人気ブログランキング |
ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

カテゴリ:ガンプラ( 378 )


私だ
今日出荷だ
今週はSDCSのシスクード2種もあります
HGでも欲しいなあシスクード

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するシャア専用ザクIIを新規パッケージと新たな武装でリニューアル!
■新たに付属するザクマシンガンはお馴染みのドラムマガジン式とベルト給弾式の2丁が付属。
■ファルメル隊仕様のマーキングシールが付属。作品中の装甲デザインが再現できる。
■潤沢な武装パーツによりバリエーション豊かな飾り方が可能。

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』に登場するザクII C-6/R6型が登場!
■劇中同様のファルメル隊を再現したくなる新規造形の武装パーツにより、魅力的な量産機を演出。
■各部のマーキングによりデニム曹長機、スレンダー伍長機、ジーン兵長機、パチェコ機が再現可能。
■肩のスパイクアーマー接続箇所や胸部装甲のバルカン砲も精密に再現されている。
■ベルト給弾式マシンガンをはじめ、豊富な武装が付属。


by dogyagyan | 2019-04-25 22:08 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

『ガンダム・センチネル』よりEx-Sガンダムがバージョンアップして登場!
■「よりセンチネルらしく、よりSガンダムらしく」をコンセプトに形状を刷新。SガンダムとEx-Sガンダムは選択式で組み立てが可能。
■「Gコア」「Gアタッカー」「Gボマー」の分離合体を再現できる。
■頭部・肩部・胸部・バックパックはMG 1/100 PLAN303E ディープストライカーで新造したパーツを使用。腹部の形状変更パーツも新たに造形。
■ビーム・スマートガンをはじめ、主要武装が付属。
■ハンドパーツはビーム・スマートガンを所持したポーズに最適な平手(左右)を新造。
■インコムも刷新し、色分けだけでなく射出したシーンを再現できるように改修。
■MGならではの多重構造による立体再現。全身に高密度なフレームを内蔵。

※19日(金)更新
マグアナックがまさかのHG化
キット化はジージェネ以来、リアル頭身の1/144は初ですね
パッケージイラストのマグアナック隊かっこえー、奥にいるサンドロックもHGAC化オナシャス!
キットは完全新規
成型色は、
イロプラ(ウッドブラウン、ミッドナイトブルー、クリームイエロー、ガルグレー)、
ウッドブラウン、ガルグレー、クリームイエロー、エアスペリオリティブルー
ポリキャップはPC-7
リーオー同様各関節はほぼ柔らか素材で可動し、
シンプルなボールポリキャップのPC-7は、
胴体、足首に使われています
カメラアイはシールで再現
首はシンプルなボールジョイントで引き出し式
肩はボール接続で胴体側から引き出し式
肩アーマーは肩との接続部分ではね上げ可動
外側のシールドっぽい部分もボールジョイントで独立可動
上腕ロール可動、肘は一重
手首はいつものボールジョイント
胴体は胸と腹、腹と腰それぞれの間にPC-7
フロント、サイドアーマー可動
股関節は左右にスイング、太ももロール可動
膝2重関節
アンクルアーマーは別パーツになっており若干可動
足首は脛と足首ブロックの間がスイング可動、ブロックと靴の間は前述のPC-7
股下には別売のアクションベース2や5を接続するための丸穴が開いています
武装は、
ビームライフル、シールド、ヒートトマホーク
ライフルは銃口とモナカ割りの3パーツ構成
センサーはシールで再現
シールドは専用ジョイントで前腕にマウントできる他、
ジョイントを差し替えてバックパックにマウントさせることも可能
更にシールド裏にライフルをマウントできます
あと表面に数字のマーキングシールをお好みで貼る事ができます
トマホークは手に持たせられる他、
リアスカートにマウント可能
手首は、武器持ち手が左右1個ずつ
こういう組み立てやすくて低価格の量産型シリーズ、
ガンガンキット化していって欲しいですね
肘関節は二重に見えて1軸なんですが、
可動範囲は意外と広いので安心しました
マグアナック隊のバリエは、
ラシード機/アブドゥル機、アウダ機/アフマド機、36機セット、
が近日プレバンで受け付け開始予定です
おいおいおいおい設定通り40機勢揃いかよ!


