
CGを駆使し、激しいバトルシーンもある平成版アクション映画に生まれ変わる
時代は21世紀末。各地で異常気象や未知のウイルスがまん延し、世界中が暗雲に包まれていた。
そこに「キューティーハニー」のコードネームを持つ、
西内演じるアンドロイド(人間型ロボット)が天才科学者によって作られた。
人間の感情を持つ異色のアンドロイドが、
人類を滅亡の危機から救うために悪の組織と戦うというストーリー。
西内は「今回キューティーハニーという作品に携われたこと、
映画初主演させていただいたこと、本当にうれしく思います。
楽しみにしていてください!」と意気込んでいる。
初のアクションシーンに取り組んだ西内は、収録中に生傷が絶えなかった。
母が国体選手で父もスポーツ万能という家庭に育ち、
幼少のころからバドミントンや水泳で体を鍛えた。運動神経には自信がある。
昨年11月のクランクイン前には1カ月以上、ジムなどでトレーニングした。
だがワイヤも使う格闘シーンは頭を地面にたたきつけたり、
パイプと衝突するなど想像以上にハードだった。
「一つ間違えば骨折する危険と隣り合わせで、現場は緊張感に包まれていました。
アザを作りながらも撮影に挑み、迫力のある映像になっていると思います」と振り返る。
変身前のハニーは、全身黒ずくめの衣装。明るいお色気が人気だった従来とは異なるハニー像だ。
撮影は既に終了。最新CGを駆使し、ハリウッド映画のような壮大な近未来の世界観を作り上げている。
これまでの「キュートでセクシー」というハニー像を大きく変えることになり、
西内は「皆さまが愛するハニー像を、いい意味で裏切りたいです。
新しいハニーが生まれたと感じています」と話した。
原作の永井氏は「西内さんという当代きっての美人女優で映画化され、
最新の映像技術がハニーの活躍の場を“空想の未来”にしてくれた。
ハニーちゃんの活躍が楽しみ」と期待を寄せている。

◆キューティーハニー 1973年に永井豪氏が「週刊少年チャンピオン」で連載を開始した漫画。
主人公は女性型アンドロイドの高校生如月ハニー。
体内に内蔵した「空中元素固定装置」を狙う犯罪組織パンサークローと戦うストーリー。
「ハニーフラッシュ!」の掛け声とともに強くてセクシーなキューティーハニーに変身する。
アニメはテレビ朝日系で放送され、04年には佐藤江梨子主演で映画化。
07年には原幹恵主演でドラマ化された。

お色気無しのキューティーハニーってすげーモヤモヤする
もの凄い大事な要素が欠落してるような
サトエリ版は実写なのに漫画やアニメっぽい表現だったけどあれはあれで面白かったし、
原幹恵版は脳天気な路線と思わせておいて実はかなりハード路線で衝撃だったが、
2つともお色気はあった
今度ばかりはキューティーハニーじゃなくてよくね?って思っちゃうな
舞台設定もどっちかっつーとバイオレンスジャックっぽそうだし
女バイオレンスジャックの方がインパクトありそう

キューティーハニー [DVD]
EMOTION the Best キューティーハニー THE LIVE DVD-BOX
[PR]
by dogyagyan | 2016-03-05 21:21 | 映画
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』オフィシャルサイト 大ヒット上映中!

私だ
見てきたぞ
結果から言うと世界は一応救われましたが、
スカイネットは完全に破壊されたわけじゃないので、
続編やろうと思えばできる終わり方でしたね
以下キャラごとにネタバレ

T-800
何者かの手によってサラを守るよう再プログラムされ、1970年代に送り込まる
コナー一家を襲った謎の敵から9歳のサラを救って以来サラを守り続ける

1984年、人工皮膚が年を食って見た目が中年になる
未来から来たカイルを救い、同じく未来からサラを殺しに来たT-800や、
カイルを殺しに来たT-1000と戦闘
倒したT-800から抜き取ったチップで、前もって準備していたタイムマシンを起動
カイルとサラを2017年へ送る

2017年、人工皮膚が更に年を食って見た目が初老になり関節にもガタが出始める
カイルとサラを懐柔しようとするT-3000と戦闘、一旦フェードアウト
サイバーダイン社に潜入したカイルとサラと合流
T-3000とともに電磁波発生装置(タイムマシンの原型)に入りT-3000を倒すも、
自身も大破、ジェニシス(後のスカイネット)の爆発に飲まれる
しかしサイバーダイン社が開発中の液体金属と融合しグレードアップして復活、
防護壁に閉じ込められていたカイルとサラを救出

