人気ブログランキング |
ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

カテゴリ:映画( 31 )


私だ
[映画.com ニュース] 世界的人気シリーズ「ターミネーター」の最新作が、
「ターミネーター ニュー・フェイト」の邦題(原題は「Terminator: Dark Fate」)で
11月に日本公開されることが決定した。
「ターミネーター2」の直接的な続編で、T-800役のアーノルド・シュワルツェネッガーはもちろん出演。
2以後のシリーズには「脚本が魅力的ではない」という理由で参加を拒否してきた、
サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが復帰したことでも大きな話題を呼んでいる。
シリーズ生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作としてカムバックし、
「デッドプール」などのティム・ミラー監督がメガホンをとる。
「ターミネーター3」「ターミネーター4」「ターミネーター:新起動 ジェニシス」の世界線はリセットされ、
「ターミネーター2」の世界線で新たな物語が紡がれていく。
また米ラスベガスで開催中の全米劇場所有者協会主宰のコンベンション「シネマコン」に、
シュワルツェネッガー、ハミルトンをはじめ出演のマッケンジー・デイビス、ナタリア・レイエス、
ガブリエル・ルナ、ミラー監督が登壇。
キャラクタービジュアルが披露されると、会場からは拍手喝采が湧き起こった。
ミラー監督は「この作品はジム(キャメロン)の代表的なヒット作の正当な続編となる。
……ほどばしる情熱をスクリーンから感じるだろう」と熱っぽく明かす。
シュワルツェネッガーは「もちろん、アイル・ビー・バック、アスタ・ラ・ビスタ・ベイビーって言っているよ。
他に何があるんだ?」とファンの期待を裏切らず、
ハミルトンは「この脚本、ストーリー、キャスト、監督だったから、
私はこのシリーズに戻ってきた」と力強く宣言していた。
「ターミネーター ニュー・フェイト」は、11月に全国公開。

3~ジェニシスがリセットされてしまうのは少し残念だが、
リンダ・ハミルトン復帰は楽しみだなあ


by dogyagyan | 2019-04-05 21:09 | 映画

私だ
ジャン=クロード・ヴァン・ダムが『エクスペンダブルズ4』への出演について
定期的にシルヴェスター・スタローンと会合を行なっていると認めた!
やはりジャン・ヴィランの双子として登場か⁉︎

ヴァンダムは2で死んだよな
ダブル・インパクト、マキシマム・リスク、レプリカント、
ヴァンダムなら双子やクローンが出てきてもそれは最早持ちネタだからOK


by dogyagyan | 2018-10-03 23:21 | 映画

私だ
『ターミネーター』シリーズの最新作が2019年に日本公開されることが決定。
あわせてビジュアルが公開された。
同作は、1991年の『ターミネーター2』から約30年ぶりにジェームズ・キャメロン、
アーノルド・シュワルツェネッガー、リンダ・ハミルトンが集結。
最新作の詳細は明らかになっていないが、『ターミネーター2』の続編のような扱いになるという。
プロデューサーでありストーリーも手掛けるキャメロンは、『ターミネーター2』以来の参加。
シュワルツェネッガーは『ターミネーター2』の中で
「I'll be back」というセリフと共に溶鉱炉に沈んだターミネーター「T-800」を演じる。
シュワルツネッガーは「T-800を演じられることを楽しみにしている。
ジェームズ・キャメロンが全体的な監修をするわけだから、すごい作品になるよ」とコメント。
ハミルトンは、過去作で世界の滅亡を防ぐために1人で戦う姿が描かれたサラ・コナー役に復帰する。
監督は『デットプール』のティム・ミラー。ミラーは「当時の映画はまるで予言だ」「
キャメロンが製作した『ターミネーター』と『ターミネーター2』で描かれた多くの事(人工知能やロボットなど)が、
いまや現実味を帯びつつある」と語り、関連が深い現代だからこそ続編を作る意義があることを説明している。
公開されたビジュアルでは、ダニ・ラモス役のナタリア・レイエス、グレース役のマッケンジー・デイヴィス、
銃を構えたサラ・コナー役のハミルトンの姿が写し出されている。
キャストにはガブリエル・ルナ、ディエゴ・ボネタも名を連ねる。

