ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲 オフィシャルサイト

私だ
本日公開見てきたぞ
入場者プレゼントは70万個限定ブットバソウルメダル
仮面ライダーエグゼイド クリエイターゲーマーorエナジーアイテム セーブのどちらか2種、
50万個限定キュウレンジャーライセンス
ラッキーor???のどちらか2種
それぞれ1つずつプレゼント
何がもらえるかはお楽しみ
因みに私はクリエイターゲーマーのメダルとツルギのライセンスを貰いました
ってことは「???」はツルギですね

あらすじ
巨大彗星兵器=ゲース・スターが地球に衝突せんと迫り来る
ジャークマター独立部隊長ゲース・インダベーは、
地球を消滅させた後、伝説の破壊神ケルベロスを手に入れようと企む
ゲース・インダベー達の急襲によりショウ・ロンポーが宇宙空間へ放り出され消息を絶った
落ち込むハミィ達であったが、ラッキーは逆にケルベロスを手に入れれば衝突を回避できると考え、
ケルベロス座の3つの惑星にそれぞれ封印されているケルベロスストーンを入手しようと行動開始
ゲース・インダベー達の妨害にあい、2つのケルベロスストーンを奪われてしまうものの、
1つだけ確保したキュウレンジャーは地球へと決戦の場を移す
ゲース・インダベーの正体はショウと共にケルベロスの研究をしていた元リベリオンの戦士、
ホイ・コウローだった
ケルベロスを悪用しようとしたホイはショウに追放され、その恨みを晴らそうとしているのだった
ゲース・インダベー達を追い込むキュウレンジャーだったが、最後のケルベロスストーンも奪われ、
ケルベロスボイジャーが遂に復活、街を破壊し始める
だが宇宙空間を泳いでいたところをツルギに救われたというショウが駆けつける
ラッキー達はゲース・インダベーをショウに任せ、キュウボイジャーでケルベロスボイジャーを追う
シシレッドがケルベロスボイジャーにシシボイジャーのコクピットを力任せにドッキングさせると、
ケルベロス、カジキ、カメレオン、オウシ、ヘビツカイのボイジャーが合体、
ケルベリオス誕生!
それでもゲース・スターは大きすぎる
そこでかつてヒカリキュータマのツキモードでガルを強化させた事を思い出したシシレッドは、
ケルベロスも同じ犬なら効果があるはずとヒカリキュータマを使うとケルベリオスは超巨大化!
更にチキュウが巨大なキュータマとなり、ゲース・スターを押し返し破壊することに成功
ゲース・インダベーも死闘の末、リュウコマンダーに敗れ去った
ラッキー達はこの勢いでジャークマターの魔の手から宇宙を救うと決意を新たにするのであった
おわり

いつも通り戦隊夏映画は短い分、テンポよくて見やすいですね
でもショウ司令消息不明後とケルベロス座からチキュウへ戻る時の、
オリオン号内で結束を固めるシーンはどっちか1回でおかったかも知れないな
強運と勢いが過ぎるのはキュウレンジャーはそういうノリだからしゃーない
でもテレビシリーズじゃ大人数が祟って活躍組と待機組に別れてしまうメンバーが総動員され、
映画らしい豪華な画面となったのはよかったです
予告でガルのモフモフバイクなんだよと思ってましたが、
ギョシャキュータマで変身できるんですね
これやろうと思えば他のメンバーも乗り物に変身するんだろうか
ケルベロスは劇中の3つの惑星に因んでドーベルマン、シベリアンハスキー、ブルドッグの顔になってるんですね
それにしても青い地獄の番犬…どこぞの地球署署長みたいだな
超巨大ケルベリオスは街どころか日本列島踏みつぶしてないか心配になるレベル
チキュウもキュータマになってブースターで飛んでるし滅茶苦茶だろ
ツルギ=ホウオウソルジャーはもう追加戦士の宿命なのか、
冒頭の宇宙戦と終盤の巨大戦のみと出番が少ないです
ホイ・コウロー/ゲース・インダベーの声は、ロンドンブーツ1号2号の田村亮氏
劇中ではマスクオフ状態も自ら演じてましたね
パンフのインタビューで「うぬら」とか言葉使うのラオウ様の印象しかないって突っ込んでてワロタ
流石や
ゲース・インダベーの部下オーモ・インダベーの声は、レイザーラモンHG氏
チャンプとプロレス対決してたんだが、
「時は来た、それだけだ!」とか「キレてないすよ」はアドリブだったのかな
持ちネタの「フォー!」を入れるチャンスが少なかった分、「セイ!」を多用した模様
ゲース・インダベーの部下カール・インダベーの声は、レイザーラモンRG氏
バイク好きということでバイク乗りのキャラ役になったんでしょうか
アフレコはマッドマックスや北斗の拳の悪役をイメージして叫んだそうです
バイクあるあるはよく聞き取れなかったなあ、普段たっぷり尺取るけど今回早口だったし
EDは「キュータマ音頭!(Movie edition)」
最初音頭で途中からダンシングに変わるスペシャルバージョンでした

