ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ


私だ
第11話「ウルトラマンR/B 総集編 オレ色に!染め上げろ!!前編」

あらすじ
突然ウルトラマンの力を手にした兄弟の物語。
その活躍を二週連続の総集編で振り返る。

OPと提供後はペガ・ブースカパート
何やら楽しい特別出張イベントが始まるそうで
ガンQおじさん乱入!ではなくカツミとイサミキター!
大御所様とペガのバイブス波測るなイサミ
ルーブジャイロの秘密が知りたい、
ということで今回はナレーションによる1~13話の総集編です
合間にペガ・ブースカパートがちょいちょい入るのいいぞ
ジャイロの機能やクリスタルのエレメント、使用できる技について解説
Bパートからはルーブスラッガーの解説、湊家、愛染の紹介
ウシオさん、珍妙なTシャツを作るとか解説されててワロタ
Cパートはオーブダーク、美剣サキの紹介、オーブリングNEOの解説
ホロボロス好きだなー
ペガ・ブースカパートにアサヒもやってくる、というところで次回へ続く
あとはいつもの劇場版R/Bの宣伝
総集編・前編でしたがストーリー追っていくというより、
アイテムやキャラ紹介がメインでしたね
こりゃいいグッズの販促だわ

次回はウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル 第12話「ウルトラマンR/B 総集編 オレ色に!染め上げろ!!後編」
提供バックはニュージェネ戦士キービジュアル


# by dogyagyan | 2019-03-16 20:56 | ウルトラマン

私だ
TOKYO MX22話 ガッツの「G」です

アバンは、ボートで進む一行→OP→提供→CM→Aパートへ

ボート上でのやり取りはアニオリ
ピストルズが腹減って「ガッツが足りないよ~」っていうのかわいい
「俺たちもガッツを補給しないとな」ということで原作の食事シーンに繋がるわけね
新OPキター!
ハセガワダイスケ氏の「裏切り者のレクイエム」
映像はこれまでのダイジェストと今後のネタバレを含んでますな
ブチャラティがジッパーで開かれると基本カラーからアナザーカラーに変わる演出かっこよすぎ
あと殉職同僚警官からM・ブルースになってアバッキオ出てくるシーンも

Aパートは、食事→菜食主義について→警戒するジョルノ→絡んでくる他の客→ドグシャア→
「敵だなてめー」→ナランチャ達にボコられる客→「こいつは敵ではないようだ…」→
ブチャラティの体の異変を心配するジョルノ→今後について→ボスの正体を突き止める→
トリッシュにヒント?→これ以上トリッシュを巻き込みたくないナランチャ→
「あたしの母は昔父親とは「サルディニア島」で知り合ったと言っていたわ…………」→
「なぜオレたちに教える!?」→「あたしはどうしても知りたい!自分が何者から生まれたのかをッ!」→
「それを知らずに殺されるなんてまっぴらゴメンだわッ!」→タフな精神のトリッシュ→
スープのスプーンを探すナランチャ→隣のテーブルからスプーンを拝借するナランチャ→
スープの中から壊れたスプーン→「『敵』だ 敵がいるぞッ! スープの中に…… サメがいるッ!」→
皿を攻撃するエアロスミス→トリッシュを護る一行→見当たらないサメみたいなもの→
スプーンの中にサメ→舌を攻撃され喋れなくなったナランチャ→水から水へ瞬間移動するサメ→
グラスを指差すナランチャ→「「水」が飲みてえのか?」→ガラス片で舌を更に切るナランチャ→
ナランチャのベロが無い事に気付くミスタ→
「だめだ…まずい『ゴールド・E』で「舌の部品」は創れますが出来上がるまでに時間がかかる」→
ミスタのペンをナランチャの喉に突き刺すジョルノ→
「この「ペン」に生命を与えて「舌」の部品を創りましょう これなら呼吸しながら「舌」が出来る」→
離れた場所からジョルノを警戒しつつ作戦通り「仕込ん」できた敵2人→CM→Bパートへ