by dogyagyan | 2019-04-18 21:15 | ガンプラ


私だ
今日出荷だ
今週はFigure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメもあります
キットの上半身のみを使用したバストアップ展示用パーツも付属するみたいですね
Figure-riseBustシリーズみたいな飾り方もできるわけか
あとパッケージに028とナンバリングされており、
HGBD 027のガンダムザラキエルの後にくるナンバーです

『機動戦士ガンダム00』よりガンダムデュナメスがついに完全新規造形でMGに登場!
■GNスナイパーライフルのスタンドを展開し、本体を地面に伏せた「狙撃」の構えも再現可能。
■スナイプポーズの動きに対応した頭部ギミック、脚部関節構造により緊張感が漂うポージングを再現できる。
■GNフル・シールドの展開を再現。
■腰部・膝部のミサイル・信号弾のハッチ開閉やGNスラスターの展開ギミックなどMGならではのギミックを搭載


by dogyagyan | 2019-03-20 21:59 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※8日(金)更新
ナラティブガンダムC装備がHG化
初回生産分にのみ『機動戦士ガンダムNT』を振り返る特別冊子が封入されとります
キットはA装備の流用で、
A1、A2、B1、B2、D、F2ランナーがA装備の流用、
C、E、G、Hランナーが新規
Dランナーは金型スイッチ切り替えで新規パーツが追加されています
ポリキャップはPC-001A
成型色は、
ホワイト、グレー、
イロプラ(ライトグレー、モンザレッド、イエロー、クリア)、
ネイビーブルー、クリアピンク、ブルー
全身にサイコフレームを外装として取り付けている歪さが個性的ですね
各関節可動はA装備のナラティブ本体に準じます
ツインアイの色はグリーンとレッドをシールで選択
股下に別売のアクションベース2または5を接続するための丸穴が開いています
武装は、
ビーム・ライフル、ビーム・サーベル2本、シールド
ライフルはジェガンのものを元に急造された設定
モナカ割り+銃口の3パーツ構成
センサーはシールで色分け
付属のジョイントを介してリアスカートにマウント可能
サーベルグリップはランドセルから着脱可能
ビーム刃も着脱可能
シールドは裏面にビーム・キャノンとミサイルを装備している設定ですが、
モールドされているのみで特に着脱とかできません
ジョイントを介して前腕にマウント
ランドセルにもマウント可能
手首は武器持ち手が左右1個ずつ、右銃持ち手が1個
Aに続きCがHG化されました
あとはプレバンのB装備拡張セットを待つのみ
ついでにバナージ専用シルヴァ・バレトも商品化してくれ


by dogyagyan | 2019-03-07 20:42 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※15日(金)更新
UCに登場したグフタス・カールがHGUC化
閃ハサの映画化も決まったしいいタイミングですね
解説にバリエーションである軽装型が存在したとの記述があるので、
小説版のデザインはなかったことになってるわけじゃないのね
キットは完全新規
ビームサーベルエフェクトはSB-13
成型色は、
イロプラ(ホワイト、軍艦色(1)、濃いめのクリアピンク、暗めのレッド)、
軍艦色(1)、ティターンズブルー2、黒に近いグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-122
本体は近年のリデザイン版に準じたオデブ体型
頭部はバイザーがクリアパーツ
首はボール&引き出し式と最近の標準的なもの
肩関節引き出し式&スイング、上腕ロール可動、肘2重関節
肩は胸部側でも腕側でも可動し、肩と腕の接続部はボールジョイント
手首ボールジョイント
胸と腹、腹と腰の間はボールジョイント
フロントスカートは前後分割済みの他、
リアスカートも可動
股関節は上下にスイング、太ももロール可動、膝2重関節
膝を引き出し、ふくらはぎのブロックを下げると膝の可動範囲が広がります
ブロック下のバーニアのみ可動、他のバーニアは固定
足首の接続はボールジョイントですが脛側もポリキャップで動きます
アンクルガードも若干可動
股下には別売のアクションベース2や5を接続するための丸穴が開いています
武装は、
60mmバルカン砲2門、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル2本、グレネード・ランチャー、シールド
バルカンは左側頭部に2門が縦に並んでます
ライフルはジェガンD型と同型の物
モナカ割り&銃口だけ別パーツとパーツ構成も一緒
サーベルグリップは両サイドスカートのカバーを開けると取り出し可能
ビームエフェクト着脱可能
グレネードは左前腕部のカバーを開けると弾頭が露出します
シールドはバックパックに設けられたアームに懸架
短いタイプと長いタイプがあり、長いタイプはシールドを機体前面に向ける際に使用
アームは関節が動きそうに見えますが、シールド裏面のボールジョイントと、
バックパック側の軸しか動きません
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
右銃持ち手が1個
デブい割りに関節機構に工夫があって意外と動けますね
90mmショートマシンガンを装備したNT版は発売されるのかどうか