宇宙戦隊キュウレンジャー キュータマ合体111 DXケルベロスボイジャー
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-05 20:50 | スーパー戦隊
ウルトラマンジード 公式サイト | テレビ東京系2017年7月8日(土)あさ9時から放送スタート

私だ
第5話「あいかた」

あらすじ
どんな傷もたちまち治すナゾの“ヒーリング芸人”新井タカシ。
リク達はその能力がリトルスターによるものではないかと考え、
タカシに会いに行くのだが…!?

アバンは4話のダイジェスト

捨てサメクジラを保護するAIB
飼いきれなくてペット遺棄するのは地球も宇宙も一緒か
基地ではレムによるこれまでのリトルスターおさらい
リクがテレビをつけると番組に出ていたヒーリング芸人の新井タカシが、
リトルスターの兆候持ちの様子を見せていた
でも胸で光ってたのはモコと名付けた小さな生き物でした
早速モアが接触
しかし保護したモコには本来ヒーリング能力はない種族らしい
その後レイト、リク、ライハがタカシに接触
レイトはゼロのダメージ治癒をしたかったそうだが、
タカシは10日前たまたま遭遇したモコに全治3週間の骨折を治してもらったという
モコがリトルスター持ちだったのね
保健所の人(と名乗ったモア)に渡す前にリク達に高く売ればよかったと悪ぶるタカシだが…
リクの「ゼロ兄さん」呼びワロタ、お前らウルトラ兄弟入りしてないだろ
モコのリトルスターに反応しアーストロン出現
リク、ジードプリミティブに変身
アーストロンが迫る中、危険を顧みず網に引っかかったモコを助けようとするタカシ
やっぱいい奴だった
レッキングバーストを放とうとするジードだったが、
ペガからアーストロンの先にはガスタンクがあるとの報せが
するとモコからリトルスターが抜けてジードへ、コスモスのカプセル起動
見せるぜ、衝撃!
ヒカリとコスモスの力、アクロスマッシャーキター!
アクロスインパクトでアーストロンを浮かせてガスタンクから遠ざけ、
スマッシュビームブレードで角を一閃
最後はスマッシュムーンヒーリングで大人しくさせて地中へ帰らせることに成功
モコにヒーリング能力はなくなりヒーリング芸人はできなくなったタカシ
本業で稼ぐと意気込むけどギャグがお寒い…これは無理かも
ここでモアが保険屋と言ったり保健所と言ったり、その時々で言ってることが違うのリク達にバレたー
モコは犬と言い張るの無理ありすぎだろモア
結局モコは何度保護してもタカシの元へ戻ってしまうので、
最終的にはタカシの相方に治まり、モアが定期的に監視するハメに
マスコミ調査でジードの高感度が上がってることが分かり喜ぶリクだが、
ケイが次のステージへ進む時、と暗躍
エレキングとエースキラーでサンダーキラー誕生!
ジードがサンダーキラーへ飛びかかったところで次回へ

