ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

カテゴリ:特撮( 105 )

仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

私だ
超スーパーヒーロー大戦のゴライダー決定戦トーナメント表が、
先日のスーパーヒーロータイム枠内のCMで見られましたね
a0206989_22513036.jpg

a0206989_22514051.jpg

大きい鮮明な画像が用意できませんでしたが、どんなチームかは大体分かりました
JIROチームとTAKAIWAチームすげー気になる!
BLACK、イクサ、ギンガブルー、シンケンゴールド、ゴセイナイト
ファイズ、メガブルー、ダブル、フォーゼ、鎧武
といった具合に次郎さんと高岩さんがそれぞれ演じたヒーロー限定のドリームチームか
見たかったわー
初戦でこの2チームが潰し合ってしまって疲弊したところ、次のゲンムチームに負けちゃったのね
うーん勿体ない
カードチームはオーディンやディケイドがいるのにどっかで負けちまったんだな
ウーマンチームにブラーボいてワロタ、あんたオカマだろ!

仮面ライダーぴあ 超スーパーヒーロー大戦 公式写真集 (ぴあMOOK)
[PR]
by dogyagyan | 2017-03-27 22:51 | 特撮
仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

私だ
本日公開見てきたぞ
入場者プレゼントは、
超スーパーヒーローセレクトパック
カード2枚セットで、
ガンバライジングカード3種類のうち1つと、
スーパーヒーローカード8種類のうち1つ
全国合計70万セット限定

