ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

カテゴリ:スーパー戦隊( 95 )


私だ
本日公開見てきたぞ
入場者プレゼントはオリジナルカード
5種のうち1枚プレゼント

あらすじ
邪教団・幻魔空界「十二使徒」の一人で、宇宙忍者暗黒団を束ねる宇宙忍デモスト
それを追うスペース・スクワッドのシャイダーとジライヤ
デモストはディメンションホールでもう一つの宇宙へ逃走し、シャイダーも後を追って姿を消した
ジライヤから報告を受けたキャプテンの撃は思わず嬉しそうにする
もう一つの宇宙には、かつて出会ったラッキー達キュウレンジャーのいる宇宙だからだ
キュウレンジャーの宇宙は宇宙幕府ジャークマターとの戦いに勝利してから4年が経過していた
リベリオンは次世代キュータマ=ネオキュータマの開発を進めており、
まだまだ復興途中の宇宙に役立つものとなるはずだったのだが…
ある日実験段階のネオキュータマ4つが盗み出されてしまう
ショウ・ロンポー総司令に怪我を負わせて逃げ去った犯人はなんとハミィ
そのニュースを見たラッキー達は久々に集結するが、
ハミィを擁護するラッキーと事情を聞き出したいツルギとで意見が分かれてしまう
その頃ネオキュータマはデモストの手に渡り、
かつて歴代スーパー戦隊に敗れたはぐれ外道の不破十蔵、バスコ・タ・ジョロキア、
エスケイプ、それに臨獣カメレオン拳のメレを復活させる
デモストはこの世に悔いを残して死んでいった彼らを使役して宇宙を手に入れようと企む
ラッキーとチャンプはハミィの行方を追っていると街で女性をナンパするシャイダー=舟と出会い、
更にメレの襲撃を受ける
他のキュウレンジャー達の前にもヴィランズやデモストが現れハミィを巡る攻防が繰り広げられるも、
ハミィはデモストと共に姿を消してしまう
キュウレンジャーの足止めに成功したヴィランズであったが、メレだけは戦果を上げられずにいた…
やがてネオキュータマ生産工場を襲撃するという犯行予告があり、
工場へ向かったキュウレンジャーは、
ハミィを信じるラッキー、チャンプ、スパーダ、小太郎と、
ハミィを捕らえようとするツルギ、スティンガー、ラプターに別れて戦い始めてしまう
この4年間で結婚して子供を授かったガルや、
仲間同士の戦いを止めたいナーガとバランスも乱入し大乱戦となってしまう
そこへ駆けつけシシレッドとホウオウソルジャーを殴りつけるギャバン=撃
撃はスペース・スクワッドへスカウトしようと思っていたラッキーに見損なったぞと吐き捨てた
舟とショウは工場に現れたハミィと遭遇し説得を試みるが、メレ共々再び去られてしまう
撃と舟は仲間割れしたキュウレンジャーに仲間との絆を信じろ、自分が面白いと思ったことをやれと諭す
ハミィはジャークマターによって死んだと思われていたカメレオン流忍法の師匠・鶴菊の命を救おうと、
鶴菊の兄弟弟子を名乗るデモストに協力していたのだが、
自分の処遇を巡って対立する仲間達を思い、デモストの元を去ろうとする
しかしデモストは鶴菊と兄弟弟子などではなく、鶴菊を人質に取っていることを明かし、
ある命令に従わせようとする…
大勢の記者が集められた中、二代目宇宙連邦大統領となったツルギの演説が始まった
今回の事件の責任を取り大統領の辞任を宣言するツルギ
ツルギ暗殺の命を受けたハミィが記者に紛れ、
キュウレンジャーの妨害やハミィの失敗の保険としてヴィランズも配置される
会場に現れたラッキーとツルギが口論になる中、
ハミィのキューレイピアがツルギに振り下ろされようとする…!
だがハミィは仲間であるツルギを殺すことはできなかった
失敗を確認したエスケイプは壇上に向かって銃撃するもツルギがハミィを庇ってこれも失敗
ヴィランズとキュウレンジャーの戦闘に陥る
ここでツルギが、壇上に残された者の中に裏で全ての糸を引いていたデモストがいると宣言
それは一貫してハミィに対し強硬な姿勢を降り続けていたロイ補佐官…ではなく、
ハミィへの対応は慎重な姿勢を示していたキミコ補佐官
舟がキミコをナンパした際に嗅いだ「いいにおい」と、
ハミィ捜索の際、デモストに羽交い締めにされたナーガから香る「いいにおい」が同じだったのだ
正体を明かし裏切り者のハミィを葬ろうとするデモスト
しかしハミィを庇って致命傷を負ったメレに一矢報いられ、その場を逃げ出す
メレは愛する理央のいない現世に再び生きる理由などなく、
悔いが残らないように生きろとハミィに伝え、
ブランクのネオキュータマだけを残して消えてしまう
ネオキュータマを握りしめ、「キタコレ」と怒りに震えるハミィ
キューレンジャー&スペース・スクワッドとデモスト&ヴィランズの最後の戦いが始まる
三体に分身し襲い来るデモストだったが、
分身は宇宙刑事のシャイダーブルーフラッシュとギャバンハイパーダイナミック、
シシレッドオリオンのインフィニッシュブラストとホウオウソルジャーのフェニックスエンドに敗れ、
残る本体はカメレオングリーンを変身解除まで追い込むも、
生身のハミィによるハミリオンインパクトの前に敗れ去った
デモストが敗れたことでヴィランズは消えネオキュータマだけが残り、
鶴菊はナーガとバランスによって救出され、再会を喜ぶハミィと鶴菊
逮捕されてドルギランに収監されるデモストを見たハミィは、
自分も捕らえるように撃に頼むが、この宇宙は自分達の管轄じゃないのでそっちに任せると言われる
大統領を辞任したツルギは三代目大統領に就任することを宣言し、
卒業した大学で学んだことを今度は先生になって子供達に教えることで罪を償うよう命じた
撃はあらためてラッキーをスペース・スクワッドへスカウトするが、
ラッキーはまだこの宇宙でやることがあるから考えておく、と答えた
スパーダのレストランでパーティが開かれることとなり舟も参加しようとするが、
忍術で繋げたままにしているディメンションホールがもうもたないとジライヤからの連絡を受け、
撃と共に渋々キュウレンジャーの宇宙を去って行った
終わり