リクのウルトラカプセルナビ
今回はヒカリとアーストロンを紹介
というわけで5話でした
初めて「次回へ続く」キター
当初は地球人の子供に宿ると思われていたリトルスターですが、
宇宙人にも小型の宇宙生物にも宿るようですね
リクのテレビ、16:9でブラウン管なんだがデジタルなのかアナログなのかこれもう分かんねえな
と思ったら「ドウシシャ VT203-BR」というビンテージ調の液晶テレビがあるそうですね
知らなかったそんなの
アクロスマッシャーはあの独特の構えが「盆踊り」とか「ふすま開ける人」とか、
散々な前評判だったけど、
太極拳っぽいの静からアクロバティックな動のメリハリが利いててかっこいいじゃないの
アーストロンを倒さなかったのを見て「コスモスらしいぜ」と反応するゼロ、
サーガからの繋がりを感じさせていいね
しかしコスモスのカプセルがあれば前回のエレキング倒さずに済んだかもしれんと思うと惜しい
今回は坂本監督ではなく市野監督担当回でしたが、
2回目の変身でバンクシーンを使わないあたりに演出の特徴が出てるなと思いました

次回はウルトラマンジード第6話「僕が僕であること」
提供バックはスマッシュビームブレード出したアクロスマッシャー

ウルトラマンジード DXジードライザー
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-05 20:49 | ウルトラマン
ガンダムビルドファイターズ バトローグ

私だ
第1話「AIバトローグ」
本日よりAmazonプライム・ビデオ、ガンダムファンクラブ、バンダイチャンネル、
ガンダムビルドファイターズ公式サイト、バンダイホビーサイトにて無料配信開始です
10分程の映像
ガンプラバトルシステムにAIが搭載され、
バトルスキルの無い者でも手軽にバトルが楽しめる他、
ガンダムシリーズの歴代キャラの疑似人格を使って夢のバトルまでできる、
ということで三代目メイジンとアランが自動操縦のテストをすることになりました
アランはリボーンズガンダムを改造したリバーシブルガンダムにリボンズの人格、
メイジンはザクアメイジングの後継機であるバリスティックザクにシャアの人格をチョイスし、
バトルスタート
戦闘は宇宙からコロニーの市街地、そしてテキサスコロニーっぽい荒野からまた宇宙へ
シャアが困った時にララァに問いかけるのワロタ
変形機構を駆使したリバーシブルガンダムに対し、
極限までブラッシュアップしたとはいえザクじゃ分が悪くね?と思ったら、
シールドに付いてるのミサイルコンテナじゃなくてファンネルコンテナだったのか
ファンネルvsGNファングの夢の対決キター
シャアの方が疑似人格つえーのか
ここでアランがイタズラ、人格がアムロに!
最後はやっぱり殴り合い、宇宙
ララァへの恨みを込めた一撃で相討ち、光となって地球へ降り注いで終了
サイコ・フレームの光かよ!
途中で人格変えるのは非公式な裏技らしい、いやそんなもん使うなよ
ガンプラの破損激しいな、ダメージレベル高いままプレイしたのか
EDはFAKYの「Chase Me」
ED中にメイジンが次はエマ、アランがシーブックでとか語っててワロタ
何故そのチョイス
と言うわけで1話でしたが、
声優ネタなのにシャアが池田秀一氏ではなく関俊彦氏なのがなあ
確かにTHE ORIGINで真シャアの声だったけどさ
あとリバーシブルガンダムにトランザムシステムないの?
あればシャア相手でもまだいけるんじゃないかと思うんだが

第2話は「敵の秘密開発工場を叩け!」
きゃらっがいフミナとギャン子とプチッガイ ゴールドトップ&プラカードの出番、
予告にあるとは見抜けなかった
喋らないけど
GMの逆襲の最新PV見たら古谷徹氏のナレーションでワロタ
00の10周年記念かな

第1話
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-04 23:53 | ガンダム
映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』

