ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

カテゴリ:ガンプラ( 374 )


私だ
今日出荷だ

※15日(金)更新
UCに登場したグフタス・カールがHGUC化
閃ハサの映画化も決まったしいいタイミングですね
解説にバリエーションである軽装型が存在したとの記述があるので、
小説版のデザインはなかったことになってるわけじゃないのね
キットは完全新規
ビームサーベルエフェクトはSB-13
成型色は、
イロプラ(ホワイト、軍艦色(1)、濃いめのクリアピンク、暗めのレッド)、
軍艦色(1)、ティターンズブルー2、黒に近いグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-122
本体は近年のリデザイン版に準じたオデブ体型
頭部はバイザーがクリアパーツ
首はボール&引き出し式と最近の標準的なもの
肩関節引き出し式&スイング、上腕ロール可動、肘2重関節
肩は胸部側でも腕側でも可動し、肩と腕の接続部はボールジョイント
手首ボールジョイント
胸と腹、腹と腰の間はボールジョイント
フロントスカートは前後分割済みの他、
リアスカートも可動
股関節は上下にスイング、太ももロール可動、膝2重関節
膝を引き出し、ふくらはぎのブロックを下げると膝の可動範囲が広がります
ブロック下のバーニアのみ可動、他のバーニアは固定
足首の接続はボールジョイントですが脛側もポリキャップで動きます
アンクルガードも若干可動
股下には別売のアクションベース2や5を接続するための丸穴が開いています
武装は、
60mmバルカン砲2門、ビーム・ライフル、ビーム・サーベル2本、グレネード・ランチャー、シールド
バルカンは左側頭部に2門が縦に並んでます
ライフルはジェガンD型と同型の物
モナカ割り&銃口だけ別パーツとパーツ構成も一緒
サーベルグリップは両サイドスカートのカバーを開けると取り出し可能
ビームエフェクト着脱可能
グレネードは左前腕部のカバーを開けると弾頭が露出します
シールドはバックパックに設けられたアームに懸架
短いタイプと長いタイプがあり、長いタイプはシールドを機体前面に向ける際に使用
アームは関節が動きそうに見えますが、シールド裏面のボールジョイントと、
バックパック側の軸しか動きません
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
右銃持ち手が1個
デブい割りに関節機構に工夫があって意外と動けますね
90mmショートマシンガンを装備したNT版は発売されるのかどうか


by dogyagyan | 2019-02-14 22:34 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※8日(金)更新
外伝『ガンダムビルドダイバーズブレイク』よりアインソフの使用機がHG化
ガンダムハルートをベースに陸戦性能の強化をコンセプトとしてカスタマイズを行った設定
機体名は死を司る天使ザラキエルからとったもので、
マスダイバーを専門にハンティングするアインソフにふさわしい機体名の模様
キットはHGハルートの流用で、
A、B1、B2、C1、C2、D1、D2、Eランナーがハルートの流用、
F、G1、G2ランナーが新規
ノーマルハルートのパーツ揃ってるな
あとはいつもの台座BA1ランナーがあります
ポリキャップはPC-001A
成型色は、
イロプラ(薄ピンク、ホワイト、濃いグレー、クリアブルー)、
ライトグレー、フタロシアニンブルー、濃いグレー、ネービーブルー、ブラック
ホワイトとオレンジだった元機と比べ、ライトグレーとダークブルーで渋い出で立ちに
各関節可動はハルートに準じます
飛行形態のGNスカイと重戦車形態のGNブルに一部差し替えで変形可能
名前の元ネタはGスカイとGブルか
GNブルの無限軌道は特に回転しません
股下に別売のアクションベース5またはダイバーギアを接続するための丸穴が開いています
付属のBA1は勿論、別キットのBA-Oにも対応してます
武装は、
GNソードライフル2丁、GNキャノン2門、GNヒュージキャノン2丁、GNレドームユニット、GNノーズバルカン
GNソードライフルはハルートのものと変わらずライフルとハサミの2モードになります
GNキャノンにマウント可能
GNキャノンもハルートとほぼ変わらず
GNヒュージキャノンは手に持たせられる他、GNスカイやGNブルの主武装にもなります
グリップ可動
GNレドームユニットにマウント可能
GNレドームユニットはハルートのGNミサイルコンテナの代わりに採用された設定
GNノーズバルカンはGNスカイやGNブルの機首部分に配置されたビーム砲の設定
他、GNシザービット、トランザム、マルートモードを元にした特殊システムが使える設定らしいです
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
人型ロボと戦闘機と戦車の3モードになれるとか男の子が大好きなやつだこれ!