あらすじ
突如ゲームから飛び出した「ゼビウス」のアンドアジェネシスが韓国を襲う
応戦するキュウレンジャーだったが苦戦を強いられてしまう
一方、聖都大学付属病院にアムが急患として担ぎ込まれた
レントゲンの写る人間ではない骨格に驚く永夢達だったが、
ジューマンの故郷・ジューランドもアンドアジェネシスによって、
壊滅してしまったと報される
更に病院付近へやって来たキュウレンジャーが、
ゲームと現実を行き来できるポッピーが今回の件に関わっていると疑いをかけ、
ポッピーを守ろうとするエグゼイド、ブレイブ、スナイプと戦いになってしまう
だがゲームから飛び出した「ギャラクシアン」のエイリアンが街を襲い始め、
ライダーと戦隊は人々を守るために戦い始める
すると「超スーパーヒーロー大戦」というゲームから、
死んだはずの貴利矢=レーザーや、
ゲーム世界の飛彩=トゥルーブレイブらライダー・戦隊ヒーローが現れ、
エイリアン達を退けるのだった
ゲーム世界から現実を侵略しているのは何者なのか
ポッピーはアムと共にゲーム世界へと飛び込む
するとストロンガーが現れ、強制的にバトルが始まってしまう
アムはジュウオウタイガーになり辛くも勝利するも、
続いて現れたアマゾンに追い詰められてしまう
そこへゲーム世界の空蝉丸が助太刀に現れた
アマゾンを退けた空蝉丸にゲーム世界の飛彩がいるという病院へ案内されるポッピーとアムは、
ゲームキャラクターではない少年を目撃するのだが…
現実を救うためゲーム世界の飛彩に協力を仰ぐポッピー
だがこのゲームのルールがあるというゲーム世界の飛彩は、
永夢を「超スーパーヒーロー大戦」のプレイヤーに指名
永夢は最強のヒーローチーム・仮面戦隊ゴライダーを決めるバトルに参加させられることに
残り4人のプレイヤー選択で一悶着あったものの、
モモタロス=電王、八雲=アオニンジャー、陣=ビートバスター、北岡=ゾルダに決定
初戦のダイレンジャー撃破を皮切りに決勝へとコマを進める永夢達
ゲンムの率いるチームにアオニンジャーと電王が敗れてしまったものの、
エグゼイド、ビートバスター、ゾルダが勝利を収め3対2でエグゼイドチームの優勝
ゴライダーとなった永夢達はライダーや戦隊のマシンを駆使して現実世界で戦い、
ゴライダーハリケーンでアンドアジェネシスを撃沈した
これで現実が救われたかに思えたその時、ボーナスステージが発生
ゲーム世界でライダー達へのリベンジの機会をかがっていたという、
ショッカー首領三世率いる悪の軍団が現実世界を消去し始める
全てはゲーム世界にいた少年=霧野エイトの願いだった
エイトは電脳世界に触れることのできる体質で、飛彩が担当していた患者だった
感情の起伏が無く心を閉ざしていたエイトは飛彩のオペを拒否
飛彩も助かる気が無い者をオペする気になれないと思い、
完璧なはずの飛彩の経歴の中で悔いの残る事例だった
その後「超スーパーヒーロー大戦」を完成させてネットに拡散したエイトは、
ゲームの世界へと吸い込まれていったのだった
スナイプやパラドクスらに現実世界での戦いを任せた飛彩は帰宅
オペを開始する、と保管してあったエイトのパソコンからゲームの世界へ進入する
かつての飛彩とエイトの出来事を見せつけられた飛彩は、
ゲーム世界の飛彩に責められるが、
永夢達と出会い患者の心と向き合うことを知った飛彩はかつての飛彩ではない、
むしろ後悔を引きずっているゲーム世界の飛彩こそかつての飛彩そのものだった
敗れたゲームの飛彩は新たなガシャット、エナジーアイテム、ヒーローカードを現実の飛彩に託す
一方、ゲームのアマゾンズ3人やダークライダー3人衆を退けた永夢は、
エイトの居場所へ辿り着く
先に来ていたポッピーや感情を失った惑星出身のヘビツカイシルバー=ナーガと共にエイトの説得を試みる永夢
自分と似たエイトに涙を流すナーガ、エイトの心が開きかけようとする
だが駆けつけた飛彩がブレイブに変身、ゲームと現実の世界を繋ぐ光の柱を叩き切ってしまう
現実世界へ強制的に引き戻された永夢達だが、エイトの姿はどこにもなかった
ゲームと現実の繋がりが断たれたと知り、業を煮やすショッカー首領三世
再び助太刀に入った空蝉丸=キョウリュウゴールドだが、
ショッカー首領三世が変身した大蜘蛛大首領に敗れてしまう
仮面ライダーとスーパー戦隊の共同戦線は遂にクライマックスへと向かう
飛彩のヒーローカードにより再び現れた電王、アオニンジャー、ビートバスター、ゾルダだが、
大蜘蛛大首領の前にあえなく敗退
しかしヒーローカードから更に現れた最強ライダーチームと最強レッドチームが敵を撃破
ブレイブも託されたガシャットでギャラクシアンクエストゲーマーへ変身
ジュウオウジャーも6人が力を合わせて次々と敵を破っていく
旗色の悪くなった大蜘蛛大首領だが宇宙幕府ジャークマターと結託しており、
専用のビッグモライマーズロボを召喚、超巨大ロボがライダーと戦隊を襲う
しかしエグゼイドマキシマムゲーマーレベル99は、ブレイブのら譲り受けたエナジーアイテムで巨大化!
ラッキー=シシレッドのシシボイジャーもフタゴキュータマで分身し、
他のキュウボイジャーとそれぞれ合体して2体のキュウレンオーが完成!
オリオン号の力も借りて遂に大蜘蛛大首領の乗るビッグモライマーズロボを打ち破り、
エイトも現実世界へ戻ってきた
飛彩はエイトが戻ってこれる分の光だけは残していて、
自分の意思で戻ってくることを信じていたのだった
アムに真意を見抜かれて照れくさそうな飛彩
消えたはずのゲーム世界の飛彩らにはゲームでいつでも会えると知り安堵するエイト
ナーガは永夢とエイトがしていたように、エイトとの再会を指切りで約束するのだった
おわり