私だ
見てきたぞ
上映時間149分
前作の165分よかマシだがちょっとなげーわ
お話は前作でオプティマスプライムが「創造主」に会いに行くと宇宙へ旅立ってから数年後が舞台
バンブルビーが新たなオートボットのリーダーとなるも、
かつて「N.E.S.T」の指揮官としてオートボットと共に戦った米軍兵士レノックスが、
対トランスフォーマー部隊「TRF」の隊員になって対立しちゃってます
前作主人公ケイドは追われる身となったため娘のテッサとは離れ、
スクラップ置き場で助手のジミーやオートボットと共に暮らしてます
ダイナボットもいるしトランスフォーマーアドベンチャーみたいでワロタ
ちっちゃいダイナボットかわいいな
あと3作目の「ダークサイド・ムーン」での惨劇以降ゴーストタウン化したシカゴにいた、
イザベラという少女とスクィークスというTFが転がり込んできたり
スクィークスはベスパのスクーターらしいが壊れてて変形しなかったな
イザベラ庇って死んだTF、黄色いからビーかと思ったらキャノピーっつー別のTFだったわ
ビーはデイトレーダーの廃品の中にあったスタースクリームの頭部から取った声帯の部品を取り付け、
いよいよ自力で喋れるようになったかと思ったら何故か女性の声で喋っててワロタ
結局取り外して今まで通りカーステレオの音声で会話することに
というかスタスクの頭って爆散してなかったか?
ビーの体バラバラになったと思ったら再結合する能力すげー
ドリフト、クロスヘアーズ 、ハウンドは前作から続投
ホィーリーは「ダークサイド・ムーン」以来の登場かな
さて本作はアーサー王伝説が作り話ではなくTFが関与していた実話であったことが判明し、
人類史上の大きな戦にはTFが関わっていたことが明らかになりました
伝説のドラゴンはドラゴンストームというTFだったのね
そんな歴史の裏を代々守ってきたイギリス貴族のバートンの屋敷に1作目のサムの写真あってワロタ
どうもTFの歴史に関わるウィトウィック家の末裔らしいですね
TFに出会うのは宿命だったのか
バートンの屋敷にはホット・ロッド、コグマン、ブルドッグが一緒に暮らしてます
ホット・ロッド、5作目にしてやっと登場か
最初はシトロエンの姿で登場しますが途中でランボルギーニを再スキャン
アニメじゃだいたいオレンジのボディカラーですが、本作は黒いボディにオレンジのアクセントが入ったデザイン
最初違う名前名乗ってるなと思ったらフランス訛りが酷いらしい
コグマンはバートン家に仕える執事で小柄な体格ですが、
実は本体が別にあるヘッドマスターでした
本体の車は出てくるんだがヘッドオンしなくて残念
コグマン普段紳士的なのに急にキレたり空気読めなかったり変な奴だな
ブルドッグは第一次世界大戦の戦車に変形できるんだが、
変形すると部品がポロポロ取れててワロタ
バートン曰く痴呆症で大戦がまだ続いてると思ってるそうで、TFも老化するんですね
古いタイプのTFからアーサー王が持っていた紋章を授かり「最後の騎士」となったケイドと、
アーサー王伝説のマーリンの子孫である文学者のヴィヴィアンが、
バートンの手引きにより引き合わされます
マーリンはTFから杖を授かりドラゴンストームを使役してアーサー王を勝利へ導いたそうで、
その杖のありかを知り、また使えるのがヴィヴィアンなのだが、
杖はサイバトロン星復興の鍵なのでTFが地球に度々やって来る理由にもなってました
オプティマスは創造主クインテッサに洗脳されネメシス・プライムとなって杖を奪いに来ます
予想通り出てきましたねクインテッサ
クインテッサは昔のアニメじゃでっかい顔が3つついたデザインでしたが、
本作はメデューサみたいな女性の姿をしています
クインはクイーンって解釈か
オプティマスは悪になるからネメシスか、どうせならボディカラーも黒くして欲しかったな
メガトロンは「TRF」と密約を交わし、投獄されていたディセプティコンを釈放させて軍団再結成
前作では粒子状に分解してから変形するガルヴァトロンとして復活してましたが、
本作ではジェット機に変形する普通のTFに戻ってました
バリケードは1作目から相変わらずパトカーの姿だけどデザインは変わったな
ライトが派手に光ってるんだがそれを顔に当てられたメガ様が怒っててワロタ
ディセプティコンは故郷に帰りたいのでクインテッサと結託します
オプティマスはビーとの戦闘の後、ビーの言葉で洗脳が解けるのだが、
杖はメガトロンに奪われクインテッサの手に
マーリンの遺体と杖が安置されていたTFの古い宇宙船が海底から浮上、
かつてパンゲア大陸の中心部だったところへ移動すると、
地球に接近したサイバトロン星へエネルギーを吸い上げ始めます
TF名物、地球滅亡の危機キター
レノックス達は「TRF」のワッペンを捨ててケイド達に協力
杖を守るため眠っていた騎士っぽい古いTFも当初はオプティマスを処刑しようとしてたが仲間となり、
杖奪還作戦開始
さぁ、戦いだ!(正宗ナレーション風)
ディセプティコンに5体合体の奴いるーと思ったらドラゴンストームが12体合体でワロタ
そら12対5じゃ勝てませんわ
5体にバラけた後オプティマスにまとめてぶった切られて終了
やっぱ最後はオプティマス無双だよな
ホット・ロッドの局地的に時間の流れ減退させる能力マジチート
スクィークスも小ささを利用して砲台に接近&破壊で突破口開くナイスプレーはよかった
しかし小さい体にすげー武器隠してんな、アドベンチャーのフィクシットかよ
クインテッサはオプティマスとビーの協力プレーで消滅
杖を取り戻して地球滅亡の危機回避
人類とTFはやっぱり友達だったぜってことで、
オートボットは一旦サイバトロン星へ帰還してめでたしめでたし
尚、メガ様はオプに遠くへ蹴り飛ばされた模様
いつもの実写TFでした
アクションシーンでのスロー演出とか無駄にセクシーなヒロインとか、
軽い下ネタとかほんといつも通りだわ
アニメや玩具の細かい設定拾ってくるのも
まーこれが見たくて見続けてるようなもんですね
ラストに謎の女性が「ユニクロン」の名を口にしてたが、
この人もしやクインテッサ…?
どうやらトランスフォーマープライム同様、地球=ユニクロンのようですね
メガ様もどうせ生きてるだろうし、
続編が楽しみです
続編が作られるようによい子のみんなも劇場へ出動ッ!!
ですが、
バンブルビーが主役となる映画『バンブルビー(原題) / Bumblebee』が、
2018年6月8日全米公開予定で、こちらは1作目の前日譚となるようなので、
続編はまだ先かなあ