菜食主義のたわいもない話カットされなくて良かった
ナランチャのワインがスーツにかかっていちゃもんつけてくる客、
ぶつかってきたのはおめーの方だろ
敵だと勘違いした一行が客ボコるのは流石にやり過ぎだが
ワイン染みより血の方がすげーんですけど
しれっと途中からリンチに参加するアバッキオワロタ
ついでに食事の毒味までさせてるし
ミスタの席に原作にはないイチゴケーキがあるの細かくていいね、マジで好物っぽくて
無敵のスタンド能力を持つボスだが、正体が分かれば本体を暗殺できる可能性はあるッ!
それにはあらゆる人生の足跡を消してきたボスが唯一残した娘・トリッシュが鍵となるはず
ナランチャはトリッシュを巻き込みたくなかったが、
トリッシュは覚悟を決めているタフな精神の持ち主のようで、
サルディニアというボスの過去と正体に繋がりそうなヒントを持っていたのでした
トリッシュに対し思い違いをしていたと思うナランチャはアニオリ
スープのスプーンがいつの間にか無くなってたが、
原作ではただ持ってただけだが、アニメではスープをかき混ぜてたら無くなったに変更
こっからのホラー展開がこわい
舌完全に噛みきられてるなナランチャ
液体から液体へ瞬間移動する小さなサメ、どうやったらこんな発想が思いつくんですか荒木先生
呼吸してないナランチャに対するジョルノの処置もすげー
ボスの親衛隊である2人組が登場
あれ?1人はどこかで聞き覚えのある声ですねえ(すっとぼけ)

Bパートは、喋れるようになったナランチャ→なにか矛盾した事を言い出すナランチャ→
答えなきゃ行けない事と反対の事を言ってしまうナランチャ→苛立つミスタ→
敵は遠隔操作型と推測するアバッキオ→ボートでこの場所を立ち去るべきと提案するジョルノ→
口では同意しつつ体はジョルノを引き留めようとするナランチャ→
敵を追撃して倒す事を選ぶブチャラティ→M・ブルースで起こった事を再生しようとするアバッキオ→
敵のいない方を指してしまうナランチャ→「追跡するぞッ! この敵との決着はここでつける」→
運河からナランチャの涙へ瞬間移動するクラッシュ→トイレを調べる一行→M・ブルースの再生開始→
みんなが水場に近づくのを阻止しようとするナランチャ→伸びて蛇口を捻るナランチャの舌→
便器の中の水を覗こうとするアバッキオ→小便をして妨害するナランチャ→
「てめー変態趣味になったか!」→トイレはナランチャの見間違いと思いテーブルの方へ戻るアバッキオ→
伸びてナイフでナランチャの指を切る舌→傷に気付くジョルノ→
ジョルノを近づかせたくないが逆の事を言ってしまうナランチャ→
ナランチャの異変に気付き始めるも傷の治療を優先しようとするジョルノ→鉄製のパイプをエアロスミス→
熱くなったパイプで傷口を塞ぐナランチャ→ナランチャの異変に勘づくジョルノ→
パイプから水→ジョルノの首に噛みつくクラッシュ→「ジョルノォ―――ッ」→
To Be Continued→CM→次回予告→提供

アイキャッチはスクアーロとクラッシュの能力表
スクアーロのクラッシュは水から水へ瞬間移動でき敵を攻撃するスタンド
アクア・ネックレスとちょっと似たとこがあるな
ナランチャが無茶苦茶言い出しましたがこれはクラッシュの攻撃ではなく、
スクアーロの相方・ティッツァーノの仕込まれたスタンド=トーキング・ヘッドの方でした
これホント厄介なスタンドだなー
舌に取り憑いてるけど任意で姿消せるみたいだから、ミスタが確認した時はいなかったり
喋る事だけではなく書く事など伝える行為全般を滅茶苦茶にしてしまうのがヤバい
原作のナランチャがジョルノに矛盾した事言いまくって異変を気付かせようとするシーンはカット
あとペンで腕に伝えたい事を書こうとしてデタラメ書いてしまうシーンもカット
予想外の裏切りにボスはまだ親衛隊を何人も揃えていないと判断したブチャ、
追撃を選択した事で運河から海へ出るルートはなくなりました
海出たらクラッシュの独壇場になっちまうからな
トーキング・ヘッドは取り憑いた舌めっちゃ伸ばして自在に操るのも地味に凄いな
小便してるナランチャに覗いてくれと言われたアバッキオが変態趣味と言ってるが、
新入りに小便飲ませようとしたあんたにだけは言われたくねーよ!
クラッシュは流血に移動してきてジョルノを始末しようとすることに気付いたナランチャ、
それを何とか伝えたいが思ってる事と逆の事を言ってしまうジレンマ
仲間に全然理解してもらえない辛すぎる戦いだわ
ジョジョは割とこのパターン多い気がする
しかし名探偵ジョルノさんだけは異変に勘づいてきてますねー
こりゃ敵も真っ先にジョルノ始末したくなりますわー
エアロスミスが攻撃したの初見だと手すりに見えるな、便座の近いところにあるし
ジョルノは始末されてしまったのか!?といったところで次回へ
単体だと使いづらそうだけどコンビ組んだら能力引き立て合うな敵スタンドは面白いな
三部のJ・ガイル&ホル・ホースとか今回のスクアーロ&ティッツァーノとか
細かいカットが多かったけどテンポよくて面白かった
EDも変わった!
Enigumaの「Modern Crusaders」
2000年にリリースされた曲ですね、原作は六部始まってる頃だな
映像は五部の敵スタンド像を下から上に向かってスクロールしていくと味方スタンド像が出てくるというもの
よく見たら敵側に亀混じってんだけど

