ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

アニメ 「岸辺露伴は動かない」(エピソード:六壁坂) 感想


私だ
岸辺露伴は動かない 2巻今日発売です
2014年9月22日に少年ジャンプ+で公開された『#4 望月家のお月見』、
2015年12月4日発売のジャンプSQ.1月号に掲載された『#7 月曜日 天気-雨』、
2017年8月12日発売の別冊マーガレット9月号に掲載された『#9 D・N・A』、
2018年2月26日発売の週刊少年ジャンプ13号に掲載された『#10 ザ・ラン』の4編を収録
単品売りの他にDVD同梱版がございまして、
2007年12月4日発売のジャンプSQ.1月号に掲載された『#2 六壁坂』のアニメがDVDに収録されております
同梱版はDVDとコミックスが1つのボックスに収まっています
単品コミックスにはジョジョ展やアニメ5部の告知帯が付いていますが、
同梱版には付いてませんでした
またOP曲『岸辺露伴は動かないのテーマ』、ED曲『FINDING THE TRUTH』も本日配信開始
アニメは24分程の映像
これと別にアニメ5部の特報も収録

アバンは、cafe de maigotで担当編集者・貝森稔と打ち合わせ→玉美と音石にサイン→
原稿料前借りの相談→「この目で見たんだ「六壁坂」の妖怪は今もいる」→
大郷楠宝子→タイトルとOP→本編へ

やはりキャラデザがアニメ四部基準でなく原作「岸辺露伴は動かない」基準です
細かい台詞はカットされているものの、
「「セーラームーン」のフィギュアも「レッド・ツェッペリン」の紙ジャケも「るろうに剣心」も
全部売っ払っちまった」
はノーカット
OPは富豪村と殆ど変わりませんが、一部六壁坂を連想させるシーンになっています

本編は、大郷邸→ゲストハウス→郡平に手切れ金を渡し別れ話を持ちかける楠宝子→
揉み合い→郡平を突き飛ばす楠宝子→ゲストハウスに近づいてくる楠宝子の父と婚約者の修一→
ゴルフクラブに後頭部を打ち付けた郡平→「脈が…ない………」→呼ぶのは警察か医者か→
玄関前まで来る父と修一→居留守→『隠さなくてはッ!!』→血が出続ける郡平の死体→
合い鍵で入ってこようとする父→片付けと着替えをしていると誤魔化す楠宝子→
傷口を塞ごうとしてもますます血が出てシワシワになっていく郡平→
借りた合い鍵で入ってこようとする修一→「まさかそこに誰かいるのか?」→
縫合しても血が噴き出す→熱したスプーンを当てても血が噴き出す→
異変に気付いて入ってくる修一→カーペットで巻いた郡平を冷蔵庫の上に押し上げる楠宝子→
冷蔵庫を動かして壁の返り血を隠す楠宝子→入ってくる修平→掃除を装う楠宝子→
郡平からしたたる血を飲んで誤魔化す楠宝子→「すまない…勘違いだったよ!」→
挙式→誰にも知られず毎日出血する郡平の血をグラスに溜め続ける日々を過ごす楠宝子→
水を霧吹きで吹きかけると一瞬だけ生前のような皮膚に戻る郡平→
「なんてカワイイ寝顔 郡平」→妖怪伝説の取材に訪れる露伴→
ヘブンズ・ドアーで楠宝子の記憶を読んで郡平のことを知る露伴→
大郷邸に近づく露伴→「お兄さん岸辺露伴でしょ?漫画家の……」→
駆け出す楠宝子の娘→「おい待てッ!!」転倒して頭を強打する楠宝子の娘→
「し 死んでる………」→
「大郷楠宝子ッ!!屋根裏のッ!!『死体になった』ヤツの子を妊娠して産んだのかッ!!」→
「しまった!!こいつぼくに取り憑く気だッ!! 『ヘブンズ・ドア―――ッ!!』」→
『体』に刻まれた命の記憶が消えていく娘→
岸辺露伴になんて知らない。
たとえ出会っても岸辺露伴を見ることはない。
→「ドジャアァアァ―――ッ」→元に戻る娘→「お母さ――ん お腹空いたぁぁ――ん」→
命名:妖怪六壁坂→露伴による取材のまとめ→
cafe de maigotに康一と億泰と未起隆と仗助登場→未起隆が宇宙人か疑う露伴→
六壁坂を去る露伴→ED

郡平がやってるTVゲームがグラディウスっぽい
よくある別れ話かと思ってたら一気にホラーサスペンス調に!
傷口を塞ごうとするところから、
修一が入ってくるところまで、
色調変更
全体的に白っぽい感じに
血の量凄すぎてワロタ、TVシリーズなら黒く修正されそうだが真っ赤です
楠宝子の火事場のくそ力すげー
血がばれないように飲み続ける根性もヤバい
しかしあれだけの血の臭いとか誤魔化せるかな
ほんの短いシーンだが挙式の様子がアニオリで
古い家らしく和式ですね
楠宝子の真っ赤な唇と真っ赤な杯がアップになって、
そこへ血が流れてくる演出がいいね
挙式以降とんでもなく奇妙な日常を送ってるんだが、
楠宝子にとって普通の日常になってるのがこわい
露伴先生の推測通りなら取り憑かれてるんだろうね
露伴先生が六壁坂に取材に来るのは原作通りだが、
×寺という先生所有の山を買おうとするおっさんがついてくるのはアニオリ
このおっさんの声、億泰に似てるんだがEDやDVDパケにクレジットなし
楠宝子の記憶を読むヘブンズ・ドアーのシーンや、
楠宝子の娘が駆け出すところから、
楠宝子の娘の異変が元に戻るところまでも色調変更
×寺がいることで楠宝子の娘が死んでいるのを見られたらまずい、
という状況に緊張感が増してますね
アニオリで康一と億泰と未起隆と仗助キター
オリオン座星系に今回の妖怪と似たような生物がいるってマジか未起隆!
仗助は他の原作エピソード同様後頭部が映ってるだけで喋らなくてワロタ
パターン厳守ですね
ラストの六壁坂から去る露伴先生のシーン、
原作では楠宝子と娘と息子が会話してるコマがあるのですが、
アニメでは楠宝子と娘の台詞が聞こえるのみで息子は未登場
息子が将来庭師になると郡平と同じ職業言ってるのがすげーこわかったんだけどな
EDテーマはCoda氏の歌う「FINDING THE TRUTH」
やっぱおもしれーわー
今後も何らかの形で動かないシリーズアニメ化希望

主な声の出演
岸辺露伴:櫻井孝宏
大郷楠宝子:種崎敦美
釜房郡平:間島淳司
貝森稔:茂木たかまさ
広瀬康一:梶裕貴
虹村億泰:高木渉
小林玉美:鶴岡聡
音石明:森久保祥太郎
支倉未起隆:加瀬康之
楠宝子の父:拝真之介
修一:益山武明
楠宝子の父:高田憂希

四部主要キャラは当たり前だが変わらず
茂木氏はアニメジョジョシリーズで度々モブ役やられてましたが、
今回名のある役でよかったですね
拝氏もアニメうしとら、アニメ牙狼、蒼天の拳 REGENESISにモブで参加されてる


[PR]
by dogyagyan | 2018-07-19 23:43 | ジョジョ