「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

絶狼<ZERO>-DRAGON BLOOD-

私だ
テレ東6話です
あらすじ
零とアリスの前に現れ、突如として攻撃してくるカゴメ。
アリスを守る零と、アリスを狙うカゴメとの間に火花が散る。
だが、零の魔戒剣がカゴメを追い詰めたその時、
戦いを止めに入ったのは烈花だった。
烈花はエデルの覚醒について事情を知るカゴメの行方を追っていたという。
エデルを目覚めさせたオキナは、他でもないカゴメの実の兄だった。
オキナがエデルを目覚めさせた理由、カゴメがアリスを狙ったその訳とは…。

前回の続きからスタート
真っ白い倉庫内で戦う零とカゴメ
さあどうぞ思いっきり格闘して下さいと言わんばかりに何もない倉庫ですな
結界を纏う術で防御力アップするカゴメの戦法は面白いが零の方がやっぱ強いわなー
アリスが死ねば籠は永遠に封じられたままなのだが…
そうはいかんよね
竜騎士が復活してから失踪している魔戒法師を追っているという烈花が仲裁
その失踪法師カゴメは具合が悪いのかと思ったら腹が減ってるだけだった
それでずっと機嫌が悪そうだったのか
めでたくルーポの厄介者がまた一人増えました
零と烈花有名なんだな
というわけでカゴメはこれまでの経緯を語り出します
低い身分出身の落ちこぼれ法師だったオキナとカゴメ
だが努力して強い術を習得するオキナの背を追いかけカゴメも強くなっていった
ある日魔界竜と共に戦う古の騎士について記述された本を見つけた兄妹
人のために戦っていた竜騎士はいつしか人を襲い始めたが、
竜が死ぬと竜騎士は眠りについた
竜は死ぬ前に卵を産み落としており、オキナはそれを探すことになった
色々誤解が解けたのでカゴメはもうアリスを襲わないと約束
妖精は花罪と書いてハナツミと読むのが正解だった
烈花は強力な魔除けをアリスに渡します
エデルの居場所を探るため零と烈花が行動開始
カゴメは待機を言い渡されますが…
アリスが出かけていきました
ま た か
バクラは烈花の魔除けがあるからと楽観視してるけど、
今までのパターンからして嫌な予感しかない
アリスをつけてきたカゴメが仲直りの握手をしたんだが、なんか魔除けの色が変化したぞ
こっそり花罪をアリスのカバンに忍ばせてるし怪しい
そして今週のエデルメカがアリスを発見
カゴメがルーポに戻ると烈花が広範囲を探索する高度な術を始めてました
烈花もすっかり凄腕法師になったもんだな
人を守ることに命を懸ける烈花を見てカゴメは反省
カゴメは魔除けに細工してアリスを囮にし竜騎士の居場所を探ろうという、
よろしくない手を使っていたのでした
エデルが自らアリスの前に出向いてきてピンチ
零、烈花、カゴメがアリスの元へ向かおうとするところで次回へ
今回鎧召還なしでバトルも少なかったな
オキナとカゴメの掘り下げ回だったわけだが、
オキナは竜騎士が人を守る側から狩る側になったのを知りながら復活させてるわ、
カゴメは卵封印のためにアリス殺すとか囮とかにしようとするわ、
守りし者としてはアカンよなあ
過去シリーズの魔道に落ちた連中に比べたらマシだけど
回想シーンを見る限りちゃんとした師匠の元や修練所で修業せず独学っぽかったから、
そういった志を学ぶ機会がなかったのかな
今回零と烈花に出会ったことで漸くその辺に気付き始めたと
貧しいときちんとした教育も受けられない、魔戒法師業界も世知辛いな…
何にしろ余計なことして自体がヤバい方向へいっちまった
勝手に行動するアリスとの相性最悪や
零や烈花がキャラとして完成してるから、
どうしても新キャラがトラブル起こすお決まりパターンになっちまうな