スクアーロ=前野智昭
ティッツァーノ=津田健次郎

前野氏は鉄血の石動か
ツダケンさんはブラフォード!ブラフォードじゃないか!
あれ、前回の電話の声誰だったんだ…?

おまけ
Blu-ray & DVD Vol.3発売中です
BDとDVD Vol.3は9~12話収録
初回仕様特典はイベント優先購入権抽選申込券<夜の部>
全巻購入特典は2019年8月18日開催予定のイベントを収録したDVD応募券
アニメ描きおろし特製ケース
28Pオールカラーの特製ブックレット
映像特典はなし
ブックレットは各話紹介とか原作との差異とか関係者コメントとかキャラ紹介とか
美術設定資料とかキャスト・スタッフのインタビューとか
今回も内容充実
フーゴの過去のアニオリは荒木先生とやり取りを繰り返してシナリオにしてたのか
キャスティング協力という何か特殊なお仕事のスタッフさんのインタビューが読めるぜ
a0206989_20543074.jpg

# by dogyagyan | 2019-03-16 20:55 | ジョジョ

私だ
TOKYO MX22話 ガッツの「G」です

アバンは、ボートで進む一行→OP→提供→CM→Aパートへ

ボート上でのやり取りはアニオリ
ピストルズが腹減って「ガッツが足りないよ~」っていうのかわいい
「俺たちもガッツを補給しないとな」ということで原作の食事シーンに繋がるわけね
新OPキター!
ハセガワダイスケ氏の「裏切り者のレクイエム」
映像はこれまでのダイジェストと今後のネタバレを含んでますな
ブチャラティがジッパーで開かれると基本カラーからアナザーカラーに変わる演出かっこよすぎ
あと殉職同僚警官からM・ブルースになってアバッキオ出てくるシーンも

Aパートは、食事→菜食主義について→警戒するジョルノ→絡んでくる他の客→ドグシャア→
「敵だなてめー」→ナランチャ達にボコられる客→「こいつは敵ではないようだ…」→
ブチャラティの体の異変を心配するジョルノ→今後について→ボスの正体を突き止める→
トリッシュにヒント?→これ以上トリッシュを巻き込みたくないナランチャ→
「あたしの母は昔父親とは「サルディニア島」で知り合ったと言っていたわ…………」→
「なぜオレたちに教える!?」→「あたしはどうしても知りたい!自分が何者から生まれたのかをッ!」→
「それを知らずに殺されるなんてまっぴらゴメンだわッ!」→タフな精神のトリッシュ→
スープのスプーンを探すナランチャ→隣のテーブルからスプーンを拝借するナランチャ→
スープの中から壊れたスプーン→「『敵』だ 敵がいるぞッ! スープの中に…… サメがいるッ!」→
皿を攻撃するエアロスミス→トリッシュを護る一行→見当たらないサメみたいなもの→
スプーンの中にサメ→舌を攻撃され喋れなくなったナランチャ→水から水へ瞬間移動するサメ→
グラスを指差すナランチャ→「「水」が飲みてえのか?」→ガラス片で舌を更に切るナランチャ→
ナランチャのベロが無い事に気付くミスタ→
「だめだ…まずい『ゴールド・E』で「舌の部品」は創れますが出来上がるまでに時間がかかる」→
ミスタのペンをナランチャの喉に突き刺すジョルノ→
「この「ペン」に生命を与えて「舌」の部品を創りましょう これなら呼吸しながら「舌」が出来る」→
離れた場所からジョルノを警戒しつつ作戦通り「仕込ん」できた敵2人→CM→Bパートへ