雑だなあ、いつもの大戦だなあといった具合でした
でも永夢やラッキーではなく、飛彩やアム、ナーガにスポット当てたのはよかったと思います
現実世界がつまらないから滅ぼしてゲーム世界の方を本物にしようとしたエイトは、
感情が呼び覚まされて一件落着したけど、
ちょっと似たようなことが起きてる現在放送中の絶狼DBはどう決着つけるか考えてしまった
冒頭の韓国のシーンに白倉PとかJAEの横山一敏氏が顔出し出演しててワロタ
ゼビウス出てきたの白倉Pのゲーム機からじゃねーか、やっぱりこの人が元凶だったんだ!(混乱)
貴利矢復活楽しみだったのにあれだけかよ、クライマックスで参戦すると思ったのにガッカリ
因みにレーザー、メガレッド、ボウケンピンク、シンケンブルー、電王ガンフォーム、斬月・真で、
飛び道具が得意なチームだった模様
ウッチーはゲーム世界でも武士道精神は相変わらず
でもポッピーやアムといった初対面の女性を苦手にしてなかったんだがあくまでゲームだからか?
あとガブリチェンジャーに違和感合ったな、チェンジポーズもなんか控えめになってるような気がしたが
大蜘蛛大首領に負けて消えるシーンはゲームキャラとはいえ辛かった
プレイヤー選択シーンワロタ、やはりイマジンズが絡むとコントになるな
桃枠・トッキュウ5号、青枠・ウラタロス、黄枠・キンタロスになりかけたがモモタロスが却下
イマジンズでリュウタロスだけ出なかったけど鈴村健一氏のスケジュールが合わなかったのかな?
ガンフォームすら声あててなかったし
青枠に決まったやっくんが黄枠に恩師のマジイエロー=翼を選ぼうとしたら、
そっくりさんの陣さんが出てきました
陣さんって相棒のJがセットでいないとビートバスターに変身できないはずだが、
ゲームだからか単独で変身してたな
北岡先生お久しぶりです、バトル参加のために契約書出してきたり相変わらず
「英雄っていうのは~」とか「こういうごちゃごちゃした戦いは~」とか、
往年の名台詞を言いまくってたけどやっぱりゲームだから決まった台詞が出てくるんですかね
陣さん→モモリン(モモタロスのこと)
北岡先生→ゴロちゃん(モモタロスのこと)
最初からClimax!→(モモタロスの台詞)
これはバグですか?
弄られまくるモモタロスはモモタロスで永夢のこと「良太郎」って呼んでたし
あとCMとか予告から気になってた「俺、参上!」のポーズが昔と逆になってるのが特に言及なくてな、
てっきり「久々だったから間違えちまったぜ」ってギャグかと思ったのに
トーナメント戦はなあ、
ダイレンジャー5人揃ってるからオリキャスくるかと思ったけどそんなことなかったぜ
電王ロッドフォーム、ディエンド、ウィザードウォータースタイル、オーズシャウタコンボ、ガタック