by dogyagyan | 2019-02-07 20:49 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※25日(金)更新
RX-零丸の武装強化仕様がSDBD化
鳥型サポートメカが「武装装甲八鳥・極(キワミ)」にパワーアップ
「シノビ形態」と「カクレ形態」でも合体可能になり、
フルアーマー・ユニコーンガンダムをモチーフとしたシルエットに変化
追加武装による大幅な性能強化が図られた設定
キットはRX-零丸の流用
やはりA2ランナーはSDCSのクロスシルエットフレームの流用で、
金型スイッチの切り替えでジムヘッドがなくなっています
他、B、C1、C2ランナーがRX-零丸の流用
E、Fランナーが新規
D1、D2ランナーは無くなっています
成型色は、
デイトナグリーン、
イロプラ(ゴールド、ホワイト、濃いマホガニー)、
ホワイト、濃いマホガニー、メタリックグリーン
クロスシルエットフレームで可動するのでポリキャップ無し
ゴールドとメタリックグリーンはウェルドラインがでるやつで、
グロス仕上げっぽいツヤツヤ表面
所謂サイコフレーム部分が赤系から緑系に変更されてて、
フルコーンらしさが出てますね
本体や八鳥・極はカラーリングや武装が変更されています
シールド手裏剣がなくなってますね
SD体型と八鳥・極のドッキング状態は背中に大筒や大苦無が配置されてまんまフルコーン
リアル体型の忍闘-道は方や膝などがユニコーン(光の結晶&サイコシャード)をモチーフにした形状に変化
本体及び八鳥下部には別売のアクションベース5やダイバーギアに接続するための丸穴が開いています
ジョイントパーツが余りますがこれは自由に使えとのこと
武装は、
忍者刀、苦無、種子島雷威銃、極超大筒2門、大苦無
忍者刀はバックパックにマウント可能
苦無は肘にマウント可能でトンファー的な使い方も可能
バックパックや大苦無裏面にもマウント可能
種子島雷威銃は武者ガンダムが装備していた火縄銃がモチーフ
忍闘-道になるとビーム斬馬刀、手甲鉤、馬具那式タネガシマという武装が使えるように
ビーム斬馬刀はビームエフェクトを取り付けた忍者刀、八鳥・極の首や胴や大筒、大苦無を組み替え合体させて完成
手甲鉤は八鳥の足がリアル頭身の鉤爪付き手甲になっています
忍者刀と苦無はビームエフェクトを取り付けただけの状態でも持たせられます
極超大筒は八鳥・極の翼の下にマウント
種子島雷威銃の先端に取付可能
大苦無は八鳥・極の尾羽になっています
三連結+グリップで手に持たせることができます
フルコーンの連結シールドがモチーフですね
三連結状態で背部にもマウント可能
1枚ずつだと背部と両腕にマウントできます
手首は武器持ち手と人差し指・中指を立てた手が左右1個ずつ
通常零丸とお値段一緒だけどボリュームアップしててお得感ありますね
色分けがシール地獄なのはあれだが
説明書の解説でアヤメが零丸以前に使用していたというF9ノ1はキット化するのかどうか

オースカイとAGEIIマグナムの決戦仕様の追加武装がHGBC化
キットはガンダムダブルオースカイHWS(トランザムインフィニティモード) や、
ガンダムAGE II マグナム SVver.の流用で、
Gx2枚、H、Ix2枚ランナーがオースカイHWSの流用
Mx2枚、N、Oランナーがマグナム SVver.の流用
Oランナーは新規パーツが追加されています
あといつものBA-O台座
ポリキャップはPC-7
成型色は、
RLM65ライトブルー、濃いグレー、ホワイト、ティターンズブルー2、クリア
トランザムやSVver.ではなく通常の本体のカラーリングに合わせた成型色になってますね
内容は、
HWSバックパックとアーム、ランサーミサイルx2、大型ミサイルポッドx2、マルチミサイルランチャーx4、
SVver.バックパックとアーム、シグマシスファンネルx2、脚部追加ユニットx2、
通常AGEIIマグナム用SVver.頭部、腰部、脚部(ふくらはぎや足首)
別売の通常オースカイやAGEIIマグナムに組み込めるパーツが揃ってますね
新規造型のコアファイター?を中心にウェポン類を合体させると、
プラモオリジナルの飛行形態になります
付属のBA-O台座に飾ることが可能
ウェポン類は別売のGM/GM、リーオーNPD、GBN-ガードフレーム等に装備可能です
色々補完するためのキットだな