人工皮膚、歳食うんだ…
ぎこちない笑顔が怖すぎワロタ
旧作ではジョンの父代わりのようでしたが本作ではサラの父代わりですね
ラストはやっぱり死んでしまうのかと思いきやまさかのT-1000型に進化
倒したはずのT-1000がまた襲ってきたのかと思ってマジでビビったわ

T-3000
過去へ飛ぶカイルを見送っていたジョンを襲って擬態、過去へ

サイバーダイン社のダイソン親子と組み、ジェニシス等を開発

2017年、病院に隔離されたカイルとサラをジョンとして救出
懐柔しようとするも初老T-800の乱入や、カイルとサラから拒否られ彼らを抹殺対象に
ジョンの記憶や知識、自身の擬態能力を駆使しカイル達を追う
サイバーダイン社地下で決戦、初老T-800に敗れる

人類の救世主ジョン・コナー、最強最悪の敵に
ナノ粒子が集まって実体化する凄い奴
姿だけを真似られるT-1000と違い、擬態した人間の記憶や知識も完コピできるんで、
ジョンそのものなんですね
ナノ粒子細分化→再結合のトリッキーな戦い方は、
あたかもT-800の体をすり抜けてる無想転生か天翔十字鳳
しかし弱点は強力な磁力でした

カイル
少年時にジョンに助けられ人類抵抗軍入り

ジョンと共に戦い機械軍に勝利、過去へ飛んだT-800を追う

1984年、T-1000に襲われるもサラや中年T-800に救われる
聞いていた歴史との違いに困惑するも歴史改変により新たな時間軸が生まれ、
審判の日が1997年ではなく2017年になったことを思い出しサラを説得、2017年へ

2017年、サラや初老T-800とともに戦い、ジェニシス破壊
12歳の自分自身に会い、2017年にジェニシスを起動前に破壊することを教える

タイムスリップの際にジョンが襲われる様を見た瞬間、
新しい時間軸の記憶がフラッシュバック
当初は父親から2017年にジェニシスを起動前に破壊しろと言われたと思ってたが、
父の面影がある未来の自分から言われてたのでした
サラの隠れ家での敵T-800との戦闘シーンはT1リスペクトですね

サラ
9歳の時T-800に助けられ、来たる時のために力を蓄える

1984年、中年T-800とともにカイル救出、敵T-800やT-1000と戦う
歴史改変前の審判の日である1997年へ飛ぼうとするもカイルの説得により、2017年へ

2017年、警察署脱走の際に12歳のカイルとその両親を避難誘導
カイルや初老T-800とともに戦い、ジェニシス破壊
12歳のカイルと青年カイルを引き合わせる

歴史改変により最初から強いモード
か弱いウェイトレスじゃないよ
サラの隠れ家でのT-1000との戦闘シーンはT2リスペクトですね
改変されたT1とT2が同時進行しているようで面白かった

オブライエン
1984年、同僚の警官をT-1000に殺されるもカイルに命を救われる
以後この事件を追い続ける

2017年、ロボットやタイムスリップについて調べるおかしな刑事と周囲からは疎まれていたが、
病院に拘束されていたサラやカイルと出会い、彼らを手助けする
サラ達が警察署を脱走する際、T-800に逃げろと言われフェードアウト

助けたのが伏線になっていたとは
エピローグで出てくるかと思ったがそんなことはなかった

敵T-800
機械軍が人類抵抗軍に負けた際の切り札としてスカイネットに過去へ送り込まれる

1984年、チンピラに服を要求している際中年T-800と戦闘、サラに敗れる
サラと中年T-800の隠れ家へ運ばれるもT-1000の液体金属により再起動、
カイルと戦闘の末、完全に敗れる

これ若いシュワちゃんをCG合成してるんですかね

T-1000
1984年、警官に化けてカイルを襲撃、オブライエンの同僚警官を殺害
中年T-800とサラにカイル殺害を妨害されるも、
自身の液体金属の一部によりサラの隠れ家へたどり着く
カイルに化けてサラをだまそうとするも失敗、
サラが天井のスプリンクラーからまいた液体で行動不能に
中年T-800に捕まって更に液体をかけられ完全敗北