TVシリーズ『絶狼〈ZERO〉-DRAGON BLOOD-』OP主題歌「DRAGONFLAME」
[PR]
# by dogyagyan | 2017-02-11 19:54 | 牙狼
ドラマティックコンビネーション [MG フリーダムガンダムVer.2.0 & キラ・ヤマト]
Figure-riseBust ラクス・クライン
HG 1/144 ガンダムバルバトスルプスレクス
HG 1/144 MSオプションセット8 & SAUモビルワーカー
HGBF 1/144 パパッガイ
HGPG 1/144 プチッガイ ビタースィートブラウン&チョコレート
HGPG 1/144 プチッガイ ソーダポップブルー&アイスキャンディー

私だ
今日出荷だ
今週多いな

『機動戦士ガンダムSEED』の世界観を再現するMG & Figure-rise Bustのスペシャルセット登場!
Figure-rise Bust キラ・ヤマトと連動可能な、ビス・ナット等不要の新規アクションベースを同梱。
MG 1/100 フリーダムガンダムVer.2.0 単体商品に付属している台座とは異なる新たなディスプレイが可能!
パッケージは特別に描き起こしイラストを採用し、新規組立説明書も付属!
同月リリース(2017年2月発売予定)のFigure-rise Bustラクス・クラインとのディスプレイでアニメイメージを再現!

フィギュライズバストに「ラクス・クライン」がラインナップ!
■フィギュアとしての圧倒的クオリティ
プロ原型師によるこだわりの原型を最新の技術により組立キット化。顔、髪はもちろん、指先に至るまでそのキャラクター性の再現を極限まで追求。
■圧倒的ボリューム
ラクス・クラインの特徴的なヘアスタイルを完全再現。ロングヘアーのボリューム感とこだわりの造形をキットならではのパーツ分割により完全再現。
■レイヤードインジェクション
瞳パーツにレイヤードインジェクションを採用。組み立てるだけで吸い込まれるような美しい瞳を再現。
シリーズの別商品との連動ディスプレイにより、劇中を彷彿とさせる魅力的なディスプレイが可能に!

※10日(金)更新
大改修を受けたバルバトスがHG化
機体はテイワズの本拠地・歳星でオーバーホールを受けた際、
三日月の戦闘データに合わせ機体の反応速度を理論値の限界まで高めることに成功、
各関節の挙動はパイロットの肌感覚に一致させる繊細な調整が取られている設定
外装にはハシュマルの装備も活用されているそうです
キットはガンダムフレーム4のAランナー以外は新規
成型色は、
濃いマホガニー、
イロプラ(モンザレッド、濃いマホガニー、インディブルー、イエロー)、
ちょっぴりグレーがかったホワイト、ファントムグレー
ポリキャップはPC-002
大型化した手足と新たに追加された尻尾が異形感&悪魔感満載
全高はHGバルバトスルプスとほぼ一緒
でも手足のおかげでボリュームはアップしてますね
各関節はガンダムフレーム4ですので大体いつも通り
肩アーマー外側の青い部分が独立可動し、肩の可動の妨げになりません
胸部の鉄華団マークはパーツでしっかり色分け
バックパック側面に丸穴が開いており、
別売の同シリーズの武装等がマウント可能になっています
腕部は新規ランナーのフレームを使用するので、
Aランナーの腕部フレームが余ります
前腕サブアームは差し替えなしで展開、収納が可能
先端のマニピュレーターには別売の同シリーズの武装等を持たせられます
テイルブレード、つま先の黄色はシールによる色分け
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
が、付属の専用ジョイントを介す必要があります
武装は、
超大型メイス、テイルブレード
超大型メイスはヘルムヴィーゲ・リンカーのヴァルキュリアバスターソードには負けるがデカイ
バルバトスの歴代メイスの中では最大です
先端と柄の底部はパイルバンカーの設定ですが特にギミック再現は無し
柄は伸縮可能
付属のジョイントを使ってリアスカートにマウント可能
テイルブレードはバックパックにマウントした状態で可動
付属のリード線を使えばフレキシブルに動かせます
ハシュマルの尻尾ですね
腕部に200mm砲が内蔵されている設定ですがギミック再現は無し
手首は武器持ち手と平手が左右1個ずつ
手甲は左右1セットしか入ってないので差し替える必要があります
腕部の関節が程よく渋くなってるので超大型メイスに負けない保持力がありますね
手の指先外側の黄色は色分けできてないので、
ここは頑張って塗りませう
あと新規バックパックもファントムグレー1色なんで、
白い部分は塗る必要があります