by dogyagyan | 2019-01-24 21:11 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※18日(金)更新
GBNの運営側によって運用配備されている警備ガンプラがHG化
GBN-ガードフレームにガンダムタイプの装甲を換装させた仕様機という設定
内部に機体特性の変化や向上を可能にする特殊ユニットが組み込まれた、
ゲインアーマーと呼ばれる新開発の装甲システムで、
本機はRX-78-2ガンダムの特性を基にした強化が行われている模様
主にゲームマスタークラスにあたる上位管理者が直接GBNに介入する場合に使用されるそうです
キットはCランナーがHGBFレオパルド・ダ・ヴィンチの流用、
B1、B2ランナーがHGBD GBN-ガードフレームの流用、
A2x2枚、Eランナーが新規
Cは「HG1/144HGBF1」と表記されてるやつですね
GM/GMもこのランナー使ってたっけ
ガードフレームの流用ランナーは金型スイッチの切り替えで新規パーツが追加されています
あとはいつものサーベルエフェクトSB-13ランナーがあります
ポリキャップはPC-002A
成型色は、
パールホワイト、濃いグレー、
Eイロプラ(蛍光レッド、スカイブルー、パールホワイト、蛍光イエロー)、
クリアピンク
アレンジの利いた初代ガンダムといった出で立ち
フンドシにV字マークないな
各関節可動はガードフレームに準じます
ランドセルはビームサーベルラックが丸軸可動
ランドセル、肘、後ろ腰にそれぞれ3mm丸穴が開いています
ランドセルの穴は横並びに2つです
股下に別売のアクションベース5またはダイバーギアを接続するための丸穴が開いています
武装は、
頭部バルカン砲2門、ビームライフル2丁、ビームライフル2丁(新規)、ビームサーベル2本、シールド
バルカンは特にギミック無し
ビームライフルはガードフレームと同じもの
ロングバレルは着脱式
新規ライフルは初代ガンダム風のデザインのもの
戦艦の主砲クラスの出力というこれまた初代ガンダムを意識した設定
男らしい2パーツモナカ割り
ビームサーベルのグリップはランドセルのラックから着脱可能
ビームエフェクトもグリップから着脱可能
シールドはジョイントで前腕にマウント
十字マークついてないタイプ
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
OガンダムやAGE-1ノーマルと並べて初代ガンダムっぽいやつらで揃えたくなりますね

映画『機動戦士ガンダムNT』に登場する「袖付き」のシナンジュ・スタインがMGで立体化!
■MG 1/100 シナンジュ・スタインをベースに新規パーツを追加してナラティブVer.を再現。
■グレネード・ランチャーはシールドに装着可能。
■ハイ・ビーム・ライフル、バズーカは合体可能。
■カトキハジメ氏デザインのプラモデルオリジナルマーキングシールが付属。

ガンプラ情報
4月発売
MG Sガンダム/Ex-Sガンダム 12960円
HGAC マグアナック 1296円
HG GTO シャア専用ザクII 赤い彗星Ver. 1944円
HG GTO ザクII C-6/R6型 1944円
SDCS シスクード 1512円
SDCS シスクード(ティターンズカラー) 1512円

5月
ハロプラ ハロ エターナルピンク 540円

ガンダムベース東京参考出品
HGUC シルヴァ・バレト(ナラティブVer,) 未定

5月発送
HGUC ガンダムTR-6[ヘイズルII]【2次】 2592円

マグアナック!絶対バリエ展開する気だろ
オリジンザクはオリジン地上波放送に合わせての発売かな
シスクードはHGUCでもお願いします
バナージのシルヴァ・バレトも発売決定してくれ
ヘイズルIIは3月発送の1次が速攻で受付終了したようで、
現在5月発送の2次が予約受付中です


by dogyagyan | 2019-01-17 21:22 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ
今週はハロプラ モビルハロもあります

※11日(金)更新
「きゃらっがい」第4弾登場
今回はアヤメ
キットは2017年6月に発売されたフミナやギャン子の色替え&新規パーツで、
形成色は、
パープル、ライトパープル
イロプラ(ペールオレンジ、ダークパープル、ライトパープル)
イロプラ(ダークパープル、パープル)
アバターのカラーリングですね
ポリキャップはPC-7
ジグソーパズル型台座や支柱、背部リボン等は従来と同じです
別売のベアッガイFとの手繋ぎパーツやチェアーストライカーも付属
チェアーストライカーは別売のHGBDモモカプルの背部にも対応
顔面は髪、眉、顔で色分けされており、目はホイルシール
表情はマスク有無の2種付属
フィギュアライズ系の技術が取り込まれてますね
後髪がボールジョイントで可動
髪留めやマフラーはホイルシール
あと従来のプチッガイへ組み換え可能です
目のシールは予備が付いてるんだが、予備じゃなくて別表情のものを付けて欲しかったな