やはり3、4、ジェニシス、TSCCとは繋がらない作品で確定か
サラ・コナー渋かっこよすぎる
ジョンはどうした


by dogyagyan | 2018-08-02 21:53 | 映画

私だ
アーノルド・シュワルツェネッガーさん主演で人気を集めた映画「プレデター」の続編
「ザ・プレデター」の予告編が6日、公開された。
予告編では、
異種交配によりハイブリッド化したプレデターが人間に襲いかかる様子や銃撃戦の模様が収められている。
映画が9月に公開されることも発表された。
「プレデター」は、異星人・プレデターと人類との戦いを描いたSFアクションシリーズ。
1987年の第1作「プレデター」を皮切りに、91年に「プレデター2」、
2004年に「エイリアンVS.プレデター」、07年に「AVP2:エイリアンズVS.プレデター」、
10年に「プレデターズ」が公開された。
「ザ・プレデター」は、ある少年が謎の装置でプレデターを地球に呼び寄せてしまい、
人類とプレデターの戦いが始まる……という展開。
今回は、他の種のDNAを利用して遺伝子レベルでアップグレードしたプレデターが登場するという。
シリーズ1作目「プレデター」に特殊部隊の隊員ホーキンス役で出演したシェーン・ブラックさんがメガホンをとる。

1作目の眼鏡の人が監督か
プレデターシリーズは劇場だったりソフトだったりなんだかんだで大体見てるな

1作目:シュワちゃん マック軍曹がミニガン乱射
2作目:プレデターの宇宙船内にエイリアンの頭蓋骨
AVP1:エイリアンシリーズのビショップの人が出てきて殺される
AVP2:プレデリアン 暗闇のシーン多すぎてなにやってるのかよく分からない
プレデターズ:坊主頭で無口な893が日本刀で戦う ダニー・トレホが真っ先に死ぬ

大体こんな印象


by dogyagyan | 2018-06-06 22:25 | 映画

私だ
米俳優シルベスタ・スタローン(71)が、
制作が取りやめになっていた80年代に大ヒットした映画「ランボー」シリーズに
10年ぶりに復帰することが明らかになった。
スタローンは08年に20年ぶりとなるシリーズ第4作「ランボー 最後の戦場」に主演。
監督と脚本も務めて大ヒットさせた。
その後、第5弾も企画されていたが、8年前に制作が中止になったと報じられていた。
米メディアによると、新作はメキシコの国境付近で孫娘を誘拐された友人を助けるべく、
スタローン演じるベトナム帰還兵ランボーが残虐な麻薬カルテルとの戦いに挑むストーリーになるという。
スタローンは主演と共に脚本も担当するが、今作ではメガホンはとらないという。
9月から撮影が行われる予定だという。
(ロサンゼルス=千歳香奈子通信員)

前作はどっか東南アジアのジャングルで世捨て人みたいになってたけど、
なんやかんやで戦うことになってラスト故郷に帰って終わったんだったっけな
また戦うんか


by dogyagyan | 2018-05-10 23:23 | 映画

私だ
アーノルド・シュワルツェネッガー(70)が、
『ターミネーター6』の撮影が今夏にスタートすることを明かした。
1984年のジェームズ・キャメロンによるシリーズ第1弾から
ターミネーターことT-800役を演じ続けているシュワルツェネッガーが、
シリーズ第6弾が現在製作中であり、キャメロンも再び参加することを認めている。
シュワルツェネッガーはTheArnoldFans.comに対し、
「『ターミネーター6』の撮影が6月から10月中旬にかけて行われるんだ」
「またT-800を演じられることを楽しみにしているよ。
それに監督をティム・ミラーが務めて、ジェームズ・キャメロンが全体的な監修をするわけだから、
すごい作品になるよ」と意気込みを語った。
キャメロンはシリーズ第2弾まで監督を務めていたものの、
2003年の『ターミネーター3』、2009年の『ターミネーター4』、
2015年の『ターミネーター:新起動/ジェニシス』には参加していなかった。
今回のストーリーについてはまだ謎に包まれているものの、
ミラーとキャメロンは『ターミネーター2』の続編的な扱いで製作を進めていると言われている。
シリーズ第1弾ではシュワルツェネッガー演じるターミネーターは悪役だったものの、
続編ではヒーローという立場に変わっている。
以前、シュワルツェネッガーは新作ではシリーズの原点に戻ることになるとして、
「たぶんジェームズ・キャメロンとティム・ミラーはT-800の話の続きでありながら、
全く新しい映画っていうコンセプトを持っていると思うよ」
「リンダ・ハミルトンのキャラクターや僕のキャラクターとかオリジナルのキャラクター数人に焦点を当てて、
他のことには目を向けていないんだ。
全てのタイムラインや他のキャラクター達から完全に離れているわけさ」と語っていた。
(C)BANG Media International

