ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

ウルトラマンジード 第25話 感想


私だ
第25話「GEEDの証」

強大なウルトラマンベリアル アトロシアスの力に、ロイヤルメガマスターも苦戦する。
そこへかけつけたウルトラの父の援護(えんご)を受けて、ジードとゼロはいったん退く

アバンは24話のダイジェスト
OP無し
最後のサブタイ影絵はリクとジードか

ロイヤルメガマスターにチェンジしたジード
ロイメガ+ジードクローでディフュージョンシャワーは珍しい
同時進行でライハとケイの激闘も続く
雨降ってきたー
プリミティブに戻っちゃった、強いなアトロシアス
ゼロが星雲荘のカレラン分子分解ガスの弾頭をベリアルに直接ぶち込んだが、
同時にゼロもベリアルのクローで貫かれ、レイト変身解除
その時、別の宇宙からウルトラの父降臨!
この次元の地球に来るのは初めてだけど降臨祭が近いですもんね
父がバリアを張って自分ごとベリアルを押さえ込んで時間を稼ぐ間体勢を立て直すことに
病院へかつぎ込まれるレイト
キングの力に触れた自分達なら奇跡は起こせるはず、
作戦は続行
バリアが破られた
ベリアルに老いたと言われた父ことケンさんはやはりスタミナに難ありだなー
遠方から来ていきなり戦うパターンが多いからというのもあるが
…いやまてジードが再度変身できるまで20時間必要だったよな
だいたい3分間くらいしか活動できないはずの地球上で20時間以上ベリアル押さえ込んでたのか
凄いぞウルトラの父
もしかしたらウルトラアレイとかウルトラコンバーターたくさん持ってきてて、
エネルギー回復しながら押さえ込んでたのかも知れんが
リクの歩きながら落ちついた変身かっこいい
ゼナも復活したゼガンと融合し出撃
ジードとゼガンの光線がぶつかり時空の歪み発生
ライハもケイと再戦
ベリアルが光線でゼガンを撃破
ゼ、ゼナー!
…無事だった
もうジードが普通にベリアル倒すしかなくなった
いつの間にか夜になり1話のような夜戦に
似たような技をぶつけ合う親子だがベリアルの方が威力は上
しかし諦めないリクの元にカプセルが浮かび、
別次元からセブンとレオ、ヒカリ、コスモス、ウルトラマン、そしてキングも見守る
ジードの全形態が揃う奇跡キター!
主題歌がかかる中反撃開始
合体光線を喰らったベリアルが元の姿に戻り、ジードはベリアルを抱えて時空の歪みへ
ストルム器官を抜かれいよいよ命尽きる時がやってきて、
ベリアルに役に立てたかと上を仰ぐケイ
ライハに役に立てたと言われ消滅
せめてもの情けですね
歪みの中でベリアルとリクの激闘は続く
一撃、一撃を食らう度ベリアルの記憶と怒りと哀しみが伝わる
レイバトス倒したのジードの姿したベリアルだったのか
ダークネスファイブ久々
背中からレイブラッド星人が抜け出て一瞬アーリースタイルに戻るベリアル
もう疲れたよね、とジード最後の一撃
ベリアル、消滅
ギリギリ歪みから脱出するジード
やったぜ
カプセルからキング復活、宇宙も直ったらしい
並んでると威厳半端ない父とキング帰還
この2人から認められたリクはもう立派なウルトラマンだ
帰還時のエフェクトがテレポーテーションっぽいな
相変わらず移動車で銀河マーケットを店長と切り盛りするリク
ドンシャインは古い、やっぱりウルトラマンジードという子供達
ジードが遂にみんなのヒーローに
星雲荘が直るまで残るライハとモア
ブレスレットが直り伊賀栗家と別れ帰還するゼロ
すっかり父性に目覚めやがって、マユにデレデレじゃねーか
OPのメンバーが夕陽に向かってジャンプしておしまい
ジーっとしててもドーにもならねえ!

リクのウルトラカプセルナビ
今回も無し
というわけで25話でした
最終回はイベント盛りだくさんに詰め込んでよく話たためたなあ
リク、ライハ、ペガ辺りは最後お別れするかと思ったが留まった
ジードは悪の遺伝子から産まれ模造品と言われた存在が、
父に似た姿を理由に忌み嫌われるもそんな運命に抗い、
ウルトラマンというヒーローになる物語でしたね
力を欲するあまり歪んだベリアルやケイを許すことで、
倒すけど心は救われた感じになったのもよかった
これは因縁の深いリクやライハにしかできない役割だよな
でもベリアルしつこいからな、いつか復活するかもな
回想にダークネスファイブ出てきたってことは、
本作が「守るべきもの」を探しに旅立ったゼロファイトとかウル伝の後ということになると思うのだが、
ダークネスファイブと別れてまた極悪な道に走った理由が知りたいですね
あと大怪獣ラッシュの世界に侵攻してからどうなったのかも
ウルトラマンになる力へ得て家庭と仕事と戦いに翻弄されちゃうレイト、
ヒーローが家庭持ってたり定職に就いてたりすると難しいというのがよく分かりました
ウルトラシリーズ定番の防衛隊を出さない代わりに、
歴代作品の宇宙人が秘密裏に活動するAIBの設定も面白かったですね
ジードの模造品故に他のウルトラマンの力を融合させないと変身できないという理由付けはいいんだけど、
方法が前作オーブに似てるんで次作があればさすがに違うパターンがいいかなあと思いました
カプセルの素となったご本人達がジード見守ってるのはよかったが、
コスモスの後ろにリドリアスいたってことは惑星ジュランに滞在してるの?
たまたまムサシに会いに来てたのか?
まーなんだかんだで半年楽しめました
ありがとうジード
あとは劇場版だな

次回からはウルトラマンオーブ THE CHRONICLE
2018年1月6日(土)からの放送です
提供バックは並び立つジード全形態


[PR]
by dogyagyan | 2017-12-23 20:56 | ウルトラマン