キュウレンジャー主役でスペスクとかつてのヴィランはゲストといった作品でした
例年のVSシリーズや帰ってきたシリーズの代わりといった感じで、
スペスクとしてはガールズイントラブルがエピソード0、
ギャバンvsデカレンがエピソード1、本作がエピソード1.5だそうです
キュウレンジャー達の現状はTVシリーズ最終回で語られていたものの延長でした
ガルさんが家庭持ちになってたのが一番笑ったが、
同族がジャークマターに滅ぼされてしまったけど異種交配で子孫残せたのは本当によかったなあ
宇宙連邦大統領は初代から三代目まで全部ツルギじゃねーか、普通なら独裁って叩かれそう
ロボレスリングの999回目の防衛戦を控えてるのにハミィ捜索に参加したチャンプえらい
そんなキュウレンジャーがハミィを巡って戦い合ってしまうのは見てて辛かったですね
TVシリーズで好意を寄せ合っていたようなスパーダとラプターや、
相棒とか兄弟分だったスティンガーとチャンプ、小太郎が戦うのは特に
ショウ総司令はハミィに怪我を負わされたということになってるけど、
持病のぎっくり腰が発症しただけじゃないですかー
小太郎はTVシリーズから4年経ってるのにあんまでかくなってないな
あれかな、二十歳前後で急に背が伸びるタイプかな
BN団は安定してたな
スペスクはギャバン、シャイダーに加え、戸隠流第三十六代宗家・天城闘真登場!
といっても終始ジライヤスーツ姿で声は声優の赤羽根健治氏が演じていました
先代の闘破から代替わりしたようだがその辺は語られず
磁光真空剣がレーザーでなく炎を纏っていたが、
レーザー刀の機能を発動できるのは宇宙人の子孫である闘破だけという設定なので、
今回こういった形になったのかな
ギャバンやシャイダーがキュウレンジャー宇宙から帰ってくるまでの間、
ディメンションホールが閉じないようにずっと術かけてたっぽいのはワロタ
今回は出番少なめなので今後役者が演じる天城闘真とか、
闘破から闘真への継承の話を描いてくれるといいですね
舟は相変わらずチャラくて最早病気、またタミーキック喰らってそう
でもそのナンパぶりのおかげでデモストの正体に繋がったのは面白かった
撃はこれまでの作品で意外とナイーブなところがあって、
デカレンのバンに「悲しい姿だな」と言われたこともあったが、
今回は同じように意外とナイーブな面を持つラッキーを導く側になってるのが、
成長が見て取れてよかったですね
ロイ補佐官役は出合正幸氏、正直こいつが裏切ると思ってたわーはずれたわー
あとボウケンシルバー役として参戦して欲しいわー
鳴瀬キミコ補佐官役は高山侑子さん、こっちがデモストだったとは
平成ライダーシリーズにはよく出てるけど戦隊シリーズ出演は珍しいですね
本物のキミコ補佐官は回想シーンで目を見開いたまま倒れていたから死んじゃってるんだろうな
鶴菊や広瀬仁美さん、鶴姫!鶴姫じゃないか!
だからー、ニンジャホワイト役として参戦し(略