T2の強敵も歴史改変により事前に対策を取られたらあっけなかった
スプリンクラーでまいた液体は何だったんだろう
サラの上着の袖が溶けたり、
かかった腕の部分をスプレーでシュッシュと洗い流してたので、
何らかの劇物なのは間違いないか

結局味方T-800を1970年代に送り込んだのは誰だったんだー
続編で明らかにするのか?
続編作れるようなラストにはしてたけど、
本国での成績は芳しくないようだから作るか分からんしなあ
作るとしてもまた新たな時間軸だったりして
とりあえずシュワちゃんおつかれ

ターミネーター:新起動/ジェニシス ビジュアルガイド
[PR]
by dogyagyan | 2015-07-10 23:50 | 映画
「ターミネーター:新起動/ジェニシス」最新予告で敵ビジュアル初公開

私だ
7月11日より全国公開されるSFアクション映画の金字塔『ターミネーター』シリーズの最新作、
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。
その日本オリジナルポスターと最新予告がこのたび公開となった。
日本オリジナルとなるポスターでは、
もはやシリーズの代名詞となったショットガンを肩に、
大きく傷つき金属フレームを露出させた顔でこちらを睨むシュワルツネッガーの姿を見る事ができる。
また、こちらも日本オリジナル版の予告映像では、
最新最驚の敵「T-3000」の姿が初めて披露されており、公開を待つファン注目の内容となっている。
1984年に公開された1作目の『ターミネーター』は、
殺人マシンT-800を演じたシュワルツネッガーを一躍ハリウッドスターへと押し上げた大ヒットSF映画だ。
高度に発達したコンピューターと人類との戦いを壮大なスケールで描き、
1作目のヒットを受けて映画やドラマなど多くの続編が制作された人気シリーズである。
本作では、
これまでに登場した人口知能システム「スカイネット」からより進化した人工知能「ジェニシス」が登場する。
「ジェニシス」は自我に目覚め、人類を滅亡させようと反乱を開始。
人類の未来を取り戻すべく立ち上がるサラ・コナーとT-800ターミネーターだが、
二人の前に人間でも機械でもない、史上最強の新型ターミネーターが立ちはだかる。
監督は、『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』や『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズでしられるアラン・テイラーが務めた。
殺人マシンT-800を演じるのは勿論、本作の顔とも呼べるアーノルド・シュワルツェネッガーだ。
サラ・コナー役には『ゲーム・オブ・スローンズ』シリーズのデナーリス・ターガリエン役で知られるエミリア・クラークを、
ジョン・コナー役には『猿の惑星:新世紀(ライジング)』でマルコム役を演じたジェイソン・クラークを迎えた。
大ヒットシリーズの最新作とあって、
大きな期待と注目を集めている『ターミネーター:新起動/ジェニシス』であるが、
この度公開された最新予告では、本作の敵キャラクターである「T-3000」のビジュアルが初公開されている。
映像では、全身を炎に包まれていながら平然と歩き、
機械の様な身体から徐々に人間の姿へと変わってゆくT-3000が映し出される。
人間でも機械でもない、それ以上の力を持つ新型ターミネーターの能力を垣間見ることができ、
公開を心待ちにしているファンには見逃せない内容となっている。

今年はターミネーターにジュラシックワールドにスターウォーズ
楽しみやのう

ターミネーター(日本語吹替完全版)コレクターズ・ブルーレイBOX(初回生産限定) [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2015-05-22 21:55 | 映画
エイリアン新作は2の“続編”、ナンバリングの3や4とは違う形で引き継ぐ。

