人気ブログランキング |
ブログトップ

n-zenの葉酸ってなに・別館

u0hu0hu0h.exblog.jp

うぬぬほ

<   2019年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧


私だ
第13話「邪悪!もうひとつのクロニクル!!」

あらすじ
ブースカ劇場に現れたウルトラマントレギアが、
ウルトラマンたちと激戦をくり広げた数々の強者たちを紹介するぞ!

OPと提供後はペガ・ブースカパート
何か久々のブースカ劇場
相変わらずお客が来ない劇場にトレギアが!
いつもウルトラヒーローの活躍を見て飽きないか?
ということで今回は半ば強制的に闇を見せられることになったぞ
勝手に闇求めてることにすんなやトレギア

CMあけ1発目はベリアル狂信者の伏井出ケイ先生紹介
ジード18話「夢を継ぐ者」のザイゴーグとサンダーキラー、
22話「奪還」のキングギャラクトロンを紹介
お次はギャラクトロンとインチキ魔術師のムルナウ紹介
劇場版「ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!」から、
ムルナウ配下のテンペラー星人バチスタ、ヒッポリト星人カリスト、ガッツ星人ドッペル、デアボリック、サデスも紹介
再びCMあけは紳士ぶった極悪魔神のエタルガー紹介
劇場版「ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!」から、
エタルガーの戦闘シーンとエタルダミーも紹介
何故かダークルギエルとベリアルのダミーは紹介されなかった
お次はグリーザ紹介
22話「虹の大地」から、
戦闘シーン紹介
ここでトレギアから2択
ウルトラヒーローを選ぶか、闇を選ぶか
今回は強制せず宇宙の彼方からどちらを選ぶか見てるといって去って行きました
怖がるブースカだがトレギアは肝心なところを紹介していないと指摘するペガ
そうウルトラヒーローはどんな闇の強敵にも勝ってきたのだ
ということで今回紹介作品よりヒーロー勝利シーンダイジェストで〆
ブースカもヒーローかっこよさを伝えたくて劇場を作ったんだ
そうか割と考えて劇場作ったんだな
そういうの前面に押し出せばというペガだが、
ガンQおじさんのラーメン食べて作戦会議することに
やっぱ何も考えてなさそう
2人が去った後にスクリーンにトレギア登場
「次は君の隣にいるかも知れない」
ひええ
いつもの劇場版R/Bの宣伝でおしまい
今回は番組を乗っ取ったトレギアによる悪者総集編でした
こういう切り口もいいよね
あとウル伝でベリアル軍団が番組ジャックしたのを思い出すな

次回はウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル 第14話「襲来!美しき終焉!!」
提供バックはニュージェネ戦士キービジュアル


by dogyagyan | 2019-03-30 19:08 | ウルトラマン

私だ
TOKYO MX24話 ノトーリアス・B・I・Gです

アバンは、ボートで先を急ぐ護衛チーム→
「サルディニアで「ボスの過去」を一刻も早く見つけなければオレたちの負けだ」→
マルコ・ポーロ国際空港→レーダーで周囲を警戒するナランチャ→
飛行機に生き物は乗ってないか調べるジョルノ→「よしッ!この機をいただこう!」→
「行き先は『サルディニア島』!! 飛行時間は約2時間だッ!!」OP→提供→CM→Aパートへ

警備員とのやり取りはカット
あそこのギャグシーン面白いのに残念だ

Aパートは、「『ムーディー・B』の「再生」で飛ばすのかよ」→INSをインプットし直すアバッキオ→
ブチャラティの深そうな足の負傷を見つけるトリッシュ→左前方から来る者→「そこで止まるんだ―――――ッ」→
ミスタの警告も聞かず接近してくる者→接近する者の足を撃ち抜き再度警告するミスタ→
「スタンド使いだ!」→『セックス・ピストルズッ!』→倒れる敵→あっけなさ過ぎる敵に困惑するジョルノ→
「完全に死んでいます」→離陸→ブチャラティとトリッシュの会話→
「キツネの尾(カーラ・ディ・ヴォルペ)だな行き先は限定されたわけだ………!!」→
不審な物音を聞くジョルノ→ミスタに銃を構えさせ戸棚を開けるジョルノ→冷蔵庫→中に人の指と骨→
ジョルノに骨の生命エネルギーを調べさせるブチャラティ→生命のない物体→「これは外に捨てよう」→
「『スティッキィ・フィンガーズ!!』」→ポン‥→冷蔵庫ごと外に捨てられる骨→
機内に駅のトイレみたいな落書きを見つけるジョルノ→「敵スタンドの名は『ノトーリアス・B・I・G』」→
ジョルノの右腕から出てくるペンを持った別の右手→「『ゴールド・E』ぼくの右腕を切り落とせ――――ッ!!」→
ジョルノの右腕と同じ形に喰われるゴールド・Eの右腕→CM→Bパートへ

原作では警備員→ナラ「パイロットどうすんだ」→ムーディー・Bでパイロットを再生→
生命を調べるジョルノ→ブチャ「飛行時間云々」だったのだがアバン含めてカット&構成変更
あっけない敵、アニメでカラーになるとなかなかの気味の悪さだ
飛行機と一緒に飛ぶエアロスミスがかわいい
離陸時のナランチャやアバッキオの細かい台詞はカット
まあ物語的にはブチャとトリッシュのボスについての話の方が重要だからな
ボスの「14年前の素顔」という台詞は15年前~に変更
冷蔵庫の中の指グロい、アニメ五部の規制のなさホントすげ
落書きは原作では日本語でしたがアニメではイタリア語表記
腕に寄生するスタンド…エンプレスかな?