スペスク側の宇宙のアナウンサーが相変わらずポン・エミでワロタ
デモストの声は日野聡氏
戦隊シリーズジュウオウジャーのマントールやルパパトのジェンコ・コパミーノを演じられていました
いい声ですね
同じ十二使徒のマッドギャランやヘルバイラ同様リデザインされた姿ですが、
目や暗黒剣の電飾がかっこいい
あとオリジナル同様頭部が分離して飛ぶんですが、今回はその頭部が巨大化してUFOになり、
首から下を中に乗せて飛んでました
ハミィにカメレオン流忍法見せて信用させたり、
入院したショウ総司令になりすましてキュウレンジャーの仲を引っかき回したり、
鶴菊を人質に取ったりと、きたないなさすが宇宙忍きたない
復活したヴィランズ達はオリジナルキャストで嬉しかった
血とお宝と強者に飢えててワルかっこいい
前半は戸惑いながら戦うキュウレンジャーに圧勝して不満げだったが、
後半の迷いを吹っ切ったキュウレンジャーとは変身態で戦い、
その後はその強さを認めて消えていってよかったです
他のヴィランとは毛色の違うメレはやっぱりおいしい役回りでしたね
同じ緑のカメレオン戦士ということでハミィのお姉さんみたいだった
ずっとツンだったのに最後の別れでデレるのもメレらしい
回想シーンでゲキレンジャーのメレ消滅シーン入れてくるあたり破格の扱いでした
戦闘シーンはフォームチェンジできるキャラはちゃんとフォームチェンジさせる辺り流石坂本監督
シシレッドはタイヨウ、ペガサス、オリオン、
ヘビツカイシルバーはメタル、
サソリオレンジはイッカクジュウアームといった具合
コグマスカイブルーはオオグマにならなくて残念だが室内の戦闘じゃ巨大化しづらいしな
終盤、リンシー、ナナシ、ゴーミン、バグラーといった各ヴィランに関係のある戦闘員出てきたのもグッド
撃と舟が戦いながら蒸着や焼結するシーンは、
初代ギャバンが蒸着ポーズ取ってる時に邪魔してきたクラッシャーを返り討ちにしたシーンのオマージュですかね
クライマックスで生身のハミィがデモストにとどめさしたの絶対監督の趣味だろ
ラストのパーティでショウ役の神谷浩史氏とチャンプ役の大塚明夫氏が顔出し出演してたのワロタ
更にラプターとハミィの席にあったマカロンをつまみ食いする黄色いジャケットの女性は…
市道真央さん演じるルカ!ルカじゃないか!
いやールカとラプターの夢の共演が見られるとは思いませんでしたわ
しかし何故ルカがキュウレンジャーの宇宙に?マベちゃん達も来てるの?
兎角アクション、キャスト、キャラ、BGM、挿入歌、概ね満足のいくいい作品でした
惜しむらくは巨大戦がなかったことですね
キュウレンジャーのロボとドルやバビロスの共闘が見たかったぜ
EDはキュウレンジャー with Project.Rの「また君に会いたい」
岐洲匠、岸洋佑、山崎大輝、大久保桜子、榊原徹士、田口翔大、南圭介、幡野智宏、松原剛志の9名で歌っています
映像はキュウレンジャーシリーズのダイジェスト
そしてED後にはまだ続きがあり…