私だ
ニール・ブロムカンプ監督のリブート版「エイリアン」は、
「エイリアン2」の続編的な作品になるという。
ブロムカンプ監督は自身の新作について、
「エイリアン3」や「エイリアン4」とは異なった作品で、
どちらかと言えばジェームズ・キャメロン監督の1986作「エイリアン2」を
引き継いだような作品になると英スカイニュースに明かしている。
「僕はこの新作を『エイリアン2』に続くような作品にしたいんだ。
『エイリアン』『エイリアン2』そしてその続編が僕の作品って感じかな」
さらに1979年作「エイリアン」の中でエレン・リプリーを演じたシガニー・ウィーバーは、
自身が演じたこのキャラクターの行方を知ることに興味を抱いているそうで
「リプリーが宇宙から脱出して、彼女のストーリーが完全に終わるところ見たいわ」とコメントしている。
ブロムカンプ監督は先日、新作「チャッピー」の撮影中にシガニーと話をしたことを明かしていた。
「僕とシガニー・ウィーバーが『チャッピー』の撮影を行っている時に、
シガニーがたくさんのアイデアをくれたんだ。
僕のはシガニーが入っていないようなアイデアだったんだ。全然違うアイデアだったよ。
でも『チャッピー』の撮影中はシガニーとほとんどの時間を過ごしたよ。
それですごく興味深いものになるんじゃないかって感じ始めたんだ」
「バンクーバーに戻ってきてからは、丸一年間『チャッピー』の仕事にとりかかったよ。
編集作業がない時には『エイリアン』の事を考えることができたよ」

4のテレビ放送吹き替え版が好きなんだよ
内海御大と若本御大の掛け合いがな

メガソフビアドバンス エイリアン MSA-005 (ソフトビニール製塗装済み完成品)
[PR]
by dogyagyan | 2015-03-01 15:15 | 映画
特別映像】新旧シュワちゃん直接対決! 『ターミネーター』最新作

私だ
全世界のファンが待ちわびた、
アーノルド・シュワルツェネッガーの代名詞である大ヒットシリーズの最新作
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』。
先日、この邦題と2015年7月という公開日が決定したばかりの本作から、初の映像となる特報が解禁!
新たに起動した『ターミネーター』の衝撃のストーリーの一部が明らかになった。
2029年、人類とマシーンたちとの熾烈な戦いが繰り広げられている未来。
自分を産んだ母、サラ・コナーの命を守るため、人類反乱軍のリーダーであるジョン・コナーは、
信頼できる同志カイル・リースを“過去”に送る…。
ここまでは第1作目『ターミネーター』と同様だが、カイルがタイムスリップした80年代は、何かが違う! 
カイルが守るべきサラは逞しい女性戦士に変身を遂げ、ターミネーターT-800が彼女の守護神となっていたのだ。
さらに、カイルは新型ターミネーターT-1000に急襲され、サラに助けられるという、
『ターミネーター』の世界とはなぜか正反対の立場に。
それは、少女時代のサラの身に起きたことが影響を及ぼしており、全ての時間軸はリセットされ、
過去も未来も変わってしまっていたためだった。
新たなる戦いが繰り広げられる中、やはり人類滅亡の“審判の日”は設定されてしまうのか…。
全世界累計興収は14億ドル以上、シリーズ第4弾まで映画化されてきた『ターミネーター』。
日本でも220億円を超える興行収入を上げている空前の大ヒットシリーズの最新作となる本作は、
『ターミネーター』(’84)、『ターミネーター2』(’91)をミックスさせ、さらに新たな設定を加わえた、
続編ともリメイクともまた違う“新起動”されたターミネーターだ。
解禁となった待望の初映像には、シュワルツェネッガーの勇姿はもちろんのこと、
新たなサラ・コナー役のエミリア・クラーク(「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズ)や、
ジョン・コナー役のジェイソン・クラーク(『猿の惑星:新世紀(ライジング)』)、
カイル・リース役のジェイ・コートニー(『ダイ・ハード/ラスト・デイ』)も登場。
さらに、あの最新型液体金属でできたT-1000ターミネーターを演じるのは、
アジアを代表するトップスター、イ・ビョンホンであることも確認できる。
シュワルツェネッガーは、『ターミネーター3』(’03年)から12年ぶりに本シリーズに復活。
映像には、1作目のころの若いシュワ、中年のシュワ、そして白髪のシュワが登場するが、
その時間軸がどうなっているのかなど、詳細はいまだ謎のまま。
この3タイプのシュワ型ターミネーターの登場は、
本シリーズでSFタイムスリップ・ジャンルに革命を巻き起こしたジェームズ・キャメロンによるアイデアだという。
もちろん本作を象徴する名台詞「I’ll be back !」も登場。
そして、『ターミネーター』ではカイル・リース(マイケル・ビーン)からサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)へ、
『ターミネーター2』ではT-800型(シュワルツェネッガー)からサラ・コナーへと使われていた
「Come with me, if you wanna live !」(死にたくなければ一緒に来い)というセリフが、
本作ではサラ・コナー(エミリア・クラーク)からカイル(ジェイ・コートニー)へと使われていることにも注目だ。
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は2015年7月より全国にて公開。
(text:cinemacafe.net)