R・ジャジャが漸く漸くHG化
2014年12月に改造機のR・ギャギャが出てようやっと元機ですよ
キットは勿論R・ギャギャの流用
A、B、D、E1、E2、F、GランナーがR・ギャギャの流用
C1、C2、F2ランナーが新規
D、Fランナーはスイッチ切り替えでギャギャとジャジャパーツが一部替わってます
成型色は、
シャインレッド、ダークレッド、濃いグレー、イエロー、クリアイエロー
ポリキャップはPC-002、PC-7
ウエストが劇中より細く感じるが可動範囲確保のためですかね
頭部はモノアイ可動ギミック等はなし、首は上下ボールジョイントのポリキャップ
腋は引き出し式
胴体は胸と腹、腹と腰にボールポリキャップ
肩アーマーはボールポリキャップとヒンジ接続で回転、
後方にあるバリアブル・シールドを前方に持ってこれます
ついでに角部分も可動します
上腕ロール可動、肘二重関節、手首はボールジョイント
股関節は上下にスイング
太ももロール可動、膝二重関節、足首は脛側がポリキャップで可動し、靴側にボールジョイント
股下は別売のアクションベース5に対応した丸穴が開いています
武装は、
銃剣付きビーム・ライフル、3連装ミサイル・ポッド12基、
ビーム・サーベル、バリアブル・シールド
ビーム・ライフルは、ストックが可動
バリアブル・シールドにマウント可能
銃剣は着脱式で手に持たせられます
肩アーマーの3連装ミサイル・ポッドは特にギミックはありませんが、
発射口の黄色は全てパーツでしっかり色分けされています
ビーム・サーベルは、ビームエフェクト着脱可能
グリップは鞘から着脱可能
バリアブル・シールドは、根元とバインダーが可動
手首は、
武器持ち手が左右1個ずつ
左平手が各1個
待ちに待ったR・ジャジャが発売されて2019年は幸先のいいスタートですね(?)
トワイライトアクシズ版は出るのかなあ、完全に時期を逃した感があるけど

ガンプラ情報

5月
HGCE デスティニーガンダム 2019年1月16日(水)より一般予約開始

4月発送
MG RGM-89D ジェガンD型 4536円
RE/100 89式ベース・ジャバー(ユニコーンVer.) 3240円

おーデスティニーもHGCE化か
アスランの機体もHGCE化してくれ


by dogyagyan | 2019-01-10 22:39 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ
今週はHG無し
ガンイージHGでも出してくれよー
それにしても今年のガンプラの〆がガンイージってすげーな

GNドライヴから全身へ広がる粒子の挙動を感じることができるLEDユニット!
■GN粒子の蓄積・圧縮による色調変化を、新設計のLEDユニットにより表現。
■全身のGNケーブルには光の伝達を可能にする導光素材を採用。
■起動状態の「緑」から稼働状態の「緑・青」と推移し、GN粒子の臨界状態の「赤」へと変化する。
■別売りの「PG 1/60 ガンダムエクシア」の本体に組み込むことでGN粒子の蓄積・圧縮による色調変化を表現できる。

『機動戦士Vガンダム』シリーズより、ガンイージがREで登場!
■肩部のビーム・サーベルの収納をはじめ、ビーム・バズーカのリアアーマーへのマウントが可能。
■肩部に装備された2連マルチランチャーは、ハッチの開閉を再現。
■ホログラム加工が施されたPET素材によるビーム・シールドが付属。
■REならではのシンプルな構成を活かした組み立てやすい構造。


by dogyagyan | 2018-12-27 22:34 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ

※21日(金)更新
フルコーンがRG化
例によって発売日厳守と思われます
今回は限定パッケージなどは無し
パッケージサイズはRGサザビーと同じくらいという大型モノ
フレームは既存の「アドヴァンスドMSジョイント」を流用せず、
クリアグリーンと濃いマホガニーに色分けされた専用フレームです
キットは2017年8月発売のRGユニコーンの成型色変更&武装追加品
A1、B、C、D1、FE1、F、G、H、I1ランナーが流用
A2、D2、I2、FA1、FA2、FB1、FB2、FCランナーが新規
あとビームサーベルエフェクトのSB-12
成形色は、
クリアグリーン、
イロプラ(クリアグリーン/濃いマホガニー)、
ホワイト、グレーがかったホワイト、濃いマホガニー、
イロプラ(ダークブルー、濃いマホガニー、インディブルー、明るめのクリアグリーン)、
イロプラ(レッド、ホワイト、濃いマホガニー、クリアグリーン)、
イロプラ(レッド、ホワイト、濃いマホガニー、クリアピンク)、
クリアピンク
やはり一部アンダーゲート
本体の可動、変身ギミック等は特に変わらず
大型ブースター2基は脚がボールジョイントで可動します
股下に別売のアクションベース2を接続するためのジョイントパーツが付属
同スケールの私服バナージ・リンクスのフィギュアも付属
手首は握り拳、平手、武器持ち手が左右1個ずつ
いつもの可動指はなし
武装は、
ビーム・マグナム、ハイパー・ビーム・ジャベリン、3連装ハンド・グレネード・ユニット4基、
3連装ミサイル・ランチャー2基、グレネード・ランチャー2丁、ビーム・ガトリングガン6丁、
ハイパー・バズーカ2丁、シールド3枚、ビーム・サーベル4本
マグナムはフォアグリップ可動、カートリッジ着脱可能
ハイパー・ビーム・ジャベリンは組み替えで折りたたみ可能
折りたたんだ状態でバックパックに追加されたラックにマウント
グリップを3箇所の位置に付け替え可能
ビームエフェクト着脱可能
△状の矛先を取り外してビーム・マグナム下部に取付可能
3連装ハンド・グレネード・ユニットは両脚部とバズーカ2丁にマウント
中央に可動箇所があります
3連装ミサイル・ランチャーはバズーカ2丁にマウント
グレネード・ランチャーはグリップ可動
マガジン着脱可能
ビーム・ガトリングガンはグリップとスコープ?が可動
バックパックに追加されたラックと両腕に追加されたパーツにマウント
更にシールドをマウント可能
ガトリング→ジャベリン→シールドで多重マウントも可能です
バズーカはフォアグリップ可動、砲身やマガジンを取り付ける後部が伸縮可能
バズーカ本体はバックパックに追加されたラックにマウント可能
シールドはユニコーンモードからデストロイモードへ変形可能
サーベルのグリップはバックパックと前腕の計4本ありますが、
ビーム刃エフェクトはやはりクリアピンクのSB-12が2本しかありません
大ボリュームで正に年末商戦用アイテムといったところですね
ランナー枚数とパーツ数が半端ないわ

AGEIIマグナムの決戦仕様がHG化
キットは2012年1月発売のHGガンダムAGE-2 ノーマル、
及び2018年3月発売のHGAGEIIマグナムの成型色変更&武装追加品
A、DランナーがAGE-2ノーマルの流用
Jx2、K1、K2、Lx2ランナーがAGEIIマグナムの流用
O、N、Mx2ランナーが新規
他、ランナーレス台座のBA-0、ビームサーベルエフェクトのSB-9ランナーもあります
成型色は、
イロプラ(ライトグレー、イエロー、ホワイト、ティターンズブルー2)、
濃いグレー、ホワイト、ライトグレー、クリアグリーン、クリアピンク、クリア
ポリキャップはPC-001A
マグナムから更にカスタムした機体ですがやはり過度に原型を崩さず、
AGE劇中に出てきそうな程度のアレンジ具合が流石チャンピオンのセンスといったところでしょうか
羽のようなデザインになった頭部アンテナ、
サイドスカートのウイングがビームマグナム、
地表へ着地する時に変形し、打突武器にもなる脚部追加ユニット、
シグマシスファンネルをマウントするための可動アームが付いたバックパック
などが主な変更点です
股下は付属のBA-0台座に対応した丸穴が開いています
台座はクリア
穴は別売のアクションベース5や来月発売予定のダイバーギアにも対応
一部差し替えで高速飛行形態のフェニックスモードへ変形可能
武装は、
ハイパードッズライフルマグナム、シグルシールド、
Fファンネル4基、ビームサーベル2本、ビームバルカン2基、シグマシスファンネル2基
ハイパードッズライフルマグナム(名前なげー)は、
グリップが可動
上部カバーも可動、下部カバーはスライド可能
左右どちらの手にも持たせられ、リアスカートにマウント可能
シグルシールドは左右どちらの前腕にもマウント可能
手首アーマーの向きを差し替えることでシールドのマウント位置を変えることができます
シールドはランナー構成上の余剰パーツでもう1枚組めるのですが、
ジョイントパーツが1つ分しかないので両腕装備ができないのはちょっと残念
Fファンネルは肩アーマーから着脱可能
剣として手に持たせることもできます
あと接続軸利用して別売のアクションベース等を利用すれば、
ファンネルが浮遊してる状態が再現できます
ビームサーベルはサーベルエフェクトを着脱可能
グリップはリアスカートにマウント可能
ビームバルカンは前述の通りサイドスカートにあり、前後に可動
シグマシスファンネルはカバーとフィンが可動
バックパックのアームから着脱可能で、
別売のアクションベース5を利用すれば、
ファンネルが浮遊してる状態が再現できます
手首は、
武器持ち手が左右1個ずつ
左握り拳と左平手が各1個
いやてっきりプレバン行きになるかと思ってたから、
放送終了後とはいえ一般発売で安心したわ