リンダ・ハミルトンも復帰するというし、
これで3、4、ジェニシスとは繋がらない作品で確定ですかね


by dogyagyan | 2018-03-09 22:48 | 映画

私だ
[映画.com ニュース]「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」に続く、
「スター・ウォーズ」のスピンオフ映画第2弾「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」のあらすじを、
米ウォルト・ディズニーが公式発表した。
「ミレニアム・ファルコン号に搭乗し、はるか彼方の銀河系への旅に出よう。
『ソロ スター・ウォーズ・ストーリー』は
銀河系で最も愛されている悪党を題材にしたまったく新しいアドベンチャー。
裏社会の奥深くでいくつもの危険をかいくぐり、
ハン・ソロは将来の副操縦士となる怪力のチューバッカ、
悪名高きギャンブラー、ランド・カルリジアンと遭遇。
この旅が、『スター・ウォーズ』サーガで最も意外なヒーローたちの礎を築くことになる」
同作では、ハン・ソロ役を新鋭オールデン・エアエンライク(「ヘイル、シーザー!」)、
ランド・カルリジアン役をドナルド・グローバー(「オデッセイ」)が演じるほか、
エミリア・クラーク、ウッディ・ハレルソン、タンディ・ニュートンが共演。
途中降板したクリストファー・ミラーとフィル・ロードのコンビ監督のあとを継いで、
ロン・ハワード監督(「ビューティフル・マインド」「ダ・ヴィンチ・コード」)がメガホンをとっている。
「ハン・ソロ スター・ウォーズ・ストーリー」は、6月29日から全国で公開。

ローグ・ワンは殆ど新規キャラで面白かったが、
今回は旧キャラの若き日を描くわけで、どうなるだろうね
ランドはEP7や8に全く姿見せないけど9にも出ないのかな
エミリア・クラークと言えばターミネータージェニシスのサラ・コナーだが、
あっちの続きはないのかな


by dogyagyan | 2018-01-18 23:23 | 映画

私だ
映画『エクスペンダブルズ』シリーズで傭兵部隊エクスペンダブルズのリーダー、
バーニー・ロスを演じてきたシルヴェスター・スタローンが、
新作の第4弾から離脱することになっていたが、カムバックするようだ。
スタローンが「バーニーが帰ってくる! おなじみのクルーと新たなメンバー数名も……」
とInstagramに投稿した。
人気アクションスター総出演で傭兵部隊エクスペンダブルズの戦いを描いた本シリーズで、
バーニー役だけでなく、脚本も担当し、第1弾では監督も務めたシリーズの要となる存在だったスタローン。
制作会社ヌー・イメージ/ミレニアム・フィルムズのチーフであるアヴィ・ラーナーと脚本から監督、
どのVFX(ビジュアル・エフェクツ)会社を使うかといった映画の質に関する点まで意見が合わなかったことで、
第4弾から離脱すると昨年4月に報じられていた。
本シリーズのスターキャストにして彼の盟友であるアーノルド・シュワルツェネッガーは、
スタローンなしでは出演しないことを表明するなど、第4弾は頓挫したかのように思われた。
しかしここにきて、スタローンは連日『エクスペンダブルズ』シリーズの画像に意味深コメントを投稿。
リー・クリスマス役のジェイソン・ステイサムとの画像に
「止められないことがある! あなたのもとにやってくる!」や、
「安全になって外に出られると思ったら……彼らは帰ってくる!」などとメッセージ。
極めつけは、バーニーの写真に「バーニーが帰ってくる! おなじみのクルーと新たなメンバー数名も……」
と復帰を明言したのだった。
第4弾からの離脱が伝えられた際には、
スタローンはロッキーを再演した
『クリード チャンプを継ぐ男』が絶賛されたことで自身に高いハードルを課すようになり、
本シリーズにおいて期待外れの続編をつくってしまうことを懸念していたとのことで、
第4弾にカムバックしたからには最高の続編を見せてくれるのではないかと期待が高まる。
(編集部・石神恵美子)