トランスフォーマー TLK-15 キャリバーオプティマスプライム 初回限定版
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-04 23:53 | トランスフォーマー
RG 1/144 ユニコーンガンダム
RG 1/144 ユニコーンガンダム[プレミアム”ユニコーンモード”ボックス]
HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機”EXAM”

私だ
今日出荷だ

※4日(金)更新
GUNPLA EVOLUTION PROJECT第2弾、無理だろと思われていたユニコーンガンダムがRG化
例によって発売日厳守と思われます
本キットはデストロイモードのCGが描かれた通常パッケージ版と、
ユニコーンモードのCGが描かれたプレミアムパッケージ版があります
中身は一緒です
フレームは既存の「アドヴァンスドMSジョイント」を流用せず、
クリアレッドと濃いマホガニーに色分けされた専用フレームです
アストレイゴールドフレーム天ミナから更に凄いことになってるな
キットは完全新規
成形色は、
クリアレッド、
イロプラ(クリアレッド/濃いマホガニー)、
ホワイト、濃いマホガニー、
イロプラ(暗めのブルー、濃いマホガニー、クリアグリーン)、
クリアピンク
一部アンダーゲートになっているので、後でバリエ機やなんちゃらコーティング版とか出す気満々ですな
RGなので相変わらずの可動範囲と色分けです
顔は天ミナ同様への字スリットが開口されていません
無理に開口してイメージと違われるくらいならもうずっとこの仕様でいいわ
コクピットハッチは開閉可能
バックパック、リアスカート、脚部のバーニアは若干可動
一部差し替えによりユニコーンモードからデストロイモードへ変身可能
ロック機構やリンク機構が各部に備えられています
頭部の角は固定式と開閉式を選択可能
成形色はホワイトで内側のゴールドはリアスティックデカールで再現
股下に別売のアクションベース2を接続するためのジョイントパーツが付属
同スケールの私服バナージ・リンクスのフィギュアも付属
手首は握り拳、平手、武器持ち手が左右1個ずつ
いつもの可動指はなし
武装は、
ビーム・マグナム、ハイパー・バズーカ、シールド、ビーム・サーベル4本
マグナムはフォアグリップ可動、カートリッジ着脱可能&リアスカートにマウント可能
腕部やバックパックにマウント可能
バズーカはフォアグリップ可動、砲身やマガジンを取り付ける後部が伸縮可能
バズーカ本体はバックパックに、マガジンはリアスカートにそれぞれマウント可能
シールドはユニコーンモードからデストロイモードへ変形可能
サーベルのグリップはバックパックと前腕の計4本ありますが、
ビーム刃エフェクトはクリアピンクのSB-12が2本しかありません
いやー1/144スケールでよくぞ変身を再現できましたね
パーツポロリがないよう機構が考えられてるし、
お値段ちょっとお高くても納得なものに仕上がってると思います