by dogyagyan | 2019-02-14 22:34 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※8日(金)更新
外伝『ガンダムビルドダイバーズブレイク』よりアインソフの使用機がHG化
ガンダムハルートをベースに陸戦性能の強化をコンセプトとしてカスタマイズを行った設定
機体名は死を司る天使ザラキエルからとったもので、
マスダイバーを専門にハンティングするアインソフにふさわしい機体名の模様
キットはHGハルートの流用で、
A、B1、B2、C1、C2、D1、D2、Eランナーがハルートの流用、
F、G1、G2ランナーが新規
ノーマルハルートのパーツ揃ってるな
あとはいつもの台座BA1ランナーがあります
ポリキャップはPC-001A
成型色は、
イロプラ(薄ピンク、ホワイト、濃いグレー、クリアブルー)、
ライトグレー、フタロシアニンブルー、濃いグレー、ネービーブルー、ブラック
ホワイトとオレンジだった元機と比べ、ライトグレーとダークブルーで渋い出で立ちに
各関節可動はハルートに準じます
飛行形態のGNスカイと重戦車形態のGNブルに一部差し替えで変形可能
名前の元ネタはGスカイとGブルか
GNブルの無限軌道は特に回転しません
股下に別売のアクションベース5またはダイバーギアを接続するための丸穴が開いています
付属のBA1は勿論、別キットのBA-Oにも対応してます
武装は、
GNソードライフル2丁、GNキャノン2門、GNヒュージキャノン2丁、GNレドームユニット、GNノーズバルカン
GNソードライフルはハルートのものと変わらずライフルとハサミの2モードになります
GNキャノンにマウント可能
GNキャノンもハルートとほぼ変わらず
GNヒュージキャノンは手に持たせられる他、GNスカイやGNブルの主武装にもなります
グリップ可動
GNレドームユニットにマウント可能
GNレドームユニットはハルートのGNミサイルコンテナの代わりに採用された設定
GNノーズバルカンはGNスカイやGNブルの機首部分に配置されたビーム砲の設定
他、GNシザービット、トランザム、マルートモードを元にした特殊システムが使える設定らしいです
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
人型ロボと戦闘機と戦車の3モードになれるとか男の子が大好きなやつだこれ!