シンケンレッド、マジレッド、ダイナレッド、ニンジャレッド、バトルジャパン
の赤青対決は決着まで見せないし
トーナメント表にあったその他諸々のチームは描写すら無しだった
全16チームが参加したらしいが表の表示時間が短すぎてどのヒーローが参加してたのか分からねー
この劇中未登場のヒーロー含めて100人以上参戦と宣伝してたのならお粗末すぎるだろ
決勝のゲンムチームにいたモモレンジャー、電王から逃げ回ったり、
か弱さ見せて隙を突いたりしてたけどそんなキャラだったっけ?
ゴライダーの変身が唐突すぎてワロタ、殆ど勢いとノリだけ
マシンはデンライナー、ゴーカイガレオン、キャッスルドラン、マジドラゴン、バリブルーンが出てきました
ショッカー首領三世のいう先代、先々代って士含まれてるのかな?
あいつショッカーから見たら裏切り者だよな
アマゾンズからはアルファ、オメガ、そして第2シーズンより先行してネオが参戦
ハブられるシグマ
昭和アマゾンとの絡みは一切なし
エグゼイドはダブルアクションゲーマーレベルXのまま固定&エネルギー残量少ない状態の無理ゲーだったが、
エネルギー残量が逆転する隠しエナジーアイテムを見つけて文字通り逆転勝利してました
その後のダークカブト、ダークゴースト、ダークドライブのダークライダー3人衆は決着まで描写せず
またかよ、もう必要ないだろこのシーン
ジュウオウジャーはアム以外顔出しなしだが声はオリジナル
クライマックス戦で一旦消えた電王達があっさり大蜘蛛大首領に負けて雑い、雑すぎる
だいたいゾルダがマグナギガどころかなんの武器も召喚しないで、
終始マグナバイザー1丁で戦ってるのがありえねーわ
そのマグナバイザーもオリジナルは実弾を発射してたのに今回はビーム撃ってるし意味分からん
これエイトの作ったゲームの原作再現度に問題あるの?
最強ライダーチームは、ドライブタイプトライドロン、ゴーストムゲン魂、龍騎サバイブ、
ディケイドコンプリートフォームと最強フォームが揃う中、
アギトだけ最強1個手前のバーニングフォームで参戦
そこはシャイニングフォームじゃねーのかよ、バーニングフォームの方が強そうだけど
最強レッドチームは、ハイパートッキュウ1号、キョウリュウレッドカーニバル、
レッドバスターパワードカスタム、アカニンジャー超絶、ゴーカイレッド
こっちは35~39作品目の最近のレッドをチョイスしてるので、
ゴーカイレッドに強化形態がないのはしゃーない
超巨大な敵が最後に出るのは大戦のお約束
エグゼイドがキュウレンオー踏み台にして宇宙までジャンプして、
オリオン号の棍棒で地球へ撃ち返された勢いでキック
地球と宇宙で挟み撃ちにするパターンも割と大戦のお約束だな
EDはMONKEY MAJIKの「ray of light」
ゲーム中のMCの声が麒麟・川島明氏だったのスタッフロールで気づいたわ
といわけでこんな感じの大戦でしたわ
ゲーム世界のキャラってことでそれなりに割り切れたし、
特定のキャラにシワ寄せが来るような事もなかったのはよかったかな
ED後は夏映画の告知、6月10日前売券発売で8月5日公開です

仮面ライダーぴあ 超スーパーヒーロー大戦 公式写真集 (ぴあMOOK)
[PR]
by dogyagyan | 2017-03-25 23:37 | 特撮
『超スーパーヒーロー大戦』キョウリュウゴールド、仮面ライダーゾルダ、ビートバスター、アオニンジャー変身前の姿!役者が出演

私だ
『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』(3月25日公開)に、
「獣電戦隊キョウリュウジャー」キョウリュウゴールド/空蝉丸役の丸山敦史、
「仮面ライダー龍騎」仮面ライダーゾルダ/北岡秀一役の小田井涼平、
「特命戦隊ゴーバスターズ」ビートバスター/陣マサト役の松本寛也、
「手裏剣戦隊ニンニンジャー」アオニンジャー/加藤クラウド八雲役の松本岳が出演していることが発表された。
これまでに予告編などで、変身後のキャラクターの姿は公開されていたが、この度、
彼らが変身前の姿で登場することが明らかになった。
小田井演じる北岡、松本寛也演じる陣は劇中で亡くなった・消滅したことで、放送当時、
視聴者に大きな衝撃を与えたキャラクター。
どういったかたちで現れるのかは不明だが、北岡はこれが約14年ぶりの復活となる。
あわせて披露された写真には、仮面ライダーエグゼイド/宝生永夢役の飯島寛騎を中心に、
「仮面ライダー電王」モモタロス、松本岳、小田井、松本寛也がそろう姿が。
この5人は劇中で「チームエグゼイド」として共に闘うこととなるといい、
空蝉丸(丸山)がどのように登場するのかも含め、ファンは期待せずにいられない展開だ。
本作は、仮面ライダーとスーパー戦隊の2大ヒーローが競演する「スーパーヒーロー大戦」シリーズの最新作。
仮面ライダーエグゼイド、宇宙戦隊キュウレンジャーら歴代のヒーローたちが混成チームとなり、
次から次へとレベルアップを果たしていくという新感覚のアクションが繰り広げられる。
(編集部・小山美咲)