菜食主義のたわいもない話カットされなくて良かった
ナランチャのワインがスーツにかかっていちゃもんつけてくる客、
ぶつかってきたのはおめーの方だろ
敵だと勘違いした一行が客ボコるのは流石にやり過ぎだが
ワイン染みより血の方がすげーんですけど
しれっと途中からリンチに参加するアバッキオワロタ
ついでに食事の毒味までさせてるし
ミスタの席に原作にはないイチゴケーキがあるの細かくていいね、マジで好物っぽくて
無敵のスタンド能力を持つボスだが、正体が分かれば本体を暗殺できる可能性はあるッ!
それにはあらゆる人生の足跡を消してきたボスが唯一残した娘・トリッシュが鍵となるはず
ナランチャはトリッシュを巻き込みたくなかったが、
トリッシュは覚悟を決めているタフな精神の持ち主のようで、
サルディニアというボスの過去と正体に繋がりそうなヒントを持っていたのでした
トリッシュに対し思い違いをしていたと思うナランチャはアニオリ
スープのスプーンがいつの間にか無くなってたが、
原作ではただ持ってただけだが、アニメではスープをかき混ぜてたら無くなったに変更
こっからのホラー展開がこわい
舌完全に噛みきられてるなナランチャ
液体から液体へ瞬間移動する小さなサメ、どうやったらこんな発想が思いつくんですか荒木先生
呼吸してないナランチャに対するジョルノの処置もすげー
ボスの親衛隊である2人組が登場
あれ?1人はどこかで聞き覚えのある声ですねえ(すっとぼけ)

Bパートは、喋れるようになったナランチャ→なにか矛盾した事を言い出すナランチャ→
答えなきゃ行けない事と反対の事を言ってしまうナランチャ→苛立つミスタ→
敵は遠隔操作型と推測するアバッキオ→ボートでこの場所を立ち去るべきと提案するジョルノ→
口では同意しつつ体はジョルノを引き留めようとするナランチャ→
敵を追撃して倒す事を選ぶブチャラティ→M・ブルースで起こった事を再生しようとするアバッキオ→
敵のいない方を指してしまうナランチャ→「追跡するぞッ! この敵との決着はここでつける」→
運河からナランチャの涙へ瞬間移動するクラッシュ→トイレを調べる一行→M・ブルースの再生開始→
みんなが水場に近づくのを阻止しようとするナランチャ→伸びて蛇口を捻るナランチャの舌→
便器の中の水を覗こうとするアバッキオ→小便をして妨害するナランチャ→
「てめー変態趣味になったか!」→トイレはナランチャの見間違いと思いテーブルの方へ戻るアバッキオ→
伸びてナイフでナランチャの指を切る舌→傷に気付くジョルノ→
ジョルノを近づかせたくないが逆の事を言ってしまうナランチャ→
ナランチャの異変に気付き始めるも傷の治療を優先しようとするジョルノ→鉄製のパイプをエアロスミス→
熱くなったパイプで傷口を塞ぐナランチャ→ナランチャの異変に勘づくジョルノ→
パイプから水→ジョルノの首に噛みつくクラッシュ→「ジョルノォ―――ッ」→
To Be Continued→CM→次回予告→提供