やはり歴史改変かー
これは3と4がなかったことになりそう
というか1と2もなかったことになるのか

ターミネーター DVDクアドリロジーBOX(4枚組) 【個数限定商品】
[PR]
by dogyagyan | 2015-01-04 17:34 | 映画
シュワルツェネッガー12年ぶり『ターミネーター』復帰!シリーズ最新作が2015年7月公開!

私だ
大ヒットSF映画『ターミネーター』シリーズの最新作が、
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のタイトルで2015年7月に日本公開されることが明らかになった。
一度はシリーズから退いたアーノルド・シュワルツェネッガーが、およそ12年ぶりに復帰を果たす話題作だ。
『ターミネーター』シリーズは、タイムスリップをテーマに、
未来の軍事システム「スカイネット」と人類の争いを描いたSFアクション。
1984年公開の1作目では、人類の指導者となるジョン・コナーの存在を抹消するべく
スカイネットが現代に送り込んだ殺人マシーン「ターミネーター」と、
ジョンの母親サラ・コナーの攻防が展開。
以来、これまでに3本の続編が製作され、トータルの全世界興行収入は14億ドル
(約1,540億円・1ドル110円計算)を突破する空前の大ヒットシリーズとなった。
『ターミネーター4』(2009年)以来の新作となる『ジェニシス』では、
ターミネーターの代名詞でもあるシュワルツェネッガーが、『ターミネーター3』(2003年)以来、
12年ぶりにシリーズ復帰。
詳細な役どころは明かされておらず、
自身の当たり役でもあるターミネーター「T-800」を再び演じることになるのかは不明だ。
また本作には、これまでのシリーズで活躍したキャラクターも登場。
サラ・コナーを海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」で注目を浴びたエミリア・クラークが演じるほか、
1作目でサラを守るべく未来からやってきた兵士カイル・リース役を
『ダイ・ハード/ラスト・デイ』のジェイ・コートニー、
ジョン・コナー役を『猿の惑星:新世紀(ライジング)』のジェイソン・クラークが務めるなど、
注目の新鋭俳優が出演。監督は『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のアラン・テイラーが務める。
シリーズを全く新たな視点で再起動させるともいわれている『ジェニシス』だが、
ストーリーはいまだ謎のベールに包まれている。
公開時期が判明したことで、今後、さまざまな情報が明らかになっていくことに期待したい。
(数字などは配給調べ)(編集部・入倉功一)
映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』は2015年7月全国公開

1より過去に遡ってT-800と子供の頃のサラ・コナーが出会うみたいな噂聞いたんだが、
動画中の少女を抱えるT-800らしき後ろ姿がそうなのかな
白髪のシュワちゃんも気になるなー

ターミネーター DVDクアドリロジーBOX(4枚組) 【個数限定商品】
[PR]
by dogyagyan | 2014-12-07 22:03 | 映画
映画『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』11月1日(土)公開