やっぱオリキャスだったかー
浅倉は復活するわ北岡先生は復活するわで龍騎勢が熱いな
主役の真司や蓮も復活して欲しかったけど
北岡先生の傍らには吾郎ちゃんがいて欲しいところだが、
今絶狼の竜騎士で忙しいから仕方ないな
電王勢は主要イマジンだけか
先日の「俺、誕生!」上映イベントでは、
秋山莉奈さん、中村優一君、松本若菜さんが登場し、
松本さんのバースデーサプライズとして佐藤健君が電話出演したそうですが
さて、衝撃の画像を拾ってしまいました
a0206989_22185410.jpg

大陸のパチモノ玩具かよ!
[PR]
by dogyagyan | 2017-02-24 22:22 | 特撮
『超スーパーヒーロー大戦』でダイアモンド・ユカイがライダー史上最強の敵に変身

私だ
3月25日に公開される映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』に登場する、
仮面ライダー史上最強の敵・ショッカー首領3世(大蜘蛛大首領)を
ダイアモンド・ユカイが演じることが明らかになった。
本作は、現在放送中の『仮面ライダーエグゼイド』と、
2月12日に放送スタートしたばかりのスーパー戦隊最新作『宇宙戦隊キュウレンジャー』がコラボを果たすほか、
仮面ライダー、スーパー戦隊合わせて総勢100人を超えるヒーローたちが登場することでも話題に。
今回、ダイアモンド・ユカイ演じるショッカー首領3世の姿、
そして"ショッカー変身"した大蜘蛛大首領のビジュアルも公開された。

ダイアモンド・ユカイ コメント
ショッカー首領3世という大蜘蛛大首領に変身するヒール(悪役)最大のラスボスを演じました。
昔からヒールが好きだったね。ショッカーも仮面ライダーに憧れてるんだよ!
ショッカーの気持ちもわかってほしい。
最後には負けてしまうけど、悲しみや恨みを背負ったまま負けるんだぜ。ヒールはブルースだぜ!
我が家のライダーごっこはショッカーが勝つんだよね。
もちろん子どもたちは仮面ライダーで俺はショッカー役なんだけど、
最後はいっぱいくすぐって降参させるんだよ(笑)。
この映画も見てもらいたいけど、最後パパが負けちゃうじゃない。
その姿を見てどう感じるのか楽しみだな。人生の勉強だよ! 勝つだけが人生じゃない。
負けることもカッコいいんだぜ!ってところも子どもたちに伝えたいよね。
撮影では監督に直訴して"ショッカー変身"をさせていただきました。
是非とも、俺の変身を楽しみに見てほしい! OK! ギラッチ!

「超スーパーヒーロー大戦」製作委員会(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 AG・東映

3世ねえ
2世はあれか大ショッカーのディケイドってことか?
[PR]
by dogyagyan | 2017-02-14 22:40 | 特撮
仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

私だ
前売券今日発売だ
特典は手のひらヒーローシリーズ疾走!ランニングヒーロー!
エグゼイドとシシレッドどちらか1つ、全国合計各5万個限定
チラシも貰ってきたんですが、現在TOPページにもあるように下の方でゾルダがドセンター張っててワロタ
涼平氏出るのかなあ
だとすると死んだはずの北岡先生や貴利矢が復活した理由が気になる
陣さんは残留プログラムがまだ残ってたのか?
上の方にはキョウリュウゴールドとジュウオウタイガーが目立つ位置にいますね
アムはチラシの裏で飛彩と一緒に写ってるんでオリキャス確定だが、ウッチーは不明
チラシ裏でダイレンジャーやっぱり5人揃ってるなあ
今回5人1組の混成チームで戦うっぽいからキバレンジャーの姿はないですね
ヒーロー同士が戦う理由は強大な敵を倒すためのレベルアップのようで、
レベル上げのために敢えて戦うなんてゲームモチーフのエグゼイドらしいな
今までの茶番劇大戦よりかはマシになってくれるといいですね
[PR]
by dogyagyan | 2017-02-04 21:05 | 特撮
虚淵玄脚本アニメ版『ゴジラ』声優は超人気級!梶・櫻井・杉田・諏訪部・花澤・宮野