Bパートは、ジョルノの右腕を銃で吹き飛ばすミスタ→「早く…… 新しい右腕を創るんだな ジョルノ………」→
理解が追いつかないブチャラティ→今までの常識を超えるスタンド→
「あの男は「死ぬために」やって来たんだ……スタンドの「能力」だけを「自動追跡」にするために…」→
ピストルズ4体喰われてしまったミスタ→「ヤバイぞ…こいつ…近づくのはやばい みんな………近づくな」→
攻撃目標をナランチャに変える敵スタンド→「だがオレの『エアロスミス』なら近づかずに ブッ飛ばせるぜぇ―――ッ」→
「この動き… やっぱりこいつ何かを探知しているぞ!!」→喰われるエアロスミス→
クローゼットの中に隠れようとするトリッシュ→トリッシュに向かう敵スタンド→
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄」→ゴールド・Eの左腕に取り憑く敵スタンド→
「わかりました…探知しているものが…」→「動いている物」に反応し攻撃するスタンド→
窓を破壊し左腕を機外に出そうとするジョルノ→「オレの腕にうつせッ!そのスタンドをオレにうつせーッ!!」→
這い上がってくる敵スタンド→「やめろォォオオオオオオオオオ」→両腕を失ったジョルノ→
「ミスタとナランチャもッ! なんてことだ」→「オレの考えが甘かった!」→
ジョルノ達の信念が理解できないトリッシュ→翼の上を転がるサッカーボール→窓に張り付く敵スタンド→
トリッシュが落としたナイフを襲う敵スタンド→ゆっくり動こうとするトリッシュに反応する敵スタンド→
急に方向を変える敵スタンド→左手に成長するてんとう虫のブローチ→「ジョルノはまだ再起不能ではないッ!」→
「あの「左手」を守りきればッ!! で…でもこのあたしが今… どうやって!?」→
To Be Continued→ED→CM→次回予告→提供

アイキャッチは???と???の能力表
一体何リアス・B・I・Gなんだ
本体が死んだら動く自動追跡型スタンドってなんだよ
普通本体倒したらスタンドも倒せるはずなのに本当今までの常識を超えるスタンドですわ
精密動作は出来ないので行動は至ってシンプル、動く物を追っかけて喰う!
動く物が早ければ早いほど同じスピードで追跡してくる、このシンプルさが強い
風圧でヌルヌル動く敵スタンドがキモい
敵スタンドを追い出す事に成功したが払った代償が大きすぎる
ミスタ、ナランチャ、ジョルノ負傷
ゴールド・EやS・フィンガーズは拳で叩くか触れるかで能力を発現するタイプなので、
両腕を失ったジョルノは最早再起不能!やべえよ、やべえよ…
機外にサッカーボールを見たトリッシュ、見間違いかとホッとしたところ窓ガラスに敵バヂョン!
BGMも相まって完全にホラー映画の展開
動く物が早ければ早いほど同じスピードで追跡してくるわけだから、
飛行機にも追いつけるんですな
ゆっくり動いても敏感に反応してくる、ヤバ過ぎる
しかしジョルノさんブローチで保険かけてた、流石や
ジョルノの左腕を守れ、トリッシュ!
いやー緊迫感ハンパなくて面白かった
細かいカットが多かったがスタッフは重点を置くべきところ、しっかり描くべきところが分かってるなあ
続きがすっげー気になるところで終わりやがって、来週が待ち遠しいぞッ!

カルネ:阪口大助
ウッソ、ウッソじゃないか!
ジョジョはPS2ファントムブラッドのポコ役以来か
含み笑いとうめき声くらいしか台詞無かったのになんちゅー贅沢な使い方するんだ

おまけ
新OP「裏切り者のレクイエム」、O.S.T Vol.2発売中です

「裏切り者のレクイエム」も「Fighting Gold」同様ストリングスがクソかっこいい
「掻き消す魂(レイジ) 神(あくま)に背くと誓った日から」
って歌詞で神を「あくま」と真逆の意味に読ませるのすげーいい
しかし歌おうとすると難しい曲だなー
カップリングがやっぱり英語バージョン
O.S.T Vol.2は26曲収録
各配信サイトでもDL可
23曲目の「capo」ってイタリア語でマフィアの親分って意味、つまりボス


by dogyagyan | 2019-03-30 19:07 | ジョジョ

私だ
第12話「ウルトラマンR/B 総集編 オレ色に!染め上げろ!!後編」

あらすじ
カツミとイサミから彼らの活躍を聞くブースカとペガ。
そこに妹のアサヒもやって来る。

OPと提供後はペガ・ブースカパート
引き続き特別出張イベント
アサヒがあやかほし饅頭のおみやげ持ってきたぞ
カツミとイサミが背後に来て「志村後ろ」みたいになってるのワロタ
なんやかんやで今回はナレーションによる14~最終話の総集編です
アサヒとサキの交流、ルーブ、ルーブコウリン、キングジョー、
グランドキングメガロス、1300年前の事実、ミオ、ルーゴサイトとの決戦等を紹介
やっぱり合間にペガ・ブースカパートがちょいちょい入る
アサヒの好きな食べ物はたい焼き
クワトロMの変なTシャツ、これプレバンで買えるんだっけ
バイブス波の反応があり外へ駆け出していく湊兄妹
しかしバイブス波は怪獣ではなくブースカから出ていたものでした
流石大御所様強い
最後は湊兄妹の挨拶で〆
あとはいつもの劇場版R/Bの宣伝
総集編・後編でしたがやっぱアサヒが出てくるとみんなアサヒのペースに飲まれておもろい