私だ
見てきたぞ
いつも通りヒーローが悪者を倒すドンパチアクション映画ですた
序盤で救出されるウェズリー・スナイプスが全体的にかっけー
エクスペンダブルズ創設メンバーという設定で、
同じナイフ使いのステイサムとはライバルみたいな関係でした
因みにスナイプスの居場所を教えたのは、
今回出演しなかったブルース・ウィリスという設定
ブルース・ウィリスの後任クライアントはハリソン・フォード
終盤でヘリを操縦して無双します
シュワちゃんは続投、前作で借りた武器まだ使っててワロタ
その前作で武器貸したテリー・クルーズは敵に撃たれてしまい、
残念ながら途中退場しますがラストの酒場のシーンではすっかり元気に
ドルフ・ラングレンは相変わらずかわいい
ランディ・クートゥアはメンタル大分よくなったようでなにより
この2人は終盤敵の戦車を奪って戦うのが見せ場でしたね
脱出シーンで「駐車できるか!?」「このへんに!」のやり取りワロタ
一番おいしかったのはアントニオ・バンデラスだったなあ
スタローンがケルシー・グラマーと一緒に新メンバー集めてるパートで、
1984年生まれと履歴書詐称して出てきたり、
若手メンバー達を救出しようと1人で向かうスタローンに強引に付いてきたり、
終始マシンガントークでうるさかったりでクッソワロタ
でも決める時は決めてて格好良かったです
今回のラスボスはメル・ギブソン、やはりエクスペンダブルズ創設メンバーで、
CIAから回ってくる汚れ仕事が嫌で悪の道に走り、スタローンに殺されたはずが生きていた設定
最後はやっぱりスタローンとタイマンです
リーサル・ウェポン4で共演したリンチェイとは直接からみがなくて残念だったな
その我らがリンチェイなんですが、終盤のハリソンやシュワちゃんと共に救援に駆けつけるのと、
ラストの酒場のシーンが出番の殆どで、カンフーもなくガッカリでした
撮影時は甲状腺の病気で体調がよくなかったそうで残念だなあ
ただ今はシュワちゃんと組んでる設定で、酒場のシーンで肩抱き合っててクソワロタ
まさかシュワちゃんとアッー!な関係になろうとは
これはラングレン嫉妬しますわ
ミッキー・ロークは今回も出番がなかったのですが、
バンデラスや若手メンバー達にエクスペンダブルズマークのタトゥーを彫ったのは彼の模様
チャック・ノリスも出番なかったですが、
パンフレットに「神出鬼没過ぎてスクリーンに映ってない」とか書かれててワロタ
というわけで今回も面白かったです
以前出演の噂があったニコラス・ケイジとジャッキーは次こそ出て欲しいですね
…次あんのかな?
※パンフによると第4弾の制作決定と女性版の構想があるようです

Expendables 3
[PR]
by dogyagyan | 2014-11-01 22:43 | 映画
スター・ウォーズ エピソード7のキャスト発表―新たにドーナル・グリーソンら

私だ
予告通り、「スター・ウォーズ エピソード7」に、
ハリソン・フォード(71)、キャリー・フィッシャー(57)、マーク・ハミル(62)が帰ってくる。
新たな顔も加わって2、3週間以内に撮影が始まる予定だ。
米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニー傘下のルーカスフィルムは29日、
このオリジナル・メンバー3人に加えて、アダム・ドライバー(「ガールズ」)、
ジョン・ボヤーガ(「アタック・ザ・ブロック」)、
新人のデイジー・リドリー、ドーナル・グリーソン(「アバウト・タイム」)、
オスカー・アイザック(「インサイド・ルーウィン・デイヴィス」)、
マックス・フォン・シドー(1973年の「エクソシスト」)、
アンディ・サーキス(「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズ)が
スター・ウォーズ最新作に出演すると発表した。
新たな出演者の配役は発表されていないが、オリジナルメンバーの3人が、従来通り、
それぞれハン・ソロ、ルーク・スカイウォーカー、レイラ姫を演じるのは間違いないだろう。
その他おなじみのキャストとしてはアンソニー・ダニエルズ(C-3PO)、
ピーター・メイヒュー(チューバッカ)、ケニー・ベイカー(R2-D2)も出演する。
ルーカスフィルムの発表文によると、
"第1作から出演しているハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル、
アンソニー・ダニエルズ、ピーター・メイヒュー、ケニー・ベイカーに加え、
ジョン・ボヤーガ、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、
アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドーが出演する。
J.J.エイブラムス監督は、
「ついにスター・ウォーズ エピソード7のキャストを発表することができ非常にうれしい。
広く愛されているオリジナルの出演者が新しい役者らとともに再びこの物語に登場することに、
わくわくするとともに夢を見ているような思いがする。
2、3週間で撮影を開始し、全員が、ファンに恥ずかしくない作品を作るべく全力を尽くす」と述べた。
スター・ウォーズ エピソード7はJ.J.エイブラムス氏が監督を務め、
同監督とローレンス・カスダン氏が共同で脚本を手掛ける。
プロデューサーは、キャスリーン・ケネディ、J.J.エイブラムス、ブライアン・バークの3氏。
音楽は今回もジョン・ウィリアムズ氏が担当する。来年12月18日に封切り予定。"

こ、このルーク暗黒面落ちてね?
2005年の写真のようだが…

スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]
[PR]
by dogyagyan | 2014-05-01 21:32 | 映画