ジライヤが放っておかれたことに怒っていると感じ、謝る撃と舟
ジライヤは宇宙各地で頻繁にビル火災が発生していることを撃と舟に伝え、
自分はその調査に向かうと告げて姿を消した
撃はこの一連の事件の背後でも幻魔空界が暗躍している可能性を感じ、
レスキューが得意な戦士にアテがあるのかと舟に聞かれるが、
ない、と答えるのだった…

で、ラストに炎の中に立っている戦士のシルエットが映し出されて終了
a0206989_00042221.jpg
( ゚∀゚)o彡゜MAY DAY MAY DAY, SOS! MAY DAY MAY DAY, SOS!
あ、あなたは!
平和を愛し、友情を信じ、人の命を守るため犯罪に立ち向かう、
警視庁特別救急警察隊の隊長!?
マジか!?ほんとに次回作に出るのか!?期待するぞおい!!
アテがあるか聞いてた舟役の岩永洋昭氏はレスキューフォースの隊長だったが、
それはまた別の話


[PR]
by dogyagyan | 2018-06-30 23:59 | スーパー戦隊

私だ
特撮ドラマ「炎神戦隊ゴーオンジャー」のメインキャストが再集結するVシネマ
「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」の劇中で、
及川奈央演じる敵組織の女幹部・害水大臣ケガレシアが「ケガイエロー」に変身することが明らかになった。
「炎神戦隊ゴーオンジャー」は2008年から翌年にかけて放送された「スーパー戦隊」シリーズ第32弾。
公害をまき散らす「蛮機族ガイアーク」から人間たちの世界“ヒューマンワールド”を守るべく、
意志を持った乗り物型の機械生命体「炎神」と共に戦う7人の若者たちの姿を追った。
ケガレシアは、ガイアークの一員としてゴーオンジャーと敵対していた存在。
なぜ彼女がイエローに変身し、ケガイエローとなるのかは不明。
公開された写真では、ケガイエローの背後にゴーオンイエロー以外のメンバーが困惑顔で倒れ込んでおり、
どんな展開が繰り広げられるのか気になるところだ。
あわせて、本作でゴーオンジャーと対立する怪人のエレ機族ゾンタークを名乗る、
ノイーズン、グレイズキーの姿もお披露目された。
本作が描くのは、ガイアークとの激闘から10年後の世界。
ヒューマンワールドにはかつてない平和が訪れていたが、
ゴーオンジャーは炎神たちとの繋がりを断たれ、さらに“戦隊活動禁止法”により、
テロリストに認定されてしまう。
そんな折、謎の少年・走児が現れ、特別警察に追われていた彼を救出したゴーオンジャーたち。
しかしそこへ、彼らと決別し、政府の広報官となったゴーオンイエロー/楼山早輝が立ちはだかる。
メインキャストとして、テレビ放送当時と同じ古原靖久、片岡信和、逢沢りな、碓井将大、
海老澤健次、徳山秀典、杉本有美らが出演する。
(編集部・小山美咲)
Vシネマ「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」ブルーレイ&DVDは9月26日発売

ガイアーク三大臣、死んだはずでは!?
最初の情報で早輝だけいつものジャケット着ていなかったのは政府の広報官になっていたからか
エレ機族ゾンタークは名前からしてサウンドワールド出身かな
脚本の會川昇氏によると、
ゴーオンジャーしか観てなくてその後に関わったスーパー戦隊作品に触れて欲しくない派の人や、
その後にあったことをなかったことにして欲しくない派の人両派を忖度して、
ゴーカイジャーに登場した各平行世界の行き来を不可能にする「鎖国バリア」設定を
今回再び使用したようですね
本作ではヒューマンワールドは他のスーパー戦隊の世界から隔離されているってことなのかな
あ、ゾンタークも忖度からきてるのか


[PR]
by dogyagyan | 2018-05-20 19:24 | スーパー戦隊

私だ
放送中の作品を含む、歴代東映特撮ヒーロー作品の「見放題」配信をはじめ、
会員向けのさまざまなサービスを提供している公式アプリ「東映特撮ファンクラブ」。
そのアプリにて、オリジナル作品『ヒーローママ★リーグ』を製作し、
「母の日」=5月13日(日)より、会員見放題で配信することが決定した。
今回の新作『ヒーローママ★リーグ』は、ドラマとしては3作目となるものの、
スピンオフではないTTFC発信の作品としては、記念すべき第1作。
主演を務めるのは『忍風戦隊ハリケンジャー』(2002)のハリケンブルー=野乃七海役・長澤奈央、
『特捜戦隊デカレンジャー』(2004)のデカイエロー=礼紋茉莉花(ジャスミン)役・木下あゆ美、
『魔法戦隊マジレンジャー』(2005)のマジピンク=小津芳香役・別府あゆみの3人。
彼女たちに共通するのは現在、プライベートで育児中の“ママ”であること。
そんな3人が本作では、かつて演じた役柄で再登場します。
いまや、戦隊の枠を越えて“ママ友”となっていた七海・ジャスミン・芳香が抱えていた悩みとは?
そして、彼女たちの前に現れる、恐るべき敵とは――?
東映特撮ファンクラブ・オリジナル番組「忍び道」で木下あゆ美が企画アイデアを提案したことにより、
実現した本作『ヒーローママ★リーグ』。
プロデュースは、『ハリケン』『デカレン』『マジレン』3作品すべてを手がけた塚田英明が担当。
脚本は『科捜 研の女』最新シリーズにも参加した下亜友美。
そしてスーパー戦隊シリーズで助監督を務めてきた葉山康一郎が、本作で監督デビューを果たします。
またキャストでは、幼稚園の先生役で『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015)の
スターニンジャーこと多和田秀弥が出演するほか、主演メンバーとゆかりの深い、
あっと驚く人々も友情出演!? さらに、本作には『世界忍者戦ジライヤ』(1988)の敵キャラクターで、
最新Vシネクスト『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』(本年8月リリース/6月に劇場にて限定公開)
にも登場することがすでに発表されている“宇宙忍デモスト”も登場。
『ヒーローママ★リーグ』は
『キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』の前日譚としても楽しめる作品となっている。