次回はウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル 第13話「邪悪!もうひとつのクロニクル!!」
提供バックはニュージェネ戦士キービジュアル


by dogyagyan | 2019-03-23 22:49 | ウルトラマン

私だ
TOKYO MX23話 クラッシュとトーキング・ヘッドです

アバンは、スクアーロとティッツアーノの会話→見ずに引きずり込まれるジョルノ→
攻撃するエアロスミス→スクアーロとティッツアーノの会話→OP→提供→CM→Aパートへ

今更ですがスクアーロとティッツアーノってソルベとジェラートみたいに出来てますよね?
距離感と手つきがエロ過ぎるんですが
提供バックまでエロい手つきしやがって

Aパートは、焦るナランチャ→2つのスタンドの存在に気付くジョルノ→
機銃で水たまりを飛び散らせてしまうエアロスミス→レーダーで動きの先回りをするナランチャ→
機銃掃射→ジョルノの喉の中に入るクラッシュ→ジョルノを誤射してしまうエアロスミス→
「レーダーの印が消えたッ!」→ナランチャの言葉が気になるティッツァーノ→
「まちがいなく… 探知されているぞッ!」→下水道のジョルノに追いつくエアロスミス→
機銃掃射→クラッシュのダメージがフィードバックするスクアーロ→「やったぜ…下水から出してやった!」→
リプレイが手詰まるM・ブルース→スタンド能力の弾丸だから水の中でも消えない硝煙→
瞬間移動を繰り返すクラッシュ→「こ…『攻撃の照準』が… 『正確』になってきている」→
ダメージを受けるスクアーロ→「くらえッ!サカナ野……」→コンロからガス漏れ→
「撃てねえ――――んなら撃てねぇーでよオオオオオ てめーを殺る方法はあるぜェェェェェ―――――ッ!!」→
プロペラで斬られるクラッシュ→ブチャラティを呼ぶも本当の事が口に出せるのが不思議なナランチャ→
トーキング・ヘッドを一時解除していたティッツァーノ→駆けつけて発砲するミスタ→
爆発するキッチン→ナランチャに敵本体を追うよう指示するジョルノ→ナランチャを責めるミスタ→
クラッシュのいる場所の逆を言ってしまうナランチャ→攻撃を受けるブチャラティ達→
店外へ出て敵を探すナランチャ→CM→Bパートへ

カメラ目線で手を振り下ろして画面が手で隠れた直後、
ナランチャの顔にレーダーが出現してる演出かっこいい
レーダーに気付いたティッツアはスクアーロにジョルノの息を止めるよう言うが、
クラッシュは瞬間移動中だとアタックはやりにくい模様
そんな器用に動けないんですね
エアロスミス、ジョルノを誤射する痛恨のミス!と思いきや、
ジョルノは咄嗟に体を動かしてわざと機銃に撃たれ、
硝煙をレーダーで探知してもらう作戦なのでした
ジョルノは味方をサポートするのに体張りすぎるよな
こういう行動で仲間から信頼を得ていくわけだが
瞬間移動されちゃうとM・ブルースのリプレイは追いかけきれないんだな
クラッシュを追い続けたことでクラッシュは短い距離しか飛べない事に気付いたナランチャ賢いぞー
しかしスクアーロも考えたものでレストランのキッチンまで逃げ込み、
コンロからガス漏れさせたことで機銃よる引火を誘おうとするとはやりおる
撃てないならエアロスミスのプロペラによる斬撃!そういうのもあるのか
ティッツァーノもわざとトーキング・ヘッド一時解除してブチャ達誘い込むのやりおる
自分が滅茶苦茶ピンチの中、ナランチャに敵本体の方を探すように助言するジョルノさん流石すぎる

Bパートは、ナランチャが本体を探している事に気付くスクアーロ→
スクアーロを落ちつかせるティッツァーノ→「見つけたぞ!そこに!いるな!」→
トーキング・ヘッドのウソ?→舌を切り取っていたナランチャ→
ナランチャの舌になるジョルノのブローチ→呼吸を大きく乱す奴を探すナランチャ→
クラッシュを付近の井戸まで戻すスクアーロ→スクアーロを庇ってエアロスミスに撃たれるティッツァーノ→
「これで「水」ができたろう…スクアーロ」→ティッツァーノ死亡→
命令や任務でなくティッツァーノのために殺る覚悟を決めるスクアーロ→
「『クラッシュ』!喰いやぶれェェェェェのどをヲヲヲヲヲオオオオオオオオオオ」→
「ひるむ………!と 思うのか…… これしきの ………これしきの事でよォォォオオオオ」→
エアロスミスの体当たりで体が浮くスクアーロ→「ボラボラボラボラボラボラボラボラ」→
「ボラーレ・ヴィーア(飛んで行きな)」→スクアーロ死亡→
ジョルノが息を吹き返している事を確認するナランチャ→ジョルノを指導者のように思うナランチャ→
ボートで先を急ぐ護衛チーム→「サルディニアで「ボスの過去」を一刻も早く見つけなければオレたちの負けだ」→
To Be Continued→ED→CM→次回予告→提供