by dogyagyan | 2018-12-20 21:19 | ガンプラ

私だ
今日出荷だ
今週はPG ダブルオーガンダムセブンソード/Gとか、
Figure-rise Mechanics ハロもあります

※14日(金)更新
月刊ガンダムエースにて好評連載中の公式外伝、
『ガンダムビルドダイバーズブレイク』に登場する主人公の機体がHG化
格闘機体のシャイニングをわざわざ可変機にするというなんか凝ったやつ
主人公のアークがマスダイバーだった頃は黒を基調としたカラーリングだったが、
ブレイクデカールと決別した後はオーソドックスなトリコロールカラーとなった設定
必殺技はシャイニング・ブーストフィンガー
キットは2011年8月発売のHGFCシャイニングガンダムの流用で、
B1x2枚、C1、C2ランナーが流用
A1、A2、Iランナーが新規
流用ランナーは金型スイッチの切り替えで一部パーツがなくなっていますが、
それでも余剰パーツが結構あります
あと新規ランナーにも余剰パーツが出ます
A1、A2ランナーが一部成型色が違うだけのほぼ同じものですな
これのせいでごっそり余剰がでるわけで
成型色は、
イロプラ(ダークブルー、クリアグリーン、ホワイト、モンザレッド)、
イロプラ(ダークブルー、イエロー、ホワイト、モンザレッド)、
ホワイト、濃いグレー、クリアピンク
ポリキャップはPC-001
本体はトリコロールカラーの方を再現
頭部は新規造型
首はダブルボールポリキャップのPC6を使用
腋は引き出し式、肩アーマーは外側の突起が可動
上腕ロール可動、肘二重関節、手首はボールジョイント
バックパックは左右のビームサーベルラックがロール可動
胸と腹、腹と腰の間にそれぞれボールポリキャップ
腰回りはベース機のシャイニングのままですね
股関節は前後スイング、太ももロール可動、肘二重関節
ふくらはぎ外側の赤いユニットが若干回転可動
ベース機がスーパーモードの時に開くカバーがあった部分ですね
足首はアンクルアーマーごとブロックになっており、
脛とアンクルアーマーブロックがポリキャップと丸軸で接続、
アンクルアーマーと靴はボールジョイントで接続
股下には別売のアクションベース5またはダイバーギアを接続するための丸穴が開いています
飛行形態のシャイニングベルクートに変形可能
バックパックのサーベルグリップが余剰になります
武装は、
バルカン砲4門、ビームライフル、シールド、ビームサーベル2本
頭部のバルカンは口径が異なる設定で、特にギミック無し
ビームライフルはグリップと下部の赤い部分が可動
シャイニングベルクート時には機首になります
シールドはグリップと赤いウイングが可動
グリップを持たせつつ前腕アーマーにマウント
シャイニングベルクート時には主翼になります
ビームサーベルはクリアピンクのSB5パーツを着脱可能
ベース機同様長さの違う2本
手首は握り拳と武器持ち手が左右1個ずつ
漫画読んだことないけどシャイニングを可変機に改造する発想、嫌いじゃないぜ
ほぼ寝そべり変形なのも90年代っぽいし