『ヒーローママ★リーグ』プロデューサー/塚田英明コメント
今回の企画では、『ハリケンジャー』から長澤奈央ちゃん、
『デカレンジャー』から木下あゆ美ちゃん、『マジレンジャー』から別府あゆみちゃんという、
実生活でも「ママ」になった歴代のスーパー戦隊ヒロインに集まってもらいました。
「ヒーロー」と「ママ」を両立させる大変さを楽しく描いてみようということで、
脚本を作っていくうえでは、彼女たちの実体験を参考にさせてもらった部分もあります。
純然たるTTFC発信の作品としては今回が第1作になるわけですが、これを皮切りにTTFCが、
いろいろな新しいチャレンジが出来る場になればいいなと思っています。

『ヒーローママ★リーグ』ストーリー
かつて地球の平和を守るために命を懸けて戦った、野乃七海・礼紋茉莉花・小津芳香。
3人はその後、幸せな結婚をし、現在は子供を持つママとなっていた。
しかし、人類を脅かす悪も不滅で、彼女たちは「ヒーロー」としての戦いと「ママ」としての務めを両立させるべく、
日々奮闘しなければならなかった。
それも、ただ単に両立させるだけでなく、いつでも輝いた「キラキラママ」になることが、3人の目標。
それを実現させるべくカフェでアイデアを出し合う3人だったが、同じころ、
宇宙忍デモストによる恐るべき地球侵略計画が動き出していて……。

■主演:長澤奈央(野乃七海(旧姓)/ハリケンブルー)、
木下あゆ美(礼紋茉莉花(旧姓)/デカイエロー)、
別府あゆみ(小津芳香(旧姓)/マジピンク)、
多和田秀弥(ひろと先生)、
高戸靖広(ナレーション)、
日野聡(宇宙忍デモストの声)
■スタッフ:原作/八手三郎 脚本/下亜友美 監督/葉山康一郎 サウンドデザイン/桑原秀綱 プロデュース/塚田英明 中野剛 撮影/松村文雄 スタイリスト/村瀬昌広
■配信日:2018年5月13日(日)00:00~
(C)東映特撮ファンクラブ

オイオイオイ
ジャスミンはデカレン10で結婚して子供いるのが判明したが、
七海と芳香もかよ!
キュウレンVSスペスクの前日譚ってことは、
ギャバンVSデカレンのガールズ・イン・トラブルに位置するわけですね
こうやって毎年変化球な企画で色々実験してシリーズの幅広げるのはいいと思います
それにしてもこのメンツで坂本監督が撮らないのは意外だ
撮りたがったんじゃなかろうか