私だ
脚本・虚淵玄で進められているアニメ映画『GODZILLA』に
梶裕貴、櫻井孝宏、杉田智和、諏訪部順一、花澤香菜、宮野真守と、
さまざまなアニメ作品でメインをはってきた超人気声優がそろうことが発表された。
昨年公開された実写映画『シン・ゴジラ』の大ヒットや、
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでのアトラクション化などで活気づいている『ゴジラ』シリーズを、
世界で初めてアニメ映画化する本作。
新たに公開された1枚のコンセプトアートには、人型の兵士、二足歩行をするロボット、
さらには巨大な脚を持つ兵器のようなものたちが霧立ちこめる森の中を歩く様子が。
だがこのビジュアルも、昨年発表された近未来的なティザービジュアルと同じく、
「舞台はどこなのか」「時代はいつなのか」は明らかにされていない。
声優陣が担当する役も未公表となっているが、
「進撃の巨人」の梶、「おそ松さん」の櫻井、「銀魂」の杉田、「テニスの王子様」の諏訪部、
「PSYCHO-PASS サイコパス」の花澤、「DEATH NOTE デスノート」の宮野と
数々のヒット作でメインキャストを務めてきた人気声優がそろったのは、
並々ならぬ製作陣の気合があってこそ。
映画を配給する東宝映像事業部の古澤佳寛映像企画室長は、
「本作のために日本のアニメーション界を代表する声優の皆さんに集まって頂きました」とコメント。
「どなたが主演でもおかしくないキャストの皆さんだと思います。
既に収録を済ませていて虚淵さんの生み出す物語やキャラクターと素晴らしい化学反応が起きています。
続報にご注目下さい」と自信をのぞかせた。
続報は、3月26日に東京ビッグサイトで開催される「AnimeJapan 2017」で行われるキャスト登壇イベント
「『GODZILLA』スペシャルステージ(仮称)」にて発表される。(編集部・井本早紀)
映画『GODZILLA』は2017年に全国公開

ギャレゴジもシンゴジも架空兵器出てこなかったからそこは楽しみ
というか架空世界っぽいけど

Godzilla: Complete Animated Series [DVD] [Import]
[PR]
by dogyagyan | 2017-01-23 22:20 | 特撮
仮面ライダー電王の姿も!『スーパーヒーロー大戦』新作で登場ヒーロー100人超え

私だ
歴代の仮面ライダーとスーパー戦隊が集結する『スーパーヒーロー大戦』最新作には、
仮面ライダー&スーパー戦隊合わせて総勢100人を超えるヒーローが登場するという。
最新作『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』の特報映像では、
テレビ放送10周年を迎える「仮面ライダー電王」を含めた計22人のヒーローの姿が映し出されている。
本作では、
仮面ライダー&スーパー戦隊史上初の取り組みを行っている「仮面ライダーエグゼイド」
(仮面ライダーに変身する主人公が医師)と、
「宇宙戦隊キュウレンジャー」(番組スタート時の人数としてはシリーズ史上最多となる9人組)
のコラボ作。
ヒーローたちの前に世界消滅の運命をかけた“死の闘技場”が現れ、
「ゲーム世界」が「現実世界」を総攻撃。
完全に閉ざされた異空間から脱出するため、歴代の仮面ライダー、スーパー戦隊が大乱戦を繰り広げる。
特報では、
「仮面ライダーエグゼイド」と「宇宙戦隊キュウレンジャー」のシシレッドをはじめとする
ヒーローたちの姿が矢継ぎ早に“カード形式”でお披露目。
仮面ライダー側からは、仮面ライダーアマゾン、仮面ライダー電王ソードフォーム、
仮面ライダーストロンガー、仮面ライダーアギトバーニングフォーム、
仮面ライダーディケイドコンプリートフォーム、仮面ライダー龍騎サバイブ、
仮面ライダードライブタイプトライドロン、仮面ライダーゴーストムゲン魂、仮面ライダーゾルダが登場。
スーパー戦隊側からは、レッドバスターパワードカスタム、キョウリュウレッド・カーニバル、
ハイパートッキュウ1号、アカニンジャー超絶、ゴーカイレッド、キリンレンジャー、
ビートバスター、キョウリュウゴールド、リュウレンジャー、ホウオウレンジャー、
テンマレンジャーが紹介されている。
だがヒーローたちの全容は、謎に包まれたまま。
さらに劇中では、「“あの”ヒーローたちの復活」「想像を絶するニューヒーロー登場!?」
なども予定されているとのこと。(編集部・井本早紀)
映画『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』は3月25日より全国公開