アイキャッチはスクアーロとクラッシュの能力表
スクアーロのクラッシュは水から水へ瞬間移動でき敵を攻撃するスタンド
アクア・ネックレスとちょっと似たとこがあるな
ナランチャが無茶苦茶言い出しましたがこれはクラッシュの攻撃ではなく、
スクアーロの相方・ティッツァーノの仕込まれたスタンド=トーキング・ヘッドの方でした
これホント厄介なスタンドだなー
舌に取り憑いてるけど任意で姿消せるみたいだから、ミスタが確認した時はいなかったり
喋る事だけではなく書く事など伝える行為全般を滅茶苦茶にしてしまうのがヤバい
原作のナランチャがジョルノに矛盾した事言いまくって異変を気付かせようとするシーンはカット
あとペンで腕に伝えたい事を書こうとしてデタラメ書いてしまうシーンもカット
予想外の裏切りにボスはまだ親衛隊を何人も揃えていないと判断したブチャ、
追撃を選択した事で運河から海へ出るルートはなくなりました
海出たらクラッシュの独壇場になっちまうからな
トーキング・ヘッドは取り憑いた舌めっちゃ伸ばして自在に操るのも地味に凄いな
小便してるナランチャに覗いてくれと言われたアバッキオが変態趣味と言ってるが、
新入りに小便飲ませようとしたあんたにだけは言われたくねーよ!
クラッシュは流血に移動してきてジョルノを始末しようとすることに気付いたナランチャ、
それを何とか伝えたいが思ってる事と逆の事を言ってしまうジレンマ
仲間に全然理解してもらえない辛すぎる戦いだわ
ジョジョは割とこのパターン多い気がする
しかし名探偵ジョルノさんだけは異変に勘づいてきてますねー
こりゃ敵も真っ先にジョルノ始末したくなりますわー
エアロスミスが攻撃したの初見だと手すりに見えるな、便座の近いところにあるし
ジョルノは始末されてしまったのか!?といったところで次回へ
単体だと使いづらそうだけどコンビ組んだら能力引き立て合うな敵スタンドは面白いな
三部のJ・ガイル&ホル・ホースとか今回のスクアーロ&ティッツァーノとか
細かいカットが多かったけどテンポよくて面白かった
EDも変わった!
Enigumaの「Modern Crusaders」
2000年にリリースされた曲ですね、原作は六部始まってる頃だな
映像は五部の敵スタンド像を下から上に向かってスクロールしていくと味方スタンド像が出てくるというもの
よく見たら敵側に亀混じってんだけど

スクアーロ=前野智昭
ティッツァーノ=津田健次郎

前野氏は鉄血の石動か
ツダケンさんはブラフォード!ブラフォードじゃないか!
あれ、前回の電話の声誰だったんだ…?

おまけ
Blu-ray & DVD Vol.3発売中です
BDとDVD Vol.3は9~12話収録
初回仕様特典はイベント優先購入権抽選申込券<夜の部>
全巻購入特典は2019年8月18日開催予定のイベントを収録したDVD応募券
アニメ描きおろし特製ケース
28Pオールカラーの特製ブックレット
映像特典はなし
ブックレットは各話紹介とか原作との差異とか関係者コメントとかキャラ紹介とか
美術設定資料とかキャスト・スタッフのインタビューとか
今回も内容充実
フーゴの過去のアニオリは荒木先生とやり取りを繰り返してシナリオにしてたのか
キャスティング協力という何か特殊なお仕事のスタッフさんのインタビューが読めるぜ
a0206989_20543074.jpg

# by dogyagyan | 2019-03-16 20:54 | ジョジョ

私だ
「牙狼〈GARO〉」冴島雷牙シリーズ最新作、
映画「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」が2019年秋に公開されることが決定した。
本作は、この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、
魔戒騎士たちの姿を描いてきた牙狼〈GARO〉シリーズの最新作。
2016年の金狼感謝祭で製作が発表されて以来、待ちに待った追加情報がついに到着した。
原作・脚本・監督は、牙狼〈GARO〉シリーズの生みの親であり、特撮界のトップクリエーターの雨宮慶太。
主人公・冴島雷牙を演じるのは、三田村邦彦の三男である俳優・中山麻聖。
「魔戒ノ花」に引き続き、マユリ役には、
NHK連続ドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」に出演した石橋菜津美、
クロウ役には『魔法少年★ワイルドバージン』や『笑いの枝折り』などの公開が控える水石亜飛夢、
ゴンザ役には、「平成ガメラ」シリーズで知られる名バイブレイヤー・螢雪次朗が再集結する。
2014年に放送された「魔戒ノ花」に引き続き、
主人公を演じる中山は「牙狼を応援してくださっている皆さん『ただいま』です。帰ってまいりました。
マユリ。それにクロウ、ゴンザ、ザルバ。そしてなにより雨宮監督。
またみんなとご一緒出来る事が本当にうれしいです。
もちろん、牙狼を応援してくださっている皆さんとお会いできることも。
『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』公開まで、もう少しだけお待ちください」
と続編への喜びを語った。
同じく引き続きマユリ役を演じる石橋は「その後、マユリはどう変化し成長したのか。
私個人としても、とても気になっていましたので、今回、
『月虹ノ旅人』でまたマユリとして雷牙の横に居て、
マユリとしての景色を見れる時間がうれしく、幸せな時間でした。
『月虹ノ旅人』は牙狼ファンの方々には、もう、とんでもなく熱い内容になっていると思います。
ぜひ劇場でお楽しみください!」
と。
クロウ役の水石は「魔戒烈伝から三年半。再びクロウとして帰ってくることができました。
雷牙さん、マユリさん、ゴンザさん。
仲間であり、家族のような存在でもある皆さんとまた一緒に戦えることをうれしく思います。
もちろん僕自身も!“牙狼”を愛する皆さんに早くこの作品を届けたい想いでいっぱいです。
公開まで、期待を膨らませてお待ちください!」
と。
螢は、【ゴンザの告白】と題して「ゴンザは久し振りに雷牙様や皆様にお会いして嬉しゅう御座いました。
私は腰を打ちながらも身体を張って活劇なども致しました。髪は薄くなりましたがまだまだ元気です。
さらにあんなことやこんなことまで…!!ああ、告白してしまいたい…。
いやいや!なりません!映画を観てのお楽しみです!!」
と役に成り切って作品をアピールしている。
さらに、本作の公開を記念し、シリーズのために描き下ろした雨宮慶太監督の原画やデザイン画が展示される
「牙狼〈GARO〉原画展」の開催も決定。
中野区・Animanga Zingaroで4月25日(木)から5月7日(火)まで期間限定で公開される。