by dogyagyan | 2019-02-07 20:49 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※25日(金)更新
RX-零丸の武装強化仕様がSDBD化
鳥型サポートメカが「武装装甲八鳥・極(キワミ)」にパワーアップ
「シノビ形態」と「カクレ形態」でも合体可能になり、
フルアーマー・ユニコーンガンダムをモチーフとしたシルエットに変化
追加武装による大幅な性能強化が図られた設定
キットはRX-零丸の流用
やはりA2ランナーはSDCSのクロスシルエットフレームの流用で、
金型スイッチの切り替えでジムヘッドがなくなっています
他、B、C1、C2ランナーがRX-零丸の流用
E、Fランナーが新規
D1、D2ランナーは無くなっています
成型色は、
デイトナグリーン、
イロプラ(ゴールド、ホワイト、濃いマホガニー)、
ホワイト、濃いマホガニー、メタリックグリーン
クロスシルエットフレームで可動するのでポリキャップ無し
ゴールドとメタリックグリーンはウェルドラインがでるやつで、
グロス仕上げっぽいツヤツヤ表面
所謂サイコフレーム部分が赤系から緑系に変更されてて、
フルコーンらしさが出てますね
本体や八鳥・極はカラーリングや武装が変更されています
シールド手裏剣がなくなってますね
SD体型と八鳥・極のドッキング状態は背中に大筒や大苦無が配置されてまんまフルコーン
リアル体型の忍闘-道は方や膝などがユニコーン(光の結晶&サイコシャード)をモチーフにした形状に変化
本体及び八鳥下部には別売のアクションベース5やダイバーギアに接続するための丸穴が開いています
ジョイントパーツが余りますがこれは自由に使えとのこと
武装は、
忍者刀、苦無、種子島雷威銃、極超大筒2門、大苦無
忍者刀はバックパックにマウント可能
苦無は肘にマウント可能でトンファー的な使い方も可能
バックパックや大苦無裏面にもマウント可能
種子島雷威銃は武者ガンダムが装備していた火縄銃がモチーフ
忍闘-道になるとビーム斬馬刀、手甲鉤、馬具那式タネガシマという武装が使えるように
ビーム斬馬刀はビームエフェクトを取り付けた忍者刀、八鳥・極の首や胴や大筒、大苦無を組み替え合体させて完成
手甲鉤は八鳥の足がリアル頭身の鉤爪付き手甲になっています
忍者刀と苦無はビームエフェクトを取り付けただけの状態でも持たせられます
極超大筒は八鳥・極の翼の下にマウント
種子島雷威銃の先端に取付可能
大苦無は八鳥・極の尾羽になっています
三連結+グリップで手に持たせることができます
フルコーンの連結シールドがモチーフですね
三連結状態で背部にもマウント可能
1枚ずつだと背部と両腕にマウントできます
手首は武器持ち手と人差し指・中指を立てた手が左右1個ずつ
通常零丸とお値段一緒だけどボリュームアップしててお得感ありますね
色分けがシール地獄なのはあれだが
説明書の解説でアヤメが零丸以前に使用していたというF9ノ1はキット化するのかどうか

オースカイとAGEIIマグナムの決戦仕様の追加武装がHGBC化
キットはガンダムダブルオースカイHWS(トランザムインフィニティモード) や、
ガンダムAGE II マグナム SVver.の流用で、
Gx2枚、H、Ix2枚ランナーがオースカイHWSの流用
Mx2枚、N、Oランナーがマグナム SVver.の流用
Oランナーは新規パーツが追加されています
あといつものBA-O台座
ポリキャップはPC-7
成型色は、
RLM65ライトブルー、濃いグレー、ホワイト、ティターンズブルー2、クリア
トランザムやSVver.ではなく通常の本体のカラーリングに合わせた成型色になってますね
内容は、
HWSバックパックとアーム、ランサーミサイルx2、大型ミサイルポッドx2、マルチミサイルランチャーx4、
SVver.バックパックとアーム、シグマシスファンネルx2、脚部追加ユニットx2、
通常AGEIIマグナム用SVver.頭部、腰部、脚部(ふくらはぎや足首)
別売の通常オースカイやAGEIIマグナムに組み込めるパーツが揃ってますね
新規造型のコアファイター?を中心にウェポン類を合体させると、
プラモオリジナルの飛行形態になります
付属のBA-O台座に飾ることが可能
ウェポン類は別売のGM/GM、リーオーNPD、GBN-ガードフレーム等に装備可能です
色々補完するためのキットだな