アイキャッチはティッツァーノとトーキング・ヘッドの能力表
スクアーロがダメージを受けて息が荒くなったとはいえ、
街の広場にはスクアーロより息が荒い人間はいくらでもいろだろ高をくくっていたティッァ
「見つけたぞ」もトーキング・ヘッドによるウソかと思ったら、
ナランチャは舌ごとトーキング・ヘッドを切り取り、
ジョルノのてんとう虫ブローチで舌を生成してました
これはジョルノの能力を信用してないとできないわ
ナランチャはクラッシュの本体であるスクアーロを探してるのかと思ったら、
トーキング・ヘッドを舌ごと切り取られて動揺するティッツァの方だったのが意外ッ!
ナイフの先に舌刺してうろうろしてる奴なんて一般人じゃよく見てないと分からないだろうしな
ティッツァを見つけたナランチャから、
エアロスミスがナランチャに着陸するところまで、
いつもの色調変更演出
ナランチャのバンダナと腰巻きが青系、ティッツァの服が黄色、スクアーロのバンダナがオレンジ系
クラッシュをナランチャまでジャンプするための水がない、
ティッツァーノは機銃掃射されるとこでナランチャに血しぶきをかけました
敵は敵で自分の味方を勝たせるために体張ってアシストするから単なる悪役と断じきれないのよね
ティッツァの為に殺ると覚悟を決めたスクアーロ、だが覚悟・精神力はナランチャの方が上だった
ボラボララッシュキター!
ASBに慣れてるからアニメ版の低いトーンの「ボラボラ」と落ちついた感じの「ボラーレ・ヴィーア」は新鮮だ
これぞジョジョという駆け引き、心理戦が手に汗握る戦いでしたね
でも最後は小細工なしの精神力で押し切るのが熱いんだわ
スクアーロとティッツァーノにもプロシュート兄貴とペッシのような敵なりの絆が感じ取れたのもグッドです
それにしても舌とか食い破られた喉とか全然規制なしだな
今までと違う深夜1時台だから?
四部までだったら安定の黒塗り規制はいってただろ
なにはともあれボラボラ提供で〆


by dogyagyan | 2019-03-23 22:48 | ジョジョ

私だ
昨日先行上映で本日正式公開だがすいません明日見に行きます

※23日(土)更新
見てきますた
サイバトロン星での戦いで劣勢になったオートボットは星から脱出することとなり、
バンブルビーはオプティマスの命令で1人地球へ
地球でヒロインのチャーリーと出会い、交流、追ってきたディセプティコンとの戦い、そして別れ
といった王道映画なわけですが…
まず冒頭のサイバトロン星での戦争シーン、短い時間だったんですが、
TF達がみんな昔のアニメ版基準のデザインじゃねーか!
オプティマスいやコンボイ司令官、ラチェット、アーシー、ホイルジャック、ゴング、
レーザーウェーブ、サウンドウェーブ、スタースクリーム他ジェットロン部隊、
みーんな馴染みのある姿で動いてる!
これこれこれが見たかったんだよ、これできるなら実写映画最初から作り直してくれよ!
コンボイなんか喋る時バトルマスクがちゃんとモゴモゴ動くし分かってるわあ
音波さんは声にエフェクトかかってたりジャガーイジェクトしたり昔のまんま
ビーは最初偶然演習中の米軍に遭遇してジープスキャンしてたな
ジープのバンブルビーは珍しい
で追ってきた奴がカラーリング的にスタスクっぽいんだが、ブリッツウイングだったんですね
なんでスタスクカラーにしたんだろうなあ
この時の戦闘でビーは発生機能を失いことに
更に追ってきたシャッターとドロップキックはあんま馴染みないからこの映画オリジナルTFかな
ビークル二形態+ロボットモードでこいつらトリプルチェンジャーだな
この2人に宇宙で拷問受けて真っ二つにぶった切られたクリフジャンパー哀れ
クリフも昔のアニメ基準のデザインだったなあ
ビーは実写映画との繋がりのせいかロボットモードはクリフと似てない実写基準だったけど
元飛び込み選手のチャーリーがリア充に崖から海へ飛び込めと煽られた時、
ビーのラジオから「You got the touch, You got the power!」
と昔のザ・ムービーの主題歌流れてきたのは驚いた
ここまでネタ仕込んでくるとは
ドロップキックとの戦いではビーがビークルモードで攻撃を避けてターン、
走ってドロップキックに向かいその勢いのままロボットモードになって飛びかかるという、
昔のアニメでやってた戦法リスペクトしてるのも素晴らしい
あとビートルになったビーが潜伏してた廃品置き場が、
ちょっとTFアドベンチャーのデニーのスクラップ場っぽい雰囲気なのもイイ
とまあ旧作ファンサービス部分ばかり褒めてますが、
地球に慣れてないビーはちっちゃい子みたいでかわいいし、
チャーリーと隣人メモとの交流は微笑ましいし、
87年が舞台ということもあって劇中で昔の洋楽がたくさん使われてるし、
と旧作ファンサービス以外のところにも面白い部分はたくさんあります
最後のお別れでビーじゃなくてチャーリーがお別れ切り出すのは泣けるなあ
ビーはカマロをスキャンして走り去り実写映画へと繋がります
迎えに来たコンボイ司令官のビークルモードが昔のままで更に泣ける
後ろのコンテままで昔基準という徹底ぶり
やっぱ中にローラーいるのかなあ
結論:やっぱ旧アニメ最高だわ(おい


by dogyagyan | 2019-03-22 23:18


私だ
今日出荷だ
今週はFigure-rise Standard BUILD DIVERS ダイバーアヤメもあります
キットの上半身のみを使用したバストアップ展示用パーツも付属するみたいですね
Figure-riseBustシリーズみたいな飾り方もできるわけか
あとパッケージに028とナンバリングされており、
HGBD 027のガンダムザラキエルの後にくるナンバーです