エクスペンダブルズのスタローンとステイサムのコンビ好きだから嬉しい
でも甲状腺の病気のリンチェイが厳しそうだなあ


by dogyagyan | 2018-01-16 23:02 | 映画
「ターミネーター」次回作では「新起動/ジェニシス」はなかったことに――アーノルド・シュワルツェネッガーが明かす

私だ
「ターミネーター」シリーズの新作では、
第5作目「ターミネーター:新起動/ジェニシス」のストーリーはなかったことになるという。
このストーリーに関する情報は、他でもないアーノルド・シュワルツェネッガーからもたらされた。
ファンサイトのThe Terminator Fansは英国を訪れたシュワルツェネッガーに取材し、次回作について尋ねた。
「(新作は)『ジェネシス』を無視します」と彼は単純明快に答え、
新作のタイトルが「ターミネーター6」ではないこと、
そしてT-1000役のロバート・パトリックが出演しないことなどを明かした。
「ターミネーター4」には出演しなかったシュワルツェネッガーだが、
「ジェネシス」で自身の出世作である「ターミネーター」シリーズに復帰を果たした。
「ジェネシス」は批評家の間で概ね低評価を受け、
IGNのレビューは「最初の2作品のレベルに至らないもう一つの『ターミネーター』続編」と評している。
ジェームズ・キャメロン監督は次回作でプロデューサーに就任し、脚本のドラフトも手がける予定だ。
シュワルツェネッガーに加え、リンダ・ハミルトンもサラ・コナー役として再登場する。
キャメロンは過去に「ターミネーター」フランチャイズを「改革する」新たな3部作を制作する計画を明かしている。

結局ジェニシスの続編はなくなって、
新作は3とも4ともTSCCとも違う世界になるのかね

ターミネーター:新起動/ジェニシス (吹替版)
by dogyagyan | 2017-09-27 22:07 | 映画
「スター・ウォーズ」オビ=ワン主人公のスピンオフが実現 スティーブン・ダルドリーが監督か

私だ
[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、
「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービを主人公にしたスピンオフ映画の製作準備を進めていることがわかった。
「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」「愛を読むひと」で3度アカデミー賞にノミネートされている英監督スティーブン・ダルドリーが交渉に入っている。
オビ=ワン・ケノービは、英俳優アレック・ギネスがオリジナル3部作「エピソード4 新たなる希望」から「エピソード6 ジェダイの帰還」まで、
英俳優ユアン・マクレガーがプリクエル(前章)3部作「エピソード1 ファントム・メナス」から「エピソード3 シスの復讐」まで演じたことで知られる。
マクレガーは今春、オビ=ワン・ケノービのスピンオフ映画について「もし製作サイドが望むなら、いつでも喜んでやると伝えてある」とコメントしていたが、
米ハリウッド・レポーターによれば、現在のところキャストは未定。
まだ脚本もない状態で、ダルドリーは交渉の初期段階だが、メガホンとることを了承すれば、ルーカスフィルムの上層部たちと脚本開発を進めていくという。
ディズニーは、スカイウォーカー家を描く正編3部作と並行して、周辺のキャラクターに焦点を当てるスピンオフ映画を製作しており、
第1弾となる「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」(ギャレス・エドワーズ監督)を昨年公開。
第2弾として、若き日のハン・ソロを主人公にしたタイトル未定映画(ロン・ハワード監督)を2018年5月25日に全米公開する。
ディズニーはほかに、人気キャラクターのヨーダやボバ・フェットを主人公にしたスピンオフの製作も検討している。
「スター・ウォーズ」シリーズの最新作は、正編となる「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(ライアン・ジョンソン監督)が12月15日に世界公開。

あとスピンオフやれそうなキャラは誰がいるかな
ジャー・ジャー・ビンクスはなさそう

STAR WARS S12 オビ=ワン・ケノービ (EP3 VER)
by dogyagyan | 2017-08-22 22:15 | 映画