by dogyagyan | 2019-01-24 21:11 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※18日(金)更新
GBNの運営側によって運用配備されている警備ガンプラがHG化
GBN-ガードフレームにガンダムタイプの装甲を換装させた仕様機という設定
内部に機体特性の変化や向上を可能にする特殊ユニットが組み込まれた、
ゲインアーマーと呼ばれる新開発の装甲システムで、
本機はRX-78-2ガンダムの特性を基にした強化が行われている模様
主にゲームマスタークラスにあたる上位管理者が直接GBNに介入する場合に使用されるそうです
キットはCランナーがHGBFレオパルド・ダ・ヴィンチの流用、
B1、B2ランナーがHGBD GBN-ガードフレームの流用、
A2x2枚、Eランナーが新規
Cは「HG1/144HGBF1」と表記されてるやつですね
GM/GMもこのランナー使ってたっけ
ガードフレームの流用ランナーは金型スイッチの切り替えで新規パーツが追加されています
あとはいつものサーベルエフェクトSB-13ランナーがあります
ポリキャップはPC-002A
成型色は、
パールホワイト、濃いグレー、
Eイロプラ(蛍光レッド、スカイブルー、パールホワイト、蛍光イエロー)、
クリアピンク
アレンジの利いた初代ガンダムといった出で立ち
フンドシにV字マークないな
各関節可動はガードフレームに準じます
ランドセルはビームサーベルラックが丸軸可動
ランドセル、肘、後ろ腰にそれぞれ3mm丸穴が開いています
ランドセルの穴は横並びに2つです
股下に別売のアクションベース5またはダイバーギアを接続するための丸穴が開いています
武装は、
頭部バルカン砲2門、ビームライフル2丁、ビームライフル2丁(新規)、ビームサーベル2本、シールド
バルカンは特にギミック無し
ビームライフルはガードフレームと同じもの
ロングバレルは着脱式
新規ライフルは初代ガンダム風のデザインのもの
戦艦の主砲クラスの出力というこれまた初代ガンダムを意識した設定
男らしい2パーツモナカ割り
ビームサーベルのグリップはランドセルのラックから着脱可能
ビームエフェクトもグリップから着脱可能
シールドはジョイントで前腕にマウント
十字マークついてないタイプ
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
OガンダムやAGE-1ノーマルと並べて初代ガンダムっぽいやつらで揃えたくなりますね

映画『機動戦士ガンダムNT』に登場する「袖付き」のシナンジュ・スタインがMGで立体化!
■MG 1/100 シナンジュ・スタインをベースに新規パーツを追加してナラティブVer.を再現。
■グレネード・ランチャーはシールドに装着可能。
■ハイ・ビーム・ライフル、バズーカは合体可能。
■カトキハジメ氏デザインのプラモデルオリジナルマーキングシールが付属。

ガンプラ情報
4月発売
MG Sガンダム/Ex-Sガンダム 12960円
HGAC マグアナック 1296円
HG GTO シャア専用ザクII 赤い彗星Ver. 1944円
HG GTO ザクII C-6/R6型 1944円
SDCS シスクード 1512円
SDCS シスクード(ティターンズカラー) 1512円

5月
ハロプラ ハロ エターナルピンク 540円

ガンダムベース東京参考出品
HGUC シルヴァ・バレト(ナラティブVer,) 未定

5月発送
HGUC ガンダムTR-6[ヘイズルII]【2次】 2592円

マグアナック!絶対バリエ展開する気だろ
オリジンザクはオリジン地上波放送に合わせての発売かな
シスクードはHGUCでもお願いします
バナージのシルヴァ・バレトも発売決定してくれ
ヘイズルIIは3月発送の1次が速攻で受付終了したようで、
現在5月発送の2次が予約受付中です


by dogyagyan | 2019-01-17 21:22 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ
今週はハロプラ モビルハロもあります

※11日(金)更新
「きゃらっがい」第4弾登場
今回はアヤメ
キットは2017年6月に発売されたフミナやギャン子の色替え&新規パーツで、
形成色は、
パープル、ライトパープル
イロプラ(ペールオレンジ、ダークパープル、ライトパープル)
イロプラ(ダークパープル、パープル)
アバターのカラーリングですね
ポリキャップはPC-7
ジグソーパズル型台座や支柱、背部リボン等は従来と同じです
別売のベアッガイFとの手繋ぎパーツやチェアーストライカーも付属
チェアーストライカーは別売のHGBDモモカプルの背部にも対応
顔面は髪、眉、顔で色分けされており、目はホイルシール
表情はマスク有無の2種付属
フィギュアライズ系の技術が取り込まれてますね
後髪がボールジョイントで可動
髪留めやマフラーはホイルシール
あと従来のプチッガイへ組み換え可能です
目のシールは予備が付いてるんだが、予備じゃなくて別表情のものを付けて欲しかったな