『機動戦士ガンダム00』よりガンダムデュナメスがついに完全新規造形でMGに登場!
■GNスナイパーライフルのスタンドを展開し、本体を地面に伏せた「狙撃」の構えも再現可能。
■スナイプポーズの動きに対応した頭部ギミック、脚部関節構造により緊張感が漂うポージングを再現できる。
■GNフル・シールドの展開を再現。
■腰部・膝部のミサイル・信号弾のハッチ開閉やGNスラスターの展開ギミックなどMGならではのギミックを搭載


by dogyagyan | 2019-03-20 21:59 | ガンプラ

私だ
ジョジョリオン20巻今日発売だ
羽伴毅のスタンド=ドクター・ウーとの戦い
能力は本体を細胞レベルまで分解する事
パワーは全然無いが空調で飛んだりでき、
人の体内に入って取り憑く事が可能
なるほどこれで密葉を操ってたわけですね
そして体内に入る事でロカカカの等価交換をコントロールしていたわけだが、
密葉を治すために等価交換されたのは密葉のお腹の中の子でした
これはゲス野郎ですわ羽伴毅
ここでついに密葉のスタンド=アウェイキング・IIIリーブスが覚醒
能力は出した矢印の方向にエネルギーが動く
これで矢印が指した方向に物を吹っ飛ばしたり細胞レベルに分解された羽伴毅を体外に出す事が可能
シンプルだけど凄い能力ですね
羽伴毅の脳部分を医療用テープで包んで外へ捨てたが、
婦人科の奥にあったロカカカの枝のある部屋のスプリンクラーを伝って侵入
再び取り憑かれた密葉が康穂を攻撃するも、
康穂が医療用テープで矢印を密葉に向け羽伴毅の破片が体外へ
駆けつけた定助が医療用セメントを混ぜたシャボン玉で破片を取り込み羽伴毅終了
部屋にあった旧タイプのロカカカは破壊されたが新ロカカカの枝はここにはないッ!?
一体誰が持ってるんだ…?
密葉はロカカカの実を食べお腹の子を取り戻すも等価交換で鼻を失いました
んー今現在新ロカカカの枝を持ってるのは誰なんだー
羽伴毅がロカカカのメカニズムを説明している動画が残ってたんだが、
どうもスポンサーがいるようですね
こいつがラスボスかな
病院でバイトしてて定助に康穂の居場所教えた康穂の元彼は今後も出番あるのか?
ドクター・ウーとアウェイキング・IIIリーブスの能力面白いわ
あと密葉も東方家の人間だからスタンド名に「キング」がつくのね

次巻の発売予定は2019年夏予定
To BE CONTINUED...


by dogyagyan | 2019-03-19 22:44 | ジョジョ

私だ
第11話「ウルトラマンR/B 総集編 オレ色に!染め上げろ!!前編」

あらすじ
突然ウルトラマンの力を手にした兄弟の物語。
その活躍を二週連続の総集編で振り返る。

OPと提供後はペガ・ブースカパート
何やら楽しい特別出張イベントが始まるそうで
ガンQおじさん乱入!ではなくカツミとイサミキター!
大御所様とペガのバイブス波測るなイサミ
ルーブジャイロの秘密が知りたい、
ということで今回はナレーションによる1~13話の総集編です
合間にペガ・ブースカパートがちょいちょい入るのいいぞ
ジャイロの機能やクリスタルのエレメント、使用できる技について解説
Bパートからはルーブスラッガーの解説、湊家、愛染の紹介
ウシオさん、珍妙なTシャツを作るとか解説されててワロタ
Cパートはオーブダーク、美剣サキの紹介、オーブリングNEOの解説
ホロボロス好きだなー
ペガ・ブースカパートにアサヒもやってくる、というところで次回へ続く
あとはいつもの劇場版R/Bの宣伝
総集編・前編でしたがストーリー追っていくというより、
アイテムやキャラ紹介がメインでしたね
こりゃいいグッズの販促だわ

次回はウルトラマン ニュージェネレーションクロニクル 第12話「ウルトラマンR/B 総集編 オレ色に!染め上げろ!!後編」
提供バックはニュージェネ戦士キービジュアル


by dogyagyan | 2019-03-16 20:56 | ウルトラマン

私だ
TOKYO MX22話 ガッツの「G」です

アバンは、ボートで進む一行→OP→提供→CM→Aパートへ

ボート上でのやり取りはアニオリ
ピストルズが腹減って「ガッツが足りないよ~」っていうのかわいい
「俺たちもガッツを補給しないとな」ということで原作の食事シーンに繋がるわけね
新OPキター!
ハセガワダイスケ氏の「裏切り者のレクイエム」
映像はこれまでのダイジェストと今後のネタバレを含んでますな
ブチャラティがジッパーで開かれると基本カラーからアナザーカラーに変わる演出かっこよすぎ
あと殉職同僚警官からM・ブルースになってアバッキオ出てくるシーンも

Aパートは、食事→菜食主義について→警戒するジョルノ→絡んでくる他の客→ドグシャア→
「敵だなてめー」→ナランチャ達にボコられる客→「こいつは敵ではないようだ…」→
ブチャラティの体の異変を心配するジョルノ→今後について→ボスの正体を突き止める→
トリッシュにヒント?→これ以上トリッシュを巻き込みたくないナランチャ→
「あたしの母は昔父親とは「サルディニア島」で知り合ったと言っていたわ…………」→
「なぜオレたちに教える!?」→「あたしはどうしても知りたい!自分が何者から生まれたのかをッ!」→
「それを知らずに殺されるなんてまっぴらゴメンだわッ!」→タフな精神のトリッシュ→
スープのスプーンを探すナランチャ→隣のテーブルからスプーンを拝借するナランチャ→
スープの中から壊れたスプーン→「『敵』だ 敵がいるぞッ! スープの中に…… サメがいるッ!」→
皿を攻撃するエアロスミス→トリッシュを護る一行→見当たらないサメみたいなもの→
スプーンの中にサメ→舌を攻撃され喋れなくなったナランチャ→水から水へ瞬間移動するサメ→
グラスを指差すナランチャ→「「水」が飲みてえのか?」→ガラス片で舌を更に切るナランチャ→
ナランチャのベロが無い事に気付くミスタ→
「だめだ…まずい『ゴールド・E』で「舌の部品」は創れますが出来上がるまでに時間がかかる」→
ミスタのペンをナランチャの喉に突き刺すジョルノ→
「この「ペン」に生命を与えて「舌」の部品を創りましょう これなら呼吸しながら「舌」が出来る」→
離れた場所からジョルノを警戒しつつ作戦通り「仕込ん」できた敵2人→CM→Bパートへ