やっぱりいつもの路線になりそうですね
ライダーも戦隊もとっくに大所帯だし100人超えって言われても別に驚きはないな
ライダー側は電王10周年だけど佐藤健君出てくれるかなあ
何やらアマゾンズとエグゼイド勢が一緒に撮影してる目撃情報があるそうだが、
この映画の撮影なんだろうか
だとしたら昭和アマゾンとの共演もあるのか
戦隊側は謎のダイレンジャー率の高さが気になる
オリキャス揃う?
[PR]
by dogyagyan | 2017-01-17 23:26 | 特撮
ハリウッド版ゴジラ続編タイトルは「怪獣王ゴジラ」!

私だ
ギャレス・エドワーズ監督が手掛けたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』(2014)の続編タイトルは、
『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題) / Godzilla: King of Monsters』
だと制作会社レジェンダリーが発表した。
『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』は、
日本のオリジナル版『ゴジラ』(1954)を再編集してアメリカナイズした1956年の作品と同じタイトル。
日本ではそれを訳した『怪獣王ゴジラ』というタイトルで翌年公開された。
レジェンダリーとワーナー・ブラザースは、
『GODZILLA ゴジラ』の成功を受けて巨大生物の登場するフランチャイズを作ることを決定しており、
『キングコング:髑髏島の巨神』(2017年3月25日日本公開)、
『GODZILLA ゴジラ』続編(2019年3月22日全米公開)に続き、
2020年に『ゴジラVSコング(原題) / Godzilla vs. Kong』を公開する。
キングコングとの戦いを前に、
『GODZILLA ゴジラ』続編でゴジラの“怪獣王”としての存在感を一層強く示すことになりそうだ。
また、レジェンダリーは東宝からモスラ、ラドン、
キングギドラを含むキャラクターを映画で使用する権利を得ており、
『ゴジラ:キング・オブ・モンスターズ(原題)』には彼らも登場するものとみられている。
『X-MEN:アポカリプス』の原案を手掛けたマイケル・ドハティが、
エドワーズ監督に代わってメガホンを取る予定だ。
このほか、『パシフィック・リム』の続編タイトルが
『パシフィック・リム:メイルストロム(原題) / Pacific Rim: Maelstrom』から
『パシフィック・リム:アップライジング(原題) / Pacific Rim: Uprising』
に変更となることも明らかになった。
こちらは2018年2月23日に全米公開。(編集部・市川遥)

何かハリウッドの方が昭和シリーズみたいなノリになりそうでワクワクするなあ
キングコング以外の公開が先の話なんで予定変更しそうな気もするが
日本はシンゴジの後なんかないんか

怪獣王ゴジラ 1 (コミックボンボン)
[PR]
by dogyagyan | 2016-12-16 22:10 | 特撮
『シン・ゴジラ』観客動員420万人突破 「VSモスラ」記録超え“平成ゴジラシリーズ”で頂点に

私だ
庵野秀明氏が脚本、総監督を務め、7月29日に公開された映画『シン・ゴジラ』が、
9月6日までの40日間で観客動員420万8608人を突破し、
1984年公開『ゴジラ』以降の“平成ゴジラシリーズ”において最高の観客動員数を記録した。
『ゴジラ』は、1954年に公開された第1作から60年以上、現在までに国内で計29作品が製作され、
日本を代表するシリーズ映画として君臨。
29作目として封切られた『シン・ゴジラ』は公開以来、大ヒットを記録し、その迫力の映像、
圧倒的な情報量、緻密な取材に基づくリアリティで、
これまでのゴジラシリーズでは考えられないほど幅広い層の観客を獲得し、
数多くのリピーターも生み出している。
“平成ゴジラシリーズ”においては、第19作『ゴジラVSモスラ』(1992年公開)が
記録した420万人が最高だったが、『シン・ゴジラ』が約24年ぶりに記録を超える形となった。
公開40日時点で、興行収入は61億3492万9000円。