セガサターン用3Dシューティングゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」に登場する主役MS、
ブルーディスティニー1号機が新たにHG化
旧HGUCが2007年7月発売なので10年経ってのリニューアルです
REVIVEのロゴがないのでREVIVEではない模様
キットはHGUC陸戦型ジムからC1、C2ランナーを流用している以外は新規
成型色は、
イロプラ(ライトブルー、ブルー、クリアレッド、クリアグリーン)、
ブルー、
イロプラ(ブルー、ライトブルー、ダークグレー、モンザレッド)、
ダークグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-002
ランナータグが「HGUC 207 1/144 ブルーディスティニー」表記だったり、
イロプラランナーが細かく別れてたりと、後でバリエ機を出しやすくしてますね
本体はゴツめだった旧HGUCに比べスマートな印象
でも足回りだけはゲーム内のCGモデリングほどではないものの、旧HGUCより大型化されてますね
ただ陸ジム同様最初に公開された見本からいい案配にバランス調整されたと思います
まあ関節まわりのパーツが入ってるCランナーを流用する関係上そうせざるを得なかったのかも知れませんが
2種類の青成型色は旧HGUCに比べ明るくなりました
頭部はゲーム版、「月刊ガンダムエース」で連載中の漫画版、
更に通常時とEXAMシステム発動時の4種から選択して組立
おいおい全部再現するためにキット4つ買わせるつもりかおのれバンダイ!
※追記
頭部自体はゲーム版と漫画版両方組めるけどゴーグルが通常とEXAM1つずつしかないので、
全部再現するために必要なキットは2つでした、スマソ
首は引き出し式
胴体内部は引き出し式の肩関節や、
ボールジョイント&軸可動の腹関節など、
最近のHGキットで培われた技術が導入されています
上腕ロール可動、肘2重関節
腹部と腰部の間にボールジョイント、股関節スイング可動
サイドスカートのマシンガン用予備マガジンは着脱可能
脚部は、太ももロール可動、膝2重関節、
足首の接続はボールジョイント
脛側との接続部のポリキャップ部分でも可動します
つま先可動
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
ランドセル上部のスラスターを差し替え、肩アーマー内側をスライド、
脚部スラスターの位置を差し替えることでEXAMシステム発動時を再現可能
武装は、
100mmマシンガン、シールド、ビーム・サーベル2本、
頭部バルカン砲2門、胸部バルカン砲2門、腹部有線ミサイルランチャー2門
100mmマシンガンやシールドは陸ジムと同じ仕様です
ゲーム2弾目のジャケットイラストやスタート画面で100mmマシンガン装備してるからその印象強いけど、
実はゲーム内のCGじゃジム・コマンドや改と同じブルパップ・マシンガン装備してんだよね
サーベルは脚部からグリップを着脱可能
ビーム刃エフェクトはクリアピンクのSB-13
バルカンやミサイルランチャーは特にギミックなし
手首は、武器持ち手が左右1個ずつ
左平手が1個
新規造型のものを使用するのでCランナーの手首は使いません
マーキングシール付属
ゲーム版は旧HGUC、漫画版は本キットで組むのが正解かな
色分け頑張ってるけどランドセル、つま先、踵がダークグレーでなくブルーで成型されてるのは残念
胸部バルカンとか腹部有線ミサイルランチャーとか脚部スラスターとか色分けできてるのに
ランドセル、つま先、踵のランナーをダークグレー成型色で1枚作ろうとすると、
コスト掛かって値段上がっちゃうのかな

RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル
RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム (初回限定パッケージ) 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HGUC 機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルー ブルーディスティニー1号機"EXAM" 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
# by dogyagyan | 2017-08-03 22:10 | ガンプラ