[PR]
by dogyagyan | 2018-04-13 22:12 | スーパー戦隊

私だ
東映ヒーローたちの競演を描くVシネマ『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』に、
歴代の「スーパー戦隊」シリーズで人気を博した“悪役”たちが登場することが明らかになった。
発表されたのは、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」(2007)のメレ(平田裕香)、
「侍戦隊シンケンジャー」(2009)の腑破十臓(唐橋充)、
「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011)のバスコ・タ・ジョロキア(細貝圭)、
「特命戦隊ゴーバスターズ」(2012)のエスケイプ(水崎綾女)。
各ドラマ作品では命を落としている彼ら。
復活させたのは「世界忍者戦ジライヤ」(1988)に登場した悪役・宇宙忍デモストだ。
シャイダー、ジライヤらスペース・スクワッドに追われていた彼がヴィランズを復活させ、
キュウレンジャーと相対する。
(編集部・小山美咲)
『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』は6月30日より期間限定上映開始予定
ブルーレイ&DVDは8月8日発売
a0206989_19454294.jpg
ヴィランも復活してチームを組むのかー
デモストがボス格ってことはジライヤが重要になってくるわけだな
十臓=強者との斬り合いを求めて外道に堕ちたやべー奴
バスコ=何かを得るためには、何かを捨てなきゃ(仲間含む)が信念のやべー奴
エスケイプ=復元とリセットを繰り返した結果人格が破綻したやべー奴
この3人はヤバさに目をつけられてデモストに復活させられたんだろうが、
「理央様の愛のために生き、理央様の愛のために戦うラブウォリアー」のメレが、
理央不在の状態で特に理由もなくヴィランチーム入りするとは考えにくいから、
同じ緑カメレオンモチーフで闇堕ちしたハミィを助ける鍵になるのかな


[PR]
by dogyagyan | 2018-04-01 19:45 | スーパー戦隊

私だ
ヒーローたちの活躍を描く「スーパー戦隊VSシリーズ」の最新作
『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』から、
予告編とあらすじ、そしてポスタービジュアルがお披露目され、その物語の一端が明らかとなった。
スーパー戦隊の「宇宙戦隊キュウレンジャー」と「スペース・スクワッド」が相対する本作。
追加戦士を含めた12人のキュウレンジャー全員が出演し、
スペース・スクワッド隊長となった宇宙刑事ギャバン/十文字撃(石垣佑磨)や、
宇宙刑事シャイダー/烏丸舟(岩永洋昭)が参戦する。
このたび公開されたポスタービジュアルでは、
キュウレンジャーの変身前後とスペース・スクワッドの2人の姿を確認することができる。
また「キュウレンジャー、決別──」というコピーが目を引く。
キュウレンジャーたちは、シシレッドを中心に左右に分かれ、差し向うようなデザインになっている。
物語の中心となるのは、ハミィ/カメレオングリーン(大久保桜子)。
キュウレンジャーたちは、ハミィがリベリオンを襲撃し、
新たに開発された“ネオキュータマ”を盗み出したということを知り、衝撃を受ける。
悪用を恐れる宇宙連邦大統領のツルギは、ハミィを全宇宙に指名手配することを決意。
その裏切り行為をきっかけに、キュウレンジャーたちは彼女を信じるべきか否かで決別する……。
公開された15秒の予告編では、
大久保演じるハミィのアクションシーンや彼女の真意を測りかねて内部分裂するキュウレンジャーたちの姿が映し出されており、
驚きの展開に期待が高まる。
この後のキュウレンジャーに待ち受ける運命や、
彼らの前に現れたスペース・スクワッドの目的なども気になるところ。
本作は、「宇宙戦隊キュウレンジャー」テレビシリーズのメインライターを務めた毛利亘宏が脚本を担当。
監督およびアクション監督は、『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』の坂本浩一が務める。
(編集部:大内啓輔)
『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』は6月上映開始予定 ブルーレイ&DVDは8月8日発売

予告動画冒頭の、
シャイダー「貴様を逮捕する」
でジライヤが見切れてる!
ジライヤ参戦は確定か
ハミィの衣装がゲキレンジャーのメレに似てるなー
カメレオン繋がりで偶々なのか
あとニンニンジャーで久右衛門が本来ニドニンジャーになるはずだったっぽいので、
裏切りの緑忍者って共通点もあるか


[PR]
by dogyagyan | 2018-03-18 18:57 | スーパー戦隊

私だ
放送開始から10周年を迎えた特撮ドラマ「炎神戦隊ゴーオンジャー」がVシネマ化され、
ブルーレイ&DVDが9月26日に発売されることが決定した。
2008年に開始した放送当時のメンバーである古原靖久、片岡信和、逢沢りな、碓井将大、海老澤健次、
徳山秀典、杉本有美らゴーオンジャー7名が再集結する。
「炎神戦隊ゴーオンジャー」は2008年2月から2009年2月まで放送された「スーパー戦隊」シリーズ第32弾。
公害をまき散らす「蛮機族ガイアーク」から人間たちの世界“ヒューマンワールド”を守るべく、
意志を持った乗り物型の機械生命体「炎神」と共に戦う7人の若者たちの姿を追った。
「炎神戦隊ゴーオンジャー 10 YEARS GRANDPRIX」のタイトルで発売されるVシネマには、
キャストのみならず、監督・渡辺勝也、脚本・會川昇をはじめとした製作スタッフ陣も10年前のメンバーが集結。
「ゴーオンジャー」の世界を再び作り出す。 (編集部・小山美咲)
ゴーオンジャーがもう10年前だなんて…
早輝だけジャケット着てないのはなんでだろうな
ゴーカイジャーでスピードルとベアールの子供として登場したマッハルコンの扱いも気になる