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」
2019年秋、新宿バルト9ほか全国ロードショー
原作・脚本・監督:雨宮慶太
出演:中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗
特別協力:サンセイアールアンドディ
製作・配給・制作:東北新社
©2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

やっと正式に決まったかーよかったよかった
後は近場で上映してくれるのを祈るのみ


# by dogyagyan | 2019-03-15 21:13 | 牙狼

私だ
『第69回芸術選奨文部科学大臣賞』および『第68回芸術選奨文部科学大臣新人賞』の受賞者が発表された。
文化庁が1950年から主催する両賞は、芸術の各分野において優れた業績を挙げた人物や、
新たな境地を切り拓いた人物に与えられる賞。
演劇、映画、音楽、舞踊、文学、美術、放送、大衆芸能、芸術振興、評論等、メディア芸術の11部門で表彰される。
今年度の大臣賞受賞者は演劇部門の豊竹呂勢太夫、藤山直美、
映画部門の黒澤和子、塚本晋也、
音楽部門の杵屋勝四郎、高橋翠秋、
舞踊部門の小野絢子、篠原聖一、
文学部門の山尾悠子、吉田修一、
美術部門の小沢剛、内藤礼、
放送部門の伊藤純、
大衆芸能部門の笑福亭鶴瓶、竹内まりや、
芸術振興部門の佐藤卓、
評論等部門の岡崎乾二郎、古井戸秀夫、
メディア芸術部門の荒木飛呂彦。
授賞対象として、衣装デザイナーの黒澤和子は『万引き家族』の成果、
塚本晋也は監督作『斬、』の成果、小沢剛は『不完全―パラレルな美術史』展ほかの成果、
内藤礼は『内藤 礼―明るい地上には あなたの姿が見える』展の成果、
佐藤卓は『デザインあ展 in TOKYO』ほかの成果、
岡崎乾二郎は書籍『抽象の力 近代芸術の解析』の成果、
荒木飛呂彦は『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』ほかの成果が挙げられている。
また新人賞の受賞者は、
演劇部門の蒼井優、
映画部門の山下敦弘、
音楽部門の藤倉大、
舞踊部門の井上安寿子、
文学部門の谷崎由依、
美術部門の石上純也、
放送部門の野木亜紀子、
大衆芸能部門の宇多田ヒカル、
芸術振興部門の菅原直樹、
評論等部門の菅原真弓、
メディア芸術部門の蓮沼執太。
蒼井優の受賞対象となった成果は舞台『アンチゴーヌ』ほか、
山下敦弘は監督作『ハード・コア』、
野木亜紀子はドラマ『アンナチュラル』の脚本、
宇多田ヒカルはアルバム『初恋』ほか、
蓮沼執太は『蓮沼執太: ~ ing』展となっている。
受賞者には賞状に加えて、大臣賞は30万円、新人賞は20万円の賞金が贈られる。
贈呈式は3月12日に都内ホテルで開催。

何か分からんがヌメメタァ!


# by dogyagyan | 2019-03-11 21:18 | ジョジョ