菜食主義のたわいもない話カットされなくて良かった
ナランチャのワインがスーツにかかっていちゃもんつけてくる客、
ぶつかってきたのはおめーの方だろ
敵だと勘違いした一行が客ボコるのは流石にやり過ぎだが
ワイン染みより血の方がすげーんですけど
しれっと途中からリンチに参加するアバッキオワロタ
ついでに食事の毒味までさせてるし
ミスタの席に原作にはないイチゴケーキがあるの細かくていいね、マジで好物っぽくて
無敵のスタンド能力を持つボスだが、正体が分かれば本体を暗殺できる可能性はあるッ!
それにはあらゆる人生の足跡を消してきたボスが唯一残した娘・トリッシュが鍵となるはず
ナランチャはトリッシュを巻き込みたくなかったが、
トリッシュは覚悟を決めているタフな精神の持ち主のようで、
サルディニアというボスの過去と正体に繋がりそうなヒントを持っていたのでした
トリッシュに対し思い違いをしていたと思うナランチャはアニオリ
スープのスプーンがいつの間にか無くなってたが、
原作ではただ持ってただけだが、アニメではスープをかき混ぜてたら無くなったに変更
こっからのホラー展開がこわい
舌完全に噛みきられてるなナランチャ
液体から液体へ瞬間移動する小さなサメ、どうやったらこんな発想が思いつくんですか荒木先生
呼吸してないナランチャに対するジョルノの処置もすげー
ボスの親衛隊である2人組が登場
あれ?1人はどこかで聞き覚えのある声ですねえ(すっとぼけ)

Bパートは、喋れるようになったナランチャ→なにか矛盾した事を言い出すナランチャ→
答えなきゃ行けない事と反対の事を言ってしまうナランチャ→苛立つミスタ→
敵は遠隔操作型と推測するアバッキオ→ボートでこの場所を立ち去るべきと提案するジョルノ→
口では同意しつつ体はジョルノを引き留めようとするナランチャ→
敵を追撃して倒す事を選ぶブチャラティ→M・ブルースで起こった事を再生しようとするアバッキオ→
敵のいない方を指してしまうナランチャ→「追跡するぞッ! この敵との決着はここでつける」→
運河からナランチャの涙へ瞬間移動するクラッシュ→トイレを調べる一行→M・ブルースの再生開始→
みんなが水場に近づくのを阻止しようとするナランチャ→伸びて蛇口を捻るナランチャの舌→
便器の中の水を覗こうとするアバッキオ→小便をして妨害するナランチャ→
「てめー変態趣味になったか!」→トイレはナランチャの見間違いと思いテーブルの方へ戻るアバッキオ→
伸びてナイフでナランチャの指を切る舌→傷に気付くジョルノ→
ジョルノを近づかせたくないが逆の事を言ってしまうナランチャ→
ナランチャの異変に気付き始めるも傷の治療を優先しようとするジョルノ→鉄製のパイプをエアロスミス→
熱くなったパイプで傷口を塞ぐナランチャ→ナランチャの異変に勘づくジョルノ→
パイプから水→ジョルノの首に噛みつくクラッシュ→「ジョルノォ―――ッ」→
To Be Continued→ED→CM→次回予告→提供

アイキャッチはスクアーロとクラッシュの能力表
スクアーロのクラッシュは水から水へ瞬間移動でき敵を攻撃するスタンド
アクア・ネックレスとちょっと似たとこがあるな
ナランチャが無茶苦茶言い出しましたがこれはクラッシュの攻撃ではなく、
スクアーロの相方・ティッツァーノの仕込まれたスタンド=トーキング・ヘッドの方でした
これホント厄介なスタンドだなー
舌に取り憑いてるけど任意で姿消せるみたいだから、ミスタが確認した時はいなかったり
喋る事だけではなく書く事など伝える行為全般を滅茶苦茶にしてしまうのがヤバい
原作のナランチャがジョルノに矛盾した事言いまくって異変を気付かせようとするシーンはカット
あとペンで腕に伝えたい事を書こうとしてデタラメ書いてしまうシーンもカット
予想外の裏切りにボスはまだ親衛隊を何人も揃えていないと判断したブチャ、
追撃を選択した事で運河から海へ出るルートはなくなりました
海出たらクラッシュの独壇場になっちまうからな
トーキング・ヘッドは取り憑いた舌めっちゃ伸ばして自在に操るのも地味に凄いな
小便してるナランチャに覗いてくれと言われたアバッキオが変態趣味と言ってるが、
新入りに小便飲ませようとしたあんたにだけは言われたくねーよ!
クラッシュは流血に移動してきてジョルノを始末しようとすることに気付いたナランチャ、
それを何とか伝えたいが思ってる事と逆の事を言ってしまうジレンマ
仲間に全然理解してもらえない辛すぎる戦いだわ
ジョジョは割とこのパターン多い気がする
しかし名探偵ジョルノさんだけは異変に勘づいてきてますねー
こりゃ敵も真っ先にジョルノ始末したくなりますわー
エアロスミスが攻撃したの初見だと手すりに見えるな、便座の近いところにあるし
ジョルノは始末されてしまったのか!?といったところで次回へ
単体だと使いづらそうだけどコンビ組んだら能力引き立て合うな敵スタンドは面白いな
三部のJ・ガイル&ホル・ホースとか今回のスクアーロ&ティッツァーノとか
細かいカットが多かったけどテンポよくて面白かった
EDも変わった!
Enigumaの「Modern Crusaders」
2000年にリリースされた曲ですね、原作は六部始まってる頃だな
映像は五部の敵スタンド像を下から上に向かってスクロールしていくと味方スタンド像が出てくるというもの
よく見たら敵側に亀混じってんだけど