恒例のオプションセット第8弾が登場
ランナー4枚、成型色は男らしくグレー1色
シール無し
内容は、
変形メイス2本、ジョイントパーツ2個、ランドメイス、
HGレギンレイズ用平手左右1個ずつ、
クロウシールド、グリップ、ピッケル、
SAUモビルワーカー
変形メイスは小型のメイス
どっちかっつーとこれもピッケルに見えるんだが
別売のHGバルバトスルプスに持たせられます
先端可動、グリップは差し替えで折りたたみ状態になります
付属のジョイントパーツでバックパック等にマウント可能
ランドメイスはツルハシのようなクワのような、農作業に使えそう
別売のHGゲイレールに持たせられます
独特な構造で替えの効かないHGレギンレイズ用平手は嬉しいオプション
クロウシールドは別売のHGゲイレールの肩に装備可能
左右どちらの肩でもいけますが両肩に装備したい時はキットがもう1個必要です
付属のグリップを使って手に持たせることも可能です
先端のクロウは展開、収納、接続位置の変更を差し替えで再現
ピッケルは別売のHGゲイレールに持たせられます
付属のジョイントパーツでルプスのバックパック等にマウント可能
SAUモビルワーカーは砲台部分が旋回可能
モビルワーカーはいつも通り塗装必須

ユウマがベアッガイPに続いて製作した新たなベアッガイがHGBF化
ベアッガイF母子のお父さんポジションを想定し、
ミライに恋心を抱くユウマが「一緒に家族になる」というメッセージを込めているそうだが、
それがミライに伝わってるかどうかは不明
家族を支える頼もしいお父さんとしてガンプラバトルでも高い性能を発揮出来るそうな
キットはHGUCアッガイ、HGベアッガイ、HGBFベアッガイIIIの流用で、
B、C、Dランナーがアッガイ
Eランナーがベアッガイ
A、G、HランナーがベアッガイIII
Iランナーが新規
成型色は、
グレー、ほんのりグレーがかったホワイト、ネイビーブルー、ブラック
ポリキャップはPC-123プラス、PC-7(クリア)
かわいくもダンディーな佇まい
本体各部可動やギミックはベアッガイIIIやFやPに準じます
股下には別売のアクションベース2を接続するための丸穴が開いています
本キットは専用バックパックがありません
ヒゲは別パーツになってますがネクタイと蝶ネクタイはシールで選択式
ネクタイシールは予備が1枚あります
因みにヒゲの形が決まらないと性能が低下する気がするそうです
手はビーム砲になっている設定ですが、
家族の危機以外には使うことはないんだとか
武装はステッキ、シルクハット
白ラインはそれぞれシールで色分け
ステッキは手に持たせることが可能
中に銃やミサイル、ビームサーベルなどを仕込んだ数種類がある設定ですが、
本キットのは普通のステッキです
シルクハットは耳に差し込んで固定するタイプなので、
左右どちらでも着脱可能
投げればツバの部分で1/60旧キットを切り裂く高度を持つ設定
ジョジョのスピードワゴンかよ!
従来通りベアッガイやプチッガイと連動してるので集めて遊びましょう
HGUCアッガイの頭内部パーツを使ってモノクロアッガイを組むのもいいかもしれませんね

プチッガイに新色が2種登場
今回のテーマはスイーツ
キットは2015年5月に発売された4色の色替え&新規パーツで、
ビタースィートブラウン&チョコレートの成型色は、黄橙、サーモンピンク、ブラウン
ソーダポップブルー&アイスキャンディの形成色は、薄いライトブルー、エメラルドグリーンっぽいブルー、ライトブルー
ポリキャップは共にPC-7
ジグソーパズル型台座や背部リボン等は従来と同じですが、
金型スイッチ切り替えでMランナーに各スイーツが追加されています
チョコは見事な板チョコ、包み紙はシールによる色分け
アイスは裏に肉抜きあり、棒はシールによる色分け
アイスは当たり棒だったりメイスに変化しなくて残念ですな(無茶)