あのサラがHG化
コーイチとシバが共同でビルドしたガンプラで、
ハード面はコーイチ担当、ソフト面はシバが担当した設定
ガンダムベース東京のチラシ封入
キットは一部ダイバーナミの流用で、
A1、A2ランナーがダイバーナミ
B1、B2、C1、C2、D、Eランナーが新規
いつものランナーレスなBA-O台座付き
成型色は、
濃いめのグレーパープル、ホワイト、明るめのベージュ、ライトブルー、クリア
ポリキャップはPC-7
なんか色合いといい膨らんだスカートといい、キマリスっぽいな
リアル時とMS時どちらも再現できるようになっています
リアル時頭部は正面、左右の3種の目線シールから選択
首はダブルボールジョイント
後ろの髪の毛はPC-7のボールポリキャップで可動
腋は胴体側でスイング、腕部との接続はボールジョイント
上腕ロール可動、肘二重関節、手首はボールジョイント
胸と腹はボールジョイントとスイングで可動
腰もスイング
胸部の前掛け?部分が可動
スカートはサイドとリアが可動
リアスカート裏にBA-O台座に対応する穴が開いています
股関節はスイング可動、脚部とのはボールジョイント
太ももロール可動、膝二重関節、アンクルアーマー可動
足首はジョイントで可動
MS形態は頭部と腕部を一旦取り外し、
胸部内の腋関節パーツ、フェイス、上腕をMS時の物に交換して完成
MS時の上腕は肩アーマーが可動
バラす必要がある部分が多いので慎重にやった方がいいと思います
武器は特になし
ただしサブ、メインカメラは高精度、
ユニコーンガンダムのビーム・マグナムを連射できるほどの頑強な腕部、
∀の月光蝶が発動できると噂のスカート等、
かなりの高性能MSらしいです
流石コーイチとシバの合作だな
手首は武器持ち手と平手が左右1個ずつ
リアル時はダイバーナミやダイバーアヤメと並べたり、
MS時はビルドダイバーズの機体と並べたりと1個で色々捗りますね
リアル時の瞳シールは兎も角MS時のカメラアイとかはクリアパーツで再現して欲しかったな

ガンプラ情報
3月
HGUC ナラティブガンダム C装備 ?円

出るのはいいけどそんな先かよ


by dogyagyan | 2018-12-13 22:04 | ガンプラ | Comments(0)

私だ
今日出荷だ
今週はSDCSフェネクス (デストロイモード) (ナラティブVer.)もあります

※7日(金)更新
Zでアムロが搭乗したあのディジェが遂にHGUC化
旧キットが放送当時発売だから30年以上前か
キットは完全新規
成型色は、
ダークブルー、エメラルドグリーン、ファントムグレー、パープルグレー、イエロー、濃いめのレッド、クリアイエロー
ポリキャップはPC-002
頭部モノアイは通常のものと両サイドにツインアイのモールドが入ったものの二択
実はツインアイがあるみたいな設定もすっかり定着したな
流石にマスクをはずすと中からガンダムフェイスは出てきませんが
後頭部と背部を繋ぐ動力パイプは軟質素材
首はPC-002に入ってるダブルボールジョイントのもの
肩関節引き出し式&スイング、上腕ロール可動、肘2重関節
肩は胸部側でも腕側でも可動し、肩と腕の接続部はボールジョイント
肩アーマー外側やシールドはボールジョイント接続部が可動
背部バインダーはボールジョイントで可動
胸と腹、腹と腰の間はボールジョイント
お腹の赤いパーツが邪魔で腰動かなそうに見えますが、
赤いパーツは胸部とボールジョイントで接続されており可動します
フロントスカートは前後分割済みの他、
上下も別パーツになっており個別に可動
股関節は上下にスイング、太ももロール可動、膝2重関節
太ももやふくらはぎを繋ぐ動力パイプは軟質素材
アンクルガードは独立可動
足首の接続はボールジョイントですが脛側もポリキャップで動きます
股下には別売のアクションベース5を接続するための丸穴が開いています
武装は、
60mmバルカン、ビーム・ライフル、クレイ・バズーカ、ビーム・ナギナタ
頭部バルカンは特にギミック無し
ビーム・ライフルはモナカ割りの本体と銃口の3パーツ構成
クレイ・バズーカはグリップ可動
専用ジョイントで左肩にマウントできる他、
バックパック外側にもマウント可能です
ビーム・ナギナタはSB-20のビーム刃着脱可能、グリップはリアスカートにマウント可能
手首は武器持ち手が左右1個ずつ
右銃持ち手、左平手が各1個
いやー待ちに待ったディジェが漸く出てくれました
あのアムロが乗った機体なのに中々出ないんだもんなー
NTでも活躍したのでNTver.も欲しくなりますね


by dogyagyan | 2018-12-06 22:36 | ガンプラ

私だ
放送中に発表されていて「もしかして最終決戦に出るのかな?」
と思ったがそんなことはなかった食玩ミニプラ発売中だ
全5種各518円でソーダ味のガム1個入
パッケージはHGUCを意識したデザイン
グレートショックガンダムへの変形合体説明書は、
アストレイレッドフレームに、
キングショックガンダムへの変形合体説明書は、
ブルーフレームにだけ封入されてますが、
各組立説明書にもそれぞれの変形方法が記述されています
プラはABS製
一時期HGUC等に採用されていた硬くて加工しづらいタイプではなく、
普通のプラに近い質感です
ランナーはゲートのないタッチゲート式