スクアーロ=前野智昭
ティッツァーノ=津田健次郎

前野氏は鉄血の石動か
ツダケンさんはブラフォード!ブラフォードじゃないか!
あれ、前回の電話の声誰だったんだ…?

おまけ
Blu-ray & DVD Vol.3発売中です
BDとDVD Vol.3は9~12話収録
初回仕様特典はイベント優先購入権抽選申込券<夜の部>
全巻購入特典は2019年8月18日開催予定のイベントを収録したDVD応募券
アニメ描きおろし特製ケース
28Pオールカラーの特製ブックレット
映像特典はなし
ブックレットは各話紹介とか原作との差異とか関係者コメントとかキャラ紹介とか
美術設定資料とかキャスト・スタッフのインタビューとか
今回も内容充実
フーゴの過去のアニオリは荒木先生とやり取りを繰り返してシナリオにしてたのか
キャスティング協力という何か特殊なお仕事のスタッフさんのインタビューが読めるぜ
a0206989_20543074.jpg

by dogyagyan | 2019-03-16 20:55 | ジョジョ

私だ
TOKYO MX22話 ガッツの「G」です

アバンは、ボートで進む一行→OP→提供→CM→Aパートへ

ボート上でのやり取りはアニオリ
ピストルズが腹減って「ガッツが足りないよ~」っていうのかわいい
「俺たちもガッツを補給しないとな」ということで原作の食事シーンに繋がるわけね
新OPキター!
ハセガワダイスケ氏の「裏切り者のレクイエム」
映像はこれまでのダイジェストと今後のネタバレを含んでますな
ブチャラティがジッパーで開かれると基本カラーからアナザーカラーに変わる演出かっこよすぎ
あと殉職同僚警官からM・ブルースになってアバッキオ出てくるシーンも

Aパートは、食事→菜食主義について→警戒するジョルノ→絡んでくる他の客→ドグシャア→
「敵だなてめー」→ナランチャ達にボコられる客→「こいつは敵ではないようだ…」→
ブチャラティの体の異変を心配するジョルノ→今後について→ボスの正体を突き止める→
トリッシュにヒント?→これ以上トリッシュを巻き込みたくないナランチャ→
「あたしの母は昔父親とは「サルディニア島」で知り合ったと言っていたわ…………」→
「なぜオレたちに教える!?」→「あたしはどうしても知りたい!自分が何者から生まれたのかをッ!」→
「それを知らずに殺されるなんてまっぴらゴメンだわッ!」→タフな精神のトリッシュ→
スープのスプーンを探すナランチャ→隣のテーブルからスプーンを拝借するナランチャ→
スープの中から壊れたスプーン→「『敵』だ 敵がいるぞッ! スープの中に…… サメがいるッ!」→
皿を攻撃するエアロスミス→トリッシュを護る一行→見当たらないサメみたいなもの→
スプーンの中にサメ→舌を攻撃され喋れなくなったナランチャ→水から水へ瞬間移動するサメ→
グラスを指差すナランチャ→「「水」が飲みてえのか?」→ガラス片で舌を更に切るナランチャ→
ナランチャのベロが無い事に気付くミスタ→
「だめだ…まずい『ゴールド・E』で「舌の部品」は創れますが出来上がるまでに時間がかかる」→
ミスタのペンをナランチャの喉に突き刺すジョルノ→
「この「ペン」に生命を与えて「舌」の部品を創りましょう これなら呼吸しながら「舌」が出来る」→
離れた場所からジョルノを警戒しつつ作戦通り「仕込ん」できた敵2人→CM→Bパートへ

菜食主義のたわいもない話カットされなくて良かった
ナランチャのワインがスーツにかかっていちゃもんつけてくる客、
ぶつかってきたのはおめーの方だろ
敵だと勘違いした一行が客ボコるのは流石にやり過ぎだが
ワイン染みより血の方がすげーんですけど
しれっと途中からリンチに参加するアバッキオワロタ
ついでに食事の毒味までさせてるし
ミスタの席に原作にはないイチゴケーキがあるの細かくていいね、マジで好物っぽくて
無敵のスタンド能力を持つボスだが、正体が分かれば本体を暗殺できる可能性はあるッ!
それにはあらゆる人生の足跡を消してきたボスが唯一残した娘・トリッシュが鍵となるはず
ナランチャはトリッシュを巻き込みたくなかったが、
トリッシュは覚悟を決めているタフな精神の持ち主のようで、
サルディニアというボスの過去と正体に繋がりそうなヒントを持っていたのでした
トリッシュに対し思い違いをしていたと思うナランチャはアニオリ
スープのスプーンがいつの間にか無くなってたが、
原作ではただ持ってただけだが、アニメではスープをかき混ぜてたら無くなったに変更
こっからのホラー展開がこわい
舌完全に噛みきられてるなナランチャ
液体から液体へ瞬間移動する小さなサメ、どうやったらこんな発想が思いつくんですか荒木先生
呼吸してないナランチャに対するジョルノの処置もすげー
ボスの親衛隊である2人組が登場
あれ?1人はどこかで聞き覚えのある声ですねえ(すっとぼけ)