ガンプラ情報

4月発送
HG I-BO ガンダムフラウロス(厄祭戦時) 1836円

下品な色になる前のフラウロスですね
でもやっぱ流星号のド派手なカラーリング見た後だと地味に感じる
インパクトって大事だね

ドラマティックコンビネーション 機動戦士ガンダムSEED MG フリーダムガンダム Ver.2.0 1/100スケール & フィギュアライズバスト キラ・ヤマト 色分け済みプラモデル
フィギュアライズバスト 機動戦士ガンダムSEED ラクス・クライン 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ ガンダムバルバトスルプスレクス 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HG 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MSオプションセット8 & SAUモビルワーカー 1/144スケール プラモデル
HGBF ガンダムビルドファイターズトライ パパッガイ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HGPG ガンダムビルドファイターズトライ プチッガイ ビタースィートブラウン & チョコレート 1/144スケール 色分け済みプラモデル
HGPG ガンダムビルドファイターズトライ プチッガイ ソーダポップブルー & アイスキャンディ 1/144スケール 色分け済みプラモデル
[PR]
# by dogyagyan | 2017-02-09 22:24 | ガンプラ
機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

私だ
第42話「落とし前」

アバンは前回までのあらすじから
ナレーションがジャスレイに対する鉄華団の心情代弁しまくり
殺る気満々や
鉄華団はアドモス商会と手を切ることに
地球圏では何やらギャラルホルンの中継が始まろうとしていて…

Aパート
開幕追い詰められてるジャスレイざまあ
ジャスレイとイオクで挟み撃ちのはずが、イオクの部隊がまだきてなかった
貫手でユーゴーをぶち殺す新バルバトスつええ
百里をサブアームで捕まえる新バルバトスすげー
ハッシュがタービンズの形見分けの辟邪に!
三日月にこっちは任せると言われて嬉しそうでワロタ
業を煮やしたジャスレイ、ヒューマンデブリのMS隊を出撃させます
リック・ドムみたいなカラーリングのマンロディかっこいいな
ヒューマンデブリ同士の戦いになることを気にかけるザックだが、
チャドやダンテの割り切りっぷりに唖然
戦いの経験の差だなあ
生まれ変わったその時に詫びさせてくれと想いながら戦う昭弘
昭弘と関わって守れなかった者達が多いからなあ
昭弘もう主人公みたいになってるぞ

Bパート
先の戦いで何が足りなかったのか悩むジュリエッタ
ヤマジンは相手は死にあんたは生きて帰ってきたのも強さと慰めますが、
ジュリエッタは更なる強さを求める
ヤマジンは人間を止めるかと言いますが…それアカンやつや、アインのヤツや
だんだん弱腰になってきたジャスレイ勢
マクマードに泣きを入れるジャスレイだがぜーんぶバレてましたー
親父は既にラスタルと交渉済みで、
タービンズの件を不問にする代わりにイオクが動かないようにしていた
鉄華団はもうテイワズ傘下じゃないがタービンズとの兄弟愛に感銘を受けるのでした
親父見えないところで仕事してたのね
ジャスレイはもう手打ちにしようとオルガへ通信しますが…
オルガは三日月につぶせと命令、ジャスレイは艦のブリッジごと巨大メイスでぶっ潰され落とし前完了!
これで鉄華団の後ろ盾はマクギリスのみ…とその時マッキーの同士達の声明発表
イオクの件を明らかにし、この機に乗じて腐敗したギャラルホルンを変える革命を始めるのでした
メリビットはテイワズに辞表を提出、鉄華団と行動を共にすることに
クーデリアは鉄華団の家族だったはずなのに共に行けないことを苦悩
オルガ達は目指す場所が同じならばとマッキーに加勢することに決定
こんな事になって名瀬兄貴なら怒るかも知れない、
だが辿り着いた場所でみんなと一緒に馬鹿笑いしたいだけ