[PR]
by dogyagyan | 2018-03-16 22:11 | スーパー戦隊

私だ
「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」に出合正幸、高山侑子、広瀬仁美が出演していることがわかった。
VSシリーズ最新作に当たる本作は、
スーパー戦隊第41作「宇宙戦隊キュウレンジャー」をメインとしたVシネマ。
「スペース・スクワッド ギャバン VS デカレンジャー」の坂本浩一が監督、
「宇宙戦隊キュウレンジャー」メインライターの毛利亘宏が脚本を担当する。
このたび東映特撮と縁の深い3人の出演が明らかに。
「轟轟戦隊ボウケンジャー」「獣電戦隊キョウリュウジャー」に出演していた出合が大統領補佐官・ロイ、
「仮面ライダーウィザード」の大門凛子役で知られる高山が同じく大統領補佐官の鳴瀬キミコ、
「忍者戦隊カクレンジャー」「有言実行三姉妹シュシュトリアン」の広瀬が物語の鍵を握る鶴菊を演じる。
東映ビデオの新たなVシネマレーベル“Vシネクスト”の第1弾
「宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド」は8月8日に発売。
6月30日より劇場上映が行われる。

出演は嬉しいけど変身しなさそう
大統領補佐官ってのはツルギの補佐ってことか
キュウレンジャーとギャバン、シャイダー以外のヒーローは出ないのかね
せめてシャリバンをと思ったら、
2代目シャリバンの三浦力氏、3月末日をもって俳優業引退
残念
ゲキレンジャーではゲキバイオレットを演じてたわけだが、
イエロー、ブルーに続いて3人目の引退ですね


[PR]
by dogyagyan | 2018-03-12 23:22 | スーパー戦隊

私だ
NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)
に出演中の俳優の高橋光臣(35)が20日、自身のブログを更新。
19日に第1子となる3002グラムの男児が誕生したことを報告した。
高橋は「皆様いつもあたたかい応援ありがとうございます。
私事ではございますがご報告があります」の書き出しで、
「昨日2月19日に3002グラムの第一子となる男の子が産まれました。
入院してから産まれるまで32時間と、時間はかかりましたが母子ともに元気です」と報告。
「我が子をはじめて抱いた時の柔らかくて不思議な感覚がまだ腕に残っています」
と心境を明かし「大きな責任を背負うほど、踏みしめる足跡も深く明確に残ると思います。
ここからまた一歩ずつ確実に前へ、役者道を邁進していく所存です。
どうか今後とも変わらぬあたたかい応援よろしくお願いいたします」と決意を新たにした。
高橋は、2005年に俳優デビュー後、2006年2月から1年間、
『轟轟戦隊ボウケンジャー』(テレビ朝日系)にボウケンレッド役でテレビドラマ初主演を務め上げ、
『梅ちゃん先生 』(NHK)、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)、
『科捜研の女』(テレビ朝日)、『下町ロケット』(TBS)などに出演。
プライベートでは2014年1月に女優・宮下ともみ(35)と結婚した。