Bパートは、喋れるようになったナランチャ→なにか矛盾した事を言い出すナランチャ→
答えなきゃ行けない事と反対の事を言ってしまうナランチャ→苛立つミスタ→
敵は遠隔操作型と推測するアバッキオ→ボートでこの場所を立ち去るべきと提案するジョルノ→
口では同意しつつ体はジョルノを引き留めようとするナランチャ→
敵を追撃して倒す事を選ぶブチャラティ→M・ブルースで起こった事を再生しようとするアバッキオ→
敵のいない方を指してしまうナランチャ→「追跡するぞッ! この敵との決着はここでつける」→
運河からナランチャの涙へ瞬間移動するクラッシュ→トイレを調べる一行→M・ブルースの再生開始→
みんなが水場に近づくのを阻止しようとするナランチャ→伸びて蛇口を捻るナランチャの舌→
便器の中の水を覗こうとするアバッキオ→小便をして妨害するナランチャ→
「てめー変態趣味になったか!」→トイレはナランチャの見間違いと思いテーブルの方へ戻るアバッキオ→
伸びてナイフでナランチャの指を切る舌→傷に気付くジョルノ→
ジョルノを近づかせたくないが逆の事を言ってしまうナランチャ→
ナランチャの異変に気付き始めるも傷の治療を優先しようとするジョルノ→鉄製のパイプをエアロスミス→
熱くなったパイプで傷口を塞ぐナランチャ→ナランチャの異変に勘づくジョルノ→
パイプから水→ジョルノの首に噛みつくクラッシュ→「ジョルノォ―――ッ」→
To Be Continued→CM→次回予告→提供

アイキャッチはスクアーロとクラッシュの能力表
スクアーロのクラッシュは水から水へ瞬間移動でき敵を攻撃するスタンド
アクア・ネックレスとちょっと似たとこがあるな
ナランチャが無茶苦茶言い出しましたがこれはクラッシュの攻撃ではなく、
スクアーロの相方・ティッツァーノの仕込まれたスタンド=トーキング・ヘッドの方でした
これホント厄介なスタンドだなー
舌に取り憑いてるけど任意で姿消せるみたいだから、ミスタが確認した時はいなかったり
喋る事だけではなく書く事など伝える行為全般を滅茶苦茶にしてしまうのがヤバい
原作のナランチャがジョルノに矛盾した事言いまくって異変を気付かせようとするシーンはカット
あとペンで腕に伝えたい事を書こうとしてデタラメ書いてしまうシーンもカット
予想外の裏切りにボスはまだ親衛隊を何人も揃えていないと判断したブチャ、
追撃を選択した事で運河から海へ出るルートはなくなりました
海出たらクラッシュの独壇場になっちまうからな
トーキング・ヘッドは取り憑いた舌めっちゃ伸ばして自在に操るのも地味に凄いな
小便してるナランチャに覗いてくれと言われたアバッキオが変態趣味と言ってるが、
新入りに小便飲ませようとしたあんたにだけは言われたくねーよ!
クラッシュは流血に移動してきてジョルノを始末しようとすることに気付いたナランチャ、
それを何とか伝えたいが思ってる事と逆の事を言ってしまうジレンマ
仲間に全然理解してもらえない辛すぎる戦いだわ
ジョジョは割とこのパターン多い気がする
しかし名探偵ジョルノさんだけは異変に勘づいてきてますねー
こりゃ敵も真っ先にジョルノ始末したくなりますわー
エアロスミスが攻撃したの初見だと手すりに見えるな、便座の近いところにあるし
ジョルノは始末されてしまったのか!?といったところで次回へ
単体だと使いづらそうだけどコンビ組んだら能力引き立て合うな敵スタンドは面白いな
三部のJ・ガイル&ホル・ホースとか今回のスクアーロ&ティッツァーノとか
細かいカットが多かったけどテンポよくて面白かった
EDも変わった!
Enigumaの「Modern Crusaders」
2000年にリリースされた曲ですね、原作は六部始まってる頃だな
映像は五部の敵スタンド像を下から上に向かってスクロールしていくと味方スタンド像が出てくるというもの
よく見たら敵側に亀混じってんだけど

スクアーロ=前野智昭
ティッツァーノ=津田健次郎

前野氏は鉄血の石動か
ツダケンさんはブラフォード!ブラフォードじゃないか!
あれ、前回の電話の声誰だったんだ…?

おまけ
Blu-ray & DVD Vol.3発売中です
BDとDVD Vol.3は9~12話収録
初回仕様特典はイベント優先購入権抽選申込券<夜の部>
全巻購入特典は2019年8月18日開催予定のイベントを収録したDVD応募券
アニメ描きおろし特製ケース
28Pオールカラーの特製ブックレット
映像特典はなし
ブックレットは各話紹介とか原作との差異とか関係者コメントとかキャラ紹介とか
美術設定資料とかキャスト・スタッフのインタビューとか
今回も内容充実
フーゴの過去のアニオリは荒木先生とやり取りを繰り返してシナリオにしてたのか
キャスティング協力という何か特殊なお仕事のスタッフさんのインタビューが読めるぜ
a0206989_20543074.jpg

by dogyagyan | 2019-03-16 20:54 | ジョジョ