てことで17話でした
ジャスレイに落とし前つけたぜ
思えばジャスレイも生き急いでる奴だったのかなあ
テイワズのトップに上り詰めて「早く上がりてえ」って感じで
自ら表立たなくても裏からじわじわ名瀬やオルガを追い詰めればうまくいったかも知れないのに
マクマードが名瀬やオルガばかり目にかけてて嫉妬してしまったか
あとは鉄華団の戦闘力を甘く見てましたね
ジャスレイはバルバトスが予想よりも早く修理完了して戦線復帰してたことに驚いてたが、
鉄華団はメカニック班も優秀だった
メカと言えばメカデザイナーの寺岡賢司氏によると、
ジャスレイの艦=「黄金のジャスレイ号」は、
ハーフビーク級の艦首と艦橋部の装甲を大幅に強化した「重装甲艦」だそうで、
装甲を増やした関係でブリッジの収納機構が無くなっているんだそうです
今回それが仇になったのか
いよいよ野望に向けて動き出したマッキーだがあと数話で革命を成せるのか!?
革命宣言の場に出てこずあくまで裏に徹するマッキーはジャスレイと違うわ
ラストのクーデリアの回想ナレーションがなんか不穏なんですが
鉄華団と行動してないクーデリアが振り返ってるのがね、こわいね

【早期予約特典あり】 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐 6 (特装限定版) (A4クリアファイル付) [Blu-ray]
[PR]
# by dogyagyan | 2017-02-05 19:20 | ガンダム
仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦

私だ
前売券今日発売だ
特典は手のひらヒーローシリーズ疾走!ランニングヒーロー!
エグゼイドとシシレッドどちらか1つ、全国合計各5万個限定
チラシも貰ってきたんですが、現在TOPページにもあるように下の方でゾルダがドセンター張っててワロタ
涼平氏出るのかなあ
だとすると死んだはずの北岡先生や貴利矢が復活した理由が気になる
陣さんは残留プログラムがまだ残ってたのか?
上の方にはキョウリュウゴールドとジュウオウタイガーが目立つ位置にいますね
アムはチラシの裏で飛彩と一緒に写ってるんでオリキャス確定だが、ウッチーは不明
チラシ裏でダイレンジャーやっぱり5人揃ってるなあ
今回5人1組の混成チームで戦うっぽいからキバレンジャーの姿はないですね
ヒーロー同士が戦う理由は強大な敵を倒すためのレベルアップのようで、
レベル上げのために敢えて戦うなんてゲームモチーフのエグゼイドらしいな
今までの茶番劇大戦よりかはマシになってくれるといいですね
[PR]
# by dogyagyan | 2017-02-04 21:05 | 特撮
テレビ東京・あにてれ ウルトラマンゼロ THE CHRONICLE

私だ
第5話「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 鋼の章」
あらすじ
仲間たちとの絆の力でウルトラゼロアイを取り戻し、変身するゼロ。
炎上する要塞の上でついにベリアルとの一騎撃ちが始まった。
ミラーナイトは宿敵アイアロンと激突!
ダークゴーネの猛攻で危機に陥ったジャンバードは、
エメラナ姫の決死の行動とナオの勇気で巨大戦闘ロボ・ジャンボットへと変形する。

OP後はグレンファイヤーとミラーナイト、そして今回登場のジャンボットを紹介
CM明けは前回までのあらすじ
本編は2010年公開の映画「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の、
ダークロプスゼロ軍団が光の国へ転送されるところから、
ゼロを握りつぶそうとするアークベリアルに謎の炎が接近するところまで

本編後はゼロのまとめとウルトラPADでアークベリアルの紹介
今回もウル伝放送時と殆ど変わらないです
ジャンバードからジャンボットへの変形おさらいでは、
やっぱり「ジャンボーグA」OPのインストが流れました

次回は、第6話「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国 光の章」
提供バックは肩を組み合うグレン、ゼロ、ミラー、ジャンボット

ウルトラパーフェクトゼロセット
[PR]
# by dogyagyan | 2017-02-04 21:05 | ウルトラマン