ヌメでとうございます
ボウケンレッドとサロメ星人ヘロディアの息子とかちょっとした冒険どころじゃないな


[PR]
by dogyagyan | 2018-02-20 22:24 | スーパー戦隊

私だ
エイリム社のスマホ用ゲームアプリ「ブレイブ フロンティア2」のコラボで、
キョウリュウジャーのオリジナルキャストが久々に集結した新作動画が公開されました
1つはスーパー戦隊あるある満載の「勇敢戦隊ブレイブフロンティア」
もう1つはキョウリュウジャーメインライターの三条陸先生がちゃんと書き下ろした、
幻の33.5話「これぞブレイブ!たたかいのフロンティア」です
勇敢戦隊の方はノッさんが女キャラなのワロタ
33.5話はキョウリュウジャーが活躍すれば人々から喜びの感情を集められる、
という悪者として気付いてはいけないところに気付いたキャンデリラが、
ラッキューロに作らせたデーボモンスター・ブレイブスキーで喜びの感情を集めようとする話
キング達6人はそれぞれパートナーの獣電竜と出会った場所に戻って修業してたところ、
トリンがデーボスのけはいを察知したので戻ってきた設定
33話「マキシマム! レディはおれがまもる」と、
34話「ふっかつ! ブラギガスしゅつげん」の間にこんな話があったとは
ノッさんの「4ねんくらい会ってなかった気がする」発言がメタい
ブレイブスキーの声は杉田智和氏
こいつただのキョウリュウジャーオタじゃねーか
「デーボスだからどんなに憧れてもブレイブ持てない」と言ってたが、
後々トリンがカオスの弟だったと判明したり、
キャンデリラがトリンの後を継いで賢神になってたりしてるから、
こいつも頑張ればブレイブ持てたんじゃないだろうか
作戦室も当時の小道具いろいろ残っててすごいな、
天井にペラペラアミィ貼ってあってワロタ
エイリムの社長がキョウリュウジャーのファンだった、
オリキャスを集められた、
ちょっと前に続編のキョウリュウジャーブレイブがあったので小道具も残っていた、
撮影はいつもの大泉撮影所や岩舟山だけで済ませられた、
等いろいろ好条件揃ったからこその実現ですね
大元のゲームとのコラボは勇敢戦隊の方でやって、
33.5話は完全なキョウリュウジャーの1エピソードになってるのがすごい
しかも100年後を描いたVシネや数年後を描いた続編の後に現役時のエピソードが作られるなんて
何というブレイブ
面白かったです、ありがとうございます
期間限定公開とのことですが、後でちゃんとソフト化してほしいわ


[PR]
by dogyagyan | 2018-02-12 22:30 | スーパー戦隊

私だ
ヒーローたちの競演を描く「スーパー戦隊VSシリーズ」の最新作として、
『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』が6月より劇場上映されることが発表された。
8月にはブルーレイ&DVDの発売が決定している。
今作でメインとなるスーパー戦隊は、2月4日に最終回を迎えた「宇宙戦隊キュウレンジャー」。
追加戦士も含めたキュウレンジャー12人全員が出演する。
そんな彼らと相対するのは、「スペース・スクワッド」。
今作には、スペース・スクワッド隊長となった宇宙刑事ギャバン/十文字撃(石垣佑磨)だけでなく、
宇宙刑事シャイダー/烏丸舟(岩永洋昭)も参戦する。
脚本は、「宇宙戦隊キュウレンジャー」テレビシリーズのメインライターを務めた毛利亘宏。
そして監督・アクション監督は、
『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』でもメガホンを取った坂本浩一が担う。
(編集部・小山美咲)
『宇宙戦隊キュウレンジャーVSスペース・スクワッド』は6月上映開始予定 ブルーレイ&DVDは8月8日発売

今朝キュウレンジャーが最終回を迎えたわけだが、
ジャークマターに支配された宇宙の平和を取り戻す話の割りには、
闇堕ちした身内との内輪揉めばかりやっていたし、
しかもそんな鬱展開を散々引っ張るもんだから解決してもイマイチスッキリしないし、
敵は何度も復活したり実は完全に死んでなかったパターンが多くて毎度同じ相手と戦ってるように感じるし、
そんなことに尺取られたせいか各キャラクターやそれまでの経緯等、
描写の積み重ねが足りないので釈然としない感じでした
エピローグの2年後もやっつけ感があったな
ラッキーが隕石に乗ったり宇宙スクーターで墜落してくるのは1話と重なってうまかったけど
ギャグ回は弾けてたし、
設定とか見ると劇中でちゃんと活かせれば各キャラの魅力をもっと引き出せただろうに
つくづく惜しいなあ
さて、恒例の戦隊VSシリーズは今年もあるだろうと思っていたら、
キュウレンジャーvsジュウオウジャーは無し
代わりにTVシリーズ最新作で2大戦隊が毎回VSしちゃうようで
あとはVシネ「帰ってきた」シリーズくらいになるのかなーと思っていたらこのニュース
帰ってきたキュウレンジャーは無しなのかな
でも現在展開中のエグゼイドトリロジーと同じ「Vシネクスト」という枠のようでよー分からん
スペスクとはキュウレンジャー18話で共演済みだが、
またパラレルの壁を越えて会うのだろうか
脚本が荒川氏でなく毛利氏になるのもどう作用するかなあ
今のところスペスク側はギャバンとシャイダーだけだが他のヒーローも参戦するのか
敵は邪教団・幻魔空界の使徒なのか
兎に角スペスクとなりゃ大歓迎ですので気になるところですね


[PR]
by dogyagyan | 2018-02-04 22:08 | スーパー戦隊