◇ゴジラシリーズデータ(平成ゴジラシリーズ以降)
公開日/作品名/動員数
1984年/『ゴジラ』/320万人
1989年/『ゴジラVSビオランテ』/200万人
1991年/『ゴジラVSキングギドラ』/270万人
1992年/『ゴジラVSモスラ』/420万人
1993年/『ゴジラVSメカゴジラ』/380万人
1994年/『ゴジラVSスペースゴジラ』/340万人
1995年/『ゴジラVSデストロイア』/400万人
1999年/『ゴジラ2000ミレニアム』/200万人
2000年/『ゴジラ×メガギラス G消滅作戦』/135万人
2001年/『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』/240万人
2002年/『ゴジラ×メカゴジラ』/170万人
2003年/『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』/110万人
2004年/『ゴジラFINALWARS』/104万人
2016年/『シン・ゴジラ』/420万8608人

細かいことと思われるが1つ言わせてくれ
'84~デストロイアまでが平成シリーズで、
2000~FWまでがミレニアムシリーズだと思うんだ

S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) 約180mm PVC製 塗装済み可動フィギュア
[PR]
by dogyagyan | 2016-09-09 22:28 | 特撮
『ゴジラ』世界初アニメ映画化決定!脚本に虚淵玄!謎だらけのビジュアル公開

私だ
庵野秀明が総監督・脚本を務めた『シン・ゴジラ』が大ヒット中の『ゴジラ』シリーズが
『GODZILLA』のタイトルでアニメーション映画化されることが明らかになった。
発表に合わせて、タイトルロゴとティーザービジュアルも公開された。
「クレヨンしんちゃん」への登場や、
米国で制作された「ゴジラ ザ・シリーズ」など過去に幾度かアニメ化されているゴジラだが、
劇場版アニメ化は世界初。『シン・ゴジラ』の後を継ぎ、
2014年に公開されたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の続編(2019年全米公開)、
さらに『ゴジラVSコング(原題) / Godzilla vs. Kong』(2020年全米公開予定)
へのバトンをつなぐ一本として、2017年の公開を目指す。
制作にあたっては、
累計興収60億円を突破する大ヒット作『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』の静野孔文と、
『亜人』シリーズの瀬下寛之を迎えたダブル監督体制を構築。
ストーリー原案・脚本はテレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズで知られる虚淵玄が担当する。
アニメーション制作は「シドニアの騎士」などのポリゴン・ピクチュアズ。
公開されたビジュアルは、宇宙船のような乗り物や近未来的な服装の人間たちが描かれた、
壮大なSF映画を思わせる仕上がり。
過去の『ゴジラ』シリーズとは全く違う物語が展開することになりそうだ。
両監督は「ゴジラが大好きな人も、
まったく知らない人も楽しめるアニメならではの壮大なスケールのエンターテイメントを目指しています」(静野)、
「虚淵玄さんと静野孔文監督、超個性的でグローバルセンスに富んだ才能を持つ二人のクリエイターと共に、
壮大な世界観と人間ドラマを目指します」(瀬下)と気合十分。
虚淵も「ゴジラというタイトルに関わらせていただけるのは、
日本に生まれたクリエイターとして最高の名誉であると思っています」と意気込みを語っている。
(編集部・入倉功一)

ゴジラ ザ・シリーズは面白かったなあ
ゴジラが人間の味方で新怪獣が続々と出てくるところが昭和シリーズっぽくて
78年にもアメリカでアニメ化されたそうだがこっちは日本未放映で見たことないわ

Godzilla: Complete Animated Series [DVD] [Import]
[PR]
by dogyagyan | 2016-08-19 22:45 | 特撮