R・ジャジャが漸く漸くHG化
2014年12月に改造機のR・ギャギャが出てようやっと元機ですよ
キットは勿論R・ギャギャの流用
A、B、D、E1、E2、F、GランナーがR・ギャギャの流用
C1、C2、F2ランナーが新規
D、Fランナーはスイッチ切り替えでギャギャとジャジャパーツが一部替わってます
成型色は、
シャインレッド、ダークレッド、濃いグレー、イエロー、クリアイエロー
ポリキャップはPC-002、PC-7
ウエストが劇中より細く感じるが可動範囲確保のためですかね
頭部はモノアイ可動ギミック等はなし、首は上下ボールジョイントのポリキャップ
腋は引き出し式
胴体は胸と腹、腹と腰にボールポリキャップ
肩アーマーはボールポリキャップとヒンジ接続で回転、
後方にあるバリアブル・シールドを前方に持ってこれます
ついでに角部分も可動します
上腕ロール可動、肘二重関節、手首はボールジョイント
股関節は上下にスイング
太ももロール可動、膝二重関節、足首は脛側がポリキャップで可動し、靴側にボールジョイント
股下は別売のアクションベース5に対応した丸穴が開いています
武装は、
銃剣付きビーム・ライフル、3連装ミサイル・ポッド12基、
ビーム・サーベル、バリアブル・シールド
ビーム・ライフルは、ストックが可動
バリアブル・シールドにマウント可能
銃剣は着脱式で手に持たせられます
肩アーマーの3連装ミサイル・ポッドは特にギミックはありませんが、
発射口の黄色は全てパーツでしっかり色分けされています
ビーム・サーベルは、ビームエフェクト着脱可能
グリップは鞘から着脱可能
バリアブル・シールドは、根元とバインダーが可動
手首は、
武器持ち手が左右1個ずつ
左平手が各1個
待ちに待ったR・ジャジャが発売されて2019年は幸先のいいスタートですね(?)
トワイライトアクシズ版は出るのかなあ、完全に時期を逃した感があるけど

ガンプラ情報

5月
HGCE デスティニーガンダム 2019年1月16日(水)より一般予約開始

4月発送
MG RGM-89D ジェガンD型 4536円
RE/100 89式ベース・ジャバー(ユニコーンVer.) 3240円

おーデスティニーもHGCE化か
アスランの機体もHGCE化してくれ


by dogyagyan | 2019-01-10 22:39 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ
今週はHG無し
ガンイージHGでも出してくれよー
それにしても今年のガンプラの〆がガンイージってすげーな

GNドライヴから全身へ広がる粒子の挙動を感じることができるLEDユニット!
■GN粒子の蓄積・圧縮による色調変化を、新設計のLEDユニットにより表現。
■全身のGNケーブルには光の伝達を可能にする導光素材を採用。
■起動状態の「緑」から稼働状態の「緑・青」と推移し、GN粒子の臨界状態の「赤」へと変化する。
■別売りの「PG 1/60 ガンダムエクシア」の本体に組み込むことでGN粒子の蓄積・圧縮による色調変化を表現できる。

『機動戦士Vガンダム』シリーズより、ガンイージがREで登場!
■肩部のビーム・サーベルの収納をはじめ、ビーム・バズーカのリアアーマーへのマウントが可能。
■肩部に装備された2連マルチランチャーは、ハッチの開閉を再現。
■ホログラム加工が施されたPET素材によるビーム・シールドが付属。
■REならではのシンプルな構成を活かした組み立てやすい構造。


by dogyagyan | 2018-12-27 22:34 | ガンプラ