1. ショックガンダム Mk-II
唯一モチーフがないオリジナルSDかと思われます
前作?ショックガンダムとは角の形状と成型色が違います
ランナー5枚
成型色はホワイト、レッド、イエロー、明るめのブルー、ガンメタリック
これとホイルシールで大体色分けできてますね
首、肩の付け根、上腕がボールジョイントで可動
手首、腰がロール可動
脚の付け根と足首がボールジョイント
武装はハサミっぽい剣、ハンマー
ハサミは可動しません
ハンマーは肉抜き穴あり
ハンマーはおまけの粒ガムがモチーフかな

2. SGガンダムアストレイ レッドフレーム
ガンダムアストレイ レッドフレームのSD
前作?RX-78-2ガンダムはリストラされました
ランナー4枚
成型色はホワイト、レッド、ファントムグレー、ガンメタリック
これとホイルシールで大体色分けできてますね
ファントムグレーのゴーグル付
首、肩の付け根、上腕がボールジョイントで可動
手首、腰がロール可動
脚の付け根と足首がボールジョイント
武装はガーベラ・ストレート
お菓子がモチーフの武器は無し

3. SGガンダムアストレイ ブルーフレーム
ガンダムアストレイ ブルーフレームのSD
前作?シャア専用ザクはリストラされました
ランナー4枚
成型色はホワイト、明るめのブルー、ファントムグレー、ガンメタリック
これとホイルシールで大体色分けできてますね
ファントムグレーのゴーグル付
首、肩の付け根、上腕がボールジョイントで可動
手首、腰がロール可動
脚の付け根と足首がボールジョイント
武装はビームライフル
お菓子がモチーフの武器は無し

4. SGニューガンダムセカンド
νガンダム ダブル・フィン・ファンネル装備型のSD
前作?と変わってHi-νのようなカラーリングに
ランナー6枚
成型色はホワイト2枚、レッド、明るめのパープル、シルバー、ガンメタリック
これとホイルシールで大体色分けできてますね
明るめのパープルのゴーグル付
フィン・ファンネルは固定されているので分離・変形不可
あとガッツリ肉抜き穴があります
首、肩の付け根、上腕がボールジョイントで可動
手首、腰がロール可動
脚の付け根と足首がボールジョイント
武装はニューハイパーバズーカ、ビームサーベル
サーベルは肉抜き穴あり
サーベルはポッキー的なチョココーティングしたスティック菓子がモチーフかな

5. SGサザビーセカンド
サザビーのSD
前作?と変わって百式のようなカラーリングに
画像や写真見た時は金色じゃなくてサンドイエローに見えたから、
サザビー(陸戦用重装型)かと思ったわ
ランナー5枚
成型色はゴールド3枚、ブラック、ガンメタリック
これとホイルシールで大体色分けできてますね
ファンネルコンテナとプロペラントタンクにガッツリ肉抜き穴があります
首、肩の付け根、上腕がボールジョイントで可動
手首、腰、ファンネルコンテナ、プロペラントタンクがロール可動
脚の付け根と足首がボールジョイント
襟足とファンネルが干渉して頭部があまり動かせませんが、
動かす時はファンネルとっぱらっちゃえばいいかと
武装はビームショットライフル、ファンネル4基
ライフルは肉抜き穴あり
ファンネルはリボン風に包まれたキャンディがモチーフかな

全5種集めるとグレートショックガンダムに合体可能!
ショックガンダム Mk-IIが頭部と胴体、
レッドフレームが右腕、ブルーフレームが左腕、
νセカンドが右脚、サザビーセカンドが左足を構成
やはりνとサザビーの頭部は余ります
何かうまいこと組み込んで欲しかったですね
右手首はレッドフレームのランドセルから変形した武器持ち手、
左手首はブルーフレームのランドセルから変形した武器持ち手
右はクロー、左はガトリングガンが付いています
つま先はνやサザビーのバックパックです
ショックガンダム Mk-IIの剣、レッドフレームのガーベラ・ストレート、ブルーフレームのビームライフル、
νセカンドのバズーカ、サザビーセカンドのライフルが合体、
グレートショックガンソードやグレートショックガンライフルに差し替え変形可能
手に持たせられます
尚、レッドフレームとブルーフレームは別売のHGBDガンダムダブルオーダイバーや、
HGBDガンダムAGEIIマグナムの両腕と差し替えることが可能
更に別売の前作?の機体と合体させることでキングショックガンダムが完成!

前作?と互換性があるのでオリジナル合体遊びなんかもでき、
プレイバリューが高いですね
しかしキングショックガンダム、アニメで動くところが見たかったぜ


by dogyagyan | 2018-11-29 23:11 | ガンプラ